September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 10月に | トップページ | 7月末の只見川水害から2ヶ月経過しても、、、、 »

2011年10月 3日 (月曜日)

IFEXのみどころ(GWJのメールマガジンから)

■グリーン・ウィングス・ジャパンは、IFEXの会場の中心に出展を続け世界の花のトレンドを紹介しています。今回のIFEX(10月13日~15日)でもどのような内容なのか、最近のメールマガジン10月1日の79号から紹介します。

後半に生産者ブースのことも紹介されています。

-----

IFEXをお客様と直接コミュニケーションできる大切な場と考え、毎年10小間規模で会場のメインストリートに出展しています。ベトナム産のお花はもちろんのこと、モス(苔)など新商品を含むたくさんの花を取り揃え、じっくりとご覧いただきたいと思っています。昨年は、マゼンタカラーから白メインへと進化した新しいデザインのブースでお迎えしました。すっかりお馴染みとなりましたオランダのマスターフローリスト、アストリード・ファンデンベルクさんのデザイン・デモンストレーションもご覧いただけます。人気の極小輪SPマムの「カリメロ」のかわいい使い方あれこれや、クリスマス、「フラワーバレンタイン」のギフト提案をどうするか?プロの技をお見せします。

◆ IFEX2011、日本の生産者出展が目玉に 10月13日から15日まで千葉・幕張メッセで
  http://www.ifex.jp/
  2004年に始まったIFEXは、今年で第8回目を迎える。アジアを視野に入れた国際展示会として花き業界最大の商談会・情報発信の場として成長を続けている。今年はここ数年出展数が減っていた国内生産者が過去最大の件数で出展し、日本の花をアピールする。また輸出に関する窓口になる企業ブースやフラワーバレンタインキャンペーンの特設ブースも登場し生産・消費を活気づける原動力となるような動きに注目が集まっている。

○ 今年のIFEXは復興支援と消費拡大!
「JFMAニュース9月10日号」によると、今年のIFEXの目標を5つ掲げている。

1、東日本大震災復興支援の場とする
  *継続的支援 *マッチング *被災地からも参加のミニパネルディスカッション
2、花き消費拡大のためのトレンド発信の場とする
  *フラワーバレンタイン *「母になった日にカーネーションを贈る」
3、生産者の表現の場、交流の場を創る
  *生産者フェアのゾーンをもうけ日本の生産者、育種家の表現の場とする 国内外270社出展
4、日持ち保証販売/MPS啓蒙の場とする
  *2010年度のまとめ *2011年度の活動 *MPS:海外の動き
5、日本花き輸出振興の場とする
  *輸出に関わる企業をあつめ、輸出相談コーナーを設ける

● 今年の見どころは

1.過去最多!「花 生産者フェア」 に270社の農家が出展
展示会場の真ん中に「花 生産者フェア」が出現します。花農家が国内から200社、海外から70社集まり、自慢の花を展示。北海道から沖縄まで、全国から様々な花が集結します。普段なかなか表にでてこない農家の方が実際ブースに立ち、心を込めて作った花を紹介します。

2.バレンタインデーは男性から女性に花を!フラワーバレンタイン
女性から男性に愛の告白、が定番のバレンタインデーですが、世界の多くの国は男性から女性に花を贈ります。花を贈られて喜ばない女性はいないはず。日本にもこの文化を定着させようと昨年から花業界が動き出しました。IFEX 会場にも各社の最新バレンタイン関連商品が展示される特設ブースを設置し、フラワーバレンタインを提案します。来年の2月14日は男性から女性に花を贈る姿が続出?!世の中を明るくする新しいトレンドが見られます。

3.がんばろう日本! ジャパンブランドの花を世界に
○ トルコギキョウパビリオン >>> 日本が世界に誇るトルコギキョウの新種が一堂に!
トルコギキョウの品種改良は日本がナンバーワン。大手種苗メーカーと生産者 7 社が集まり、トルコギキョウの新しい世界を披露します。

○ 豊幸園 >>> 世界初!超ボリューミーな菊、フライングカーペット・マム
今まで下から上にしか伸びなかった菊を、中心から360度広がり、上から下に伸びていくタイプに改良。ボリューム満載な新しい菊が誕生しました。

○ ミヨシ >>> 世界初!ペチュニアにも 「黒」 がでました
今春試験販売で話題の「黒いペチュニア」が登場。高級感のある黒、しかもビロードのような肌触り。2012 年本格販売開始です。

○ ブルームネット >>> 7分咲きで収穫 「咲ききるカラー」へのこだわり
「最後まで咲ききったカラーの美しさをお客様に伝えたい」という思いで、5人の生産者がグループを結成。収穫にこだわり、最高な状態で花を届けます。

○ メード・イン・ジャパンの花と世界を結ぶ専門商社 (ブルーム ジャパン ネットワーク、日本花き国際化推進協議会(なにわ花いちば)、豊明花き )

>>> 日本には世界に誇る花が沢山あります。今年の IFEX では国内最大の花き輸出実績を誇る3団体が初のブース出展、海外バイヤーに対して輸出を促進して日本の種苗会社、生産者を応援します。海外で人気上位の花も現物展示。がんばろう日本!

○ プレスリリース  http://bit.ly/qWErhF

● 日本の「球根チーム」が今年も出展
昨年日本のオールジャパン球根チームで出展した「ジャパンフラワーバルブ」のブースは今年も同様に出展。日本のユリの展示、球根販売のノウハウ、全く新しいギフトパッケージのアイデアなどの展示のほか、かねとういさお氏や、マーク・チャプマン氏らのデモンストレーションが行われる。
http://gwjp.us2.list-manage.com/track/click?u=f81b24492e6ea9826c54154ec&id=bdef2e7e46&e=3faa6b6bee


● 日本のカーネーション・チームは、「新しく母になった日にカーネーションを贈る!」
  http://mpsjapan-blog.jugem.jp/?eid=1108
  http://ameblo.jp/hanabito/entry-11030790379.html
  http://ameblo.jp/hanabito/entry-11005009569.html
JFMA・MPSのブースでは「新しく母になった日にカーネーションを贈る!」というキャンペーンなどを含むカーネーション応援のコーナーを用意する。

このほか、JFMAブースでは、今まで取り組んできた「花育」「カーボンフットプリント」「日持ち保証販売」「MPS認証」などの紹介を行う。また、「お花屋さんマニュアル」の最新版を展示販売する予定。


● 千葉県の生産者が合同出展
  震災の被害は東北だけではなく、茨城、千葉、東京などでも、地盤沈下・ずれ、液状化などいまだに解決されない大きな問題となっている。花き生産者も被災している。とくに農産物の風評被害は大きかった。このため、千葉県では全体で元気な花き生産をアピールするために合同出展を行う。

● 各種セミナーも開催される。
  お花屋さん向け、生産者向け、婚礼・葬儀、園芸など各種のセミナーが盛りだくさん
  http://www.ifex.jp/Previous-Technical-Conference-Program/


● 14日(金)の夜には、大きな交流会も行われる
  http://www.jfma.net/topics/201110seminar
  *トルコギキョウ生産者の全国大会交流会と合同で開催、400人規模の交流会になりそう。
日時:10月14日(金)19:00~21:00 場所:ホテルグリーンタワー幕張 参加費:5,000円
○ お申込み: お申込用紙に必要事項をご記入の上、JFMA事務局宛にFAXで


● 生花部門以外にも例年同様、人気のプリザーブドや造花は注目だ。他には、資材、雑貨、でも従来通りのエコ関連商品などぜひ見ておきたい。お正月や母の日のほかに、フラワーバレンタインは資材関連でもリンクして提案される。今年はIFEX以外にも、農業資材EXPOと道工具・作業用品EXPO、が加わった。エクステリア、ガーデンを合わせて、また規模を拡大し、大きな展示会になる。


● FFCN主催の花の生販配消交流会(草の根交流会・幕張)は、13日の夜に開催。200人規模で
http://gwjp.us2.list-manage.com/track/click?u=f81b24492e6ea9826c54154ec&id=ed732810e0&e=3faa6b6bee
http://gwjp.us2.list-manage.com/track/click?u=f81b24492e6ea9826c54154ec&id=8ed1bbdfbb&e=3faa6b6bee

---------------------

■私は、10月13日の夜はFFCNの会合に参加します。14日の夜はJFMA主催のトルコギキョウの会との合同会に参加します。

« 10月に | トップページ | 7月末の只見川水害から2ヶ月経過しても、、、、 »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事