« 晴れ、続くが夜は寒く、風も強く寒い | トップページ | 東北の手仕事展(都内青山 蔦サロン) »

2013年5月27日 (月)

3人の書き継ぎか?『公私摘要』

■2013年5月27日(月) 上京

 午前8時頃?大田市場花き部 かすみ草調査。

  28日(火)午前10時、日通航空郡山の車田氏、今季の輸送について打ち合わせのため来村予定。

 29日(水)午後1時30分、昭和村文化財保護審議会(昭和村公民館)。

■奥会津地域での幕末・明治維新期の基本史料となっている小中津川村名主栗城濱三(はまぞう、浜三)義綱が記述した『公私摘要』は全6巻あることが知られている。しかしその成立過程に関する研究については佐倉の故馬場勇伍さんが2001年の著作で濱三の生年を推定されただけで、調査すべきことが多く残っている。馬場さんのを引用するかたちで会津史学会『歴史春秋』誌上に一部を星甚恵先生が紹介されている。

 2013年5月、墓碑踏査等を踏まえ、5月19日に南会津町の奥会津博物館蔵の複写本『公私摘要』の第6巻を閲覧する機会があった。これは『昭和村の歴史』執筆に際して昭和村教育委員会村史編纂事務局から、故室井康弘先生に渡されたものと推定され、先生蔵書が平成10年1月に奥会津地方歴史民俗資料館(現・奥会津博物館)に4冊(3~6号)が寄贈された。1、2号は欠巻であったが、これはたぶん会津史学会の古文書講座テキストとして貸与されたものと推定される。

 2012年3月に海老名俊男先生の古文書講座が昭和村公民館で行われた。それに際して『公私摘要』を、昭和村公民館でも閲覧する機会があった。

 しかしいずれも原本は閲覧できていない。

■『公私摘要』の記述者は複数いる、というのが私の印象である。第1号から第5号(明治15年)までは栗城濱三(浜三・一八義綱)により記述されたと思われる。義綱は一八という名で明治22年に野尻村初代村長となり、明治26年7月3日に退職。明治32年3月1日に60歳で死去している(小中津川上田墓碑銘)。

 第6号は、第1号から第5号までと筆跡と字体が異なり、字体も草書体から楷書体になっている。またこの第6号の筆跡は巻末の6頁分がさらに異なっており、草書体となっている。

 最後の6頁の内容を読んでみると、栗城義綱の伜(せがれ、男子)小太郎が北海道に行った経緯が書かれている。その経緯を書いたのは星多三郎(たぶん小中津川住人)と思われる。小太郎が書き付けた北海道に行く経過の写しと、それに関わる小中津川村耕地整理の顛末が追記されている。

 この栗城小太郎が明治42年に68歳である、と記している。これを馬場氏は義綱のこととして誤読されたものと推定した。

 断定はできないが、第6巻は義綱の子・小太郎(あるいは晩年の義綱)により明治27年分まで書かれ、最終葉は他者(星多三郎)が小太郎の事跡を書き継いでいる。なぜこの小太郎の事跡を他者が挿入したのかであるが、小太郎の遺品に本書があったのではないか、と推定する。あるいは本書がすでに義綱以降他者の手に渡っており、それが記載されたものとも思われる。

■墓碑銘から栗城一八義綱(浜三)は、明治32年(1899)3月没で60歳。生年は1839年で天保10年となる。また古戸籍写し等から明治3年(1870)数え32歳とあり、これから生年は1838年(天保9年)となる。なお墓碑銘には小太郎父と記銘されているから、小太郎が建立したものと思われる。→墓碑調査写真  →墓碑調査1

 『公私摘要』の明治維新期の記述は29歳から30歳である。

 ※現在も栗城義綱については調査中で、判明したことを以上に記す(菅家博昭)。

20130526dsc00758

20130527kote1_2 

« 晴れ、続くが夜は寒く、風も強く寒い | トップページ | 東北の手仕事展(都内青山 蔦サロン) »

野尻組の会津戊辰戦争」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ