September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 新世代の仕事を | トップページ | 花のこれからを考える »

2011年10月19日 (水曜日)

原子力損害

■2011年10月19日(水)

 晴天、未明の気温0度。その後、零下1度。初氷、降霜。標高730mの自宅集落(大岐)。

 午前2時過ぎ、防災無線が村内小中津川宮原で火災であることを告げ、村内消防団全員出動するよう連絡がある。民家が2軒焼失し、類焼した親戚の火事見舞いに父と午前5時に柳沢峠を経て小中津川に行く。2軒北隣の小売店に避難していたので見舞う。消防車は10台以上。6時半、鎮火の防災無線。封鎖されていた国道400号も迂回通行。出動した消防団等への炊き出しが行われるようだ。

20111019img_1489

20111019img_1502

■10月17日(月)19時より21時まで、昭和村下中津川の昭和村公民館2階研修室にて、東京電力(株)会津若松補償相談センター主催の「原子力損害にかかる損害賠償に関する説明会」があり出席した。商工業者、観光業者、農業者ら20余名の参加であった。

 昭和村役場産業建設課渡辺稔雄課長が挨拶した。その後、東京電力(会津若松)より水戸副所長、松川氏(説明者)、名井氏(質疑応答)、久保田氏の進行であった。駐車場整理等も同社員により総勢男性が10名程度。

 昭和花き研究会は昭和村商工会にも加盟しており、10月5日付け東京電力の説明会文書を、村商工会11日付け文書で受領し出席した。なお村内全戸にも開催は知らされ、当日も防災無線で告知された。

 「原子力発電所の事故による法人および個人事業主の方々が被った損害に対する本賠償について」というA4版両面カラー印刷30ページの資料が配付され、その説明であった。東京電力の説明者松川氏は肉声で語るとマイクを使用しなかった。

 参加者からはたいへん厳しい意見、具体的な質問が出された。一方で損害賠償制度が救済できない課題も明らかにされた。

 東京電力は、放射性物質を飛散し、広大な自然を汚染し、村人が安心して森に入れないようにして、その損害賠償や、元通りにするよう村民から意見は出された。汚染は原因者負担の原則をつらぬくこと、除洗も法律に無いからと言って、ひとまかせに(政府に依拠)しないこと。また親戚にキノコや野菜を無償で送り(ギフト)、田舎と都会をつなぐ、親族をつなぐ役割をしていたものが、311後はできなくなった。安全性が確認されても、今年は何も送らないでと言われた村の老夫婦が負った心の傷は、どのようにしていやすのか?という内容であった。

 対応できないことについては水戸副所長が頭を下げ、ただ謝っていた。

 今後、下中津川役場前の商工会館2階にて、10月20日(木)、29日(土)、11月9日(水)、16日(水)と個別相談会が開かれる。東京電力より初回は10名程度、4ブース設置で対応する、と説明された。

 原子力損害の賠償に関する法律(原賠法)、原子力損害賠償補償契約に関する法律。

■認知症に備えるアルバムを作成すべし、何が好きで何に興味を持って、何に大切にしているかを残しておくこと。

20111018dsc00955

20111018dsc01037

20111018dsc01042

20111018dsc01050

20111018dsc01056

20111018dsc01057

20111018dsc01059 

« 新世代の仕事を | トップページ | 花のこれからを考える »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事