September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2011年12月10日 (土曜日)

15歳の夏『青空の季節』(坂庭省悟)

■2011年12月10日(土) 大岐・雪30cm、大雪注意報。

■8年前、2003年12月15日に亡くなった坂庭省悟氏。奥会津・昭和村で1980年~90年代にかけて、坂庭氏が所属するバンドは何度も公演をしている。彼らのライブは『じねんと』の編集者である佐藤孝雄氏(現・ファーマーズカフェ大芦家店主)らが主催した。

 2006年1月20日に出たCD『坂庭省悟トリビュート やくそく』(パーム・ストリングス・レコード)の2曲目に15歳のことを歌った「青空の季節」がある。作詞谷山真生、作曲坂庭省悟。このCDでは、ギターと歌は古橋一晃氏。

 原曲は坂庭省悟『別れのうた』(サウンドタム、1999年)の最終曲として入っている。このCDはほとんどのパートを坂庭氏が演奏している。

 古橋一晃氏はフラットマンドリンの宮崎勝之氏と2011年に新譜CD『ウッディ トーキン』(トライレコード)を出している。群馬のサウンドタムで2010年10月に録音された。

 このサウンドタムでは、佐藤孝雄氏も1993年に『マイペンライ』(11曲、なかよしレーベル)のレコーディングをしている。バックバンドにはなんと豪華に坂庭氏のSAMであった。

 最近、自動車のハードディスクにCDを入れ録音しているなかで、この古橋氏の乾いた歌声の『やくそく』の2曲目の「青空の季節」が特に印象的だった。そして繰り返し聞いている。坂庭氏のものとは異なる、15歳の夏を、、、、

 鏡に映す 見た目 かわっても

 あいかわらずの僕さ

 30年たっても

 駆けてきたよ 青空の季節

 どんな地図にも書かれていない

 誰にも測れない 夢を描いて

20111210dsc01640

20111210dsc01641

2011年5月22日 (日曜日)

大芦家マンスリーライブ from日光市

■5月21日(土)19~21時に、奥会津・昭和村大芦の大芦家にて開催。日光市のサムシング+グリーンズ。

 20110521gimg_5075

20110521gimg_5127

20110521gimg_5133

20110521gimg_5147

20110521gimg_5128

20110521gimg_5151

2011年3月26日 (土曜日)

でんきにたよる農業

■化石燃料高騰、電気も高騰、計画停電 → 岐阜大 福井先生3月13日

 → 直営農場とレストラン

■企業によるすばやい危機管理。事故後、ウェブサイトの同社関連企業から「いわき小名浜菜園」(従業員170名)を削除している。。 → ウェブサイト

 いわき小名浜菜園 → 平成22年3月期決算短信12ページ PDF

  東京電力 日本最大の10haの農園 → いわき小名浜菜園 

    → 2006年鹿島建設プレスリリース

■→農業情報研究所

2011年3月16日 (水曜日)

泣ける強さを

■沖縄県(石垣島)の音楽旅団:Bigin。『ビギンの一五一会』(CD2003年)の二曲目に収録されている「海の唄」にはこうある。 

  一人 空を見上げれば

  いつか悲しみは影となり

  光の中で道に変わる

  泣ける強さと、

    負ける優しさ

  また大人に変わっていく ・・・・・・・

■地震直後のRFCラジオ福島の大和田アナウンサー(男性)もリスナーから寄せられる声に、声を詰まらせてよく泣いた。NHKの東北(仙台)の男性アナウンサーも、同じだった。

■3月15日(火)東北大震災から5日目、30km圏内まで福島第一原発事故の放射性物質飛散に関する退避指示が出された。NHKラジオ(第一)。佐藤雄平福島県知事が菅首相と電話会談。「長きにわたり首都圏に電気を送り、国のために尽くした福島県民の被災・避難民を、福島県以外の県等に受け入れ体制を取るよう、政府が努力してほしい」(意訳)。ラジオは福島県知事の意志を唯一伝えている。

 同じく、朝のRFCラジオ福島は、福島市自治会館にある対策本部から。福島県知事の会見を放送。原子力災害について。国(政府)、事業者(東北電力)に強く原子力災害に対策を要望している。全力で対策する、と佐藤雄平福島県知事。
  福島県知事の会見(メッセージ)はラジオからの肉声の音声を聞く限り、決断に満ちた、厳しい物であった。その決断というのは福島県内のすべての原子力発電所は廃炉と、県民は受け取っている。

201103img_3607

201103dsc04082

201103dsc04070

2010年3月18日 (木曜日)

NG   1983年

■熊本県出身のアーティストに小山卓治がいる。

 → 小山卓治

 → 1983年6月22日発売 NG

 彼のデビューアルバム『NG』(no good)は、モノクロ写真のテレビジョン。ニューヨークでジョンレノンが撃たれたニュースを配置したものだ。その彼が1月29日に『iNG』というアルバムをリリースしている。

 「1WEST 72 STREET NY NY 10023」という曲は、まさにそのダコタハウスの住所をうたった小山卓治の曲である。

■今年(2010年)11月3日に30周年を迎える「なかよしバンド」(昭和村 佐藤孝雄・カンケヒロアキ・中井)は、1980年11月2日に昭和村下中津川小学校体育館でデビューした。82年12月5日に現在の会津美里町(当時本郷町)の本郷町商工会館で開催された「本郷フォーク村コンサート」で演奏することがあり、地元のバンドとして出演していた鈴木国人君と知り合った。その彼と交流するなか、83年に小山卓治のアルバムNGを彼の家に行った時に知らされた。彼は大学ノートに毎日作詞作曲した記録を残しており、僕らはそれがとても刺激になって、オリジナル曲を創作しはじめた。1985年5月19日蒲生氏郷・上杉らが構築した城館跡の向羽黒山が公園となっている白鳳山公園にて、本郷町つつじ祭りが開催され、その野外コンサートに出演したときの印象を歌にしたのが私の作った「ふるさと5月」である。あれから25年歌い続けている。

 熊本県がかすみ草の産地である、というのはあとで知る。熊本県はオヤマタクジの出生地である、ということから熊本県を知った。東京渋谷にあった渋谷ライブインの小山の演奏会には、昭和村から遠路、良く行った。青山FMが出来る前から僕らの渋谷は小山の活動拠点としての位置づけであった。

■JELFA花産業調査で3月7日にニューヨークのダゴタハウス前を訪問した理事米田さんから写真が届いた。imagne と描かれた路上にバラの花びらでピースマークがある。豊明花き・日本植物運輸の社長である柏村さんもここに同行した、という。柏村さんは僕と同年代だが、彼は英国のリバプールのキャバーンクラブもたしか新婚旅行で行っている。英国花産業調査でご一緒したときにその話を聞いた記憶がある。英国ロンドン滞在時はビートルズが泊まったホテルに僕らは泊まっている。

20100317cimg1312

20100317cimg1320

20100317cimg1308

2010年2月 7日 (日曜日)

編集の力

■昨年末、1冊の本が出版されている。

 大人のロック編『ザ・ビートルズ全曲バイブル 公式録音全213曲完全ガイド』(日経BP社、2009年12月7日刊)。5800円と高価本。発刊日の翌日、12月8日はジョン・レノンの命日である。

 1曲に1~2ページで、楽曲解説のほか、図で音像配置図というのを入れている。楽器と演奏者をイラストで入れている。また録音データ、何テイク目が採用されたか、そのトラックのなかみも示している。

  客観的に冷静に見てみると、このような詳細な研究は日本的といえるのではないだろうか?

20100207dsc09747_2

2010年1月 1日 (金曜日)

八王子の星

■昨夜(12月31日)のNHKテレビ紅白歌合戦に、東京都八王子市出身のファンキー・モンキー・ベイビーズが初出演した。出演者のなかでは、楽曲・パフォーマンスとも最高位だった、と思う。

出演予告無しのサプライズで60回目となる紅白にちなみ、60歳になる矢沢永吉が2曲歌ったが、かれがデビューした当時に在籍していたキャロルのヒット曲が「ファンキー・モンキー・ベイビー」(1973年)。当時、私は中学2年生で、デビューしたキャロルを聴いてる。もちろんコピー(カバー)もしている。

 紅白の矢沢のバックバンドのギタリスト山本恭司(BOWWOW)。

20100101dsc07438

20100101dsc07484