September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 台風12号で、9月になりました | トップページ | 花の気配 »

2011年9月 2日 (金曜日)

伊藤泰雄さん

■1978年(昭和53年)9月に発刊された『やさしく書いた 会津の歴史 上巻』は、翌10月に第2刷が出ている。発行は会津若松市門田町の歴史春秋社、発売は七日町2の50文栄堂書店。印刷は門田町中野の北日本印刷。

 古代から中世にあたる項目は伊藤泰雄さんが執筆し、監修は高橋富雄氏(前・福島県立博物館長、東北大学教授)。伊藤さんは奥付によると磐梯町本寺4950で、当時猪苗代高教諭、福島県史学会会員・会津史談会会員。

 近世は会津若松市湯川町の酒井淳氏(南会津教育事務所)会津史学会会員・会津民俗研究会会員。年表は材木町の長谷川和夫氏(第2中教頭)、会津史学会会員。

■86ページに「山内氏と芦名氏」という以下の記述がある。山内は山ノ内氏のことである。

 山内氏は鎌倉時代いらい会津郡伊北(いほう)、大沼郡金山谷に領地をもち、長禄三年(1459)芦名盛詮(もりきよ)のころより、芦名氏と戦っている。

 その後、文亀三年(1503)山内左近が伊達氏に応じて長井口へ出兵したので、芦名盛高は安達郡本宮へ出陣している。

 天文十一年(1542)、山内舜通は越後の長尾為景と示し合わせて、芦名氏と戦った。翌十二年七月、大沼郡の横田で芦名軍は山内軍に大敗してしまった。芦名盛氏は急ぎ横田に向かい、盛氏の活躍で山内氏を討つことができた。舜通は和睦のため芦名領に近い領地の三分の一を削られ、さらに人質として一族の中から四~五人を芦名方にとられた。

 こうして山内氏は盛氏と臣従関係を結んだ。

 しかし芦名氏との関係はゆるいものであった。越後の長尾氏から所領をもらう約束をしたり、武田信虎や上杉謙信の誘いにも応じるなど、上杉領と芦名領の境界にいることを利用して、たくみにその独立性を保っていたのである。

■87ページ、天文十二年(1543)、芦名盛氏が横田の山内氏を攻めたとき、只見川・伊南川をさかのぼって、河原田氏も攻めた。河原田氏は駒寄城では防げないので、上流の宮沢の奥に柵をつくり、盛氏と戦った。芦名氏はついに河原田氏を降伏させることができなかった。

(河原田氏は田島・長沼氏の一族で、伊南郷を領していた、とある。)

« 台風12号で、9月になりました | トップページ | 花の気配 »

会津学」カテゴリの記事