September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2011年2月 1日 (火曜日)

閉じた目にしか見えない自然と社会

■1970年頃、日本列島の中央部 岐阜県の中津川でフィールドフォークという活動が笠木透らによって行われていた。

 『THE FIELD FOLK vol.1 FROM NAKATSUGAWA』 というアルバムのA面7曲目、最後が「私の子供達へ」という笠木透作詞・作曲のものである。

 高石ともやは『ザ・ナターシャー・セブン・107SONG・BOOK・シリーズ VOL.7 山と川 フィールド・フォーク編』で、この曲をA面6曲目、最後に入れている。1977年10月17日録音。この時には「私の子供達へ ~父さんの子守歌」とサブタイトルが付いている。同封のソングブックには次のようなコメントが付いている。

 1973年8月、めずらしく笠木透さん自身の作曲です。彼自身動きまわっている人で、きちんと夕方に帰る人ではない。ある日、夜おそく帰ってみると4つになる彼の子がフトンからはみ出して眠っていた。それを見るうちにこの詩が湧いてきたといいます。「お前ら何人愛してもいいし何回結婚してもいいし何人子供をつくってもいい。だがその子が大きくなった時代のことを考えられるように生きとれよ」カムトゲ座はじめ彼の周辺の若い物達に言う笠木さんの口ぐせのひとつ。

   アフリカを旅していると、1980年当時に結成したばかりのなかよしバンドが歌ったこの「私の子供達へ」が、いつもあった。

 生きている君たちが

 生きて走りまわる土を

 あなたに残しておいて

 やれるだろうか 父さんは

20110125img_2892

20110125img_2935

20110121jfmadsc00808

20110122etimg_1587

20110123nbimg_1813

20110123nbimg_1935  

20110130dsc02166

20110130dsc02170

20110130dsc02172

素朴なアフリカのユリ

20110124keimg_2083

20110124keimg_2553

20110125img_2871

20110122img_1609

20110125dsc01690

竹の道具

20110125img_2692

20110125img_2746

20110125img_2747

20110125img_2752

道具、道具入れを作る

■アフリカ

20110125dsc01707

20110125img_2678

植物の茎、竹のような繊維を裂いて束ねてホウキになっている。この農場だけでみた手作り道具(ナイロビ)

20110125img_2682

20110125img_2732

20110125img_2900

エチオピアのかすみ草栽培

■→ 2011年1月22日菅家博昭撮影。

2011年1月30日 (日曜日)

ナイロビ

知足の精神

■中村彰彦『名君の碑』(文春文庫、2001年)

 江戸の玉川上水開削を建議し、明暦の振り袖大火直後に江戸復興計画を立案実行した保科正之。700頁。今回のアフリカ旅行中に読んだ。只見町の盲人・長薫についても書かれている。読書の目的であった、なぜ会津藩主保科正之は神社を合祀したのかは不明のままである(1663-66)。

20110125img_2792

20110125img_2722

20110125img_2680

20110125img_2922

20110125img_2881

20110125img_2815

20110125img_2877

20110125dsc01997

20110125dsc01732

20110125dsc02055

20110125dsc02049

氏家邦夫翁

■2011年1月30日(日)

 今日は昭和村。

■1月29日(土)晴れ

 福島県郡山市磐梯熱海温泉・清陵山倶楽部で午後3時30分から「福島県花き普及事業40年のつどい」が同実行委主催で開催された。縁あって90分ほど講演をすることになった。依頼のあった演題は「これからの花き産業の在り方と普及指導に期待すること」である。現職・退職者OB含め多くの参加者があった。

 1970年・昭和45年に花き担当普及員が設けられ40年。このとしは米の減反(生産調整)がはじまった大きな節目の年である。

 私(菅家)は1983年から花作りに携わり、1984年に奥会津・昭和村大岐での自主生産農家団体・昭和花き研究会の設立に立ち会った。27年前、その時の福島県の担当普及所は金山町川口にあり県職員の氏家邦夫さんが所長であった。たいへん久しくお会いしていなかったが、今回こうした会合に参加しいろいろお話をうかがうことができた。

 氏家さんにたずねると現在81歳である、という。当時に奥会津を中心として会越国境に自生する独自種オトメユリ(別名・ヒメサユリ)の自生地調査や産業化への技術立案を現地で行って栽培暦等を作成されており、当時のことをうかがうことができた。

 昭和村と南郷村(現・南会津町)の鳥井峠が原種原生域で当時濃密な分布確認がなされた、という。新潟県の協力も得たが、県庁の新田さんの尽力によるところが多いという。産業化にあたっては真土(心土)を利用すると野鼠害が少ない、3年で球根生産を一巡すること、一部を食用にまわすことで球根の鮮度を保つことが肝要である等、教示を得た。

 氏家翁は当時昭和村大岐の坂ノ上圃場で、果樹技術の予防の石灰ボルドー作成を実演され、当時私たちがグラジオラスとともに主力としていたスターチス・シュニアタの灰色カビ病への応用を指導された。わたしはその現場にいた記憶はいまでもとても鮮明に記憶している。氏家翁のオトメユリの栽培普及への熱意については、拙稿を『雑誌・会津学』4号(2008年、奥会津書房)の「私の月田農園物語」に紹介している。

 1984年、葉タバコ栽培から花作りに転換した私は、福島県会津農業センターが主催する短期研修花きコース(数ヶ月に1回、1日開催)に5年ほど参加した。講師は県職員の花普及員諸賢であった。この「学校」で教育されたことが、花との向き合い方、仕事の進め方、先進地元生産農家・産地の視察による農家の訪問、、、現場で働きながら課題を持ちより学ぶという手法で、自分の仕事感を作れた。ときに、大学の農学部を卒業してすぐに県職員となり現場に出て、担当する品目の講義をする若い諸兄とはとても議論がしやすかったことも、長く通った理由である。品種の来歴や研究の課題、など対処の仕方、物事の見方など基本を親切に教えてくれた。

 そうしたことを話し、今後の産地運営に必要なこと、不要なことを話し、残りを今回のアフリカ視察のスライドを紹介した。

20110130dsc02105

20110130dsc02108

20110130dsc02107

20110125img_2589 

20110125dsc01722

20110125dsc01845

20110125img_2557

20110125dsc02059

靴底のビブラムソールに付着したアフリカの大地・レッドランドのソイル。よく歯ブラシで洗浄してから帰国した。今回アフリカを旅した靴はシリオ sirio  pf230gtx。1981年イタリアで創業。2010年から履き始め馴らした。会津若松市内のアウトドア用品店あるぺんハウス(川島氏)に奨められ購入した。ウリヴァリン、レッドウィングなど、この30年間、靴はここで買っている。

20110125img_2675

20110125img_2797

20110125dsc01720

20110125img_2808

赤い大地の白いかすみ草・ミラベラ。フェアトレードの花束加工に使用するため圃場で開花させ使用している。この農場では3年前からかすみ草の生産を開始している。フェアトレードの花束にはフェアトレードラベル(認証)のかすみ草が必要なので、バラ農園が自らかすみ草を栽培する事例がコロンビアなどでもみられる。圃場で採花しすぐ前処理剤液の入ったバケットにて運ぶ。

 アフリカの農業が警告していることは2011年は「水」をたいせつにすること、「地域」の素材で生産をすること、「石油資源」をできるだけ使わないこと、、、である。そのために品種が存在する、ということである。品種に合わせた環境管理をする、のではなく、地域環境にあった品種を採用する・育成する、ということである。種のもつ力は偉大だが、それを使う人間の力がアフリカ以外の農業生産国には欠けていることをアフリカは示している。JFMA18人はそのことを多く学んで帰国した。2003年から花産業を導入した後発のエチオピアは、現在のマネジメントはインド人。資本はさらに異なる国々。しかし秀逸なマネジメントであった。圃場は清潔である。そしてインド人マネジャー(農場責任者)は「仕事は一人ではできないのです。農場の現地で働く人、それを届ける人、店頭で販売してくれる人、、、」と言い切る。

 折しも、衛星中継された中東ドーハからの映像で、ザッケローニのマネジメントの秀逸さを多くの日本人が見せつけられたであろう2011年1月30日未明に、菅家博昭記す。試合を決めたのが帰化した在日韓国人四世であった、ということもたいへん示唆に富む。

 

 

2011年1月25日 (火曜日)

ケニアのかすみ草ミラベラ

■2011年1月25日(火)ナイロビ

 今日は午前中2カ所、バラ生産農場を見て午後にクリザールのナイロビ事務所でケニアの花産業の説明を聞き、ナイロビの空港からアディスアベバ空港経由(トランジット)しタイのバンコクまで移動する。

■1月24日は、未明に小川孔輔先生と私が腹痛。午後は移動バスで4名が体調不良となった。

 同行している花の輸入商社の関係者はそれぞれ顧客農園に営業訪問のため別日程となっている。24日はバラ、カーネーション、かすみ草、アルストロメリアなど3農場を視察した。

 ケニアはイギリスの植民地であったので、自動車は日本と同じ右ハンドル、左側走行である。エチオピアには道路信号は無かったが、ケニアのナイロビ市内の中心域のみ少し信号がある。それ以外は交差点はロータリー方式。英国や欧州向けの野菜生産農場が多くナイバシャ湖付近にあり、プライベート飛行場を持ち、自社航空機で直接英国等に運搬している。

 ナイロビ市内は道路工事をしていることもあるが、たいへんな渋滞で2時間ほどもかかっている。

 

 

■1月24日は6時30分ころから降雨となり7時にバスで出発してからも午前中は雨。ナイロビ市内から北西部丘陵地に入るとコーヒー園が続き、その後、霧のかかる地域では紅茶生産圃場が続く。森林地帯を経てグレートリフトバレーの展望台で晴れ。2140m。自動車は下降し、火山帯、草原を抜けてナイバシャ湖に。片道100km。2時間。

 視察した農場では各種草花を含みブーケを制作し英国の量販店に納品している。使用しているかすみ草はミラベラ。ミヨシと提携しているアメリカのボール社のもので、エチオピアでも栽培され、一昨年に訪問したエクアドル、コロンビアでも栽培していた。特に、ブーケを製造している農園での生産が多くなっている。

 生産圃場は裾、妻部開放型のハウス。2条植え、点滴ドリップ灌水、電照設備は付いている。幅80cmで高さ50cmのベッドに定植されている。現在の開花採花したものは50~60cmの花束に入れられており、開花室は使用していないが、雨期には使用するという。

 ミラベラは花の開花直径が0.8ミリ。使用開花ステージは3段開花。純白。

 導入経過は、エチオピアの別な企業集団の花農園で聞いてきた「電照による花芽分化誘因」が不要なためだと推察された。つまり夜に使用する電気料をコストダウンできる。また昨年はイスラエル等のかすみ草農園では電照用に配線された電線が夜に盗まれる(鋼材を売る)ことが多くなっており、農園全体に塀を巡らし警備員を終日置いている農場を今回は視察しているので、電照不要で花芽分化できる性能が評価されていると思われた。またミラベラはエクアドルを視察した時に、マイナーリーフ(ハモグリバエの幼虫・絵描き虫)が入れない葉の剛直さを持っている。

 撮影デジタルスチル764枚、ビデオ54カット。

  

20110124keimg_2006

20110124keimg_2064

20110124keimg_2213

20110124keimg_2235

20110124keimg_2253

20110124keimg_2124

20110124keimg_2260

20110124keimg_2259

20110124keimg_2152

20110124keimg_2161

20110124keimg_2230

20110124keimg_2355

20110124keimg_2315

20110124keimg_2368

20110124keimg_2524

20110124keimg_2506

2011年1月24日 (月曜日)

日本製

■22日に遅い昼食を食べたエチオピア市内のインド系レストランのナイフ、フォーク、スプーンは日本製。古いもので新潟の燕三条か?

 バラやヒペリカムの樹木系花きを扱う農園は日本製の園芸剪定はさみ(兵庫県三木市 サボテン社製)。千葉の幕張メッセで開催されるIFEX展示会の中央通路は三条金物(新潟)のハサミ類が出展している。

20110122etdsc01292

20110122etimg_1228

↑サボテン社製(日本)。ゼンマイバネは使用頻度で折れると交換する。

20110121etg12img_0616

20110121etg12img_0637