September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2011年12月23日 (金曜日)

花の問屋街

■2011年12月23日(金)気温2度。

 6時より、愛知県内の花の問屋街。

20111223dsc02282

20111223dsc02283

20111223dsc02281

20111223dsc02291

20111223dsc02290

20111223dsc02314

20111223dsc02280

20111223dsc02300

20111223dsc02302

20111223dsc02311

20111223dsc02299

20111223dsc02292

2011年12月19日 (月曜日)

あと2週

■2011年12月19日(月) 曇り

 午前10~11時30分。宮下の町民センターで種苗学習会(昭和花き研究会・第3)。

■CO2を出さないなどという環境保護をあげつらった人々は、原発が放射性(廃棄)物質を出し続けることの方には口をつぐんでいた。

20111218dsc01958

20111218dsc01941

会津若松市内

20111218dsc01953

20111218dsc01900

↑福音館こどものとも、奥会津三島の五十嵐七重さん。

20111218dsc01899

20111218dsc06181

2011年12月14日 (水曜日)

仙台市中央卸売市場花き部

■2011年12月14日(水)

 午前中、宮城県仙台市。花き市場仙花、仲卸6社訪問。午後は盛岡市。

 地震・津波後の復興で名取市のカーネーション出荷がはじまっていました。

20111214dsc01722

20111214dsc01709

20111214dsc01699

20111214dsc01706

20111214dsc01725

20111214dsc01719

20111214dsc01717

20111214dsc01707

20111214dsc01744

20111214dsc01740

20111214dsc01769

20111214dsc01760

2011年12月11日 (日曜日)

カスミソウ学習会(三島町宮下 12月19日午前10~12時)

■昭和花き研究会の三島町会員向けの学習会(種苗注文相談等)を、12月19日(月)午前10~12時、大沼郡三島町宮下町民センターで開催します。

20111214dsc01675

20111214dsc01674

20111214dsc01676

20111214dsc01673

2011年12月 6日 (火曜日)

那覇市

■2011年12月06日(火)

 午前は那覇市内の定点観測。

   午後2時、浦添市にある沖縄県中央卸売市場花き部を訪問します。県花卉、沖縄第一花卉等に御礼挨拶。

  夕方に太陽の花の35周年の会議を取材します。

 → 市場の古本屋ウララ

 → 本屋繁盛節

 → とくふく堂

■12月5日の19時30分、那覇市内。沖縄県花卉(卸)のカスミソウ担当者前田さんら取引先の方々と懇談。本年の昭和花き研究会のかすみ草販売への御礼と来年の取組への考え方をお伝えしました。

■5日は、夕方から那覇市内も雨になりました。那覇市内でリーフ(電気自動車)をはじめて借りました。無充電航続距離は約150km。急速充電は2000円+500円初回。レンタカー店員氏に電気自動車の操作法を教えていただく。島内では充電スタンドが整備されています。

20111205dsc01252

20111205dsc01331

ゼロ・エミッション、と書いてある

20111206dsc01392

20111205dsc01282

20111205dsc01219

離島航路の高速船を運営している人々は、おじい、おばあにやさしい。桟橋に着岸した船体から出る時、あるいは船に乗る時、手を引き、背中に手をあて誘導する。所作から感じるものが伝わる。

離島の民宿では夜に「ゆんたく」、朝ご飯後に「ゆんたく」。主人は訊く。「今日はどこまで行きますか?」(島から出ての行き先)。「またきてくださいね」

旅をして、たちどまり、心を澄ませてみると、琉球列島弧、八重山諸島などには、良い社会であった日本の古層(基層文化)が析出していることに気づく。現地(現場)に自らの身を移動させていく目的はそこにある。帰郷して旅人の視点で村の日常を見ることができるようになる。伝えるためには、どのような言葉を選んで語るのか?がいつも問われる。

2011年11月30日 (水曜日)

2009年産オランダでのカスミソウ流通量

■2011年11月30日(水)

 今日は午前9時に来県中のスミカの永島氏。12月にD社訪問する、というので2011年11月発表の新カスミソウ「エクセレンス」のマーケティング、プロモーション計画について調査をお願いする予定。機能性カスミソウ(低日照で生育、電照不要、G処理不要)のミラベラ(B社)に対抗するものとして考えているのかどうか?エクセレンスはすでにFAJがケニア産を輸入販売している。→11月21日入荷量調査

 → 2009年9月 エクアドル・ミラベラ

 節約農業・省エネルギー生産が新しい品種の登場と拡大を促している。

■オランダ大使館は「サスティナブル・オランダ・セミナー」を12月6日福岡、7日大阪、9日横浜で開催する。植物栽培、ゼロエミッション、持続性、気候中立型(クライメイト・ニュートラル)の事業が紹介される。スマートシティ。

締切日で、農耕と園芸編集部宛、1月号花事放談の原稿を書いて送る。「生産者から2012年を考える」がテーマ。

20080924e35dsc09147

20111121dsc05666_1

■12月2日の昭和花き研究会定例会の資料作成。オランダのカスミソウ統計と、早晩性表、11月の営業報告。

■クリザール・ジャパン社の東さんからオランダの統計データが2011年11月26日に届いたので紹介します。出典はVokblad voor de Bloemistenij 23a(2010)

切り花 計 2,193,748,000ユーロ(-1.4)、本数11,235,542,000本(-1.7)、20セント/本

内訳
オランダ産 売上1,631,944,000ユーロ(前年比-13.1)、本数7,495,705,000本(-2.7)、22セント/本

輸入 売上 561,805,000ユーロ(-6.1)、本数3,739,837,000本(+0.4)、15セント/本
-----
かすみ草計26,970,000ユーロ(-10.0)、144,928,000本(-9.5)、19セント/本

内訳
オランダ産 1,527,000ユーロ(-10.1)、144,928,000本(-12.7)、27セント/本

輸入 25,443,970ユーロ(-10.0)、139,269,000本(-9.3)、18セント/本

2008年に一度安定したオランダ産カスミソウの供給は再び減少。海外の生産は、直接様々な国の市場(マーケット)に販売されているようである。

販売されたうち97%が白で平均単価19セント/本。統計上に出てくる他の色としてはピンク1000本・27セント/本)、紫(430万本 23セント)、その他(416,000本)。

カスミソウの染色処理19%は、カスミソウその他で39%減少(538,000本 27セント/本)。

その他の染色としてゴールド19%(167,000本 29セント)、赤19%(139,000本 31セント)、シルバー19%(151,000本 32セント)。

-----
オランダ産カスミソウ品種のトップ5は、ミリオンスター(D社)、マイピンク(D社)、ダブルタイム(E社)、ニューホープ(OV、D社)、ミラベラ(B社)。

オランダへの輸入されるカスミソウ品種のトップ5は、ミリオンスター、ダブルタイム、ジプソ・キング(OV)、ミラベラ、ホラ(B社)。

オランダ国産+輸入の品種別合計では、ミリオンスター、ダブルタイム、ミラベラ、ジプソ・キング(OV)、マイピンク。詳細は以下。

ミリオンスター 99,082,000本(-17.6) 18セント/本

ダブルタイム 9,166,000本(-16.6) 23セント/本

ミラベラ 4,497,000本(+129.8) 15セント/本

ジプソ・キング(OV) 4,435,000本(+606.0) 17セント/本

マイピンク 4,253,000本(-3.8) 23セント/本

これらトップ5品種で84%を占める。ニューラブとオーバータイムに替わり、新しくミラベラとジプソ・キングがトップ5に入った。

この2009年の統計にはカスミソウは16品種が含まれる。新しく2品種が加わった。大きく増加しているのはカシオペア(2,700,000本 16セント/本 日本名はホワイトベール、D社)。大きく増加しているのはファンタイム(885,000本 15セント/本)。カスミソウその他には5品種が含まれるが新しい品種は無い。

2011年11月28日 (月曜日)

定例会のお知らせ 12月2日(金)午後1時 大岐センター

■2011年12月2日(金)午後1時より3時、大岐センターで毎月開催している定例会を開催します。昭和花き研究会の会員は参加下さい。11月21日の大田市場の入荷品種調査と、かすみ草の品種特性と早晩性について。

---

■11月12日にヨークベニマルでは福島県内で小学生を対象に花育教室を開催しています。新しい学び、体験の場として、好評であったようです。

2011年11月22日 (火曜日)

花の日持ち保証セミナー

■2011年11月21日(月)午後1時30分から3時30分まで都内の靖国神社の北隣の一口坂にある法政大・新一口坂校舎501号教室にてMPS社主催の花の日持ち保証セミナーが行われた。札幌の薄木さん、兵庫県生花の吉田さん、私が報告した。

20111121dsc05810

20111121dsc05806

20111121dsc05797

20111121dsc05794

20111121dsc05790

20111121dsc05814

20111121dsc05604

20111121dsc05602

エクセレンス初上陸

■2011年11月21日(月)東京・晴れ、会津・雪

 上京し、未明より5時まで、首都東京都下大田市場花き部のかすみ草入荷量調査。

 ケニア産(ビューティ・ライン)のエクセレンスが荷受会社F社にエルフバケット装で入荷していました。

 今年(2011年)の11月1日から4日までオランダ王国アムステルダム市のRAI展示会場にて開催されたホルティフェア2011の花の品評会のかすみ草部門で最高得点であったエクセレンス(ダンジガー社育成)。他品目の傾向としてもトレンドは白で、純白のネリネ、白アンスリウムが一位であった。トルコギキョウは八重ではない薄いラベンダー色が一位。ホルティフェアは大規模化に安住したため3年前から変調し、今年は昨年より2ホール縮小し4ホールでの開催で約600社出展し67カ国から23,240人の来場であった。3展示会が分離・分散開催が11月上旬にまとまった年にはなったが、勢いではかつてアールスメールマーケットと言っていた歴史10年弱のフローラホランド花市場のトレードフェア・アールスメーア2011(11月2日~4日)が650の生産者出展(開催規模は1.8ヘクタール、来場者は約1万人)で勢いがあった。種苗業者主体の出展となって2年目のIFTF2011(インターナショナル・フロリカルチャー・トレードフェア)は1.6ヘクタールの会場面積を使用し180社の出展で来場者は11,834人(来年は2.5ヘクタールに拡大)。

 10月の幕張メッセでの8th-IFEXのエクアドルブースには3農場が出展し、セレクタ社の銀河やセレブレイションのかすみ草の他に、エスメラルダ社のファンタイム、オーバータイムの次の品種であるマグネット等が展示されていた。そしてアフリカや中南米(コロンビア・エクアドル)のカーネーションやバラ農園でかすみ草を組み込む花束を生産しているファーム・メイド・ブーケ生産農場で栽培がはじまっているボール社のミラベラがあり、その類型の新かすみ草エクセレンスは出ていない。

■この秋のかすみ草卸価格は10月上旬の高値反動から10月下旬から現在までの1ヶ月間、80cm100円以下の低迷相場となっているなか、F社にはケニア産のカシオペア(日本ではホワイトベール)が入荷し仲卸FJ社店頭で80cm1本70~80円で販売されている。エルフバケット装で50本入りのボリューム、エクセレンスは40本入。

■大田仲卸街での11月21日(月)の80cmアルタイルの価格は1本100円である。

20111121dsc05666

20111121dsc05665

20111121dsc05726

省エネルギー栽培のミラベラに対応する低日照で開花するD社エクセレンスの花の質感はE社のオーバータイムに近い。

20111121dsc05653

20111121dsc05657

D社育成のダナプルナの有孔スリーブにカシオペアの品種ステッカーが貼られている。

20111121dsc05732

20111121dsc05690

11月18日の大田市場花き部仲卸街の3仲卸では、いい夫婦の日はかすみ草のプロモーションが開催されている。愛知県のニューライフグループ(環境負荷低減プログラムMPS認証)、熊本県内のJA等。

20111121dsc05695

20111121dsc05694

20111121dsc05684

20111121dsc05736

20111121dsc05750

20111121dsc05758

20111121dsc05771

 

2011年11月17日 (木曜日)

最終出荷

■2011年11月17日(木)

 昭和花き研究会として、今季のかすみ草の最終集荷日です。仙台向け22箱(エルフ)。18日(金)の販売で終了です。

■11月18日昼は第1地区の反省会が、西山のせいざん荘で開催されます。冬囲いを行った第2地区は6日に中向の集会所で開催されました。

■11月30日頃、スミカ永島氏来県と連絡有り。

■12月6日に那覇市内で太陽の花35周年の会「一陽来復」が行われる。国内卸の社長が集まり、組合長のあいさつのほか、岐阜大の福井博一先生による記念講演。

-----

同社ウェブサイトによると、花良品の全店舗が11月13日までに閉鎖・退店となった。今後は無印良品のネット販売になる。→花良品

20111118img_1889

20111118img_1898

20111118img_1885
左は博士山・右は王博士。

より以前の記事一覧