September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2011年12月 1日 (木曜日)

1943年12月1日 小野川分教場教員

菅家福次日記 1943年12月   (翻刻 菅家博昭2011年12月1日)

■1943年12月1日(水)晴
 今日より転業だ。小野川分教場へ教務員見習いとして登校した。生徒への挨拶、どうも思ふやうでない。四五六(年生)の国語を教えてみた。これも語句の読み違いやなにかで思ふでない教える方が教はる位。浅学は求ざるを得ない。今日は全くよい天気だ。夕方より一変、夜は大雨となる。家で精米して貰う。米搗(こめつき)十九俵。

(解説)
 大正十二年(1923)七月十五日に菅家菊蔵とトメの七男として昭和村大字小野川字大岐1723に生まれ・暮らす菅家福次青年(二十一歳)は、生家で炭焼きやカラムシ栽培、水稲作を行っている。昭和十八年(1943)年十一月末まで炭焼きを一段落させ、十二月一日より大岐から一里(約4km)上流の本村である小野川にある分教場で代用教員をはじめる。我が家の家族の日記である。昭和十九年(1944)年四月に出征し、中国戦線に従軍し、同年十二月三日午前一時三十分に中華民国湖南省冷水舗第八十七兵站病院で死亡している。忠彰院義誠重岳清居士。享年二十二歳。

写真の大岐の当家の福次の墓碑は27歳となっているが22歳が正しい。右の碑銘はビルマのインパール作戦で亡くなった菅家栄次郎。我が家からは第2次大戦に4人出征し2名死亡している。

■現在、織姫体験生OGらが語る「ハタヤキ(畑焼)」とは昭和村ではかつて言っていない。からむし焼き(青苧焼き)という。発芽した青苧(カラムシ)の芽を揃えるために焼くからだ。作業名はその作業の目的を言い表している。 → 1943年5月24日青苧焼き

20090512dsc00075

20090512dsc00085

大岐墓地の享年は27歳と刻まれているが、22歳の誤りです。

20090512dsc00101

菅家福次日記(1943年)

2011年5月21日 (土曜日)

1943年5月24日、青苧焼き:karamushi-yaki

■一九四三年五月二十日(木)雨
 朝より雨だ。朝食をすますと外には種々仕事はあるが、出たくない日だ。雨は益々なので座敷の中で洋傘なほし(修繕)をはじめた。3本よくよくこわれたのを作る。四時頃までかかる。午後家へ小野川より栄俉兄区長(清次)渉兄と三人来て村人と種々相談。当部落にて二拾二俵の供出をすることと決定。家は四俵、家の十七年度産これで拾俵。

■五月二十一日(金)曇り時々雨
 一時より役場に於いて徴兵検査通達書公布並びに其の心得べき事項の素協議等のため十一時に家を出発。叔母の家にて馬に産後あきの後で赤飯を戴き、一時一〇分前に到着。式は意外に暇とり五時頃までかかる。中津川は目下田のくろとり、夕方遅く、帰宅。家出発前は藁小切(馬糧、一時間)、気温は低下した。
 受信四月二十六日写した写真来る。家でで村長さんが来て又米三俵。
 山本五十六元帥戦死公表。

■五月二十二日(土)
 新田畠の馬耕、今朝降雪あり。寒さ身にしみ朝食後も仲々出られない位。午前畑のどて等を伐り払い帰宅。午後、麻蒔き新田へ。糞尿を天秤にて運ぶ道が悪くて全く危険だ。麻蒔き終わって西瓜、胡瓜、大白瓜等蒔種。麻蒔全部終了。今年は植上で多植の予定。兄はぜんまい取り。カレンダー小満。

■五月二十三日(日)晴れ
 大田を房子と共に馬耕する。午前は六枚支切り、午後は下二枚で道下全部終了したわけは干なくて六枚支切りなどは水があり代掻きのやだが耕え方は美点。馬はこはさうだ。今日は昼休に魚釣りをやって見た。四匹釣り夜食べる。午後、廣兄とこへ動■が来た。夜は散髪、普通とは違ふであらう夢のやう。
 母、大芦へチヨノ叔母が危篤なるに依って行く、令状持っては一夫君来る。

■五月二十四日(月)風、曇
 昨日の岩魚、夕と今朝食べた。自分としては初物だ。生魚だけあってうまい。昨日より天気がぼやけて雨模様となった。早く青苧焼き(からむしやき)をせねばならぬ。風が出だ灰がとぶ。煙の中をむせむせ、下肥振り全くこんな日はないのだが、どうしても今日やらねばならなくなった。昼食どころか一時頃雨となった。雨は止んだ風はあるが青苧焼は終了。
 受信手一、昭三より写真在中。

(解説)二十四節季の第八が小満(しょうまん)。この日記では五月二十一日だが、二十二日の欄外に福次はペンで「カレンダー小満」と書いている。水田の馬耕に忙しく、また天候不順、雨、二十二日は雪が降ったりして、二十四日にカラムシ焼き(青苧焼き)をしている。現在ハタヤキなどと語る若い人が多いが「青苧(からむし)焼き」が古来の村人の言葉である。からむし焼きは、焼畑のひとつであるが常畑で行われ麻との輪作のなかにある。そして「からむしの芽を焼く」時期を選んでおり、「からむし焼き」の意味や目的は芽を揃える、早くでるオヤソになる強い芽や、生育の早い「野からむし」を焼くことで、カゲソを優先的に育てる強い意志を含む言葉である。「からむし焼き」であり「はたやき(畑焼き)」ではない。芽の時期をよく観察して焼いている。

 → 2008年5月23日のからむし焼き(野尻)

20080523img_0234

2011年5月18日 (水曜日)

菅家福次日記:1943年5月17日、18日、19日 脱走者

■1943年5月17日(月)雨
 雨多、近頃聞き馴れない雨雲より音が窓の外に。青年学校十五日分の召集日。延期となって今日なのだ。友と(村では昨年まで三、四人であったが今年は六人だ)小中に行く。喰丸校生等が来るわけであったが、雨天の為、来なかったが授業訓練は要領よくやられた。終わって有金所分の相談、銃分けなほし。自分は単発銃。夜は木炭組合で補助を貰った祝事御馳走になる。
 青年学校授業内訳。午前、執銃各個教練、銃の名前。午後、国語修会(密集教練要領と歩哨(衛兵)の守るべき事項。

■1943年5月18日(火)晴
 雨が降りさうであったが、漸次晴れた。朝四時頃あやしき者が清作宅に来たと云ふ。広兄のどなり追っかけて確かめる。宮下発送電より脱走者を追いかけてきたものなりと云ふ(つかめてかへる)。仕事は喜八氏の屋根ふき手伝いへと行ったが、明日と云ふ。向の■ひ、前の畑の耕起。■壇の整理。午後は麻畑に人糞尿を■ぐ。夕方、厩肥運び。

■1943年5月19日(水)晴
 南瓜蒔き。種目は会津早生成金。青皮黒皮菊南瓜(関東、■春的より種受く)。等外夕顔、東京半白胡瓜蒔種。麻畑に人糞尿ふり。姉と二人で布晒場の畑と他一枚に太麻蒔種。高畠へ豆を蒔く等が主なる作業。兄は寅喜氏と「コゴミ」取り。姉等は毎朝ぜんまい取りに出て居る。苗代今日、実干を行ったが発育良好五分位。
 麻蒔き、豆蒔き、麻畑中耕、南瓜蒔

-------
(解説)18日に隣町、現在の三島町宮下発電所の建設現場から脱走者が逃げてきたと書いている。朝鮮人を強制連行して作業させていた。種まきがいそがしい。アサは種子で育て、カラムシは根で育てる。

20110518gimg_4840

20110518gimg_4890

20110518gimg_4922

20110518gimg_4963

↑ブナの花  ↓ミズナラの葉

20110518gimg_4969

(2011年5月18日、奥会津・昭和村柳沢峠で菅家博昭撮影)

2011年5月17日 (火曜日)

菅家福次日記:1943年5月16日(日)、青苧(カラムシ)植え

■1943年5月16日(日)
 皆、朝食前にぜんまい取りにでかける。自分はそれ等より一寸遅く起きて温床をこはし等の後、布晒場畠に厩肥運び拾四駄。天気はこの間からハッキリした天気になって見ない。風が強い曇空である。雲は、西よりどんどん流れて居る。青苧を植える。鍬の柄を入れる。こんなことが仕事である。ぜんまいはさかりらしい。
 ぜんまい取り朝食前村人盛。厩肥運び・馬・布晒場。青苧植(三人)。麻畑中耕(四人)。

■2011年3月11日に発生した東日本大震災から、当家の故・菅家福次の1943年の日記を翻刻していない。1月1日からその日その日を68年前の同じ日にたどってきた。

 2011年5月16日(月)に、父・清一がからむし(青苧)を植える畑、高畠の大畑をトラクターで耕起した。同日夕方、高畠のモトコ姉のカミッテンデイ(上手台)のカラムシ根を一部掘りあげた。子息・進さんに父・清一が頼み、根株を少しいただくことになった。17日に高畠の大畑に植える予定。同日夜に菅家福次はかつての1943年の今日に何をしていたのか、日記を見てみると、「青苧(あおそ・カラムシのこと)を植える」と書いている。
 さかのぼって1943年の5月の日記をたどると、雪融け、日々の天候、風の具合、山々のブナの新緑、農作業と現在と変わらない。圃場(畑)の呼び名も今も68年前も全く同じである。どの畑に何を栽培していたのかが復元できる。また、山火事とあるのは春のコモンズ(共有地)のコガヤの萱場(かやば)の山焼きの延焼であろう(くっつけ放し)。現在は4月12日に行われている天狗様祭りは5月15日に行われている。

 5月1日、4月29日に善次氏が永眠し5月1日に埋葬、帳付け。
 5月2日「夕方青苧畑へ萱(かや)を背負う」とある。冬がきはづし。
 5月3日、苗代耕し終わって又萱背負。
 5月4日、大田に行き「くろ」取り。
 5月5日、大田に行き堆肥積み。背戸の薪積み。
 5月6日、毛欅(ブナ)の木は若芽を萌出し緑色を色した。大川向の日向の1本桜は三から四分咲き。木積み。川流れ畑の桑を掘る。
 5月7日、川流れ畑の桑を掘る。苗代掻く、馬があばれる。午後、川流れ畑で青苧堀。午後、裏山の蔭より煙出て驚く、山火事のようだ。
 5月8日、休業・青年学校(喰丸)。
 5月9日、苗代うない、代掻き地ならし。角畑馬耕。ハタ山の山火事。母上等が善光寺詣で帰宅。
 5月10日、ワラジを馬にはかせ「シシュウテ」まで行く。馬橇を見た。角畠を馬耕して種蒔き。兄等は早朝コゴミ取り。善次氏宅の桜満開。
 5月11日、種蒔今朝終了。旧の4月8日で村では休日。縄を綯いビクを作る。博士山は真っ白。風は数日前より定期のように吹く。夜、粳餅、トマト茄子の発芽。兄上等はコゴミ取り。
 5月12日、大成沢へ蹄鉄、鞍を借りて行く。霜降る。午後馬耕。村人は苧(を・麻か?)蒔きをはじめた家もある。
 5月13日、馬耕。布晒場の畑とその他を耕起。最後に角畑を馬耕した。馬は馴れて良く歩く。午後芋畠(イモを植える角畠)に厩肥を運ぶ、拾三駄。琵琶の七郎兄が戦死(四月二十二日)の報。唐モロコシ蒔き。兄はコゴミ取り。
 5月14日、雷の音。芋蒔き。午後青苧堀り(川流れ畠)。朝、ぜんまい取りはじめ。
 5月15日、大枝澤天狗神社のお祭り。朝食前に旗掛。一日農事は休み。

20110509gimg_4766

2011年3月12日 (土曜日)

菅家福次日記:1943年3月12日(金)歩きながら足跡を見る

■3月12日(金)晴
 小屋にて唱議論まあ討論会のやう広兄一郎君等来て語りつつ昨日と同じ藁靴を作る。今日も二足半と云ふところ。午後兄が福江姉を送って来る。途中見つけて来た栗鼠(りす)を射ちに行く。二人してやっとのこと二発かけて射止めた。夜それをむいて食べる。明日か明後日中津川に医師が来るようだから明日にでも行かふ。

2011年3月11日 (金曜日)

菅家福次日記:1943年3月11日(木)藁靴作り

■3月11日(木)風
 昨夜窓を打つ吹雪の音が眠りを破れる時があった。「今日は駄目だな」藁仕事をしよう。藁靴二足余寧日座居しての仕事。全く嫌になる。唯居のみのやうでうとうとして居られないのだ。小屋で一郎広兄等来て皆で大騒ぎの動きが疎になる位の話し。夕食時福江姉の御馳走にと粳餅を搗く。

※3月3日にも「粳餅」を搗いている。

2011年3月10日 (木曜日)

菅家福次日記:1943年3月10日(水)おしどり

■3月10日(水)雪
 「今日は山遊びに行ってとってこようか」この予想も子産沢(こなしさわ)まで風積雪のために破れてしまった。十一時頃より窯に行き荷造り、その他片付けて来る。行く途中川前でおしどりを見つけ命中せず。全く漠然色をなくした。一時帰宅後、夕方まで炬燵の中にて一眠り。

2011年3月 9日 (水曜日)

菅家福次日記:1943年3月9日 兔巻狩り 川谷大岩裏山

■3月9日(火)雪
 製炭はあと一寸荷造りをのこして、一時打ち切りと云ふのは、今日は炭焼き。連、彦、喜、広兄貴僕と五人(一寸利春氏と一緒になる)して川谷大岩裏山方面兔狩発砲三発。巻きの中にうまく入らず皆遠き所であったので命中せず。全く落胆。彦兄が一匹射止める。二時頃帰宅後広兄と川上へおしどり射ちに。駄目。夜喜八宅にて兔を食ふ。

20110310dsc04261  

2011年3月 8日 (火曜日)

菅家福次日記:1943年3月8日(月)見沢・松阪(高田)

■3月8日(月)
 窯が昨日の辛が急にとめて澱んで居ったらしい「くど」(煙道、煙突)を一気に引いて広兄と共に山中に行った。仙造兄等を明日兔狩りに誘ふわけだ。行ったら不在宅だ。松阪方面に仕事に行ったといふ。昼前山中にて休む。帰って見たがやっと日没に出炭した。夜、彦兄の家に兔食へに招かれる(夕食)。福江姉泊まりに来る。

20110306gimg_3408

2011年3月 7日 (月曜日)

菅家福次日記:1943年3月7日(日)

■3月7日(日)
  昨日の炭の荷造りをしてから補助たきをする。終わって木を小屋に入れる。辛煙になれば仕事なしと云ふわかだが中々ならず。午後三時頃やっとのことになる。家の光を読みつつ窯の前についてたいて居る。もう明日きりだ。後は一寸休んで狩りでもせう。帰宅後帯及を修理する。夜は一郎君の散髪顔そり。衣料切符配布される。

20110306dsc03328

より以前の記事一覧