« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

撮影日

■2013年7月31日(水)


 今日は終日、昭和村内で、カスミソウ生産について、テレビの取材、撮影です。連絡がとれなくなります。

20130731dsc04008
 
滝谷川上流 大岐。下は水がひいたころ
20130731dsc04032
 

20130801dsc04095
野尻川増水、下中津川の舘の前(気多渕)付近

 
20130801dsc04097
柳沢峠の柳沢の増水、堰。

2013年7月30日 (火)

雨降り続く

■2013年7月30日(火)雨


 昨日は朝方に晴れ間があったが、すぐに雨に。一日中降り続き、昨夜から今朝までも雨となっている。

 もう8月になろうとしている。

 6月から7月、来季(来年)のための作型等を考えながらの作業を継続している。

■7月31日(水)の昭和花き研究会・かすみ草出荷量は565箱。越冬株の最終(晩生種)フォレストが終了。春植え新植のベールスター、アルタイル、ファンタイム、スターマイン等が開花はじめ。継続出荷となるが切り始めで60cmは無く、白カスミソウ主体での販売だが数量は少ない。

   7月まで、出荷箱数で前年比88%。6月は多かった(春植促成前進開花)が、7月上中旬が越冬株不良(アルタイル等浅根系)で発芽せず出荷量が減少した。
 
 7月の後半から低温注意報・長雨低日照の影響で8月咲きかすみ草は生育遅延(開花遅れ)となっている。8月第2週からは晴天予想で、それ以降の数量増を見込む。

 かすみ草の秀品晩生種フォレストは7月下旬に開花する。それはあまり気候変動を受けない。ただ8月上旬の盆需要の60cm納品までは引き延ばせない。そのため、5月中旬に生育シュートを切り戻し(全刈り)する作型の開発が待たれる。7月25日頃から開花するよう調整すれば、60cmの納品に困らない。

 本年の越冬株のフォレスト(季咲)は各生産者3~5棟を維持している。根が深くはる原種系品種のため越冬にはきわめて強い。ただ晩生種のため冬期は茎の濃緑化、ロゼット、開花遅延等がある。7月中下旬開花は一斉開花のため、採花が間に合わず、ほぼ1棟をやっと採り終え、残りは放置・処分した生産者が多い。

 無加温促成効果は全くないため、雪解け後のシュート伸長後の全刈りが、根も強く枯れることが無く、抑制栽培に向く。

 
20130730hako_2
 


20130716dsc03683
 
 
20130716dsc03681

2013年7月29日 (月)

昭和村のかすみ草専門部会の7月の取り組み

■会津みどり農協のかすみ草専門部会は7月に首都圏・関西圏等でかすみ草の販促活動(プロモーション)を行いましたが、その際にいくつかの掲載資料(配布)が出来ています。優れた広報活動です。

 集荷所(雪室)の寛之さんに資料提供いただきましたので紹介します。

20130729dsc03847
小中津川のたくみさん家族
20130729dsc03848
2013年7月10日発行 フリーペーパー『AGRIFUTURE20号』(発行人:JA全農営農販売企画部中澤靖彦、編集人:JA全農みのりみのるプロジェクト小里司)。
 こちらで閲覧できます→ みのりみのるプロジェクト
 
20130729dsc03846
オークネット花き事業部、『ユニール u・nir』91号(2013年7月)

20130729dsc03845




国内はじめての試作かすみ草:マグネット(エクアドル・エスメラルダ)開花へ

■7月28日(日)に、6月5日に定植した新種のかすみ草:マグネットが3本開花をはじめた。(→8月3日に5本開花で、3日を開花日とします)名古屋のフクカエン種苗の扱い品種。育成は中南米エクアドルのエスメラルダ社で、同社はコロンビアにも大規模かすみ草農園を所有している。


 2011年10月の千葉・幕張メッセIFEXにエクアドル・ブース(出展)にマグネットは展示されたが、密に詰まった花と比べると、開花をはじめたマグネットは疎で、かなり印象が異なる。花弁数の多いドーム型の花はその特徴を認めるだけで、今後の開花を見てみる。気象経過は低日照(雨天)。
 8月6日(火)午後2時頃より、マグネット開花の視察会を予定(昭和花き研究会・定例会、大岐センター集合)。フクカエンの松永さん、藤井さんが来村予定。そのときには、全体像がわかると思います。

7月29日(月)豪雨続く

■2013年7月29日(月)


 朝2時の外気温15℃。

 3時より出庫業務(大岐)。

 4時より高畠にて採花予定(フォレスト最終)。

■7月30日(火)午前8時、群馬県のカネコ種苗の徳弘さんが来村。新種かすみ草:スターマインの生育調査。現在、中野保さんの圃場で開花がはじまっている。

 同9時頃、首都圏より小学5年生が1名、来村。かすみ草の染色の研究取材のため。

 7月31日(水)は村内カスミソウのテレビ撮影応対のため終日連絡がとれなくなります。

 8月2日(金)午前、村長大田市場表敬訪問に随伴。私は前夜上京し、朝、中央花卉店頭。

■7月28日(日)午後雨のち曇り。夕方、大田(下)圃場のかすみ草新種:スターマイン(草丈20cm、無摘芯定植)の「切り戻し摘芯」。CV試作2種(新種)の再摘芯(対照区設ける)、ニューホープやニューラブ様式(パーフェクタ系)のCV78の長広垂れ葉・濃緑で太い芽数本抽台と、352は細剣葉でシュート差大きく株もと細め多。

■7月27日(土)の午前の河川流水量(大岐の滝谷川)と、午後豪雨後の水量。28日(日)の水量。

20130727dsc03939
午前6時
20130727dsc03942
午後雷雨(豪雨)

20130727dsc03943
増水(上流域の博士峠では夜まで降り続いた)
20130727dsc03944
翌朝(下)
20130728dsc03947
28日(土)朝

20130728dsc03949
大岐の高畠圃場と岩山(岩下山)

 
20130728dsc03951
7月28日(日)の日の出時刻の博士山西麓(大岐)

 
 
20130728dsc03956
かすみ草フォレストの満開圃場。開花速度が速く、採花が間に合わない。廃棄する直前(7月28日朝)。

20130728dsc03962
大岐

20130728dsc03963
 
 最終定植したかすみ草 スミカ試作FG482(プラグ苗で27日に摘芯、28日定植)
20130728dsc03965

 
20130716dsc03702
昭和村奈良布。博士山西麓の黄金沢の右岸扇状地。近世は楢布原という草原(草刈り場)であった。戦後の手の力開墾(開拓)により集落・水田が拓かれた。重機は使用されない。



2013年7月28日 (日)

7月29日(月)は数量多いが、8月は半減します

■2013年7月28日(日)曇り、晴れ


 昨日(27日)は日中の豪雨で増水。今朝止み、河川水は濁りも無くなり、退け始めました。

 当地の定植晩限(植え付けの最終、これ以降植えても咲かない)となり、今日、最後の境の沢圃場の1棟ハウスにカスミソウを定植しました。

 現在、越冬株晩生種のフォレストの開花最終です。これが終わると、6月植えカスミソウが低温・雨・低日照で生育が遅れていることから、いったん品薄になります。

 各卸におかれましては7月29日(月)、31日(水)の数量を大切に販売いただきたいと思います。8月2日からは現在の数量の3割程度の出荷まで落ち込みます。

 そのため、8月2日からの盆需要の納品については定期納品を優先し、盆の納品のうち60cmの白は欠品の予定です。70cm、80cmはなんとか定数納品の予定です。8月から染めも定期分納品のみでセリ販売には出なくなります。白の需要が多く、それに全量納品優先になります。

 現在、7月中旬で出荷が終了し、春植え開花待ちの生産者が5名ほど出ています。なかなか次が咲いてきません。

■7月29日(月)販売分は823箱で今季最高数です。31日は数量確保できる見込みですが、8月2日からは極端に数量が減少となります。


20130729hako823

2013年7月27日 (土)

かすみ草新品種:フォレストに小鳥(ホオジロ?)の巣

■2013年7月27日(土)晴れ


 朝3時より大岐集落南西後方の高畠の角畑にて、新種かすみ草フォレストの採花。山際の畑(圃場)のため、携帯ラジオを大音量で、熊よけとする。
 このかすみ草ハウス内は、ホオジロと思われる小鳥の巣が架けられていた。かすみ草の昨年の枯れ枝を集めて作られている。

 フォレストは昭和花き研究会が国内市場向け命名した品種です。国際名はダイナミック・ラブ(ダンジガー社、大阪のスミカ扱い)。

20130728kdsc03935

20130728kdsc03905
午前3時、月光が明るい。

2013年7月26日 (金)

ocn の メール・アクセス復旧

■2013年7月26日(金)小雨、曇り、蒸し暑い日。


 朝5時から午後3時前まで、TUF(テレビユー福島・TBS系)の8月19日の19時放映予定番組の収録(事前取材)が行われました。大岐の高畠圃場での採花・大岐・雪室等での取材でした。

 雑誌『農耕と園芸』連載原稿(花事放談、宍戸純さんと往復書簡)を黒田編集長宛送付。

 昨日は終日、ocnのメールのアクセスが出来なかった。パスワード等がネット流出したため、ocnがガードした模様。



20130727dsc03859

2013年7月25日 (木)

ocn の メール

■今朝よりocnの不調で、メールが届いていません。またocnへのアクセスも出来ません。メール送受信が出来なくなっています。菅家・昭和花き研究会

かすみ草・アルタイルのプロモーション(8月26日から)

■2013年7月25日(木)

 雨が続いています。
 今日は、かすみ草の日持ち試験検体をクリザール宛送付する日になっています。8月2日(金)に上京、大田市場花き部を表敬訪問する馬場昭和村長に随行し、1週間後の開花具合をみます。毎年、日持ち試験は、定期的な調査を行っています。今年は銀河・フォレスト等を使用する予定です。
 

■7月23日(火)午前の昭和花き研究会・定例会後、来村されたミヨシの谷さんらから、今年は8月26日(月)から大田市場花き部内での昨年同様のアルタイル・プロモーションを行う計画であることをうかがいました。その際、仲卸の中央花卉の店頭でも昨年のような展開をしたい旨の依頼があり、中谷隆敏さんに連絡しました。快諾され、協力いただけることになりました。
 今年のミヨシのかすみ草のプロモーションは、大阪・札幌の卸(花市場)でも同時展開するようです。昨年は産地からタグ付け出荷でしたが、今年はエルフバケット用のスリーブ(包装材)が使用されます。
 

■中央花卉の中谷さんから、7月30日午前に来村予定の都内の小学5年生(染めかすみ草の研究)についても当地での応接・協力依頼がありました。
 

■明日、7月26日(金)は朝5時の大岐地区圃場での採花から調整・染色作業、出荷作業等、テレビ撮影が入ります。31日も行われます。都内顧客先から取材撮影(8月1日)について連絡がありました。いずれも連絡は不通となります。

 

■7月24日(水)午後、隣町の三島町宮下の町民センターにて、第2回三島町町史編さん準備委員会が開催され出席しました。次回は8月下旬の開催です。
 
■7月25日(木)18時30分 奥会津書房(福島県三島町)の遠藤由美子さんは、新しくなった福島県白河市の図書館で講演されるようです。→ 立教志塾 「奥会津のくらしに学ぶ」
 
 
■7月26日(金)は825箱、かすみ草の品種内容は、フォレスト220、アルタイル168、染め色かすみ草165、ベールスター152、銀河ginga47箱、ノート(無臭カスミソウ)38箱、ファンタイム18箱、ミリオンスター7箱、スワニーハート6箱、ブレンド4箱 29日(月)は1000箱の予定です。昨年の最大出荷数も同日で1081箱でした。フォレストはカスミソウのなかで晩生種で、あまり天候影響(気候変動・気温変動・積算気温等の変化)を受けません。早生種のアルタイル、ベールスター等は高温による前進開花・一斉開花が顕著で夏作産地は苦労しています。

 24日時点で6575箱で、昨年との比較では出荷箱数94%です。7月上旬の出荷減(アルタイル等浅根系品種の凍害影響)。

20130726hako
★下のグラフは2010年から昨年・2012年までの8月の出荷経過(箱数)。昨年は8月末に、高温・前進開花でカスミソウ早生種のアルタイルのピーク(7月下旬1081箱より多い1200箱)が来て暴落した。今年は作付と摘芯時期で調整しており、このようなことはないようにしている。また7月下旬の天候推移は冷夏傾向で昨年とも異なる。通常、盆前は7月開花越冬株の終了となるため、600箱程度の安定数で推移だが、2011年をみると400箱程度の推移のこともある。14社向け出荷中のため、定期注文分引き当てをすると8月上旬は1社平均20箱が最大量ということもある。越冬株フォレストの5月末、全刈(2回摘芯)栽培は7月の豪雨・長雨で腐りが出ており、8月上旬出荷は無理となっている。当家では今朝、この作型は今年は天候不順で生育不良のため2棟を草刈り機で処分する予定。
201208hako

2013年7月24日 (水)

8月24日(土)、25日(日)会津柳津にて

■2013年7月24日(水) 曇り


 今日も、雨の予報。

 昭和村のNPO苧麻倶楽部スタッフの皆さんは、フジロックフェスティバルに出かけるようです。かすみ草の展示をするので60本提供します。
 
 また、奥会津大学実行委が企画・検討されてきた奥会津大学の第1回文化祭が河沼郡柳津町役場脇のやないづふれあい館で8月24日(土)・25日(日)に開催されます。

 映画「森聞き」(エイシア)の上映、公開講座等があります。私(菅家博昭)は24日午前に下郷町在住の木地師研究者金井晃さんと対談します(民映研の奥会津の木地師ダイジェスト版上映後対談)。25日午前も「都市はムラに、村は歴史に学ぶ時代」として1時間講話します。

20130724bunka1

2013年7月23日 (火)

豪雨続く

■2013年7月23日(火)午前・豪雨、午後・曇り


 昨夜、会津若松駅前居酒屋北海道にて愛知県のかすみ草農家・荒木さんを囲んで交流会が開催された(8名)。その荒木さんらが午前9時30分、大岐センターに来所。豪雨のなかでした。

 今朝は採花、出荷業務を行い、午前9時より10時まで大岐センターで昭和花き研究会・定例会を実施(15名参加)。金山普及所の長谷川浩先生から県試験場等との村内昆虫類調査で、かすみ草の花飛びは(つぼみ食害)カメムシ類であることが判明した、報告であった。これまでスリップス類と思われていた食害であるが、新知見であった。

 ミヨシの稲垣さん、谷さん、愛知県の荒木さんを迎え、懇談。


■午後2~4時30分、大阪のスミカの吉田さんが来家。和歌山で行われている全面トンネルによる蒸し込みの提案が春促成作型への応用提案があった。9月上旬の例会で報告していただくことにした。

■このところ午前中に想像を絶する豪雨があり、午後に曇るという繰り返しになっている。圃場は冠水、水浸しになっている。河川の増水も。梅雨末期で、2011年7月末の集中豪雨災害のような様相になっている。

■仙台の鈴木さんのブログ → からむし織りの里フェア

■明日は朝から村の集団健診。11時、三島町川井集荷所で中丁場(慰労会)。午後は三島町宮下で第2回三島町史編さん準備委員会の会議へ。

大雨続く

■2013年7月23日(火)大雨


 昨夜から、断続的に豪雨が続いている。大岐集落を北流する滝谷川も増水している。傘がさせないほどの豪雨が続き、小雨となり豪雨となるを繰り返している。

 今朝の採花も豪雨のなか、雨音で話し声が聞こえないほどハウス屋根を雨が叩いた。

 午前9時より大岐センターで昭和花き研究会・定例会は予定通り開催。ただ花の集荷トラック等来るためセンター前、入り口の坂、入り口付近は駐車禁止。大岐集落側(柳沢峠)から橋付近、2車線道路の本線路側帯等へ停める。
 大雨続くため、圃場視察会は中止。

2013年7月21日 (日)

625箱(7月22日・月曜販売分かすみ草・昭和花き研究会)

■2013年7月21日(日)


 7月22日(月) 販売数 625箱
 出荷先卸市場14社
 仙花(仙台)109・福島19・宇都宮18・埼玉(加須)26・群馬(高崎)29・柏32・世田谷6・東日本板橋81・大田96
 名古屋花き33・姫路38・広島花満25・福岡花市場75・沖縄県花卉20

 出荷品種9品種
 ベールスター(スミカ)183、アルタイル(ミヨシ)130、フォレスト(スミカ)73、銀河ginga(セレクタ)64、ノート(無臭かすみ草・スミカ)13(名古屋送り)、スワニーハート(カネコ)4、スターマイン(カネコ)1、ファンタイム(フクカエン)1

■今後はフォレストが増加する。スターマイン、ファンタイムは終了。越冬株作型のアルタイルは生産者(圃場格差)の品質格差が大きい。低価格が続いたため全刈り圃場が多いため、60cmの出荷数は無い。80cmかすみ草が適正価格で販売されないと、適正な圃場採花管理が行われず、80cmサイズ開花後に続く採花が続かなくなるため、60cmの採花は行われない(かすみ草80cmの採花を放棄した時点で、60cmが咲き過ぎとなるためである)。また今後の作型で早生系(アルタイル・ベール系)は70cm草丈となれば、地際部から切るため、残り下枝である60cmの発生は無い。銀河やファンタイム、フォレスト等、草丈が伸びる晩生種の80cm(60cmの発生が確実となる品種)が適正価格で販売されないと、夏期の60cmの発生は無い。卸売市場担当者は、顧客層の要望を複層化して扱う品種の優先順位を取る必要が夏場のかすみ草では必要。

■7月第3週になり夜温の急低下(11℃~13℃)が継続しているため、10月下旬にみられる上位節(花梗部)の剛直化がみられる越冬株作のかすみ草品種がではじめている。

■7月第3週は80cmが1本70円台の相場展開で採算割れが続いたが、19日にようやく100円を回復する品種がではじめた。22日(月)は昭和花き研究会は600と少ない現状維持であるが、おおむね1500超の出荷が継続される。低温雨天低日照により、これでも開花が遅れている。

20130722hako



20130720dsc03758_2
7月20日朝の気温11℃。

■会津盆地南西部の新鶴地区(会津美里)の様子 → 高尾嶺農園菊地敏雄さん
■7月20日(土)午前、境の沢圃場の沢側3棟にベールスターと試作種FG482を定植。482は到着していたが採花が間に合わず定植ができなかったがようやく定植した。23日午後2時にスミカ大阪本社の吉田さんが来村される。最後の試作苗3枚で終わる。

からむし織りの里フェア・はじまる

■2013年7月21日(日)朝1時、外気温15度

 未明の気温15度。
 昨日(20日)、奥会津・昭和村佐倉のからむし織りの里で、二日間のフェアがはじまった。初日の18時から、我がなかよしバンドNBが出演した。→NBリーダーの大芦家・佐藤孝雄さんのブログ  →うすいさんのブログ →仙台の鈴木さんのブログ   →本名敬さんのブログ   →赤木洋子さんのブログ

 ボランティアで参加のNB音響(PA)は西会津町の加藤さん。朝6時より同会場でセッティングも、担当された。19時までお疲れ様でした。

< くれいないはるみさんの後、自作曲を中心に演奏。田植え唄、冬来たりなば春遠からじ、ふるさと5月、たいせつなもの、僕が通った小学校、一流でなくていいんじゃない、小さな村の7曲。

■昨夜は演奏終了後、柳沢峠を帰宅。明日朝の出荷作業をしてから夕食。八〇歳の父母より、会津高田町市中で福島県警のヘリコプターも投入され、潜むツキノワグマの探索が行われたという話を聞いた。テレビニュースで知ったのだろう。20時、父は歩いて蛍を見に川前の「クルマバッタリ」まで行ってくる。3頭、向こうから大岐方向に飛来した、という。自動車2台来てホタル撮影と。今日も疲れたので、21時前に就寝。
■今日(20日)は午前4時から岩下(上)でヘッドランプ装着でかすみ草:銀河gingaを採花し、午前6時に野尻中向の雪室で出荷当番(昭和花き研究会)。9時、翌日の分荷作業(PC・大岐事務所)。
■昨日午後3時、フェア視察来村中の沖縄県宮古島の皆さんを、JA担当の本名寛之君と雪室を案内。昭和村からむし技術保存協会事務局(からむし工芸博物館内)の舟木由貴子さん。

20130720dsc03799
20130720dsc03803
 
20130720dsc03800
 
20130720dsc03801
 
20130720dsc03802
 
20130720dsc03789
 
20130720dsc03790
 
20130720dsc03797
 
20130720dsc03763
喰丸のとあるカフェ、小中津川のとある宿も営業。下中津川のじゃがいも亭・大芦中組の大芦家も営業しています。
20130720dsc03759
昭和村大岐・高畠

2013年7月20日 (土)

気温11度、冷夏へ

■2013年7月20日(土)曇り、寒い。


 午前4時、外気温は11℃。標高730mの当地・大岐でもかなり異例な寒さになっている。数日前は13℃、あるいは15~16℃の朝が続いたが、さらに今朝、曇天下で冷え込んだ。曇天下では放射冷却は起こらないので暖かい夜、朝になるのが普通。冷夏・冷害の夏にこの1週間で切り替わった。

 昨夜の福島県内の気象情報は、8月2日まで東北南部は気温低下で寒くなると発表、農作物の管理への注意勧告を出している。イネは出穂(開花)時期になるため、高冷地では問題になってくると思われる。

■今日は、朝、郡山市より開成生花の林社長が来村され、8月上旬から盆需要期の納品計画について検討・打ち合わせすることになっている。午後3時、中向の雪室で沖縄県宮古島から来られた8名の方々と会う予定(苧麻、からむし)。

20130720dsc03758
最高最低温度計11℃

20130720dsc03754
朝 サケンサアモリ(境ノ沢森、大枝沢天狗神社本体磐座がある)

20130720dsc03745
19日の午前、豪雨で土蔵の屋根が崩落(昭和村大岐)





2013年7月19日 (金)

7月22日(月)かすみ草出荷予定数650

■2013年7月19日(金)午後、曇り


 午前10時から11時、分荷作業(PC)。11時、雪室にてPLF大竹所長。役場よりフラワーフード受け取り、期日前投票。

 7月22日(月)の出荷量は明日朝の追加分を100箱として、650箱前後と思われる。
 三島地区の越冬株の出荷はほぼ終了、昭和村地区のベールスター・銀河が中心となる。晩生種(フォレスト)等が来週なかばから開花をはじめ29日(月)が最大量となる見込み。

 今季最大量は、7月15日(月)が665箱。22日(月)がそれを超えるかどうか?

20130722hako


午前8時の気温16度

■2013年7月19日(金)小雨、寒い日


 小雨。外気温は午前8時でも16℃。通常の朝4時~日の出前の気温(雲が厚いため今日は寒い)。
 岩下(上)↓3号棟のかすみ草銀河採花。川流→の銀河採花。

 午前11時頃、野尻中向の雪室でPLFの大竹所長。明日午後はからむし織りの里フェアに、宮古島の苧麻(ぶー)績み保存会の皆さん8名が来村されるので会場へ行く予定。夕方5時より舞台設営、6時より公演(なかよしバンド:大芦家佐藤孝雄、中井俊之、星明正、菅家博昭)。自作曲を6曲。

■7月23日(火)午前9時、大岐センターで昭和花き研究会定例会。ミヨシと、長谷川浩先生の講話、かすみ草新種試作大田地区圃場視察会。10時、圃場解散。

 なお、22日夜は会津若松市内で愛知県の荒木さん、ミヨシの皆さんと懇談。

 8月6日(火)午後2時。大岐センターで昭和花き研究会定例会。フクカエン種苗の松永さん。試作マグネット圃場視察会。

2013年7月18日 (木)

鹿沼市の岩井さん来村

■2013年7月18日(木) 午前・雷雨豪雨。午後、小雨。


 朝、出荷作業。一社分合わず、時間がかかる。午前5時より採花。川流圃場のかすみ草・銀河。19コモ。

 午前9時30分ころ、栃木県より二名のお客様が来られる。宇都宮花き(卸)の山野井さん、鹿沼市のフラワーショップいわいの岩井社長。雷雨となり大岐の事務所で懇談、雨が11時に止み、野尻中向の雪室へ。本名敬君の説明を受ける。大芦家にて解散。


 今日の午前の豪雨は、経験のないような大量の落水が天からあった。カラムシなども畑で倒れた場所もある。

20130718dsc03714
午後
20130718dsc03732

 

20130718dsc03717

 

20130718dsc03722



2013年7月17日 (水)

全刈廃棄

■2013年7月17日(水)雨。

 夕方から本降りの雨。

 明日、生花店と市場担当者が来村される。

■17日の朝、午前6時から8時、開花はじめたばかりのかすみ草ハウス5棟2000株分を廃棄(草刈り機で刈り払う)しました。ベールスター2棟、フォレスト1棟、ファンタイム1棟、銀河1棟です。7月になり1棟を廃棄(全刈)したばかりでしたが、フェア等染め納品の山場も終えたことから、少し身軽にしました。
 遅れていた北海道・会津産のかすみ草の大量出荷となり、先週より販売価格(市況)の低迷もあり、早めに採花しないで捨てる判断しました。春植えのかすみ草の2棟の採花は継続しています(銀河)。
 来週に開花する2棟(フォレスト・銀河)も、採花するかどうか迷うところです。様子を見ながら、ということになります。
 
20130717dsc03706
 
20130717dsc03713
銀河 GINGA
20130717dsc03710

少ないホタル

■2013年7月17日(水)


 雨が続き、時に晴れ。夜温は昨日13度、今朝(3時)15度と寒い。今年の大岐川前地区のホタルの発生はあるものの、数百頭と少ないままで、現在のところ、昨年の同時期のような大量発生ではないようである。

 20130716dsc03705
 
20130716dsc03682
かすみ草銀河(ginga)
20130716dsc03672
高畠 角畑3号棟 かすみ草:銀河ginga 越冬株 150cm
20130716dsc03681
20130716dsc03683
大沼郡昭和村大字小野川字大岐
20130716dsc03691
 
20130716dsc03703
岩山(岩下山)の岩も、雨に濡れたまま

 

2013年7月16日 (火)

梅雨明けの夏の日

■2013年7月16日(火)晴れ、暑い日


 朝の外気温は13℃。昼は30度近く、これまでの雨のため湿度があり、蒸し暑い日。

 かすみ草採花。岩下(上)新植えの銀河。岩下(下)ベールスター越冬株の初切り。大田(下2)フォレスト越冬株初切り。ファンタイム採花。

 深夜零時ころより、「野尻組の会津戊辰戦争」報告書草案を書く。A4版17枚(1枚1600字)。

 雪室に二回、梱包したかすみ草を搬入する。明日集荷の三和陸運分。明日の朝の農協集荷便でも出荷する。

 夕方、境の沢(道下2)にベールスターを定植(6月20日苗)。FG465と並べる(11日植え)。

 定植はあと3棟で本年の植え付け終了。定植晩限は7月末。

■今日が梅雨明け、というような天候。


2013年7月15日 (月)

7月17日(水)513箱  前年比138%箱数増

■7月17日(水)は513箱

 センカ134、福島12、宇都宮20、群馬18、埼玉23、柏6、世田谷12、板橋70、大田56。
 沖縄28、名古屋21、姫路33、広島花満20、福岡46

■17日販売分で、アルタイル、ベールスター、フォレスト、銀河。銀河の枝曲がりは「優」、フォレストの一部つぼみ欠損は「優」。現在、切り前不適合(咲きすぎ、黒花)の出荷はありません。
 80cmの染めかすみ草(エルフは3色 ピンク・ブルー・ラベンダー基本)、立て箱はそれにメロン色が加わる。  

 
■7月22日(月)からの週が量的に多い見込み(800~1000箱)現在までの1週間は雨天のため、開花鈍く数量が急増していないが、今後、晴天となると一斉開花・大量出荷となる(1000~2000箱)。
 昭和花き研究会では7月越冬株利用作型は、2010年より、2009年産7月比で、個人作付けで、3割出荷削減を継続しています。


20130717hako
■6月から7月15日まで、対前年比で出荷箱数138%、本数140%、売上額144%、単価103%となっています。春植え6月出荷メレンゲの前進開花、その後7月10日以降の出荷数が昨年より多くなっています。
■15日(月)は東京盆明け、首都圏は、単価急落しました。また、かすみ草では北海道産増加、会津産増加で品種を問わず80cm(A2L級)で70円台が相場となっています。旧来種によっては1本20円(80cm)も。一方、本会(昭和花き研究会)出荷先の地方卸売市場では140(福岡アルタイル)~180(名古屋ノート)の販売展開。

川の水音、増水

2013年7月15日(月)曇り。15℃。昨日の大雨は今朝方まで続く。今日はこれから大岐高畠の角畑のかすみ草銀河の採花。午後3時定植作業(境の沢圃場)を撮影取材の予定。午前10時、分荷作業(市場)。今週末はからむし織りの里フェアが村内佐倉である。17日は村長仙台市場訪問(当方欠席)

■昨日は濁流(写真は昨日撮影)であったが、その濁りはとれている。水量は増した。川の水音も高い。生物の音が少ない朝。


20130714dsc03647


 

20130714dsc03649

滝谷川上流域の大岐集落前。緑は芦(ヨシ)。

20130714dsc03648

水位計


20130714dsc03654

PC3:canfax-L250、Optiplex760(中古XP)

ヤマト便B2セットした(PC1:d-C521)PX-V600。

20130714dsc03650

2013年7月14日 (日)

595箱(7月15日販売数)

■2013年7月15日(月)


 今日のかすみ草販売数は595箱。農協部会は約1500箱。増加していく。今日から定期注文(予約相対)の納品を行い、全社出荷の体制となる。

 当会のかすみ草の品種構成は、アルタイル187箱、フォレスト153箱、ベールスター123箱、銀河33箱、ノート21箱、メレンゲ14箱、スターマイン9箱、染めかすみ96箱。8種。

20130715hako

強い雨、続く

■2013年7月14日(日)雨


 昨日は一日、たいへん強い雨が降り続いた。今日の朝までそれが続いたが、現在、小康状態。

 朝、家向のかすみ草:スターマインの採花、ほぼ終了。その後、野尻中向の集荷所にて出荷業務。中向に越した桑原伸一君と当番で担当した。

■明日(15日)は、テレビ取材録画がある。下中津川の長谷川洋君の採花・調整等が撮影される。それが終了後の夕方(3時頃?)大岐に来られ、我が家の、かすみ草の植え付け(定植作業)の撮影が予定されている。携帯電話の圏外の「境の沢」のやまかげの圃場(境の沢集落は携帯電話が通じますが、その上流域のため)。10日ほど後にもう一度事前取材があり、31日に本撮影の予定。放映は8月19日の19時より1時間の予定。

■今日は大岐の鎮守・大山祇神社(おおやま・づみ)、山の神様の祭礼日。

20130714dsc03641
 


20130714dsc03643

 
20130712dsc03532


2013年7月13日 (土)

越冬株開花、最盛期へ

■2013年7月13日(土)雨


 盛んに夕方はヒグラシ(蝉)が鳴き、朝・晩はアカショウビン(鳥)の鳴き声がします。ただ気になるのは川床の石の上にいるカジカガエルの鳴き声が昨日から聞こえなくなったことです。出水(洪水)等が無ければよいのですが、、、、、


 朝4時30分より大岐の高畠・角畑のかすみ草:銀河(越冬株)の2回目の採花。その後、岩下(上)の新植銀河の採花。そして大田(下)の越冬株ファンタイムの採花。

 今日は午後にむかうほど、降雨が強くなる。

■大量出荷時期を迎えました。15日(月)販売分は昭和花き研究会が700箱程度、農協部会は1300箱ほどで、来週後半から昭和村から3000~4000箱(80cm)の出荷が見込まれます。遅れていた越冬株の一斉開花と、春植え新苗定植分の開花が重なっています。

 品種はベールスターが多く、アルタイル、フォレスト、銀河、「無臭かすみ草:ノート」(名古屋花きへ出荷中)等です。60cmの出荷も、ようやくはじまります。定期予対納品も15日からとなります。

 これから2週間は潤沢な出荷量で、時期・品種を見て、価格低下(採算割れ価格)すれば採花を中止し廃棄処分となります。

■先日夕刻、JELFAの米田さんから電話をいただき、本年の日持ち保証実証事業等の進捗状況をうかがいました。山形県の産地から7月下旬より開始されるようで、産地の基幹業務の新しいありかたが模索されるようで、期待されます。

■来週17日は馬場昭和村長が仙台市場を表敬訪問されます。私は、17日・18日とも、市場と生花店等来村応接のため仙台には行けません。
 
 15日・16日頃、私と長谷川洋君は、県内テレビの撮影取材の応対となります。今後、3日間(27日・28日頃、31日)がその対応となります。

■7月20日・21日は村内のイベント(からむし織りの里フェア)です。


20130712dsc03597
奥会津昭和村、大岐(岩下)。かすみ草:ベールスター圃場。
20130712dsc03599
 

 
20130712dsc03601

 

20130712dsc03615

大芦・中見沢 五十嵐英盛さんのカラムシ畑。右が2年目、左は今年植えた。手前の野菜も。
20130712dsc03614

2013年7月12日 (金)

23時帰宅

■2013年7月12日(金)曇り、暑い日、風有り


 正午より、喰丸村落の体験住宅。都内の大学生(社会学地域研究)が来村され、村内をフィールドワークの案内。苧麻倶楽部の中川君が担当。21時すぎ、大岐の川前地区のホタルを見てから解散。

 その後、梱包・出荷業務で23時終了。

■小野川権現様、大岐岩下の木地庚申塔(弘化2年)とかすみ草圃場。大芦小矢ノ原の供養塔群。大芦中見沢の五十嵐英盛さんカラムシ畑。官軍戦死九人の墓、矢ノ原古戦場・代官清水。野尻和久平遺跡を自動車三台に分乗して、歩いた。

■午前中の出荷業務(分荷)、土曜の午前に追加分を含めると100箱超の市場もあり、15日(月)は潤沢にある。

20130712dsc03612

 

20130712dsc03613

 


20130712dsc03609


 


20130712dsc03619


 
20130712dsc03583

 

20130712dsc03601




越冬株の開花はじまる(大岐)

■2013年7月12日(金)晴れ


 朝4時、出庫業務と採花。5時、小野川で目揃会。出荷者が出そろってきた。第2よりCCハーフ台車を5台(エルフが20個積める)移動。エルフロック、プレート等。切り前。

■家向圃場のスターマイン(4月12日植え)はほぼ終了。越冬株無加温促成の大田(下3)のファンタイム採花、5月10日植えの銀河(岩下上下3)採花。
 今日はじめて高畠・角畑下2棟目の越冬株の銀河を採花。草丈150cm、ボリューム有り良いが、採花数日は混んで採花難。4棟採花中。

 採花中の岩下(上下4)のベールスター(堀上株定植)は、開花をはじめたばかり(150cm草丈、品質良)、しかし新圃場の採花が多くなり、すべては採花しきれないため、採花を止め廃棄することとし、今日の午前、草刈り機で刈る。


20130712vsdsc03599
岩下(上・下3棟) かすみ草:ベールスターの花。通常は開花前に採花するため、このような風景は無い。
20130712dsc03604

 

20130712vsdsc03595
カラムシ(苧麻)
20130712vsdsc03590
高畠より大岐集落を。手前は苧麻(からむし)。今日の夕方から収穫、刈り取りをする、という。

2013年7月11日 (木)

合同練習日

■2013年7月11日(木)曇り、暑い日


 採花。出荷作業。かすみ草苗の植え付け(ミヨシのアルタイルと住化スミカのFG465)。
 
 明日の朝5時より、小野川にて目揃え会(君夫さん宅車庫)。正午より喰丸体験住宅、その後村内巡礼。苧麻倶楽部の中川さん担当のムラ・キャンパス事業。上智大の皆さんが来村され3日間滞在される。

■19時より、大芦家にて「なかよしバンド」の練習が行われた。佐藤孝雄氏、中井俊之氏、星明正氏。20日の18時ころより、佐倉のからむし織りの里にて演奏するための練習。曲順に合わせて行われた。

 ギターやエレキ・ベースを弾くのも1ヶ月ぶりになる。

 1曲目は孝雄氏が作詞・作曲リードボーカル・ギターの「田植え唄」。私はエレキ・ベース担当。明正氏のパーカッションではじまる。自作曲を作者が歌うのが33年目を迎えるバンドのスタイル。

 キーはF。3弦の8フレットを左手人差し指で押さえる。Dmは4弦。

 2曲目は、同じベース担当でキーはCの「冬来たりなば春遠からじ」で孝雄氏が歌う。通常、この曲はアンコールのものに取っておくのだが、今回、映画のエンディング曲に選定された「田植え唄」を冒頭で歌うので、パート担当を変えずにこの曲が2曲目となっている。通常、良い曲ほど後に行うのだが、なかよしバンドは最初によい曲を持ってくる。最初に会場に来ないと損するような曲順でいつもやっている。

 3曲目はパートを変え、本来のベースの孝雄氏が定位置になり、私はギターを持ち自作2曲を歌う。「ふるさと5月」はC。中井氏がブルースハープ(ハーモニカ)でイントロを吹くのだが、これは「ふるさと」の曲調。中井氏はオープンCでギターを弾くため、私はカポ5でGで弾く。ただカポをするとオープンコードとチューニングが微妙に合わなくなるため、今日は最初Cで弾いたが、2番よりカポを5にしてGで演奏した。歌い終え、明正氏が拍手をくれた。この曲もたいへん長く、ていねいに歌い継いでいる。

 そして「たいせつなもの」。2カポAm。リードギターがある。

 5曲・6曲は中井氏の自作曲。「僕が通った小学校」はオープンAで弾く。中井氏はカポ2でギター演奏。風景が立ち上がる名曲である。
 「一流でなくていいんじゃない」これはE、C#m、A、Bのハイコードで。イントロ、間奏、エンディングとリードギターを。

 一応、アンコール曲が「小さな村」。私は2番のリードボーカルを担当。これを歌い終えて約40分。

 当日は17時に楽器を持ち、会場集合。18時開演。RFCで著名な「くれない・はるみ」さんも出演される。私たちはその後に出演する。

   → 福島県 昭和村


 いつものように、PAは西会津町の加藤さんを依頼。早速、ステージの設計が来ている(大芦家ウェブより転載)。

C0189218_17321615


■山形県の飯豊山麓、草刈さんの炭焼き小屋でのコンサート。→ ユーチューブ



2013年7月10日 (水)

金曜は488箱

■2013年7月10日(水) 晴れ、夜雨。暑い日。


 朝は大田圃場のファンタイム、岩下(上)の堀上株定植のベールスター採花。農協集荷便対応。朝食後、葉取り結束、染色。

 10時より分荷作業。

 午後、岩下(下)2棟に6月13日苗のフォレスト、ベールスターを定植。家向の圃場にアルタイルMDを定植。

■7月10日(水)428箱。12日(金)488箱。

ヒグラシ(蝉)とホタル(蛍)

■2013年7月10日(水)曇り、小雨になりそう(7時30分)

 昨日は暑い日でした。
 7月5日20時、奥会津・昭和村大岐の川前地区を歩きました。400mの農道ですが、ラインセンサス法で17頭のホタルを確認しました。その後、雨の日が続きました。
 8日の夕方、村内大芦の中見沢、大岐でもヒグラシ(蝉)の鳴き声を確認しました。
 昨夜(9日)20時、曇り、夜温は低下し半袖では肌寒かったのですが、同じように歩きました。ホタル数は38頭でした。出現数が増えています。昨年は15日頃が最盛数でした。
  → 昨年の記事 

 農道に自動車を入れるとライトでホタルが発光しなくなるため、大岐センター前等(花の搬入等があるのでシャッター前は駐車禁止)に駐車して徒歩5分です。2012年7月に確認された生息地です。

■今年は7月13日~15日頃でしょうか?14日は小野川地区の鎮守(三島神社、大岐の大山祇神社)の「マツリ」(祭礼日)です。

■7月11日の5時台最終、7時台最終のお天気コーナーに、FTVフジ系のめざましテレビにかすみ草(JA会津みどり・かすみ草専門部会産)が装飾されるようです。

20120715k7n_2428
2012年7月15日菅家厚撮影(三脚使用)

2013年7月 9日 (火)

目揃え会終了、新・段ボール意匠校正

■2013年7月9日(火)晴れ


 朝、5時より、出庫作業。
 6時30分より野尻中向の雪室にて昭和花き研究会目揃え会。切り前と明日以降の集荷所当番について決めた。

 終了後、午前・午後、検査通院。

■2013年4月1日に着任した「からむん」と、これまでPRに活躍した「かすみちゃん」の意匠の入った新段ボール(昭和村花き振興協議会共通意匠)の校正刷が上がってきた。

■過日、中向の菊地宗栄さん宅にうかがい、「ちいさなくらし」の写真・リーフレット等をお渡しした。原画撮影に協力いただいた。50年間使い込んだ麻製のスキンノウ(敷布)。そのリーフレットは、かすみ草を長持ちさせるための管理法を書いて、7月6日・7日と店頭で配布した。すでに4号となっている。5年前の2009年10月にYB加藤氏と試験販売を1店で2日間行い、4年前からのかすみ草店頭フェアが開催されている。その歴史も刻む。
 2010年:be green
 2011年:森が育てたかすみ草(新品種かすみ草フォレスト誕生)
 2012年:ちいさなくらし(圃場、苗、かすみ草、小学生・本名さんの毛筆文字)
 2013年:ちいさなくらし(スキンノウ)

20130709d

2013年7月 8日 (月)

明日の朝6時30分、目そろえ会(雪室にて)

■2013年7月8日(月)朝は大雨、後、晴れ

 早朝、家向のスターマインを採花80cm。開花している60cmも採花。
 午前10時より4時30分まで、7日にYB一箕町店を取材されたテレビ局の取材を受ける。圃場、苗、矢ノ原、村役場、雪室等を案内する。
 昼に分荷した内容の確認をして、補正する。
 明日、朝6時30分からの目そろえ会の資料を、これから作成する。
■平群温室バラ組合・花シミ ゼロへ → 宇田明先生 →水のバクテリア(生産者の花の水揚げ)
■会津の食文化 → 奥会津大学 7日の講座終了
■今日、夕方、大芦でヒグラシ(蝉)の鳴き声を今季はじめて聞いたが、大岐でも18時台に鳴いた。柳沢峠で16時30分ころ、小熊一頭を確認。道路を歩いていた。
20130708dsc03506
中向 花の集荷所(雪室)近くの苧麻(カラムシ)畑。生育するカラムシ(左)と、植え付けたカラムシ(中央)。奥にも新しい畑が見える(柵で囲ったところ)。
20130708dsc03515
20130708dsc03512
大岐のスターマイン圃場

7月8日 福島民友記事

20130708dsc03510

 

20130708dsc03498

 

20130708dsc03485

 

20130708dsc03488

 

2013年7月 7日 (日)

7月7日 福島民報記事(全県版)

2013070720130707minpo

■この記事を見られて、福島県いわき市から来店されたお客様もいらっしゃいました。また会津若松市内の他店舗を日常的に利用なさっている方も、染め色カスミソウを求めに来店される方がおおくおれらました。

2013年7月 6日 (土)

かすみ草フェア初日終える

■2013年7月6日(土)曇り 雷雨


 午前7時より店頭設営、9時より17時までかすみ草フェアの販促活動をしました。

 店舗は会津若松市内東部の会津大塚山古墳の西側にあるヨークベニマル会津一箕町店花売り場。明日9時より3時くらいまで店頭にて販売します。初日は11時に「からむん」と馬場昭和村長が来店されました。からむんチームは明日は埼玉県草加市に行くそうです。

 新しいお客様の創造が産地フェア(地産地消)の目的です。その農産物の来歴を、作り方を、フラワーフード(品質保持剤)を使用し、花の花瓶での管理の仕方をていねいにお伝えし、そして理解いただき、手渡しした商品(かすみ草)をたいせつに飾っていただき、今後また来店・ご利用いただくような取り組みです。かすみ草や、花自体、そして昭和村、こうした取り組みを支援してくれる店舗・流通企業(卸・加工)との、共通理解を高める取り組みです。それが産地フェアの社会的役割です。ファンを一人一人創造することが、最終的にその農産物を理解して生活のなかに置いていただけるようになります。

 店頭に立ち、接客しながら、自らの仲間が生産したかすみ草をお渡しすると、品質の意味、ということがよくわかります。そして日持ちへの理解と、購入者の協力。ていねいに花を扱い、そしてていねいに伝える。そうしたなかから、一年間、畑で働く意欲が醸成されるのです。いつも店頭に立つと、仕事の意味を問われます。

 私たち生産農家は、特に、かすみ草農家は、仕事のすべてが「かすみ草のファン」を新しく創造し、そして継続利用いただく人を裏切らないような社会的仕事(作業ではありません)を続けることです。「仕事を通じて社会とつながる」というのは手段ではなく、目的です。

■店舗から博士峠を越えて昭和村大岐に帰りましたが、雷雨で夜も雨です。20時、出荷・精算業務を行い、「共選情報」を作成し、会員にファクス。

■明日は午前3時起床、ヘッドランプ装着で、かすみ草を採花し、7時には家を出て博士峠を越え、会津若松市内のフェア店舗に8時30分に参ります。最終日です。

20130706dsc03357

昨日納車された、からむん号

20130706dsc03365

YBの役員の皆さんと馬場昭和村長とからむん

20130706dsc03367

来店されたお客様と写真撮影

20130706dsc03383

ミニ・からむん


20130706dsc03378_2

馬場昭和村長

20130706dsc03387

店頭のPOP、黒板、告知等はすべて花売り場の皆さん制作

20130706dsc03392_2

昨夜10時までかけて描いた絵(目黒さん画)

20130706dsc03397_2

 店内告知(1週間前より)
20130706dsc03432_2

 ★
20130706dsc03442_2

■19時、昭和村は大雨でした。
20130706dsc03450

7月8日(月)215箱で、ほぼ全市場出荷へ

■2013年7月6日(土)曇り


 今日から数日間は気温30℃の予定で、急に暑くなる模様。出荷量増大に向け、8日(月)販売より、ほぼ全社宛出荷(中京から福岡はMPS取得の福岡三和陸運のトラック便でエルフ容器)。沖縄県花卉も今季の初出荷へ(PLF福島会津営業所扱い)。基幹輸送は郡山運送の会津営業所。

 午前7時より、ヨークベニマル会津一箕町店でのかすみ草フェアの準備。9時より16時くらいまで店頭販促活動(生産者・卸・加工)。11時に馬場昭和村長店頭+からむん登場。

 夕方帰宅し採花、明日(7日)の未明も採花し、YB一箕町店へ(9~15時くらい)。

 日本農業新聞の取材を受けていますので、今日か明日に掲載される予定です。大田市場の中央花卉店頭のかすみ草フェアの取材とともに、の予定です。

 当地の会津みどり農協のかすみ草専門部会は埼玉県内の量販店でフェアを開催。立川部会長ら店頭へ。

■小野川1名・大岐3名・奈良布1名と滝谷川上流域の集落からの出荷がようやくはじまりました。矢ノ原の越冬株はまだですが、野尻川の集落周囲のかすみ草の開花は継続しています。三島町は越冬株の最盛期です。
 ただ出荷量は増えていません。

■昭和花き研究会 かすみ草 7月8日(月) 215箱
20130708hako

仙40、福15、大46、板17、世28、宇15、群13、埼22、柏7。

今季出荷再開分 沖縄12箱(PLF:羽田空港)

福岡三和陸運輸送分(エルフ) 名古屋花き12箱、福岡花市場16箱、ひめじせいか8箱、広島・花満6箱。

■7月5日(金)は、白80cm230(埼玉園芸)。各社は140~200。

2013年7月 5日 (金)

時代の風景が見える道

■2013年7月5日(金)小雨のち晴れ

 綱木で出会った道連れ 土産のニシンが無くなった → 会津物語71 PDF

2013070520130705aizu71_2

雨の毎日、広報しょうわの連載1

■2013年7月5日(金)雨


 雨の毎日です。かすみ草の染めも、色むらが多くなってきました。染める前によく乾燥させないと(質量の15%程度軽くなるよう電子はかりで計測する)、蒸散での吸い上げは高湿度のなかでは難しくなっています。

■曇りで、昨夜8時、大岐集落から大田圃場まで、片道約400mの川前農道を徒歩で往復しました。懐中電灯は持参しましたが、使用せずとも歩けます(離れた集落の街灯が明るい)。
 発光昆虫のホタルが舞い始めています。
 ラインセンサス法で、行きに確認した飛翔したホタルは15頭程度、帰路は17頭程度で、水田から用水堀、樹林高くと広範囲を点滅した青白い光が飛翔しています。これから15日にかけて発生が盛期になると数万頭が出現します。
 昨年7月15日はたいへんな数でした。
 国内各地で行われているホタル祭りのように人工的に飼育して放虫したものではありません。自然下の発生です。

■昨日16時半頃、ミヨシの稲垣さんが大岐に来所されました。アルタイルの専用スリーブ(エルフバケット出荷用)のデザインが決まったということでした。また今後取り扱う品種権についての説明もありました。
 7月23日頃、再来村されるとのことで、その際に定例会にも参加していただくよう依頼しました。午前9時頃より、試作圃場でかすみ草生育等をみます。

■昨日は昼前、隣町川口に事務所がある県金山普及所の長谷川浩先生も来所され、現在の発生病虫害に対応する植物保護剤の検討と、昭和・柳津・会津美里のかすみ草圃場の採花中の放射性物質の残留試験では、検出(検出限界値以下)されなかったとの報告がありました。2011年、12年、13年とも、当地のかすみ草では放射性物質は検出されていません。

■奈良布の斎藤武さんと、あぜ道で話す機会があり、パレス化学のレインボー・フラワー・メイカーを使用して20本ずつ染め、それを市場出荷されたようです。5月15日の当地かすみ草30年の会場で1本多色染めの提案がパレス化学よりあって、それにさっそく対応されたものです。当地でも様々な、新しいかすみ草の取り組みが生まれています。

■大岐地区には昨日配布された『広報しょうわ』2013年7月号(第530号、昭和村役場発行)に、拙稿(菅家博昭)「新史料紹介 野尻組の戊辰戦争 (第1回)」が掲載されました。


2013070520130701showa01


2013年7月 4日 (木)

7月6日(土)・7日(金)会津若松市内でのかすみ草フェア

■2013年7月4日(木) 小雨後、朝は晴れへ

 朝、大岐の対岸・家向圃場のビニルハウス1棟を、採花(カスミソウ スターマイン)。雨のため閉めていた妻部・裾のビニルを開放し空気を入れ換える。

 昨日、福岡花市場の小川健太郎さんから電話があり、入荷産地の現況をうかがう。8日(月)より三和陸運(福岡市)の保冷トラック便にて出荷開始する。初回は5から10箱前後と、少ない。

 昨日は、小雨で、大田圃場での野外のフラワーネット張りをしましたが、午後は本降りとなり、仕事を休みました。週末の催事のため散髪に行きました。
 1日より大田市場仲卸・中央花卉店頭でのフェアも明日5日(金)が最終。出荷数量が少ないなかでのフェア開催でご迷惑をおかけしました。この件で、今日、日本農業新聞から電話取材があります(6日頃記事掲載?)。
 また恒例になっている地元会津でのかすみ草フェアも、全店フェアを10日以降に変更していただき、一箕町店のみへの納品の染めも完了しました。雨天続きで、各生産者の染め作業はたいへん苦労しました。今日の朝の集荷便で、予定数量をようやく確保して、納品できます。
 昭和村の村域内各集落からの生産者の出荷がはじまり、来週から遅れている出荷待ちの生産者も出そろうことから12日以降は出荷量が潤沢になる見込みです。
 毎日の雨となり、染めがたいへん難しい(高湿度のため、染めムラが出る)時期になっています。
 品種構成はベールスターとアルタイルが中心で、春植えの一度6月で終了したメレンゲの、2回目定植分の開花がはじまり、それ以外に試作種のスターマイン等が出ます(少量)。
 日量は8日(月)から300~400箱前後。15日(月)には、全社への出荷体制となる見込みです。
■7月6日(土)午前11時から15分間(予定)、馬場昭和村長がヨークベニマル会津一箕町店の昭和村産かすみ草フェアの店頭販促活動をいたします。この時間帯での取材要請について、報道各社に役場産業係より連絡をいたしました。
 新マスコットキャラクターの「からむん」も店頭に来ていただくか、現在、関係者と調整中です。
20130705hako
■7月12日(金)に来村される、社会学を専攻されている都内の大学生(6名)のための打合せが、大岐の昭和花き研究会事務所にて3日に行われました(苧麻倶楽部の中川さんら3名)。
■4日(木)午後4時頃、山梨県の種苗会社ミヨシの稲垣さん、来所との連絡。
20130704dsc03224
20130704dsc03228
20130704dsc03230
20130704dsc03236
20130704dsc03240
20130704dsc03256
20130704dsc03253
20130704dsc03268
20130704dsc03267

2013年7月 3日 (水)

採花・ネット張り・屋根ビニル掛け

■2013年7月3日(水)曇り、小雨


 午前3時30分より、ヘッドランプ装着で、かすみ草スターマイン採花(4こも)。その後、岩下(上)2棟フラワーネット張り。1棟に屋根ビニル掛け(14間)。

 少しずつ、出荷を開始する生産者が増えてきました。



20130703dsc03194

20130703dsc03196

20130703dsc03197


20130703dsc03204



20130703dsc03210

大岐の本家屋(村を拓いた家)

Dsc03208

2013年7月 2日 (火)

雨の1週間の予想

■2013年7月2日(火)


 夕方、数滴雨が降ったが曇りのまま維持。
 高畠のフラワーネット張り(川流2・大畑1・角畑3)。

 明日は未明よりかすみ草:スターマインの採花。

 午前10時、下中津川NPO苧麻倶楽部の中川君が来家。12日の上智大民俗学の打ち合わせ。

20130702dsc03180

 
20130702dsc03182_2
 

 
20130702vsdsc03174
ベールスター

 
20130702smdsc03163
スターマイン
 
20130702smdsc03170

 
20130702smdsc03168

新かすみ草:スターマイン、採花120本

■2013年7月2日(火)


 午前3時半、出荷梱包作業。大岐のデポ(第一集荷所)に搬入。出荷分を検品して市場宛名シールを貼る。
 午後4時より5時半まで、大岐の家向のスターマインの開花はじめた圃場(雨よけパイプハウス1棟)で採花。90分で120本。前回15本なので切れてきた。次は300本くらい咲く。隣の採花終了しているかすみ草メレンゲのハウスの後片付けを近く行う。フラワーネットをはずして、支柱を抜き、残花・茎を除去する。
 2品種とも群馬県のカネコ種苗の育成かすみ草だが、スターマインは主幹や枝のしなりがよく(堅硬)、ハンドリングに優れる。ぎゅっと絞っても復元し、枝折れすることがない。ただ夏場は草丈が短くなる傾向(昨年の試作)があるので、栽培技法と肥培管理で補う必要がある。そしてかすみ草独特のにおいがとても少ない。採花して圃場を歩いても服ににおいが移らない。

 花はアルタイルやベールスターと同じ21世紀型で開花した3段花の先に未開花つぼみが出ない。八重咲き。ベールスターと比較して、束ねた花束を逆さにして(下部から)見て未開花つぼみがスターマインは小さい。

 ただ低温期の生育停止がスターマインの特徴で、早く定植しても地温や気温が比較的高くならなければ、伸長せずロゼット状態がたいへん長くなっている。

■これから、柳沢峠を越えて、午前6時50分、野尻中向(のじりなかむかい)の集出荷所(雪室)で、第2地区の会員の出荷がはじまったので、目揃えと、今後の染め等の市場ごと担当分担について話し合いする。

■来週(7月第2週)は、染めが80cmで毎回100箱程度受注あり、そのための染色剤等の手配をした。

■昨日、大田市場仲卸の中央花卉の中谷さんからメールが来て、小量ながら七夕フェアを開催していることを報告いただいた。今週の水曜・金曜と開催する。

201307015

 

201307014

 
201307013

 
201307018

 
2013070111


2013年7月 1日 (月)

雪室の開花室で吸い上げ染色

■2013年7月1日(月)晴れのち曇り


 今日は午後の雨が無く、曇りのまま推移した。高畠・角畑の3号棟のかすみ草:銀河(6月13日定植分)を2回摘芯した。

 採花は堀上株のベールスター。染色。

 出荷作業で野尻中向の第2共選所(雪室)に。集荷所のJAスタッフが染め作業をされていた。共用開花室での染めはよい出来でした。当会(昭和花き研究会)は出荷量が少ないため、染め受注が今週はできず、来週に延期してもらっていますが、週末には数量限定でフェアを開催します(ヨークベニマル会津一箕町店、6日の11時から15分間、馬場昭和村長も店頭販促されます)。



20130701dsc03158

 

20130701dsc03153


20130701dsc03150

 


7月になりました。

■2013年7月1日(月)晴れ


 今日から7月。

 この数日間、午後に雷雨がある、という周期になっています。6月30日(日)午前、岩下(下)1号圃場に住化のかすみ草:ベールスターを植え付けました。

■昭和花き研究会生産者の昭和村の皆さんの出荷がようやくはじまりました。数箱ずつの出荷です今週は数量は少ないですが、8日(月)頃からは潤沢になると思います。

■昨日より熱中症で休んでいた父・清一(80歳)が、夜から具合が悪くなり、1日未明に会津若松市内の総合病院の救急窓口に連れて行きました。この6月になり3度めです。

20130701dsc03149

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ