September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2010年11月 5日 (金曜日)

首都を、あるく、みる、菊(マム)

■2010年11月5日(金)日本国首都滞在中。エイペックのため街路に警官が多く立っています。

 日本橋高島屋の草月展(前期11月3日~5日、後期6日~8日)を見ます。午前10~午後8時。

 

  →中央花卉

  → IFEX記事 10月30日日本農業新聞

■オランダ・花の新・展示会。→ かえるの国の花便り

■グリーンtv タネの物語

■パーソナル情報システムの花きネット→元気プロジェクト

20101104dsc05417

20101104dsc05446

20101104dsc05452  

greenTV水野さん→greentv 

Dsc04139

pic   nakaya-san

2010年1月31日 (日曜日)

ギフトショー

■2月2日~5日まで、東京都内の東京ビッグサイトで第69回ギフトショーが開催される。埼玉園芸が出展する、と案内状があり、2日の午前に訪問してみる予定。2日は夕方に新幹線で名古屋入りし、泊。3日早朝よりJELFA理事会・市場等視察(午前)。

 東京ビッグサイト東展示館1階 フラワー・グリーン&ガーデングッズフェアの、東5046~47・5092~93に(株)埼玉園芸市場が出展。

■1月31日午後、会津若松市内 ノスリ(鷹類)。

20100131img_6740

20100131img_6736

2010年1月22日 (金曜日)

出張へ

■今日の午後より出張します。

1月23日(土)山形県酒田市にJRで移動。午後4時より酒田市総合文化センターにて、酒田市スーパー農業経営塾で講演(塾生10余名)。夜、懇親会。JR酒田駅前泊。

1月24日(日)山形庄内空港13時発より、羽田経由、福岡空港17時10分着。福岡花市場船越氏と打合せ。

1月25日(月)福岡花市場・かすみ草担当小川氏と打合せ。小川氏の自動車に同乗し熊本県菊池市へ。(熊本県内滞在~28日まで)

1月26日(火)熊本県内かすみ草産地視察予定(天草地域等)

1月27日(水)熊本県内 住化農業資材熊本農場の新種試作かすみ草開花調査。大田花き松永氏、JA菊池等関係者と懇談(予定)。

1月28日(木)10時熊本空港→羽田。

■2月25日~27日、石川県出張。

 2月26日午後1時より石川県金沢市才田町 石川県農業総合研究センター「第5回 石川県花き品評会表彰式及び研修会」(石川県花き園芸協会主催)で基調講演「生き残る産地として必要な取組(仮題)」菅家博昭。事例報告:JA金沢市砂丘地集出荷場フラワー部会長 西村俊雄氏「スプレー、ブーケタイプ切花葉ぼたんの栽培方法について」。農業総合研究センターより試験研究結果報告等。(担当:石川県庁・生産流通課園芸振興グループ増田氏)

20100122dsc08462_2

2010年1月 8日 (金曜日)

年初の集まり(昭和花き研究会)

■2010年1月8日(金曜日)

 現状(朝)は曇り、小雪。

 本日の午後1時10分から大岐センター(福島県大沼郡昭和村大字小野川字大岐)で開催される、昭和花き研究会定例会のための資料作成が昨夜遅く終了した。便利店(コンビニ)で、A3版で1面10円で両面白黒コピー(1枚20円となる)、3枚(6ページ)綴りの資料として作成した。生産者農家より提出を受けて集計した2010年の新苗の品種別導入本数の表を提示し本年の顧客別販売方法のイメージを共有化する。7月咲き(越冬株季咲き)は2009年に続き生産調整を継続し、2008年の基準年の7月出荷数の70%で維持する(3割減産)ことが10月の例会ですでに決まっており、それを確認する。

 定例会は1ヶ月に一回行うので、その間の経済動向と花、かすみ草についてのクリッピング(主に新聞記事)の配布。村内のJA(農協)生産部会と行政機関と構成している「昭和村花き振興協議会(事務局・昭和村役場産業建設課)」の連絡紙も配布する。1月29日に県内の郡山市に新設されている県の農業総合センター(旧・農業試験場)での花きセミナーのチラシである。大田花きの宍戸さん、青山フラワーマーケットの店頭商品を担当している伯野さんが講演する。青山FMはかすみ草を販売しない花屋チェーンとして有名なので、生産者の参加意欲はとても低い。

 年初の例会となるので、県の金山普及所の佐藤充技師(会津坂下町生)、昭和村役場産業建設課産業係の上杉幸子さんも参加する。

 昭和村は山奥にある生産地であり、昭和花き研究会はJAグループにも所属していない独立した自立生産グループなので、世界の組織情報が自動的に入ってこない。そのため自ら求めて世の中に出て社会様相を調査していくために、全国組織の日本フローラルマーケティング協会(JFMA)や、日本エルフシステム協会(JELFA)、オランダに本部を置く環境負荷低減プログラムのMPSに参加し、積極的に世の中の動きを探って、その世の中の動きに産地をすり寄せしている。しかしそれだけでは産地運営は難しいため、ステークスホルダーでもある国内各地に網を持つ取引先各社(種苗、資材、輸送等)に、社会の細かな動きをサポートいただいている。世間を日々歩いている人々を大切にしている。そうしないとまれびとである「神楽の逆打ち」で地域社会に災難が降る。

 年初は、最新の世の中の動きを教示いただくため、大阪に本社を置き、世界の経済情勢がどのように動き、そのなかの花と日本の花の産地の動静についての報告も昨年からお願いしている住化(すみか)農業資材株式会社の西川晶部長と、育種担当の永島さんに報告をお願いしている。

■今夜は、会津MPS連絡会が会津若松市内栄町のカゴタ(籠太)で夕食会(新年会、会費制)で開催する。昼の部の2名を囲み、会津各地の生産者をつなぐ。

■2010年は、「顧客創造」が大きな課題として社会に出て来るので、それにどのようにかすみ草産地として対応していくのか?が今日のふたつの会合のテーマになる。店頭を「通過」する未来の顧客をどのように接遇して関係を作るのか?量販店であれば来店客をどのように花のある暮らしに導くのか?それが問われる。そのために小売店・卸・加工業と取り組みをしながら未来の顧客を、今日からの顧客に育てていく必要がある。「お客様は会議室にいるのではなく、店頭にすでにいる」(踊る大走査線)のだから、小売店(花売場)立地商圏別に、顧客のことを考えていく必要がある。

■左側帯(サイドバー)の下部にブログパーツ「フォト蔵」を表示試験中。過去に撮影した写真を20枚。内容を精査して必要な情報を提供する予定。必要な写真をクリックすると写真が拡大します。

■2002年に新潟ではじまった「美少女図鑑」がニッポン放送(ラジオ)で「情報宝島」で、私の街のお宝ニュース、で放送(朝7時5分、ラジオ福島)。

2010年1月 7日 (木曜日)

小康状態

■朝降った雪は、小康状態。夕方から明日また雪。

■午前、決算監査。明日午前、取引先金融機関より預金残高証明等を取得し、明後日(1月9日)の午前、また会計事務所へ。

2010年の生産計画

■2010年1月7日(木曜日)小雪

 新雪30cm。雪の深さは150cm。平年以上。

 午前、決算監査。午後、福島県立博物館の講座・会津農書について。

 明日(8日)の午後1時10分から、大岐センターで昭和花き研究会・定例会。そのための資料を、昨日も作成中。今日の夜までまとめる。生産者よりかすみ草の栽培計画書(苗の発注書の写し)をファクスで5日までに受けており、それで品種別集計を昨夜行った。まず定例会で生産者に諮ります。それをもとに生産計画を作り、取引先(卸・仲卸等)に1月10日以降、リリースします。

 越冬株(据置株)は春の雪融け後でないと予定がたたないため(積雪下でのネズミ食害等)5月上旬とりまとめ。方向は2009年と同じで、2008年7月の生産量の3割減少で今年も対応します。7月の季咲で採算割れ超安値で品目自体の価値を下げているので、7月のみ出荷調整をしています(今年2年目)。

 品種(新植)は、多い順からアルタイル、フォレスト、ベール系、雪ん子系。

 アルタイルは2009年→2010年 3割減。

 雪ん子系は2009年→2010年 6割減。

 フォレスト180%、ベールスター等ベール系220

 内容は、雪系がフォレストに転換。アルタイル減分がベールスターに転換。

--------

■昭和花き研究会は毎年20万株のかすみ草を新しく作付しています。その半分が「雪ん子360」でした。2008年から2010年で雪ん子系から、21世紀型のアルタイルやベール系、ホワイトフェアリー等への転換が完了します。かすみ草の雪ん子は1990年代後半に登場し、10年間、産地を支えてくれました。昭和村でかすみ草の栽培がはじまったのは1983年、昭和花き研究会が設立されたのが1984年、その当時はBF(ブリストル・フェアリー)を栽培していました。それが10年間産地を支えてくれ、雪ん子系に転換、そして21世紀型になっています。10年間程度、基幹品種が支えますが、BFはとても長く国内産地で栽培されてきました。雪ん子の登場は、先立つBFからの選抜種のニューフェイスという早生のかすみ草を広島県の生産者宮本仁郎さんが創出してから、かすみ草多様化の時代にはいっています。その時期は、1990年代のはじめ、バブル経済の破綻に連動し、花の価格低下がはじまった時期に関連しています。売り手市場から買い手市場への転換、そしていま、また大きな転換期に入っています。その転換の意味は、花ではなく、地域で行う農業そのものが成立しないという「農の崩壊」「地域社会の崩壊(特に山間地)」、高齢者が日本の農業を支えているという現状です。高齢者が野良で汗を流して労働し、若者は失業して街にあふれるという社会の登場です。

 雪ん子360の推移

 2008年 10万株(全体の50%)

 2009年 4万株(全体の20%)

 2010年 1万6千株(全体の10%)

2010年1月 5日 (火曜日)

今週の予定

■2010年1月第2週

 1月6日、奥会津書房に「子ども聞き書き」コメント提出

  1月7日(木曜日)午前、定期外部監査。

 1月8日(金曜日)午後1時10分~大岐センター・昭和花き研究会定例会(ゲスト・西川さん、永島さん)。

 1月8日夜、会津MPS連絡会(カゴタ予定)

 1月9日(土曜日)午後、昭和村。宮内さん来村。からむし工芸博物館へ。

 1月10日(日曜日)会津若松市内・十日市(露店)取材

 1月20日(水曜日)都内市ヶ谷・法政大 JFMAセミナー

 1月25日~27日 九州出張(熊本県等 試作調査)

 2月3日 名古屋市内・JELFA理事会

 2月26日 JELFAセミナー(大田市場内)

 ※昭和花き研究会取締役会・社員総会(2月中)

 ※2月より無加温促成栽培用のプラグ苗入荷、仮植管理、下旬から圃場除雪開始。

■1月8日(金曜日)午後7時頃、会津若松市内にて会津MPS連絡会。降雪期のため当日どのような天候になるかわからないため希望者のみ、菅家まで6日まで連絡下さい。場所はカゴタ(籠太)の予定ですが、会場の予約はしていません。ゲストは住化農業資材(大阪)の西川さん・永島さん。本年の花き業界の流れをうかがいます。夕食代の会費有り。希望者はどなたでも参加できます。菅家博昭の連絡先は、

kaken(アットマーク)cocoa.ocn.ne.jp

カケン@ココア.オーシーエヌ.ne.jpです。

20100104dsc07661