September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 経済界12月号 | トップページ | こども東北学 »

2011年12月 1日 (木曜日)

1943年12月1日 小野川分教場教員

菅家福次日記 1943年12月   (翻刻 菅家博昭2011年12月1日)

■1943年12月1日(水)晴
 今日より転業だ。小野川分教場へ教務員見習いとして登校した。生徒への挨拶、どうも思ふやうでない。四五六(年生)の国語を教えてみた。これも語句の読み違いやなにかで思ふでない教える方が教はる位。浅学は求ざるを得ない。今日は全くよい天気だ。夕方より一変、夜は大雨となる。家で精米して貰う。米搗(こめつき)十九俵。

(解説)
 大正十二年(1923)七月十五日に菅家菊蔵とトメの七男として昭和村大字小野川字大岐1723に生まれ・暮らす菅家福次青年(二十一歳)は、生家で炭焼きやカラムシ栽培、水稲作を行っている。昭和十八年(1943)年十一月末まで炭焼きを一段落させ、十二月一日より大岐から一里(約4km)上流の本村である小野川にある分教場で代用教員をはじめる。我が家の家族の日記である。昭和十九年(1944)年四月に出征し、中国戦線に従軍し、同年十二月三日午前一時三十分に中華民国湖南省冷水舗第八十七兵站病院で死亡している。忠彰院義誠重岳清居士。享年二十二歳。

写真の大岐の当家の福次の墓碑は27歳となっているが22歳が正しい。右の碑銘はビルマのインパール作戦で亡くなった菅家栄次郎。我が家からは第2次大戦に4人出征し2名死亡している。

■現在、織姫体験生OGらが語る「ハタヤキ(畑焼)」とは昭和村ではかつて言っていない。からむし焼き(青苧焼き)という。発芽した青苧(カラムシ)の芽を揃えるために焼くからだ。作業名はその作業の目的を言い表している。 → 1943年5月24日青苧焼き

20090512dsc00075

20090512dsc00085

大岐墓地の享年は27歳と刻まれているが、22歳の誤りです。

20090512dsc00101

菅家福次日記(1943年)

« 経済界12月号 | トップページ | こども東北学 »

菅家福次日記1943年」カテゴリの記事