« 今年のカスミソウフェア | トップページ | 未明より採花 »

2012年8月23日 (木)

集声:声を集めるしくみ

■2012年8月23日(木)

 もと水田であったところには用水路(引水)があり、畝間灌水  unema-kansui  をしている。7月、8月と高温が続き晴天、雨がほとんど降らない。カスミソウの栽培には辛苦の年となっている。そして積算温度が高いことから10日ほど早く開花している(前進開花)。今後開花するものは彼岸に納品する予定の花で、それも予定の草丈にならない(短幹開花)。5月、6月の低温で6月に咲くものが7月中旬、下旬にずれ、9月に咲くものが8月中旬から開花している。

20120823img_2951

20120823img_2949

■7月21日から8月26日まで隣県の県都新潟市中央区のみなとぴあ・新潟市歴史博物館で「開墾の技術史 蒲原平野のたんぼとはたけ」という企画展が開かれている。盆休み中に訪問してきた。ここに福島県猪苗代湖沿岸の集落の湿田で使用された田下駄tagetaであるナンバ(湖南民俗館所蔵)が展示されている。

 新潟市域で近年に発掘された古代から中世の水田跡の発掘成果の展示であるが、たいへん興味深かった。8月19日(日)には帝京大学教授の木村茂光さんが「日本農業史における開墾」としてセミナーが開催された。

 11月より奥会津大芦の大芦家で5回連続の公開講座を開催するため、その事前調査を行っている。テーマは「からむしとアサ」の栽培・生産の研究がどこまで進み、何が明らかになって、何がまだわかっていないのか?ある栽培植物を定着化させる前段階に「開墾」がある。古代・中世・近世のなかでそれは固定化され、あるいは移民、技術移転が行われている。そうしたなかで新潟市での開墾の技術史展はたいへん参考になった。

 また来場された人々からの声や気づき・体験を集める仕組みもあった。「開墾の技術史展情報カード」は「たんぼ・はたけや農具に関する思い出やご存知のこと、何でも気軽にお寄せ下さい」。博物館・資料館はわかったことを伝える場であるが、来場者の体験を集める場所でもある。

20120823img_2912

20120823img_2913_2

20120823img_2909_2

20120823img_2911

20120823img_2917

20120823img_2914

20120823img_2908

20120823img_2920

20120823img_2923

20120823img_2927

20120823img_2915

■博物館・資料館にはポスター、チラシがあり、この夏のいくつかの興味ある展示会が行われていることがわかった。

新潟市東区プラザホールでは9月16日13時から「渟足柵ぬたりのきのロマンを語る」「古代越後と渟足柵(ぬたりのき)のロマンを求めて」(小林昌二 新潟市歴史博物館館長)。小林館長は清文堂出版『日本海域歴史大系』(2005年~)の監修者。

八戸市博物館では8月25日14時から「縄文人の死生観」国立歴史民俗博物館 准教授 山田康弘氏。9月8日14時から明治大学谷畑美帆氏「骨が語る縄文人の生活環境」

9月28日から11月11日、仙台市博物館では「江戸の旅 たどる道、えがかれる風景」(前期・後期の2回入れ替え)。10月27日13時30分に愛知地域大学渡辺和敏氏「江戸時代の街道と旅人 東海道を中心に」

6月30日から11月4日、仙台市歴史民俗資料館。「日々の装い 野良着と普段着とアクセサリー」。8月26日、「仙台の型染め 常磐紺型について」佐々木邦子氏。9月22日「髪型・アクセサリーの歴史」近江恵美子氏。10月13日「ハンカチに型染めをしてみよう」佐々木邦子氏。

新潟市秋葉区・花と遺跡のふるさと公園内(新津美術館脇)史跡 古津八幡山 弥生の丘展示館。4月開館。

7月21日から9月2日、新潟県長岡市の長岡市馬高縄文館「発掘された縄文時代の大集落・山下遺跡 火炎土器はじまる」。福島県会津地方の土器が源流ともいわれる越後の火炎土器。今回は柳津町石生前遺跡、西会津町上小島遺跡などの会津の土器が展示されている。8月26日(日)13時30分、寺崎祐助氏「火炎土器のルーツをさぐる」。

長岡市藤橋歴史の広場では、7月28日から9月2日まで「藤橋の玉と矢じり」展。

新潟市中央区西大畑町の旧日本銀行新潟支店長役宅である「砂丘館」では、「季節のしつらい教室 日本の年中行事を楽しむ」坪井蓉子氏。

これら新潟県内の催事は2009年に第1回が開催された「開港都市にいがた 水と土の芸術祭」、今年は「転換点」をテーマとする催事が新潟市内各地で5ヶ月間開催される。

« 今年のカスミソウフェア | トップページ | 未明より採花 »

会津学」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ