September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 海の見える丘 | トップページ | 21度、帰郷へ(12月7日) »

2011年12月 6日 (火曜日)

那覇市

■2011年12月06日(火)

 午前は那覇市内の定点観測。

   午後2時、浦添市にある沖縄県中央卸売市場花き部を訪問します。県花卉、沖縄第一花卉等に御礼挨拶。

  夕方に太陽の花の35周年の会議を取材します。

 → 市場の古本屋ウララ

 → 本屋繁盛節

 → とくふく堂

■12月5日の19時30分、那覇市内。沖縄県花卉(卸)のカスミソウ担当者前田さんら取引先の方々と懇談。本年の昭和花き研究会のかすみ草販売への御礼と来年の取組への考え方をお伝えしました。

■5日は、夕方から那覇市内も雨になりました。那覇市内でリーフ(電気自動車)をはじめて借りました。無充電航続距離は約150km。急速充電は2000円+500円初回。レンタカー店員氏に電気自動車の操作法を教えていただく。島内では充電スタンドが整備されています。

20111205dsc01252

20111205dsc01331

ゼロ・エミッション、と書いてある

20111206dsc01392

20111205dsc01282

20111205dsc01219

離島航路の高速船を運営している人々は、おじい、おばあにやさしい。桟橋に着岸した船体から出る時、あるいは船に乗る時、手を引き、背中に手をあて誘導する。所作から感じるものが伝わる。

離島の民宿では夜に「ゆんたく」、朝ご飯後に「ゆんたく」。主人は訊く。「今日はどこまで行きますか?」(島から出ての行き先)。「またきてくださいね」

旅をして、たちどまり、心を澄ませてみると、琉球列島弧、八重山諸島などには、良い社会であった日本の古層(基層文化)が析出していることに気づく。現地(現場)に自らの身を移動させていく目的はそこにある。帰郷して旅人の視点で村の日常を見ることができるようになる。伝えるためには、どのような言葉を選んで語るのか?がいつも問われる。

« 海の見える丘 | トップページ | 21度、帰郷へ(12月7日) »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事