« 安全なダム放流求める(福島県会津・只見川流域) | トップページ | 会津 山内(やまのうち)横田氏 »

2012年1月22日 (日)

クツギ ku tsu gi(五箇山の言葉)と奥会津のコメカボイ

■2012年1月22日(日)小雪

 1週間の風邪引きの間、休養し、たまっていた報告書類を読んだ。

2011年12月20日(火)に、会津ー新潟ー富山からはじめて訪問した合掌造り保存集落の五箇山・菅沼集落。雪のなか、五箇山民俗館のぐし部分の茅吹きが地元森林組合により行われていた。1995年に上流域に隣接する岐阜県白川郷とともに世界遺産に登録された。

 菅沼や相倉などの合掌集落がある五箇山が依拠する経済文化圏は、いわゆる富山県の砺波市周辺であり、かつての越中砺波郡の一向一揆の拠点である。火薬原料の焔硝を堆肥を作るように植物から製造していた拠点が白川郷・五箇山など合掌造り民家の地下(床下)である。焔硝と木炭、硫黄で火薬は製造される。 

 日本国内で広く行われた平成の大合併、広域に町村が併合した。当地も富山県南砺市菅沼となっている。

 この菅沼集落にある五箇山民俗館の受付で販売していた書籍『五箇山の民俗史』は、平成14(2002)年3月20日に富山県東砺波郡上平村教育委員会から発行された。上平村は平成16年に合併し南砺市となる。

 著者は小坂谷福春さん。五箇山(上平村西赤尾町、菅沼集落の上流の集落、現在の五箇山インター近くの集落)に生まれ育った著者は、昭和40年代に3冊の自費出版を行った。

 五箇山の民俗史第1巻『もだえる合掌集落』(昭和44年9月刊)、第2巻『落人の伝承』(昭和45年6月刊)、『ななつぶとん』(昭和46年6月刊)

 この3冊を合本したものが購入した『五箇山の民俗史』である。

■285ページを読み終えてみると、日本海積雪地帯である五箇山と奥会津には共通した文化があることがわかる。そして言葉にも似たものが多いが異なるものもある。山野自然の利用でも共通なものが見える。

 本誌のなかから、たったひとつ言葉を抽出するとすれば、次の語彙が記載されていることである。以下紹介する。

■「衣の話」として新田石松さんが語ったこととして、

 明治四〇年(一九〇七年、、、いまから百年前)ころまでは、一人前の若者は、みんな「クツギ」に出た。これは家に食べるものがなかったので、どこへでも行って、働いて、食べさせて貰うためのものであった。クツギに行くと、お盆には、たいてい夏着と五尺五寸の白木綿が貰えた。お盆に家に帰ってきて、この新しい夏着を着るのが、若者たちには何よりも楽しみであったものだ。(以下略)

 → 12月20日五箇山菅沼

20111220gimg_2559 

■「クツギ」とは筆者はカタカナ表記でしか書かれていないが含意は「喰い継ぎ」であろうと思った。
 ここで思い出すのは、奥会津・昭和村小野川の大岐集落で我が家の祖母・トシ(故人、明治42年生まれ)に26年前の1986年1月25日に聞いた話の中に、「カボイカタ」という語彙が出て来る。
 節約することを「カボイカタ」という。かばう、という現代の言葉にあたる。集落の周囲の里山(コナラ林)を春木山で伐り作った薪を燃やし湯を沸かす風呂。新しい水を張った風呂は「あらゆ(新湯)」、翌日にまたその水を汲み変えずに湧かせば「たてかえし」。三日目に水を入れ替えると「二晩でたてかえす」という。新湯には熱量を必要とすることから薪の使用料が多くなる。たてかえしは新湯より薪の使用料も少なく、また使用する水も総量が少なくなる。
 我が家だけで風呂をたてずに、家では数日おきに風呂をたてることとし、そのかわりに隣接家にもらいゆ(もらい湯)に行くことも多かった。そうして集落全体で使う薪を節約した。これを「木をかぼう」(木をかばう=木の節約)といった。
 同じことが「コメカボイ」である。主食であった穀物である米を節約する、のである。秋に収穫した米など穀類・野菜を節約するために、男衆は野良仕事ができなくなる冬期間に地域外に出て、そこで飲食をする。そのことで自家の穀類等は減りが少なくなる。こうして自家の「米を節約する」のである。これが出稼ぎの主目的であった。
 昔は、雪が降ったから「コメカボイ」に行ってくっかあ、、、、と語られていた。
 戦前までの出稼ぎの目的は自家の食料の節約であり、得られる労働報酬よりも冬期間に他地域で寄食することに主たる目的があった。それは会津の茅手と呼ばれた茅葺き職人としてのこともあったろうし、漆器の商人、あるいはホイト(乞食)として無雪地帯を冬期間のみ、ものごいして歩く、ということもあった。そして雪の降りおさまった春に集落に帰るのである。(菅家博昭)

« 安全なダム放流求める(福島県会津・只見川流域) | トップページ | 会津 山内(やまのうち)横田氏 »

会津学」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ