September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2011-09-01かすみ草産地情報(奥会津:昭和花き研究会)

■かすみ草担当者様 昭和花き研究会・産地情報 2011年9月1日

■かすみ草の出荷もあと2ヶ月、20回販売分ほどになりました。よろしくお願いします。

■台風12号が列島に近づいており、日本海を通る経路で北上すると奥会津地方(当地)は、風が強まり、ハウス被害が発生することが予測されます。
 すでに、採花8割程度のハウスの屋根ビニル除去を、風被害予防のためにはじめており、そのため今後の60cmS(枝)かすみ草の数量は減少いたします。主幹(茎)を80cm・70cm・60cmMで採花した後に遅れて咲いてくる切り下の分枝が60cmです。主幹の開花具合・採花具合を見ながら、最終判断をこの数日に行います。ビニルハウスの骨組みだけにすれば風によるハウス倒壊被害は防げますが、採花中のハウス内のかすみ草は雨で濡れ、その後、出荷できなくなります。ハウスを残しておけば、来年生産ができるためです。ハウスも、中のかすみ草もどちらも被害に遭うよりも、ハウス骨組みを残す判断になります(和歌山・熊本等の産地でも同じです)。

■9月上旬のかすみ草の出荷については、日量500箱から800箱での推移です。各卸とも現在の出荷量の継続となります。9月14日頃から大量の受注を受けていますが、台風経過をふまえ、欠品の無いように努力したいと思います。受注を組み納品すれば、残るセリ分は、数量的には多くありません。
 品種はフォレスト、ベールスターが中心となり、アルタイル、ベール系などが出荷されます。70cm・80cmでの出荷となります。60cmは注文対応のみとなります。
 セレクタ社のかすみ草(銀河、セレブレイション、ブロッサム、CV538試作)は大田花きへの出荷です。次年度は全社出荷可能となります。8月31日午後、昭和村大岐の岩下圃場で試作関係の評価会を生産者例会で行いました。銀河・CV538は優れた品種で、草丈も確保でき、花持ち性も良いことから、次年度の推奨品種としました。気候変動に対応できるよう早晩性を組み合わせ、現在のアルタイル(早生)・ベールスター(中生)・フォレスト(晩生)の基幹品種は維持し、中生種の銀河等を来年は増やす予定です。ブロッサムは晩生種で剛直(ニューホープ様式)でハンドリングに問題があり、枝折れし、定数が、箱に入りません。

■8月末までの販売実績
 出荷本数 819,515本 (前年比83%)
 出荷箱数  17,604箱 (前年比86%) 
 販売額 83,482,268円 (前年比89%)
 1本単価    102円 (前年比107%)
 生産者数 28名(老で1減・1若加入で同数)

■9月の行事予定
9月3日(土)ヨークベニマル・かすみ草フェア(福島西店・いわきエブリア店)※台風時生産者欠席
9月8日(木)13時30分、昭和村矢ノ原試験圃場 試作かすみ評価会(種苗3社参加)
9月13日(火)セレクタ社欧州リチャード氏、深水氏と来村予定(前日・大田花き)。
10月1日(土)ヨークかすみ草フェア(白河高山店・郡山横塚店を予定)