September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 定例会のお知らせ 12月2日(金)午後1時 大岐センター | トップページ | 樹海の民 »

2011年11月30日 (水曜日)

2009年産オランダでのカスミソウ流通量

■2011年11月30日(水)

 今日は午前9時に来県中のスミカの永島氏。12月にD社訪問する、というので2011年11月発表の新カスミソウ「エクセレンス」のマーケティング、プロモーション計画について調査をお願いする予定。機能性カスミソウ(低日照で生育、電照不要、G処理不要)のミラベラ(B社)に対抗するものとして考えているのかどうか?エクセレンスはすでにFAJがケニア産を輸入販売している。→11月21日入荷量調査

 → 2009年9月 エクアドル・ミラベラ

 節約農業・省エネルギー生産が新しい品種の登場と拡大を促している。

■オランダ大使館は「サスティナブル・オランダ・セミナー」を12月6日福岡、7日大阪、9日横浜で開催する。植物栽培、ゼロエミッション、持続性、気候中立型(クライメイト・ニュートラル)の事業が紹介される。スマートシティ。

締切日で、農耕と園芸編集部宛、1月号花事放談の原稿を書いて送る。「生産者から2012年を考える」がテーマ。

20080924e35dsc09147

20111121dsc05666_1

■12月2日の昭和花き研究会定例会の資料作成。オランダのカスミソウ統計と、早晩性表、11月の営業報告。

■クリザール・ジャパン社の東さんからオランダの統計データが2011年11月26日に届いたので紹介します。出典はVokblad voor de Bloemistenij 23a(2010)

切り花 計 2,193,748,000ユーロ(-1.4)、本数11,235,542,000本(-1.7)、20セント/本

内訳
オランダ産 売上1,631,944,000ユーロ(前年比-13.1)、本数7,495,705,000本(-2.7)、22セント/本

輸入 売上 561,805,000ユーロ(-6.1)、本数3,739,837,000本(+0.4)、15セント/本
-----
かすみ草計26,970,000ユーロ(-10.0)、144,928,000本(-9.5)、19セント/本

内訳
オランダ産 1,527,000ユーロ(-10.1)、144,928,000本(-12.7)、27セント/本

輸入 25,443,970ユーロ(-10.0)、139,269,000本(-9.3)、18セント/本

2008年に一度安定したオランダ産カスミソウの供給は再び減少。海外の生産は、直接様々な国の市場(マーケット)に販売されているようである。

販売されたうち97%が白で平均単価19セント/本。統計上に出てくる他の色としてはピンク1000本・27セント/本)、紫(430万本 23セント)、その他(416,000本)。

カスミソウの染色処理19%は、カスミソウその他で39%減少(538,000本 27セント/本)。

その他の染色としてゴールド19%(167,000本 29セント)、赤19%(139,000本 31セント)、シルバー19%(151,000本 32セント)。

-----
オランダ産カスミソウ品種のトップ5は、ミリオンスター(D社)、マイピンク(D社)、ダブルタイム(E社)、ニューホープ(OV、D社)、ミラベラ(B社)。

オランダへの輸入されるカスミソウ品種のトップ5は、ミリオンスター、ダブルタイム、ジプソ・キング(OV)、ミラベラ、ホラ(B社)。

オランダ国産+輸入の品種別合計では、ミリオンスター、ダブルタイム、ミラベラ、ジプソ・キング(OV)、マイピンク。詳細は以下。

ミリオンスター 99,082,000本(-17.6) 18セント/本

ダブルタイム 9,166,000本(-16.6) 23セント/本

ミラベラ 4,497,000本(+129.8) 15セント/本

ジプソ・キング(OV) 4,435,000本(+606.0) 17セント/本

マイピンク 4,253,000本(-3.8) 23セント/本

これらトップ5品種で84%を占める。ニューラブとオーバータイムに替わり、新しくミラベラとジプソ・キングがトップ5に入った。

この2009年の統計にはカスミソウは16品種が含まれる。新しく2品種が加わった。大きく増加しているのはカシオペア(2,700,000本 16セント/本 日本名はホワイトベール、D社)。大きく増加しているのはファンタイム(885,000本 15セント/本)。カスミソウその他には5品種が含まれるが新しい品種は無い。

« 定例会のお知らせ 12月2日(金)午後1時 大岐センター | トップページ | 樹海の民 »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事