September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2011年12月29日 (木曜日)

通巻1011号 農耕と園芸2012年1月号

■2011年12月29日(木) 曇り

 月刊誌『農耕と園芸』1月号(誠文堂新光社)が届いた。市村一雄先生が「日持ち保証に対応した切り花の品質保持技術」を書いている。安部充氏「放射能問題と果樹生産」。吉住隆司氏「切り花ハボタンの若苗定植による切り花品質の向上」。ミヨシ・秋元徹氏「ジャスニーホワイト、ルーセントホワイトの栽培技術」。世田谷花き・野口靖生氏「ジャスニーホワイト」。

 → JFMA松島義幸さん

■85ページ。同誌連載の宍戸純さんの花事放談は第24回。2年を満了し、次号から3年目に。2012年の花販売の動向が書かれています。編集部から連絡があり、年末に2月号の原稿を書くことになりました。高齢化、がテーマです。

-----

■ これからの花生産地に必要なこと → 宇田明さん

■PCガーベラ鈴木誠さん → 3月23日JELFA

 小売り厳しく、業務のみ → 11月の花き市況

■セシウム米の土壌、高い空間線量 → 12月28日

2011年12月10日 (土曜日)

はたらきかた

■12月10日の朝日新聞

20111210dsc01638

■農文協の農業技術体系花卉編の追録号から依頼のあった「日本のカスミソウの品種の現状」原稿は10月末に送付、その刷り見本が12月9日に届き、初校(最終稿)。12日着で送付。11ページ。データ引用先に転載許諾をお願いした。2012年1月刊。

■誠文堂新光社の『農耕と園芸2012年1月号』の「花事放談」の校正も9日来て、すぐ見て送付した。この号の大田花きの宍戸純さんの記事には注目です。2011年の卸での仕入れの変化が書かれています。

■12月になってオランダ大使館主催で福岡・大阪・横浜で「サスティナブル・オランダ・セミナー」が開催されています。生産から情報拠点にシフトしているように思います。

 → 法政大学 小川孔輔先生

 → 小川先生 製造と店頭陳列

■2011年12月12日(月)13時30分から、都下・法政大 新・一口坂校舎で、平成23年度花き日持ち保証販売実証事業検討会が開催され、出席のため上京する。

 → MPS 松島義幸さん

■12月6日に那覇市で開催された太陽の花35周年の催事。→太陽の花

2011年12月 8日 (木曜日)

12月7日の新聞記事

■2011年12月7日(水)の2紙に掲載されました。

琉球新報:海外産キク台頭で戦略「検討の時期」福井岐阜大教授が講演

沖縄タイムス:花き生産発展へ「ブランド化を」 太陽の花、35周年講演 → PDF

■12月6日に那覇市で開催された太陽の花35周年の催事。→太陽の花

2011120720111207taiyou1_2

2011年12月 3日 (土曜日)

2015年の農業

■2015年の農業生産について、萩平和巳著『日本製造業の戦略』(2011年8月、ダイヤモンド社)が書いている。

 52-62ページ 情報化農業の実現で食・農の課題を解決(需給マッチ、トレーサビリティ、輸送効率化、マーケティング・サポート)

 189-191ページ 食・農分野におけるアンメット・ニーズと導出されるサービス・ビジネスモデル(農家・生産者/物流業者/外食・加工・小売業者/消費者)

 192-194ページ 食・農分野における導入・実現の方法①農協によるプラットホーム構築 ②大手小売・外食チェーンによるプライベートシステムのパブリック化 ③ニッチ小売・流通によるパブリック・プラットホーム構築

20111203dsc06095

20111203dsc06122

2011年11月30日 (水曜日)

経済界12月号

■現在書店で販売されている雑誌『経済界12月号』(957号、経済界)の76-77ページに竹本昌史さんの取材記事「地域再生の現場を行く 第136回」に昭和花き研究会が紹介されています。

■2011年11月29日の首都圏の日経夕刊。福島・昭和村「からむし織」原発不安 職人の卵 敬遠 応募激減「線量低い」訴え必死

20111129karamushiori111129

2011年11月26日 (土曜日)

蛍の軌跡、ニンジアンエ

■会津では地震が続いている(26日09:16震度2~3)。

■今日(2011年11月26日)の毎日新聞に、TBS退職後、大学で学び直し精神科医である帚木蓮生(ははきぎ ほうせい)氏の『蛍の軌跡 軍医たちの黙示録』(新潮社)が紹介されている。7月刊の『蠅の帝国』に続く書籍。大東亜戦争。

■集英社の読書情報誌『青春と読書』12月号には、陣野俊史氏が古処誠二『ニンジアンエ』(11月25日刊、集英社)を紹介している。ビルマ、昭和18年。占領地で占領政策の目的・方法などを知らせて、人心を安定させる」宣撫班。

2011年11月22日 (火曜日)

逃げない

■2011年11月21日の読売新聞投書欄の時代の証言者。中西準子 リスクを計る(1)原発の問題から逃げない

20111122dsc01104

11月発売中の2冊の本

■今回の東京出張の往復の移動時間に読んだ本2冊。

■『現代思想』11月臨時増刊号は「宮本常一 生活へのまなざし」特集(青土社)。河村湊「周防祝島反原発闘争民俗誌・宮本民俗学の実践の場として」

■『atプラス10』(太田出版、2011年11月)は特集エコノミーとエコロジー。巻頭対談見田宗介・大澤真幸が良い。槌田講演録「原発と科学」も。

20111122dsc01103

20111122dsc01106

20111122dsc01107

20111122dsc01108

2011年10月17日 (月曜日)

カスミソウ横倉さん夫妻

■日本農業新聞2011年10月15日、福島県内版。

 大地と共に(農業情熱物語152) 新天地でカスミソウ 横倉竜太郎さん、実佳さん夫妻 経営確立へ二人三脚(JA会津みどりカスミソウ専門部会)

 → 記事PDF

20111015f20111015yokokura

2011年10月 5日 (水曜日)

国産葉タバコから放射性物質(栃木・茨城・千葉)

■2011年10月5日(水)雨。

 午前は岩下(上)圃場でカスミソウ栽培ハウスの解体作業(冬前)をしていましたが、午前11時40分ころから雷雨となりました。ずっと降っています。

■昭和村は1985年のJT誕生時に廃作指定地となり、畑で露地での葉タバコ栽培を止め、花の栽培(カスミソウ)に転換した経緯を持っています。当時100名近い生産者が花に転換し現在70名ほどがそれを維持しています(32ヘクタール)。

 今年の311後の東京電力の発電所が放出した放射性物質により福島県内の葉タバコ生産農家は生産を中止しました。しかし隣県(栃木・茨城・千葉)では、その後に栽培が継続されました。しかし、いずれも200ベクレル近い放射性物質が検出されています。JTが311後ににわかに決定した社内基準値が(科学的根拠のない)暫定基準値である、というだけで「安全である」とは書いていません。→ JTのプレスリリース(PDFにデータがありそれを参照)

 → PDFファイル(これに詳述)

 放射性物質は焼いても減ることがありません。

 また土壌からの植物体への移行係数の問題がありますが、汚染されている植物体があるということは、栃木・茨城・千葉の畑地の土壌汚染が進んでいることを示唆しています。

■大田花きの磯村信夫社長は、葉タバコ農家は花に転換せよ、と主張しています。→10月3日コラム

■しかし汚染された土地ではなかなか、、、難しい。

■2011年10月3日(月)福島民報

 PDF→ 花産地化、夢砕かれる

 PDF→ 風評被害の払拭へ、独自の放射能対策

20111004img_0484

20111004img_0521

より以前の記事一覧