September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 21度、帰郷へ(12月7日) | トップページ | 12月7日の新聞記事 »

2011年12月 6日 (火曜日)

太陽の花 35周年 感謝の夕べ「一陽来復」(沖縄県那覇市内)

■2011年12月6日(火)

 沖縄県那覇市西三丁目のパシフィックホテルで、沖縄県花卉園芸農協(太陽の花)35周年の講演会、感謝の夕べが開催されました。縁がありこの集会に参加し取材しましたので以下に紹介します(文責・昭和花き研究会菅家博昭)

 取引先の日本国内の花市場の53社の代表取締役が出席し、関連業者及び関係行政機関等を含めると90余名が参集されました。組合販売部の上原信彦氏の進行で、午後5時より岐阜大学応用生物科学部の福井博一先生による90分間の記念講演がありました。

 その後、午後7時から9時まで、感謝の夕べが盛大に開かれ、こちらは120余名の参加でした。前川守賢氏が司会を行い、琉舞藤の会新崎恵子練場の皆様が踊りを披露しました。

 太陽の花の外間勝嘉組合長が「沖縄県花卉園芸農協の歩みと今後の展開」として感謝の挨拶を含め35周年の歩みを振り返り課題と展望を話されました。

 大田花き代表執行役社長の磯村信夫氏による乾杯の音頭、激励の言葉として沖縄総合事務局農林水産部長馬場一洋氏、沖縄県農林水産部長比嘉俊昭氏(代読)、仙台生花橋本社長、なにわ花いちば大西社長、広島花満和田由里社長、福岡花市場平野社長が祝辞と市場として太陽の花を支援する「福井博一先生が講演で述べられた、国内産地を守れない花市場ではなく、きちんと守る市場になる」という力強い挨拶がありました。

 沖縄振興開発金融公庫の具志堅忠照氏の挨拶では「3月11日の東日本大震災による大津波警報による港湾閉鎖により、春彼岸の最盛期の沖縄のキク類の出荷ができずに11億円の被害となった。すぐに資金対応を決め、融資を行った。7月になってキク農家の皆様との会合に出たとき、それらの手当により元気な言葉が聞こえるようになってほんとうによかった。また11月で前年比まで販売額が復活した、、、」。

 →地震と津波と沖縄の農業被害PDF

 →四月九日 沖縄タイムス

 →太陽の花

 最後に組合参事の濱崎温氏が御礼の言葉を述べ閉会となりました。

   

■記念講演の福井博一先生の演題は「国内花き産地の危機克服のためどうするべきか」でした。

 この20年の切り花統計を読み解き、キク・バラ・カーネーションの海外からの輸入の増加。そしてそれが今後どのような推移をするのだろうか?

 同じような輸入が増加し国内切り花産地が無くなってしまったアメリカの事例を紹介しながら、しかし少数品目による量販店主体の流通、卸市場が無く輸入商社による流通では消費者の満足感を得られないだろう、と。日本の切り花は、季節感を味わう素材のひとつとして存在する。

 今後、日本の産地はどのようにしていけばよいのか、その具体的な提案がなされました。

 沖縄と同じ遠隔地から消費地に送る日本の切り花生産者として私も福井先生の講演から得るものがとても多くありました。10月20日に茨城県つくば市内で政府の花き研究所主催で行われた花き戦略研究会議でも福井先生の基調講演(日本の今後の戦略)を聴きましたが、今回は各論、、、、具体的な品目、生産地への提案であり説得力がありました。

 たとえば品質を高め、満開切りの技術と低温バケット輸送でこれまでのつぼみ出荷以上の花持ち延長を得る技術の開発。新たな消費拡大のプロモーション。その場合、日本国内でのブランド価値を高めながら、そのブランド価値を確立したなかで、海外輸出の戦術を組み立てる、、、、という新たな提案。

 卸市場が生産地と共同で行う新たな需要喚起の取組、、、安易に輸入に頼らないこと、、、、日本国内の主産地(責任産地)を守れないような卸売市場ではだめだ、、、、、

 太陽の花は、設立から35年間のことを取引先卸・関連業者・関係行政機関等に感謝する、、、そして新たな飛躍として現在の課題を克服し、次の50年、100年産地に向けてこれらの関係者と新たな希望の会(一陽来復)となるものです。同じ場所に会し日本の切り花産地の抱えた国際的な課題を学び、今後の展望を考える場を設定された主催者の皆さんの労はかならず報われると思いました。

■ → 12月7日の記事PDF

2011120720111207taiyou1

20111206dsc01421

20111206dsc03286

20111206dsc01429

20111206dsc01434

20111206dsc01438

20111206dsc03292

20111206dsc01436

20111206dsc03306

20111206dsc01477 

外間組合長の年齢にあわせた人育ての仕方、、、手を離さず、目を離さず、心を離さず、、、という島言葉は印象的でした。

20111206dsc01447

■参考資料「JAと太陽の花、キク農家を緊急支援」      
沖縄タイムス2011年4月9日 より

 JA沖縄グループ(会長・小那覇安優JA沖縄中央会長)と県花卉(かき)園芸農業協同組合(外間勝嘉組合長、太陽の花)は4月8日、東日本大震災の影響で需要が激減し、売り上げが急落しているキク農家に無担保・無保証で融資するなどの緊急支援策を決めた。

 同日、那覇市のJA会館で会見した小那覇会長は「農家は現金収入が減少し、極めて厳しい状況。緊急に支援する必要がある」と述べ、迅速に対応する姿勢を示した。

 支援内容はJAが(1)無担保・無保証の低利子融資(2)収穫前に購入し、売上金から差し引く予定だった資材費の支払い期日の延長(3)資材購入時の掛け金限度額の100万円引き上げなど。受付期間は7月29日まで。

 太陽の花は前渡し金の限度額を300万円に増額、借入金の返済条件変更などを受け付ける。沖縄金融公庫に対しても農家が迅速に融資を受けられるよう手続きの簡素化を要請した。

 3月は彼岸などで、キクの県外出荷の最盛期だが、震災後、被災地で需要が激減している。計画停電や福島第1原発事故の影響で関東地方でも消費が落ち込み、供給過多で価格が急落した。だぶついたキクは西日本の市場に集中しており、価格下落は全国に広がった。

 両組合は採算割れのキクを出荷調整しており、農家は出荷できないキクを処分している。3月は両組合で、年間売上高の1割に上る11億円の減収となった。

 4月に入り、キクの価格は回復傾向にあるものの、「まだ先を見通せない」(JA担当者)とし、農家支援に踏み切った。価格下落が長期化した場合は、同様の支援対策をとる方針だ。

 両組合は県に対し借入金の利子補給や生産資材費用の助成なども求めている。

 外間組合長は「組合設立から35年たつが、このような価格の暴落は初めて。来期から再生産できるように農家を支援したい」と話した。

« 21度、帰郷へ(12月7日) | トップページ | 12月7日の新聞記事 »

花と農業」カテゴリの記事