September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 廃村の鎮守 | トップページ | 野の草で暮らしを包む »

2011年12月20日 (火曜日)

無縁、無主物

■2011年12月20日(火) 雪

 12月19日(月)午前10~11時30分、奥会津・三島町宮下の町民センター2階の研修室で、昭和花き研究会の種苗作型検討を開催しました。三島町の会員対象。金山普及所長谷川浩氏臨席。今年の栽培課程の課題を会員一人一人に語ってもらいその課題解決のための方法を考えました。また新品種の栽培特性、昭和村矢ノ原高原での今年の試作種の経過等についても紹介いただきました。また2月には昭和村花き振興協議会主催の学習会(カスミソウ等)が予定されています。

 またミヨシが2012年に行うアルタイルMDの東北支援キャンペーンについてもJAより種苗注文書に同封があり、その紹介がありました。昭和花き研究会ではとりまとめミヨシに渡しています。数名、希望追加があるようです。

 長谷川氏より、ポット仮植時の施肥は、無肥料でも根張り等には影響がなく、灌水多寡による肥料の濃度障害の懸念よりは無肥料が良い、一方、ポットの施肥が多いと、早く開花する傾向がある、と矢ノ原カスミソウ試験の一部の紹介がありました。草丈をのばす必要がある(到花日数を長くする)時期と、生育旺盛だが開花に時間がかかる時期の施肥体系について工夫する余地を感じました。

 12月22日、湯川村の共済組合会議室で、放射性物質と土壌管理についての公開学習会(400名聴講可能)があります。どなたでも参加できます。県主催。

■愛知県渥美半島のカスミソウ・アルタイル → 荒木さん

■12月19日の夕方、自動車にて磐越自動車道会津若松インターから北陸道上越インターまで300km走行しました。柏崎から上越までは吹雪で道路も圧雪、速度は50km規制でした。

 車載AMラジオのニュースで隣国の将軍様関連のことが多くなり、夜のテレビニュースも各社とも識者を交えての報道一色となり、近海は厳戒態勢になっています。2012年は各国で大統領等選挙が多くあり、政変や、今回のような急な事態を含め、国際間の関係が大きく経済活動に影響することが予測されています。

 日本の大企業は、大量の放射性廃棄物を平気で海洋投棄し続け、それを政府がけん制できない。こうした大陸間弾道弾によらない放射性物質の汚染の拡大を日本政府が行っていることは、加害者責任として歴史に明記されるでしょう。二酸化炭素排出削減という問題以上の放射性物質の拡散ということを日本の専門家は見ないふりをしている。

 → 

■2010年12月25日は大雪被害日(1日に1m新雪)で会津地方の特に会津盆地内のハウスが倒壊しました。

 雪予報に準備する → 今年は眠らずに除雪する、、、、

■予約しないと買えない物日の花 → 札幌薄木さん

 毎月、大田花きの宍戸純氏とやりとりしている月刊誌『農耕と園芸』誌の花事放談。11月に原稿を書いて著者校正し送ったものは、この12月下旬に刊行される。ゲラ刷りを読んだが、今回の宍戸さんの原稿は、2011年の仕入れ環境の変化について報告されていて、とても参考になった。

■ → 海外産の花と、日本の花、MPS

■無主物について → 赤坂憲雄さん

« 廃村の鎮守 | トップページ | 野の草で暮らしを包む »

花と農業」カテゴリの記事