September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« かすみ草フェア、明日まで | トップページ | IFEXのみどころ(GWJのメールマガジンから) »

2011年10月 3日 (月曜日)

10月に

■2011年10月3日(月)

 営業日は今日から開始の10月。今週は平常の一週間。来週はIFEXで出張主体になるため、来週の分も今週は野外作業を進めて(ハウス解体等)おかなければなりません。平地で雪、という予報も出ており、冬が早そうです。

 10月27日(木)柳津町柳津の「かわち旅館」にて今期の花の反省会を生産者のみで開催することが決まりました。6月に取引先卸に来県いただき震災後・放射能等の調査(ND)を含む本会の件について説明し、理解いただき今期の取組をしていただきました。昭和花き研究会としては10月13日~15日、千葉県の幕張メッセに生産者展示コーナーで1卓出展・代表の菅家が3日間そこで、来場された取引先の皆様と本年の経過・結果、来年の方向性について要望を承りたいと思います(生産者A9ブースです)。それを27日に生産者に報告し来年の方向性を出していきます。

 2012年は基幹品種は早晩性による気候変動を吸収し適正納品が可能なように、フォレスト(晩生)・ベールスター(中生)・アルタイル(早生)に銀河(中生)を加えます。また6月出荷の極早生にはメレンゲを継続使用します。課題としてこれまで取引先から聴取しており、会でも自覚しているのは「80cm染めの品質の安定」と「納品数の確保」できる体制づくりです。品種による染めあがりに大きな差があり、染め向き品種を使用して揃える必要が出てきました。また60cm(白)の確保も大きな課題です。

■今朝3時から、月刊『農耕と園芸』11月号(10月下旬刊)の花事放談の原稿を書いて編集部にメール送付しました。これに宍戸さんが返信を書く予定です。今回はテーマが経営規模、、、です。

 先月、新潟県庁の園芸振興係の和田さんから連絡があり、11月25日(金)の午後、新潟市内で開催される第33回新潟県切花共進会表彰式の後に、記念講演をすることになった。仮題ですが「切り花のブランド化に向けた取組について ~今後生産者として求められる取組」。

 今月(10月)は10月13日のIFEX会場内JFMAブースで15時30分から1時間ほど小川孔輔会長の進行で関係者が数名出てパネルディスカッションを行う予定も現在計画されています。復興支援がテーマです。私もパネラーとして出る予定です。

■10月20日の午後、茨城県つくば市の花き研究所主催の会合でも昭和花き研究会の取組を報告します。こちらは9月に予稿を送り、同内容を縮小した概要原稿を季刊『施設と園芸』誌に寄稿しました。

平成23年度花き研究戦略会議 プログラム
(日時)平成23年10月20日(木) ~ 21日(金)
(場所)文部科学省研究交流センター 2F 会議場
(主催)(独)農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所
1日目(10月20日)
13:00 開会
 1.花き産業と花き研究の現状と今後の展望
13:10 岐阜大学応用生物科学部 福井博一 
14:00 花き研究所 市村一雄
 (休憩20分)
 2.我が国の花き産業の再生に向けて-花き産業の現場から-
15:00 沖永良部花き専門農業協同組合 大福 勇 
15:30 昭和花き研究会 菅家博昭 
16:00 ㈱名港フラワーブリッジ  林 悦孝 
16:30~ 総合討論
17:00(1日目終了)
( 懇親会:ホテルグランド東雲 )

2日目(10月21日)
 3.農研機構花き研究所の産学官連携の実例紹介
9:00 北興化学工業㈱ 寺川輝彦/花き研究所 大坪憲弘 
9:40 西和賀町農林課 宍戸貴洋/花き研究所 湯本弘子
 (休憩10分)
10:30 県立医療大学 山川百合子/花き研究所 望月寛子 
11:10~11:40 花き研究所 吉岡佐知子
11:40~11:55 総合討論
===================================================

プログラムの詳細は、花き研ホームページ(イベント情報)をご覧下さい。
 http://flower.naro.affrc.go.jp/event/h23/senryaku

20111002dsc04458

« かすみ草フェア、明日まで | トップページ | IFEXのみどころ(GWJのメールマガジンから) »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事