September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« PCガーベラの8th-IFEX | トップページ | エクアドルのかすみ草 »

2011年10月13日 (木曜日)

起き上がり小法師(こぼうし)

■会津若松市内で1月10日で開催された十日市で仕入れた「起き上がり小法師」を大量に持参してきました。配布します。

   昭和花き研究会では、「七夕はかすみ草」を2003年から展開してきましたが、新しいコンセプトとして

 2008年 kasumi 2.0

   2009年 Be Green

   2010年 森が育てたかすみ草

 2011年 ていねいな仕事、ていねいな暮らし

 で販促資材(ポスター、チラシ)を独自に撮影・作成してきました。2012年は、このIFEXのなかから読み取り考えていきたいと思っています。「かすみ草のある社会」が、私は好きなのですが役員会を通るかどうか、、、、。

■14日に来場される関東地域の卸・小売店からは、今年の取組の反省、来年への要望が事前に通知されています。特に10月期に数量不足で欠品など、納品の確実性、納期の拡大の要望が出ています。

 卸(市場)が中間にたっていることから卸が東北地域の夏秋高冷地産地と、西南暖地の間でつなぎをうまくやっていただくということが、日本国内の産地規模の縮小でできなくなっています。しかし、IFEXには70を超える多くの日本国内の生産者、海外の生産者(企業)が出展しています。

 企業ほど、展示では「ヒト(人間)」をバックに写真とし花を展示します。ヒトが栽培してる小規模零細花農家ほど、「花」を前面に押し出します。本来、オランダのアールスメール・マーケット(秋の展示会)がこの10年間に起案され行われてきたのはホルティフェアの展示会大規模化・グローバル化に対抗して、ひと坪(一坪)展示で生産者そのものを前面に出して「原初取引」に戻そうとする動きがありました。

 IFEXは8年目で生産者個人ブース、千葉県ブース等、生産者を見える構造にはじめて転換しています。参加費も120cmテーブルで5万円と安価です。鉢物生産者は、最終商品を扱っているため商品の絞り込み、展示、受注方式などとても慣れています。一方、素材を扱う切り花生産地(者)は、今年がスタートの年です。卸・生花店は国内より50社ほど来場されます。日本国内の生産は前年比で5~10%縮小していく時代、どのような新しい取組が生まれるのかは、このIFEX後の国内の様子を観察していくことにします。

 トルコギキョウの展示(準備)をされていた長野県のフラワースピリットの上條信太郎さんと、少し立ち話をしましたが、花の社会性・文化性、特に生産地域の文化を考える若い生産者がどれだけ出てくるか、、、に期待している、、、そんな話をしました。

 IFEX会場内(JFMAブース、誠文堂新光社等)で販売される13日発刊の新内容の『お花やさんマニュアル』には、そうした地域文化と新しい交流について私は書いています。

20111012dsc04716

20111013dsc04896

20111013dsc04906

海浜幕張駅とメッセの間に、新しい店舗の建設工事が行われ、311の震災の液状化現象による噴砂で路肩、緑地帯が波打ち、その補修工事がいたるところで行われています。

20111012dsc04827

311後、沖縄の太陽の花が作成し配布したポストカード(シーサー)。

20111012dsc04734

20111012dsc04676

« PCガーベラの8th-IFEX | トップページ | エクアドルのかすみ草 »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事