September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2011年12月28日 (水曜日)

読書12月27日に読了。895ページ。

■2011年12月28日(水)晴れ

 今日は晴天で外出。

 帰宅後、4月25日に購入していた『現代思想 5月臨時増刊号 総特集 古事記 1300年目の真実』(青土社)を読む。

 斎藤英喜「異貌の古事記 近世神話としての『古事記伝』」は本居宣長が中世以来の注釈学の方法を継承しつつ、徳川社会に広まった西洋の学知を媒介に読み替えられた、近世神話としての『古事記』として論証している。

 神宮(三重県伊勢市)の内宮・外宮の対立と伊勢神道の発生。

■昨日は終日、10月下旬に購入した本を(12月27日に)読了。895ページ。 → 渡辺三省著『越後縮布の歴史と技術』(昭和46年、小宮山出版)

2011年12月25日 (日曜日)

o-ku-so-i-re

■ おくそ入れ。

   → おくそざっくり展

 → 苧くそざっくり

 → 苧クソ

 → ほくそずきん

20111220img_2627

20111220img_2626

2011年12月22日 (木曜日)

あると思って聞きなさい

■2011年12月22日(水)

 気候は雪模様へ。

■12月21日午前、岐阜県内の野生植物・繊維の調査をされているw夫妻の自宅を訪ね、お話をうかがった。またこれまで収集された繊維植物・布を見せていただく。調査は、「あると思って繰り返し現地の人々に聞きなさい」という言葉がとても印象的でした。

20111221gimg_2810

野生カラムシの繊維

野生ミヤマイラクサの繊維

20111221gimg_2811

20111221gimg_2799

バト(アンギン)。

20111221gimg_2774

20111221gimg_2792

20111221gimg_2808

2011年12月21日 (水曜日)

野の草で暮らしを包む

■2011年12月21日(水)

 午前、ミヤマイラクサと野カラムシの岐阜県内の伝承の研究者のWさん夫妻を訪問。

■12月20日(火)8時30分~19時。 自動車走行距離400km。上越自動車道(雪)、東海北陸道(雪)。富山県五箇山、菅沼合掌造り集落。岐阜県白川郷荻町等。

20111220sdsc01979

20111220sdsc01988

20111220sdsc02013

菅沼、屋根材の下は麻殻(白い部分)。冬囲いはカヤ(オオガヤかコガヤかは不明)

20111220sdsc02015

20111220sdsc02023

20111220gimg_2592

20111220gimg_2615

20111220gimg_2618

20111220gimg_2619

20111220gimg_2559

20111220sdsc02046

20111220sdsc02044

岐阜県白川村荻町

20111220sdsc02041

20111220sdsc02040

20111220gimg_2687

20111220gimg_2674

20111220gimg_2688

20111220gimg_2710

20111220gimg_2700

20111220gimg_2694

20111220gimg_2732

20111220sdsc02048

20111220sdsc02053

2011年12月19日 (月曜日)

廃村の鎮守

■廃村の鎮守

20111218dsc01938

2011年12月 5日 (月曜日)

海の見える丘

■沖縄県内にて

20111204dsc06163

20111204dsc01316

20111204dsc01343

20111204dsc01342

20111204dsc01224

20111204dsc01340

20111205img_2292

20111205img_2274

20111205img_2243 

八重山諸島

■2011年12月5日(月) 晴れ、曇り、小雨(八重山)

 4日から5日と沖縄県八重山郡の諸島を歩いて、沖縄本島に帰着。

20111205img_2002

20111205img_2097

20111205img_2119

20111205img_2127

20111204dsc01149

20111204dsc01145

20111204dsc01200

20111204dsc01191

20111204dsc01184

20111204dsc01209

20111204dsc01213

20111204dsc01217

20111204dsc06141

20111204dsc06148

20111204dsc06151

20111204dsc06137

2011年12月 3日 (土曜日)

日本のイヌワシを考える

■2011年12月3日(土)雨

 今日は上京する。

 12月3日午後、都内で日本イヌワシ研究会総会(会員のみ)。翌日の4日は公開シンポジウム。4日は参加自由(申込不要)。日本イヌワシ研究会 三十周年記念・公開シンポジウム 日本橋浜町Fタワープラザ3階 →  『イヌワシで守る日本の生物多様性』

 再生可能エネルギーといわれる風力発電所は風の道を伝い移動する渡り鳥や、その地域の生態系のなかのアンブレラ種であるワシタカ類等に大きな影響を与える。

 また地熱発電所の建設も排気の硫化水素による大気汚染(異臭)、震度5弱の地震が発生するなど課題が多い。現在、柳津町の奥会津地熱はフィルタの無い他の井戸からの噴気により異臭が絶えない。環境調査時に掘った井戸からの噴気試験により周囲環境が汚染される。住宅地に隣接した立地は再考すべきである。ダムにしても昭和44年8月と、本年7月末の只見川のダム水害(治水ではなく洪水を誘因する)で、23の発電ダムの被災、発電そのものもできないお粗末な状況が起きている。河川管理者の河川管理能力は欠如している。本来の川の姿に戻すべき、只見川のダム撤去を次のビジョンにしなければならない。大きなダムの無い野尻川、滝谷川では今回の豪雨被害は少なかった。無人のダム管理が流域に災害を起こす事例としてこの夏の豪雨を起因とする河川管理水害は五十嵐川、只見川流域で詳細な調査が行われるべきである。それは台風による和歌山県・三重県・奈良県等の流域災害も調査される必要がある。

 311後、東京電力(株)の福島第一原子力発電所が爆発し放射性物質を拡散汚染し、11月末には福島県知事は県内10基の原発を廃炉とすることを発表した。一方、国内では停止する原発の代替エネルギーとして再生可能エネルギー(水力、風力、地熱等)の利用が声高に叫ばれている。この状況は1990年代はじめプラザ合意後の社会変動に対応したバブル経済、それが破綻した後に公共投資により景気浮上を狙った政策の時と似ている。このときは、公共事業を多く発注したのだが、それは奥地山岳にダムや発電所を作る、というもので多くの自然が荒らされた。結果景気浮揚には至らず我が国の負債を増やしただけとなった。お金を使わない社会へ転換しなければならないのに、お金をさらに使うような計画(再生可能エネルギーの開発)を誘導している。

 かつてのガット・ウルグアイラウンド対策では、コメの輸入問題で農村部に大きな公共事業投資が行われた(下水道の普及)。今回のTPPでも実際に使う見込みの無い資金が農業保護政策のもと投資される。

 韓国とアメリカのFTPを見ていると、韓国政府が国内農業保護のために施設投資や輸出促進に多くの資金を投下している。2国間の取引ではなく、韓国が輸出先としているのは隣国日本である。輸送費等の支援によりそれが行われる。日本政府も同じように、アメリカとの関係で疲弊する日本農業には中国大陸への輸出を画策しているのだが311後の放射能汚染でつまづいている。大陸間を農産物が大きく移動しない適正農業がCO2問題からも有効であるはずで、大きくお金が動くことを目的としてまわしている現在の経済では、環境負荷は高まるばかりで、持続可能などありえない。

 社会のありようの「リ・デザイン」が必要になっている。それは新しい成熟社会への施策につながり積極的な社会活性化をもたらす。

■12月4日は沖縄県に移動。6日午後が那覇市パシフィックホテルで開催される太陽の花(沖縄県花卉園芸農協)35周年「一陽来復」(販売促進代表者会)を取材する。沖縄県花卉卸市場等に出荷終了の御礼挨拶。

■10月下旬から低迷した市況が続く切り花の年末市況と放射性物質の安全確認。→大田花き 磯村社長

20111202dsc06077

20111202dsc06085_2 

■読売新聞福島県版では、大熊町の避難先の会津若松市内の松長団地(仮設住宅)での連載が行われている。会津若松市内では、この大きな白いバスが仮設住宅間を毎日運行している。

2011年12月 2日 (金曜日)

こども東北学

■2011年12月2日(金)曇り

 午後1時より大岐センターで昭和花き研究会定例会を開催しました。

■イースト・プレスから11月16日に発刊された『こども東北学』、山内明美著。

20111202dsc06092

20111202dsc06093

20111202dsc06089

20111202dsc06058

2011年11月30日 (水曜日)

樹海の民

■新潟県村上市在住の赤羽正春さんの最新著作『樹海の民 舟・熊・鮭と生存のミニマム』(2011年10月刊、法政大学出版局)を購入し読み始めた。ダムに沈められた越後奥三面の発掘調査を担当した赤羽さんは、植物採集・熊・鮭などから日本に大陸文化が伝わる北からのルートをたどり、たどりついたシベリアの小さな村の調査記録である。

 半年間、冬に閉ざされる人々は、生活を万全の備蓄で乗り切るだけの知恵を育んできた。この環境に対峙し築きあげてきたのは各様の文化である。生存にすべての知恵を使わなければならないシベリアが文化のゆりかごのような地帯、風土となっていたという事実を発見した、、、、(序章より)。

 → 2006年8月19日、会津学研究会

■『世界12月号』(岩波書店)の表紙は飛島建設が強制連行した朝鮮人を使って建設した福島県三島町の宮下ダムの写真である。

20111130dsc06025

 

より以前の記事一覧