September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« カスミソウ横倉さん夫妻 | トップページ | 新世代の仕事を »

2011年10月17日 (月曜日)

今週から月曜・金曜の出荷です(かすみ草)

■2011年10月17日(月)曇り

 全山紅葉、ブナは黄葉。大きな葉のホオノキやトチは落葉をはじめています。道路にも、落ち葉がたくさん落ち始めました。

20111017img_1463

20111017img_1458

20111017img_1482

20111017img_1468

20111017img_1472

 今日は、休んでいた、かすみ草ハウスの解体作業をはじめました。大田圃場。

 父親が倒れて週末は県外の弟も来てくれました。今週も病院で検査ですが、大事には至っておりません。安静にしています。

■IFEXに来場下さった取引先および関係者の皆さん、ありがとうございました。

 雪を迎える準備のため、かすみ草ハウス群は1割程度に屋根ビニル・スソビニルがまかれ保温されていますが、気温低下で出荷量は少なくなりました。輸送ロット等の関係から、10月17日(月)より、週2回の出荷となっています。ですから19日(水)は出荷・納品はありません。

 293箱(仙花75,大田97,板橋48、世田谷28,埼玉20,群馬9)。

 日照も時折あるため21日(金)は本日の量くらいはある見込みです。70cmと優品が多くなっています。

 初雪になりそうな天候で、今後の推移を見なければなりませんが、11月7日(月)を最終出荷予定日としています。

■10月20日(木)午後は、つくば市の花卉研究所の研究会に参加する予定になっています。

■10月27日(木)午前10時より柳津町柳津かわち旅館にて昭和花き研究会の総会・懇親会が生産者により開催されます。(総会は生産者のみ9時30分から開始)。

2011年の夏のポスターは「ていねいなしごと」。すべて6月に博士山中に取材し撮影しました。小石祠は江戸時代にそれぞれひとつひとつ祀られたものです。

写真の上左より標高1000m博士峠のミズナラ、上右は博士地蔵尊脇の小石祠群、写真左下は傾斜地の根曲がりブナ(雪に耐え伸び200年)、写真右下は清浄な沢(カツラ群落)。311後、森が受けた災難は、森に原因があるのではなく、人間に原因があります。

_ol

« カスミソウ横倉さん夫妻 | トップページ | 新世代の仕事を »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事