« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

台風15号由来の、強風雨に(8月31日の20時26分から)

■8月31日(土) 暖かい穏やかな日でしたが、午後8時26分より、強風雨に。台風15号由来。母屋の窓は全部閉めました。前線通過。



201308312104


フェーン現象 32℃

■8月31日、風有り。日照強くなり、フェーン現状で32℃。

■午後4時、大芦家へ。9月5日午後の南修治さんのコンサートの準備(PA、NSN加藤氏)、曲について佐藤孝雄氏と打ち合わせる。大芦の道路は舗装を剥ぎ悪路。


20130831dsc05346

風よ伝えて(key A、 capo.2 play G)

たいせつなもの(key Bm,Capo.2  play Am)


■午後4時30分、佐倉のからむし工芸博物館。『会津野尻組の戊辰戦争』報告書校正本を受け取り、今夜読み、校正。明日朝届ける。9月5日、6日に展示替え作業があり、7日(土)に企画展がはじまる。現在の夏の企画展は9月4日まで。

■千葉の萌木さんが9月5日に来村される、ようです。北会津、昭和、田島田部(湯田家)。

■看板が新装。

■卸市場の来村 → 農協部会へ

 いつ来るか?今でしょ、、、

■ → 採花の朝へ(高尾嶺農園・新鶴)

■ → 化学兵器と原子爆弾、空襲

20130831dsc05329

 国道400号線、しらかば荘近く(昭和村野尻中向)

20130831dsc05328

 

20130831dsc05327

 

20130831dsc05324

 

20130831dsc05325

 


台風15号は温帯低気圧へ

■2013年8月31日(土)晴れ 風


 台風15号は温帯低気圧になった。当地では午前9時頃より風が強くなってきています。現在は、晴天でフェーン現象のため蒸し暑くなっています。今後の前線の動きに注意しています。

 昨日、今朝と台風対策をしました。屋根ビニルを外す、あるいはハウスを囲う、、、等。

  フラワーネット張りなど、遅れていた作業をします。

 朝、出荷数の確認と日曜の出荷の段取りをしました。

■9月1日は昭和村花き振興協議会のかすみ草花持ちコンテスト開始日です。

2013083120130802himoti


2013年8月30日 (金)

9月2日(月)の出荷数量 横ばい

■2013年8月30日(金) 曇り、暑い


 台風接近の暑い日。

 今日は世:フォレスト270円、宇:フォレスト250円、姫:アルタイル250円でした。

 9月1日の昭和村花き振興協議会の花持ちコンテストへの出品も昭和花き研究会会員より申し出がありました。ありがとうございます。

 台風接近のため明日(8月31日)の協議会栽培体験ワークショップは中止となりました。次回は9月で農協部会担当となります。
 


■9月2日(日)販売数424箱。前年の3割の数量です。8月までの出荷量も前年比70%でした。

20130902hako424

郡山運送輸送分(日曜朝7時発)
仙花58
福島11
宇都宮15
群馬4
埼玉18
柏5
板橋27
世12
大田142(注文84)
沖縄県花卉16

三和陸運直送分(土曜日11時当地発)
名古屋18
姫路24
花満12
福岡46


今日から、台風15号の来襲への備え

■2013年8月30日(金)曇り、朝17度。


 台風15号が日本海沿いに北上するため、当地は風雨と風の被害がされる。特に強風となるルートのため、今日から、ビニルハウスの補強、屋根ビニルの保持が、明日まで続く。
 採花終盤のハウスはすべて屋根ビニルを除去し台風対応とするため、残ったかすみ草はすべて今日に取り込む(採花)。

 土曜の午後から日曜が台風通過となるため、今日明日は台風対策を優先します。

■31日(土)の作業体験の当方での受け入れについては、台風対策で難しいため、事務局で協議していただくことを、さきほどメールでお願いしました。


■今朝5時の大岐集落からの風景。南の空が朝焼け、台風前によくある。気温は17℃と暖かい朝。

 大田(上下)のかすみ草採花、取り込み。岩下(下)、角畑3号も。多めに取り込んで、あとは台風対策。ハウス屋根のマイカ線は1本おきにしか架けていないので、それを全部に。採花中6棟、成育中ハウス9棟。

20130830dsc05317
午前5時、大田圃場から岩山稜線南部の朝焼け。

20130830dsc05314

 
20130830dsc05321
隠れ里の沢。

■ジェルファ(エルフバケツの)フォーラム。長崎佐世保吉村さん、福島矢祭金澤さん → 松島義幸さんのブログMPS
 




2013年8月29日 (木)

秋の気配 台風15号

■2013年8月29日(木) 曇り、晴れ 朝13度。


 朝は境の沢圃場のかすみ草に、フラワーネットを伸展。台風15号の情報が盛んにラジオ・テレビから流れるようになった。週末から日曜にかけて列島縦断北上する。いつも、気象情報で取り上げるようになってから、ほぼ3日で来る。

■午前中は来客の多い日でした。午後は三島町宮下の三島町民センターで会議。久しぶりに川合君と会った。会議後、奥会津書房で遠藤由美子さんと懇談してから帰る。25日(日)の柳津ふれあい館での奥会津大学文化祭を聴講されていたので感想をうかがう。


20130826dsc05262

 

20130826dsc05257

 

20130826dsc05255

 

20130826dsc05293


 

20130826dsc05265

2013年8月28日 (水)

雨の朝 中央花卉店頭のかすみ草品種展示(30日まで)

■2013年8月28日(水)曇り


 今朝は小雨の朝。5時より岩下(下)のベールスターを採花。夜寒く、昨日の日中も雨等で曇天で咲かない。今日は1コモ。大田(上)のフォレストを採花2コモ(昨日朝の半分)。

 朝来た30日販売分(29日輸送)について生産者のファクスによると414箱程度の予定。かなり少ない。

20130830hako414
 


■29日午後1時30分、三島町宮下。町史編さん準備委員会。

■30日午後は、月1回の外部監査のため、未明から書類帳票等の確認をした。会津若松市の会計事務所へ。

■31日(土)は昭和村花き振興協議会主催のかすみ草栽培体験ワークショップの受入日。1名の女性参加者があると役場産業係のカネコさんからメールがあった。午前5時30分より午前中の採花・調整等体験。長谷川先生と。

■セレクタ・ジャパン(京都)のポールさんから電話があり、9月6日11時頃、来家。試作種開花調査(CV352,78等)。8月26日(月)から中央花卉店頭(大田仲卸)のかすみ草品種の様子について中谷さんに照会、今朝未明に写真が数枚届きました。

Image_16
 

Image_15

 
Image_9

 

Image_11

 

Image_12

 
Image_10

 
Image_13

■昨日、9月5日夜の曲目について佐藤孝雄氏より「風よ伝えて」と「たいせつなもの」。

2013年8月27日 (火)

奥会津大学 第1回文化祭 の報告

■2013年8月27日(火)雨


 午前2時頃より降雨。

 出荷業務(梱包・出庫)。

 その後、4時頃より採花へ。岩下(下)の6月末植えベールスター、大田(上)の6月22日植えのフォレスト、ファンタイム(終盤)、大田(下)のスターマイン(終盤)。FG482試作種はほぼ終了。

 来る9月5日夜、大芦家で南修治さんの前座で、歌うことになった。→ 大芦家(なかよしバンド 佐藤孝雄さん)

■8月24日(土)・25日(日)、河沼郡柳津町柳津、町役場脇の柳津ふれあい館で開催された奥会津大学第1回文化祭の参加者の報告。
 仙台から参加されている鈴木和彦さん



 初日に参加した赤木洋子さん → 森のかすみ草


■福島民友8月25日

20130825dsc05228

 
 
20120503wimg_7321
会津大芦 若松屋

奥州御蔵入 野尻中向 叶屋 増右衛門
20120503wimg_7328

2013年8月26日 (月)

大気、水蒸気

■2013年8月26日(月)晴れ


 夕方、花仕事が終わってから、電気量販店でルーターを購入し設置。入れ替えました。


20130826dsc05251


 

20130826dsc05247

 

20130826dsc05235

  大岐の大田(上)圃場と(下)圃場

20130826dsc05236
 


8月28日(水) 298箱

■2013年8月26日(月) 晴れ


 今朝4時の気温は13度。我が家の大岐の岩下(下)圃場のカスミ草ベールスターが開花。これは6月末の植え、開花まで今年58日、通常52日、昨年45日。
 明るくなりヘッドライトは外し大田圃場に移動、カスミ草ファンタイムを切る、エクアドルの品種。フォレストも採花。

■8月28日(水)の出荷量は夜温低下の影響で開花せず298箱。
 福岡市の三和陸運は販売日の2日前の昼に集荷に来る。今日(26日・月曜)に三和陸運に積み込んだのは、
 名古屋12箱、
 姫路22箱、
 広島花満12箱、
 福岡花市場28箱。

 明日(27日)早朝、郡山運送に積載する分は、
 羽田経由の沖縄行き・15箱
 仙花35箱、
 板橋14箱、
 世田谷 5箱、
 宇都宮12箱、
 群馬4箱
 埼玉12箱
 柏4箱
 福島12箱
 大田98箱(うち予対63箱)

 昨年の同期はアルタイルMDの大量出荷・高温継続の影響でしたが、本年は作付け見直し等をし、また気温低下より
出荷量は今後も増えません。現在のところ出荷量は、前年比70%。

 各卸市場より出荷増要請・依頼が多く、すべてお断りしている。また9月彼岸前の納品の受注についても、今年の状況では引き受けられないと回答しています。現在、継続している毎回の予約相対さえ60cmは欠品の状況です。

20130828hako289


■中央花卉店頭で今日から金曜まで、白カスミソウ品種展示が行われています(即売も)。本会のアルタイルやスターマインを含め数種が販売されています。中谷さん撮影。

20130826t1

 
20130826t2

 

20130826t3

■小川孔輔先生のジブリ作品への批評→ 小川先生

 


2013年8月25日 (日)

ネット接続できない

■2013年8月25日(日)晴れ


 かすみ草の仕事が終わって、夜、自宅でインターネット接続ができなくなっている。ルーターの不調と思われる。

 今朝4時、まだ暗いけれども月明かりは結構明るい。ヘッドランプ装着でハウス内でかすみ草を切る。26日に中央花卉店頭展示用の白かすみ草8種を切った。

■夜、福島民友新聞を見たら、昨日の柳津ふれあい館での「奥会津大学第1回文化祭」の「奥会津の木地師」対談の記事が掲載されていました。

 また、地名学の創設者の谷川健一さんも亡くなられた。姫田忠義さんも7月末に亡くなっている。過日の盆、会津若松駅前の書店で偶然にお会いした生江芳徳先生(徳一大師の研究者)から、会津若松市教委に長く勤務された考古学の小滝利意先生も春に亡くなられ葬儀に行かれたと聞いた。小滝先生は『昭和村の歴史』の先史時代古代の執筆者で考古学。

■ 昨日の様子 → 森のかすみ草(赤木洋子さん)

20130825dsc05227

 
20130825dsc05231


 
20130825dsc05203

 

20130825dsc05226

アイフェックス IFEX 10月9日~11日

■昨日、チラシが届いた。10日からだと思っていたIFEX。実は10月9日(水)から11日(金)でした。すみません。幕張メッセ。


■柳津ふれあい館の8月25日(日)午前の部の終了。奥会津大学第1回文化祭。南郷の月田農園の礼次郎さんとご子息が来場されました。9月上旬に月田農園で講義があります(キャンプ)。

 柴田昌平監督と3年ぶりにお会いしました。

 30数年前、監督が学生時代に民映研のアチックフォーラム(映画会)に来られて、わたした『じねんと』誌のファイルを持参されて来県されました。そのファイルから、当時、その後昭和村に来たものの何もできずに帰られた後に、記した、出せなかった手紙が朗読されました。


■午後は畑仕事です。昨日の様子 → 森のかすみ草(赤木洋子さん) 

20130825dsc05215
奥会津振興センター(三島町役場内)の次長のあいさつ。2日間ともお世話になりました。左は苧麻倶楽部の事務局長。

20130825dsc05217
ミニコミ誌じねんとファイル(30年ほど前のころの)を手にされている柴田監督

20130825dsc05220
月田さん親子(左)

20130825dsc05221




2013年8月24日 (土)

森の文化祭はじまる(森聞き上映後)

■2013年8月24日(土)

 柳津ふれあい館・会場の方が報告→ 『森聞き』柴田昌平監督を囲んで   (写真はツイートより引用)
20130824morijpglarge_2
24、25日に奥会津大学文化祭  やないづふれあい館で
福島民報 8月23日(金)14時24分配信
 奥会津の活性化を図る人材を育成する「奥会津大学」の第1回文化祭は24、25の両日午前10時半から、福島県柳津町のやないづふれあい館で催される。
 同大学は只見川電源流域振興協議会が実施している。これまでの取り組みを紹介し、奥会津の魅力をアピールしようと文化祭を企画した。
 24日は会津学研究会の菅家博昭代表らを迎え「奥会津の木地師」をテーマにした公開講座を開く。25日は「都市はムラに、村は歴史に学ぶ時代」と題し、菅家さんが講演する。
 24日午後1時半からと午後5時から、25日は午後1時半から、ドキュメンタリー映画「森聞き」を上映する。映画を手掛けた柴田昌平監督が24日、特別参加する。
 公開講座は入場無料。映画上映会の入場料は前売り700円、当日1000円。問い合わせは実行委員会事務局 電話0241(57)2240へ。
福島民報社
 
20130821dsc05117_2
 
■強雨のなか8月24日の午前、柳津ふれあい館で、奥会津大学第1回文化祭が開会しましたが昼には晴れました。隣会場のラーメンフェスティバルも混雑していました。

 講師の金井晃さんは開場一時間ほどまえには到着され雨の車中で待機されていたそうです。簡単な打ち合わせをして、主催者に金井さんを紹介して、会がはじまりました。
 私が、金井さんに生い立ちや木地師研究で奥会津を歩くようになる経緯、現在奥会津博物館(南会津町)で細井家の古文書解読作業をしていることなど聞きました。
 その後は奥会津の木地師の実像についてお話をしていただきました。講演後、20分間ほど会場の皆さんから質問をお受けしましたが、4名ほどからの多様な質問にていねいに回答されました。

  → 奥会津大学

20130824dsc05171
 
 

20130824dsc05172

 
20130824dsc05173

 
20130824dsc05177

 

20130824dsc05183

 

20130824dsc05186

 

20130824dsc05182
 

20130824dsc05190

 

20130824dsc05191
 

20130824dsc05193
会場からの質問に回答される金井晃さん。

会津柳津ふれあい館(役場隣)

■2013年8月24日(土)雨

 『農耕と園芸』10月号の花事放談原稿、宍戸さんへの返信を書き、編集部にメール添付で送りました。今回は生産コストと環境制御、です。

 今日の対談「奥会津の木地師」に関する準備。

 早朝より、かすみ草採花。

 午前6時30分頃、郡山市の花の仲卸・開成生花の林隆さんが来岐(9月のかすみ草出荷動向について)。

 午前9時に家を出て、隣町の柳津ふれあい館の催事「第1回奥会津大学文化祭」へ。10時45分より下郷町在住の金井晃さん(木地師研究)と対談(公開無料講座)。近くの道の駅やないづ、でラーメンフェスティバル(麺ズ、、、)が開催されているので駐車場の空きが気になる。

 帰宅後、雨天予想のなか、採花・調整(結束)作業を深夜まで。25日朝の出荷分のかすみ草の梱包作業がある。

 明日(25日)午前も同様に公開講座を担当する。


 「森聞き」記録映画の上映が両日とも午後に行われ、一時期、民族文化映像研究所(民映研)にもおられたエイシアの柴田昌平監督が来場される。25日午前の公開講座では時間の調整をして監督と対談の時間を作る予定。


■8月23日(金)は午前9時から10時、大阪スミカ本社の長谷川部長、吉田雅彦さん。
 午後2時から3時、宮城県の卸・仙花の取締役執行役員の上原正利(7月より営業部長統括)さんが大岐に来られた。9月9日(月)の朝7~9時頃、仙台市場でかすみ草品種展示等を検討することになった。その頃開花している品種を3種ほど展示する(仲卸6社店頭)。カネコのかすみ草新種のスターマインについてどうか、徳弘さんに連絡をした。

■8月26日(月)と、30日(金)は大田市場花き部仲卸・中央花卉店頭ではアルタイルをはじめ昭和花き研究会の白の品種を展示・即売する予定(当会のアルタイルの出荷量が少ないため、すでに予約相対注文分に引き当てがほとんどで、アルタイル・フェアとはできないため)。28日(水)は通常店頭。中央花卉店頭で現在、引き合いの強い品種(即完売している)のはフォレスト。

予定しているのは、

アルタイルMD
スターマイン
銀河
フォレスト
ファンタイム


20130821dsc05115
奥会津大芦でロクロで製造された木地腕(明治期~昭和初期)

20130821dsc05110
 

20130821dsc05117
 

20130821dsc05089
 

20130821dsc05086





2013年8月23日 (金)

8月26日(月)出荷数 438箱と増えず

■8月26日(月)カスミソウ出荷数 438箱


20130826hako438

 
仙花47
福島13
宇都宮18
群馬4
埼玉15
柏5
世田谷4
板橋31
大田120(注文77)
名古屋18
姫路19
花満24
福岡86
沖縄18(羽田空輸)






定例会終える(雷雨)

■8月23日(金)雷雨


 6月から3回、例会・圃場視察会は、それまで晴れていても、その時間帯、なぜかすべて雷雨。今日の午前もそうでした。

20130823dsc05156
 

20130823dsc05157

 

20130823dsc05159

 

20130823dsc05162


 

20130823dsc05169

 

20130823dsc05155_2
ウスモンミドリカスミカメ(カメムシ)

かすみ草アルタイル・プロモーション(8月26日より)

■2013年8月23日(金)曇り


 朝、大田圃場のファンタイム、スターマインの採花。高畠のベールスターの採花。

■午前9時より大岐センターで昭和花き研究会・定例会を開催。長谷川先生(金山普及所)新たな微小カメムシの食害等について調査結果の説明。スミカ吉田さんより報告もいただく。その後、開花試作種の視察(大田下圃場、FG465、スターマイン、CV等各種開花)。

■ミヨシ(種苗会社)から盆あけに届いたアルタイル専用スリーブ(エルフ用)を使用しているが、昨日、新しいアルタイルのタグも届き、封入した。両面印刷。

20130821dsc05107

 
20130823dsc05120

 
20130821dsc05102
アルタイル記名スリーブ

20130821dsc05098

ミヨシでは、8月26日(月)より札幌、東京(大田・faj)、京都、大阪(なにわ)の5カ所でアルタイル展示・プロモーションを行う。育種開発者の谷さんは26日札幌花き市場。

30日(金)の朝は、大田・faj両社で競り前挨拶をされるそうです。

大田市場2階中央通路にはアルタイル(かすみ草)の新しい装飾提案もなされるようです。

■昭和花き研究会は現在、全体出荷量が400(昨年の3割)、そのなかでアルタイルがとても少ないため、中央花卉店頭では少量しか販売できません。含めて白いかすみ草の品種群を見ていただくよう中谷さんと話をしています。アルタイル・フォレスト・銀河・ファンタイム・スターマインを展示・即売できるよう準備します(8月26日、28日、30日)。

■当地の農協部会(JA)は1000箱程度の出荷量を維持し、アルタイルも600箱程度でていることから、こちらの取引先卸市場ではアルタイルを購入できると思います。

■いよいよ終盤戦。当産地では、ハウスのすそビニルによる保温をして開花を促進するという会話が出始めています。前半進み、後半の植え付け分は7月天候不順で遅れています。
20130821dsc05096
 

20130823dsc05154

2013年8月21日 (水)

作業停電(午前中12時30分まで)昭和村小野川地区

■2013年8月21日(水)雨

 昨日午後より雨が続く。
 今日の午前9時より12時30分まで小野川地区は作業停電。そのため今朝5時より事務所にて分荷作業を行っている。すでに8割の生産者より出荷伝票を受電、分荷指示ファクス済み。
 各社へのファクス終了。
 本日の売り立て仕切り書の受電はできませんので、午後1時以降にお願いします。
■試作種FG465が19日に開花したため(すでに半分採花終了)、昨日電話があり、8月23日(金)にスミカ吉田さんが来村されることになり、9月10日の例会を変更し、23日午前9時、大岐センターで昭和花き研究会・定例会を開催することにし、生産者には今朝ファクスで周知しました。9月開催は無くなります。
 

■8月23日(金)413箱
20130823hako_413
8月22日(木)朝出荷・輸送分 413箱内訳
仙花52
大田92
板橋50
世7
宇17
群3
埼16
柏5
福島13
名古屋26出荷済み(三和陸運・直送エルフ)
福岡64同
姫路21同
花満18同
沖縄16羽田空輸
■8月26日(月)は少し増加する見込みですが、雨天回復によります。60cmはきわめて少量しか出ていません。

2013年8月20日 (火)

文献目録:野尻組(昭和村)の会津戊辰戦争

■2013年8月20日(火)雨

 午前2時ころ雨だったが、すぐ止み、6時ころ雷鳴とともに降雨。大田圃場のかすみ草スターマインとFG試作を採花。朝食後、角畑(高畠)の開花がはじまったハウスの採花をする。
 今日は、午後3時、野尻中向の雪室にて昭和村花き振興協議会の事務局会議。9月の行事予定等を相談する。
 明日は午前中いっぱい、作業停電のため注意。
 

■午前零時に起き5時まで『野尻組の会津戊辰戦争(企画展報告書)』の文献目録を作成した。7時にメール添付でからむし工芸博物館の吉田有子さんに送付した。休日の一昨日、昨日も精力的に聞き書き調査等をされている。


参考文献
会津学研究会編『会津学』(一~六号)奥会津書房(福島県三島町)、二〇〇五~二〇一〇
会津史学会編『歴史春秋二十六号 戊辰戦争百二十年記念特集号』歴史春秋社(会津若松市)、一九八七年
『会津の幕末維新』(会津若松市史七 歴史編七近世四)福島県会津若松市、二〇〇三年
『会津人群像 特集 続・戊辰戦争一四〇年』(季刊・一三号)歴史春秋出版、二〇〇九年
明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑Ⅲ』新人物往来社、一九八六年
浅井俊典『真説 浅井長政嫡子 越後・浅井帯刀秀政』宮帯出版社(京都市)、二〇一二年
飯田市歴史研究所編『飯田市歴史研究所年報 九号』長野県飯田市教育委員会、二〇一一年
飯田市歴史研究所編『飯田・上飯田の歴史 上巻』長野県飯田市教育委員会、二〇一二年
『石川県史』第二編、一九七四年
飯塚恒夫「只見地方の戊辰戦争」『歴史春秋』第四十八号、会津史学会編・歴史春秋社、一九九八年
『飯山市誌』歴史編(下)、長野県飯山市、一九九五年
五十嵐伊之重「福島縣岩代國大沼、南會津両郡 カラムシ(會津青苧)栽培製造の景況」『大日本農会報告』第四〇号、一八八四年
五十嵐文『わが昭和村』名古屋市東区東曽根町四〇番一五号、一九九五年
市岡昭智『北越軍旅日誌』飯田市図書館所蔵、一八六八年
稲川明雄『北越戊辰戦争史料集』新人物往来社、二〇〇一年
『伊南村史』第一巻、福島県南会津町(旧・伊南村)、二〇一一年
『伊南村史』第四巻、福島県南会津町(旧・伊南村)、二〇〇七年。特に二百三ページの「麻仲間定期会議写し」(明治十三年七月)、資料五十五「会津麻方より南京、インド麻輸入により本郡麻改良の広告」(明治十三年八月)
『伊南村史』第六巻、福島県南会津町(旧・伊南村)、二〇〇五年
今枝民部『戦争等巨細録』明治元年(一八六八)、加賀藩(加能越文庫)、石川県金沢市立玉川図書館近世資料館蔵
『岩波講座 日本通史』第十六巻近代一、岩波書店、一九九四年
海老名俊雄「会津戊辰戦争と一山村の動向」『歴史春秋』第四十五号、会津史学会編・歴史春秋社、一九九七年
海老名俊雄「会津戊辰戦争と一山村の動向(続)」『歴史春秋』第四十八号、会津史学会編・歴史春秋社、一九九八年
『大沼郡誌』大沼郡役所(福島県会津)、一九三七年
大山柏『戊辰役戦史(上下)』時事通信社、一九六八年
奥会津書房編『奥会津こども聞き書き百選 一枚の写真から じいちゃんありがとう』第二号、只見川電源流域振興協議会(福島県)、二〇一〇年
奥会津博物館『企画展 南山御蔵入領の戊辰戦争 会津戦争終結の地 解説シート』奥会津博物館(福島県南会津町)、二〇一三年
賀川隆行『崩れゆく鎖国』(日本の歴史一四)、集英社、一九九二年
金井晃・奥会津歴史民俗資料館編『木地語り 会津田島のとびの足跡 企画展報告書』福島県田島町教育委員会、二〇〇一年
菊地明・伊東成郎『戊辰戦争全史(上下)』新人物往来社、一九九八年
栗城訪霊『会津先賢者の墓石を訪ねて』別巻、一九九二年
栗城正義『忠誠日本一』歴史春秋社、二〇〇九年
栗城正義「忠誠日本一の系譜」『福島マスコミOB文集 PART三四』福島ペンクラブ五月会、二〇一三年五月
栗城義綱(浜三・一八)『公私摘要(写)』全六巻(奥会津博物館蔵)
黒須藤三郎誌『戊辰従軍記并人名』飯田市美術博物館堀家文書(長野県 飯田市歴史研究所)、明治二年(一八六九)
桑原伸介「近代政治史料収集の歩み(一)復古記を中心に明治初年の官撰修史事業」『参考書誌研究 第十七号』国立国会図書館、一九七九年
小松芳郎監修『幕末の信州 近代への序章』郷土出版社(長野県松本市)、二〇〇八年
近藤民之助編「松代藩勤王事略私記」『新編信濃史料叢書』第二十三巻、信濃史料刊行会(長野県)、一九七九年
早乙女貢『続 会津士魂(一)』集英社文庫、二〇〇二年
佐々木太市家文書(野尻組松山村の名主家)福島県立博物館蔵
『下郷町史』第一巻、福島県下郷町、二〇〇九年
司馬遼太郎『街道をゆく一二 十津川街道』朝日文庫、二〇〇八年
『昭和村の歴史』福島県昭和村役場、一九七三年
『昭和村のあゆみ 昭和から平成へ』(昭和村の歴史二)福島県昭和村、二〇一一年
庄司吉之助『世直し一揆の研究』校倉書房、一九七〇年
人文社編集部編『歴史ハンドブック 幕末・維新 全藩事典』人文社、二〇一一年
瑞山会編『維新土佐勤王史』富山房、一九一二年(国立国会図書館近代デジタルライブラリー版)
千田登文編『加賀藩北越戦史』北越戦没従軍者同志会、一九二一年(新潟県立図書館・新潟県立文書館 越後佐渡デジタルライブラリー版)
『大日本維新史料稿本(マイクロ版集成)』東京大学出版会
『高遠町誌』上巻 歴史二、長野県高遠町誌刊行会、一九八三年
『高崎史料集』藩記録(大河内二)、群馬県高崎市教育委員会、一九八九年
『新編高崎市史』資料編五 近世一、群馬県高崎市教育委員会、二〇〇二年
『新編高崎市史』通史編三 近世、群馬県高崎市教育委員会、二〇〇四年
『田島町史』第二巻、福島県田島町、一九八八年
『田島町史』第六巻、福島県田島町、一九八七年
『只見とっておきの話』福島県只見町、二〇一〇年
『只見町史』第一巻、福島県只見町、二〇〇四年
『只見町史』第四巻、福島県只見町、一九九九年
土屋浩『信州人のための幕末史』ほおずき書籍(長野市)、二〇一二年
『津南町史編集資料 第一集』津南町史編集室(新潟県)、一九八〇年
十日町市史編さん委員会(織物史部会執筆員 多田滋)『十日町市郷土資料双書八 越後縮の生産をめぐる生活誌』新潟県十日町市博物館、一九九八年
永井誠吉『松代藩戊辰戦争記』長野市安茂里一八一〇の二、一九九〇年
長瀬哲「戊辰戦争と飯山藩の動向」『高井』第百七十一号、高井地方史研究会(長野県)、二〇一〇年
『長野県史』通史編 第七巻 近代一、長野県、一九八八年
『長野県史』近代資料編 第一巻政治・行政 維新、長野県、一九八〇年
『長野県精髄上伊那郡史(復刻版)』千秋社、二〇〇一年
『長野市誌』第五巻歴史編近代一、一九九七年
中村彰彦『鬼官兵衛烈風録』歴史春秋出版(会津若松市)、二〇〇八年
中村哲『明治維新』(日本の歴史十六)集英社、一九九二年
中島欣也『戊辰任侠録 越後の侠客・観音寺久左衛門』恒文社、一九九三年
丹羽邦男『明治維新の土地改革』(近代土地制度史研究叢書第二巻)お茶の水書房、一九六二年
丹羽邦男『形成期の明治地主制』(塙選書四三)塙書房、一九六四年
丹羽邦男『土地問題の起源 村と自然と明治維新』(平凡社選書一三〇)平凡社、一九八九年
丹羽邦男『地租改正法の起源 開明官僚の形成』(神奈川大学経済貿易研究所研究叢書九)ミネルヴァ書房、一九九五年
野口信一『会津藩』(シリーズ藩物語)現代書館、二〇〇五年
箱石大編『戊辰戦争の史料学』勉誠出版、二〇一三年
馬場勇伍『昭和村の石造遺産 石鳥居 道祖神 庚申塔』福島県昭和村役場企画課、一九九二年
馬場勇伍『乱雲戊辰の晩秋 会津戊辰の役 大芦の戦い」福島県昭和村教育委員会、二〇〇一年
馬場勇伍『木地師の跡を尋ねて 山中の墓に手を合わせ乍ら』福島県昭和村教育委員会、二〇〇二年
馬場勇伍『歴史ロマン 夢と現の走馬燈』福島県昭和村役場総務課企画係、二〇〇七年
『福島県史』第七巻、福島県、一九六六年
『福島県史』第十巻(下)、福島県、一九六八年
古川古松軒・大藤時彦解説『東遊雑記 奥羽・松前巡見私記』(東洋文庫二七)平凡社、一九六四年
「復古外記 越後口戦記」『復古記』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー版)
『北越戦死者墳墓箇所絵図』石川県金沢市立玉川図書館近世資料館蔵
保谷徹『戊辰戦争』(戦争の日本史十八)吉川弘文館、二〇〇七年
星甚惠「栗城義綱「公私摘要初編」について」『歴史春秋』第五十七号、会津史学会編・歴史春秋社、二〇〇三年
星亮一『会津農兵隊始末記』廣済堂出版、一九九八年
星亮一『荒川勝茂 明治日誌』新人物往来社、一九九二年
星亮一『敗者の維新史』(中公新書九六七)中央公論社、一九九〇年
星亮一『平太の戊辰戦争 少年兵が見た会津藩の落日』(角川選書二九一)角川書店、一九九八年
星亮一『平太の戊辰戦争』(ベスト新書三〇二)KKベストセラーズ、二〇一〇年
本名信一家文書『下中津川村名主本名家文書』昭和村下中津川   
山川健次郎監修『会津戊辰戦史(復刻版)』(付録・会津弔霊義会「戊辰殉難名簿」『戊辰殉難追悼録』一九七八年)マツノ書店(山口県徳山市)、二〇〇三年
山本金太『飯山戦争 明治維新、北信濃の夜明け』ほおずき書籍(長野市)、一九九六年
三谷博「明治維新の史学史「社会科学」以前」『ヨーロッパ研究 九』東京大学、二〇一〇年
宮崎十三八編『会津戊辰戦争史料集』新人物往来社、一九九一年
宮崎十三八「渡辺多門成光「辰之日記草稿」」『歴史春秋』第三十三号、一九九一年
宮崎十三八「戊辰戦記『結草録』杉浦成忠著」『歴史春秋』第二十八号、一九八八年
明治維新史学会編『維新政権の創設』(講座明治維新第三巻)有志舎、二〇一一年
『歴史読本』編集部編『カメラが撮らえた会津戊辰戦争』新人物往来社、二〇一二年
渡邊良三『南山御蔵入金山谷 人物篇 (一)』福島県金山町中川、一九八七年
渡邊良三「金山の中世の城館」『歴史春秋』三〇号、歴史春秋社、一九八九年
渡邊良三『戊辰戦争と金山展』(こぶし館歴史民俗資料室 第二回企画展)金山町中央公民館、一九九三年

2013年8月19日 (月)

8月25日(日)『森聞き』柴田昌平監督来県

■2013年8月19日(月)晴れ


 朝5時より大田(上)(下)圃場のファンタイム、FG試作等を採花。10時、苧麻倶楽部の中川君来小屋。
 


 午後、通院。

■午後7時より8時、TUF(テレビユー福島)のキラリ福島の後段で昭和村のカスミソウ栽培が紹介されました。7日間ほど取材、撮影され多くの皆様の協力を得ました。ありがとうございます(編集の過程で放映されなかったカットも多くありました)。

 放送を視聴された福島県内の方々より「たいへん良い番組でした」とメールが届きました。全国放映してくださいという意見もありました。

■8月24日・25日と奥会津大学第1回文化祭が柳津町柳津ふれあい館(役場隣)で開催されます。夕方に、実行委の苧麻倶楽部の和泉さんからの連絡で24日の午後に記録映画『森聞き』を撮影された柴田昌平監督(エイシア)が来場される、そうです。25日も会場に滞在されることから、25日午前の私の枠の講演で登場して対談するような方向で打ち合わせをすることになりました。講演の基本線は変えないで、地方取材を多くしている監督の話も聞こうと思います。

 24日午前は木地師研究の第一人者の南会津郡下郷町在住の金井晃さんと対談します。

奥会津大学・第1回文化祭】プログラムのご紹介
1.両日(開場~終日)《入口右「展示室」にて》
【パネル展示】「奥会津大学、これまでの軌跡」(入場無料・ご予約不要です)  
 (時間により)[1] ときどきコーヒーサービスあり
《公開講座・『森聞き』上映会は“多目的ホール”にて行います》
2. 8/24(土) 10:45~12:30
【公開講座】(対談)『奥会津の木地師』 (入場無料・ご予約不要です)
金井晃氏(木地師研究家・南会津博物館職員)×菅家博昭氏(奥会津大学講師)
 ※姫田忠義監督ドキュメンタリー映画『奥会津の木地師』(ダイジェスト版20分)映画上映あり
3. 8/24(土) 13:30~16:00
【記念上映会】(映画)『森聞き』 1回目  (前売り券販売中!御予約もできます)
4. 8/24(土) 13:30~16:00
【記念上映会】(映画)『森聞き』 2回目  (前売り券販売中!御予約もできます)
5. 8/25(日) 10:45~11:40
【公開講座】『都市は“ムラ”に、村は歴史に学ぶ時代』(入場無料・ご予約不要です)
                                      菅家博昭氏(奥会津大学講師)
6. 8/25(日) 13:30~16:00
【記念上映会】(映画)『森聞き』 3回目  (前売り券販売中!御予約もできます)
映画『森聞き』前売りチケット販売中!!
当日券  一般 1000 円   学生 800 円
前売券  一般 700 円     学生 500 円


かすみ草出荷8月21日(水)458箱

■ 8月21日(水)のかすみ草出荷数は458箱。19日(月)は80cmで福岡最高値で250円台(フォレスト:銀河等)。150~200円。60cmは出荷極少。

 同じ地域のJA会津みどり昭和のカスミソウは1000箱超でアルタイル中心です。



20130821hako458

からむしの宮古島より おばあたちの手技(2012年)

20130819fg465dsc05079

 
 
20130819fg465dsc05080
 
20130819fg465dsc05081
7月のからむし織りの里フェアに来村された宮古島の人々。お礼の品が、今日、届きました。ありがとうございました。

アワバナ(粟花)、、、オミナエシ

20130819dsc05045

 
20130819dsc05042
 
20130819dsc05037
 
20130819dsc05024  
大岐では昔は「アワバナ(粟花)」と言っていたのがオミナエシ。柳津虚空蔵様門前の名物は黄色いあわまんじゅう。粟(アワ)という穀物は畑(常畑・焼畑)で栽培された重要な食料で、モチアワとウルアワがある。餅米と粳(うるち)米と同じ分類。
オミナエシの黄色のつぼみは、脱粒したアワのような黄色。

住化(スミカ)試作かすみ草:FG465 開花

■6月27日定植した、新かすみ草:FG465が開花した。15本採花 95cm草丈有り。大田(下)圃場。


20130819fg465dsc05000
 

20130819fg465dsc05065_2
  

 20130819fg465dsc05076


8月21日午前中 作業停電

■作業停電による出荷伝票ファクス等受け時間変更について
 8月21日(水)午前9時30分から12時30分まで、大字小野川地区で電柱のガイシ交換のための作業停電となります(東北電力)。そのため、ファクス受発信、パソコン等使用できなくなりますので、以下のようにご協力をお願いします。なお冷蔵庫等も使えなくなりますので留意下さい。
 8月21日(水) 出荷伝票ファクス受け 締切 
     全生産者 午前7時 必着
■取引先関係卸市場等の皆さんも、上記時間帯はファクス受発信、電話、パソコン使用メール等できなくなりますので、よろしくお願いします。

伊勢御師堤大夫(いせおんし・つつみだゆう)

■お盆の期間中は普段不在の家に墓参・仏壇参り等のために帰省者が多く、そうしたなかで、村内のあるお宅の土蔵を見る機会があった。土蔵2階に神棚があり、木製薄箱に紙がまかれた御札が2点入っていた。


 太神宮 従四位 荒木田神主
 御師 堤大夫

 この蔵は江戸時代後期(文化・文政頃か、嘉永年間ころ)に建てられたと言われている。

 
20130819dsc04895
 
20130819dsc04896

今夜7時、テレビユー福島TUFで放映(かすみ草) 

■2013年8月19日(月)晴れ


 昨日も晴れ、気温33度で、今年の夏いちばんの暑さ。

 今朝は5時より大田圃場のファンタイム、フォレスト、マグネット、試作種FGの採花。

■今夜(19日)夜7時より、福島県内のTUF テレビユー福島の「キラリふくしま」で昭和村のかすみ草が登場します。今朝の福島民友・民報新聞に広告が掲載されています。もやし・ゴム靴・かすみ草の3本立。
 新聞広告は下中津川の長谷川浩君と美桜ちゃん。

 案内者はタレントのセイン・カミュさん。

 事前取材は7月7日(会津若松市 ヨークベニマル一箕町店七夕フェア)、8日、15日、26日、31日(セインさん)、8月1日(都内・小田急フローリスト本店)、8月5日(矢ノ原集合写真)。

20130819dsc05062

 
20130819dsc05060

 
20130819dsc05057

2013年8月17日 (土)

下中津川熊ノ堂

■2013年8月17日(土)

 5時15分から採花(大田圃場)。


 20時に就寝して未明に起きる夏型暮らし。深夜(未明)は戊辰展報告書・パネル原稿の校正をしている。今日の朝、校正原稿と図版原稿を届けて、私の担当は終了とする。農作業がまた忙しくなっている。今朝は五十嵐伊之重の校正。文体を通常のであるから、ですます調に換え、今回は縦書きの報告書ということなので数字を漢数字に置き換えた。パネル説明文はからむし工芸博物館の吉田有子さんが創文し、その字句誤りの校正をした。

 昨日、本名信一君宅で見た書籍に、「中島舘(たて)」というのがあった。現在の河川ではなく、役場や公民館の東側(裏側)を河川が流れていた、その跡も耕地整理で無くなってしまったという。中島は、まさに河川・湿地に囲まれた島であり「舘」であったのだろう。下中津川は、金山町の横田本家から当主が隠居する形で川口に分家を出し、川口高校に続く尾根に山城を構えて会津平の芦名氏に備えた。芦名に攻められ敗戦の責任をとり当主が隠居したかたちであるが、出城を出して防衛したものだ。
 その1500年代の「横田陣(よこたくずれ(戦争)」が、現在につながる集落風景を生み出している。
 当時内川とよぶ野尻川中流域の中津川(古中津川をして気多神社付近の小中津川から、下中津川を創設)の開拓を行ったのが川口山ノ内氏の家臣団の本名家である。
 会津田島から攻め入る長沼氏への防御を兼ね、芦名家宿老の佐瀬氏配下にはいり下中津川の平地に熊野神社を勧請する。開拓と武運(防衛)を兼ねた象徴であったと思う。

 野尻川流域の湿地帯の開発(水田)は1500年代に山ノ内氏により行われ、それが近世の新田開発に引き継がれる。一方、焼畑が常畑になり、焼畑は雪崩地の奥地に侵攻していきながら、春の山焼きが常態化し草刈場の整備(共有地)とともに馬(糞)を基軸とする草肥農業が確立する。


20130814dsc04704
熊野神社(下中津川)

20130816dsc04820
両原 八幡神社

 
20130814dsc04737
小中津川 気多神社

20130816dsc04780
 


20130816dsc04757

20130816dsc04788
下中津川正法寺境内の戦没者慰霊碑

20130816dsc04799
 

20130816dsc04800
 


20130816dsc04815
左にラメの青いかすみ草(染色)、白いかすみ草は右上。


20130816dsc04816
 
 
20130816dsc04754
大岐の盆は終わり、祖霊は山に還る。





 

2013年8月16日 (金)

暮らしの手帖65号に月田農園の洋子さん

彼女のチカラ 第8回「ヒメサユリの仲」 (瀬戸山 玄)現在発売中の『暮らしの手帖』(65号、7月25日発売)には南会津町の月田農園の奥様・洋子さんが掲載されています。

■→バラやかすみ草の産地、ケニア・ナイロビの空港火災

 →8月9日、火災後再開空港

  → ケニア花産業の危機

  → オランダ フローラ・ホランド 花市場

9月からの戊辰展(からむし工芸博物館)

■2013年8月16日(金)晴れ 夕方・雷雨少し


 盆の期間中も朝5時より、かすみ草の採花・調整(結束)と終日作業が続いた。32℃と暑い。
 少し時間を作りながら、9月から佐倉のからむし工芸博物館で開催される「野尻組(昭和村)の戊辰戦争展」の報告書の図版等原稿を作成した。不足分は数回、再度現場にて調査をした(採寸等)。

 博物館の吉田有子さんが、原稿再構成・展示パネル原稿に起こしたものを校正してメール返送する作業も続いている。

 今日は朝6時台に高畠圃場でかすみ草銀河の採花中、下中津川の本名信一君より電話があり、午前9時に自宅小屋を訪ねた。土蔵の所蔵物(書籍類・古文書等)の整理をしており、必要な資料がないか見ることになった。

 今回の戊辰展でも彼の祖先(名主家)が書いた史料を展示する。



20130816bosin1
奥会津・昭和村内に現存する戊辰戦争等の墓碑・供養碑等(菅家博昭、トレース・作図)



20130814dsc04722

 


■8月19日(月)販売数 416箱 増えず・横ばい。かすみ草フォレスト・銀河主体。
20130819hako

2013年8月14日 (水)

熊野太神

■昭和5年8月、氏子奉納の「村社 熊野神社」の参道入り口の門石碑。敗戦後、GHQの命令で「村社」に詰め物をして「熊野神社」とだけの表記にさせられる。


20130814dsc04705
 

20130814dsc04704
 
20130814dsc04702
20130814dsc04695
今日午後、ご実家に帰省された夢酔洞主人さんに、はじめてお会いしました。昭和63年に大芦戦争のことを著述されました。『暁の奇襲』は、馬場勇伍さんの『乱雲戊辰の晩秋』昭和村教育委員会(2001年刊)にも一部が掲載されています。
20130814dsc04713
 
20130814dsc04722

奥会津・中津川郷(昭和村)


P1020361

 
P1020360

20130814p1020354

P1020358

 

P1020359


 

P1020356

kanke hiroo 撮影

20130814dsc_0014


8月14日午前3時、外気温13℃(標高730m)

■2013年8月14日(水)


 午前3時、外気温13度。玄関に蝉の死体があった。昨夕から雨予報のハアリ(羽蟻)が出て、涼しくなっている。昨日日中の最高気温は29度と高い(日本各地は41度まで)。

 14日は朝、集落北方下流にある墓参。今日一日、村人は各家に設けられた盆棚にホトケオガミに行き来。昨夜、家前(東)盆竈で迎え火が焚かれた。

 現在、下中津川と喰丸の熊野神社参道には氏子中が旗を掲揚中。下中津川は「熊野大神」。小中津川の気多神社は書家の村らしく隷書で墨書された時代物が見れる。


■13日から15日、昭和花き研究会・事務所は盆休みです。

■出荷作業は継続されます。

20130814dsc04665
 

20130814dsc04657
 

20130814dsc04628
 野生動物のフィールドサイン(ふん、糞)。必ず渡河地点にする作法。

20130814dsc04635
オミナエシ(大岐 大田圃場)

20130814dsc04643
 

20130814dsc04632
大田(上右) かすみ草:フォレストの開花

 

20130814dsc04647
大田より遠望する志津倉山(南壁)と、クイナ・高畠圃場

20130814dsc04650
大田圃場では、現在5棟で、かすみ草:マグネット、スターマイン、ファンタイム、フォレストが開花中。

20130812dsc04586
下中津川 熊野神社。現在の社殿は河谷平野のなか、平地にあり水田に囲まれている。中世の会津黒川(若松)の芦名家宿老の佐瀬氏が勧請(かんじょう)。  
20130812dsc04591
 

2013年8月12日 (月)

セレクタ試作種開花 CV352、78

■8月12日(月)大田(下)圃場に定植した無摘芯(プラグ直定)のセレクタ社育成種が開花した。主は摘芯しているので今後の開花。


 現在、八重(多花弁)・大輪、大花が10年間のトレンドとなっていたが、いかにも暑苦しく思われ、今年は草花やひとえ(一重)の清楚な花に人気が移っている(8月2日、大田花きにて取材)。

 そうした流れに添う新しいかすみ草がスペイン・バルセロナのセレクタ社から提案されており、今年、試作した。

20130812cv352dsc04611
小輪多花のCV352。極早生。単茎種。60cmを想定。

20130812cv78dsc04618
CV78、枝横張、剛直。課題有り。


金井晃さん(下郷町在住)

■2013年8月12日(月)


 朝3時の外気温18度。

 午前4時30分頃より採花予定。

■8月11日(火)、南隣の南会津町の山王峠の近く、山村道場駅の奥会津博物館を訪ね、金井晃さんにお会いした。昨年の同館の如活禅師の樋口弘一さんの講演会のときに会場におられたので目礼したが、対話したのは25年ぶりくらいになる。

 8月24日と25日、柳津ふれあい館で第1回奥会津大学文化祭で「森聞き」が上映されるが、24日午前、「奥会津の木地師」について金井さんと対談する。そのための打ち合わせを行った。

 2001年(平成13年)、奥会津地方歴史民俗資料館(現在の奥会津博物館)・福島県田島町教育委員会は『木地語り 会津田島のとびの足跡』(全200ページ、A4判型)を7月末に発刊している。この執筆者こそ金井晃さんである。昭和村の大芦の畑小屋(木地)や、原入こと木賊平(廃村)等、その古文書や墓碑、伝承等が多く記載されている「奥会津の歴史・文化を知るうえでの必携本」となっている(同館で発売している)。

 同館の事業で、現在、金井さんは田島静川の細井家文書の資料を調査、翻刻にあたっている。大芦村から畑小屋を経て転石峠(ころぶし・とうげ)が結ぶ場所にある名主家(大商家)の近世・近代の文書の解読をされている。→ 細井家

 解析作業の進捗具合を金井さんに訪ねると、、、、「2、3割進んだか?」と渡部康人さんが応えた。

 金井さんは幕末・明治期の細井家文書には「大芦村の五十嵐善八(赤田)や、若松屋文七という人たちの帳票類(仕切書)がよく出てくる」という。大芦村でアサ類やゼンマイを細井家に出荷し、あるいは細井家から酒類等を仕入れ大芦村で販売していた記録類のようだ。

 五十嵐善八は、野尻組の会津戊辰戦争展(9月より、からむし工芸博物館)の調査で、加賀藩士小杉半蔵の墓地(遺骸埋葬)とその後の管理をされていた農家で商家の家である。善八は、初代村長の伊之重とともに編入された国有林の返還運動をされた。また大芦に残る石灯籠の基部の世話人にもいくつか名をみることができる名士である。

 大芦村の若松屋は、伊南村のアサ商いの分限者らのところに残された文書類にも仕切書類が残されている(奥会津博物館・伊南館で展示公開されている)。

 滋賀県の根源地小椋谷(君ヶ畑、蛭谷)から氏子狩(3人1組)に来て奥会津山中一帯の木地師宅を訪問し初穂料を集めた際に、文書発給を依頼された際、その後に有力者宅(寺社等)に文書を届けたのは熊野御師(伊勢御師も)であることもわかった、という。十数年に一度しか来ないなかで、どのように文書(荷物)を通達していたか、という課題があった。


 

■午後1時30分から3時まで、三島町西隆寺にて会津学研究会例会が開催された。逗留中の学習院大生より、同大での赤坂憲雄さんの講義録(神話学、古事記について)を聞く。

20130812dsc04597

平成21年(2009年)11月、大芦字畑小屋の山の神様が奥会津博物館に寄贈された。現在、同館に展示されている。そして社殿は地元民の手で解体された。
 

2013年8月11日 (日)

厚い雲

■2013年8月11日(日)


 盆用花の出庫作業をしてから採花へ。通常は、明るくなるのは4時20分くらいから。

 梅雨明け後も晴れない日が当地では続いている。集落の東方にある標高1482mの秀峰博士山には厚い雲がかかったままである。7合目から上が見えない状況で、ずっと雲や霧をまとったままである。そのため集落は薄暗いままで朝になっても電柱に設置された街灯がついたままで6時くらいまで暗い状況が続く。

 昼食時には雲間から陽光が射す。

 すっきりと梅雨明けした様相ではない、厚い雲が東北にはかかったままの状態が続いている(日照不足の冷害様相)。

 昨日は柳津町の古刹で供養の花火大会があるため、博士峠が迂回路となり自動車の通行が多かったようだ。夕方、かすみ草の集荷に来られた郡山市の開成生花の林社長が話していた。保冷トラックの荷台にかすみ草12箱を積んで帰られた。本来は月曜納品のものだが、盆の花束加工は休日の現在も行われており、万が一の要請にも応えられるように今朝の輸送業者の集荷出荷を待たずに、ということでした。荷を止めるつっぱり横棒でラッシングひもの代わりに使用されていたが、福岡市から集荷に来ているMPS登録三和陸運の所持使用されている横棒と同じものだった。ああいうものが販売されているのだと思った。

 盆の帰省の孫子が集荷所までかすみ草箱を搬入してくる節になっている。

■今朝は大田(下)のかすみ草マグネットの採花からはじめる。昨夕も切っているが1本切れば次がすぐ咲く、揃いのよい品種。6日の例会圃場視察時に心配していた高温障害罹患株も、結果的にはそれほど無いことがわかった。

 次いで岩下(上)の銀河の最終採花。高畠の大畑・角畑の銀河採花、越冬フォレストの採花(写真)。

 午前6時、野尻中向の雪室にて出荷作業(当番)。

 一昨日から、TBS系列のテレビユー福島(TUF)の渡辺さんから8月19日19時放映予定の番組の編集作業進行の電話があり、メール添付で最終台本が届いたので目を通す。福島県内向け特番です。

■11日午前9時、下中津川役場前(生活改善センター前)集合出発で、村の南の舟鼻峠を越えて田島の奥会津博物館に金井晃先生(南会津郡下郷町在住)を訪ねる。24日午前に奥会津大学実行委員会が主催する柳津町柳津ふれあい館(役場隣)での「文化祭」の、奥会津の木地師をめぐる対談の打ち合わせ。→奥会津大学

■今日の午後1時30分、谷を北に向かい三島町西方にある西隆寺で会津学研究会の例会。赤坂憲雄さんのゼミの大学生が逗留しており話を聞く。 

■9月14日、15日に三島町の「やまびこ」で週末アートスクール(ワークショップ)が開催される。大阪堺の華道家の片桐さんが講師。草木をまとう、飾る。8月7日に来村され、かすみ草の高畠を案内しました。→ファーマーズカフェ大芦家

20130808dsc04548
 
20130808dsc04546


20130807dsc04513

2013年8月10日 (土)

盆前の追加 8月12日(月)販売分

■2013年8月10日(土)曇り

 国内各所で40℃の気温。
 1昨年から昨日の東北北部までの豪雨での斜面崩壊地(深層崩壊)は、杉・檜の造林地が多い。
 盆前需要期で、10日の20時まで、生産者より追加待ち140箱ほど増加。通常は水曜販売にまわる分を、月曜販売分に。
 583箱(仙143、福島12、宇都宮12,群馬10、埼玉23,柏3、中越14、大田138,板橋57、世田谷10)(沖縄12,福岡56、広島21、姫路31、名古屋41)。
 品種では、染めかすみ草 61箱(注文分)
フォレスト 203箱、銀河145箱、アルタイル 57箱、ベールスター 37箱、スターマイン 49箱、マグネット 18箱、ノート 12箱、スワニーハート 7箱、ファンタイム 3箱、 ミリオンスター2箱

2013年8月 9日 (金)

8月12日(月)429箱

■2013年8月10日(土)


 8月12日(月)のかすみ草販売数は429箱です。

20130812hako

■ → 森のかすみ草


20130807dsc04513

 

20130807dsc04514
takabatake-ohmata.vill

20130807dsc04516

 

20130807dsc04520
narabu vill.

2013年8月 8日 (木)

短茎開花

■2013年8月8日(木)曇り


 朝3時の気温17℃と暖かい。出荷業務・出庫業務。5時よりかすみ草の採花。高畠の角畑のフォレスト(5月末全刈再生)6コモ、銀河6コモ。大田(下)のマグネット6コモ。新種かすみ草のマグネット(エスメラルダ・フクカエン)は12日販売の名古屋花き等宛。9日(金)は、中央花卉店頭で30本販売へ(5本束)。

 大田(上)の6月24日定植のかすみ草:ファンタイム開花2コモ。大田(下)の6月25日定植のスターマイン開花2コモ採花。この2種は、短茎開花。通常52日程度で開花するが、今季は44日、到花日数が長ければ茎は伸びるが、70cmでの開花。盆明け出荷(8月20日ころから)を見込んでいたが、ほぼ盆前に切り終わる。


■かすみ草の出荷数が少なく、また盆用需要(花束製作需要等)が多いため、現在の販売単価は80cmが250円台となっており、最低200円、となっている。ただ要請のほとんどに応じられない状況。アルタイルは全体で10箱程度、昭和花き研究会の場合はフォレスト中心で、ほかに少量ベールスター・スターマイン・銀河での出荷。


20130808mdsc04533
magnet

20130808fundsc04534
funtime

20130808fundsc04536
funtime

20130808smdsc04542
6/24 starmain

20130808smdsc04539

 



 

20130807dsc04519
narabu

2013年8月 7日 (水)

かすみ草548箱(うち注文354箱)・14社に分荷

■2013年8月7日(水)晴れ


 暑くなっているが、厚い黒雲が志津倉山南麓に出ている(雷雲)。午後は雷雨か?

 朝より高畠の大畑・角畑、岩下(上)で銀河を採花。大田(下)でマグネットを初採花(中央花卉へ5本束30本)。

 低温・長雨、低日照が続いていたが、ようやく陽光が出て、かすみ草の開花促進に向かう。

■8月9日(金)の分荷が終了した。かすみ草548箱、このうち354箱が予約注文分(定期)。セリ販売分はほとんどない。品種はフォレスト。
  各社5箱程度の出荷です。

20130809hako

2013年8月 6日 (火)

例会(かすみ草マグネット開花)

■8月6日(火)午後は雷雨でした。定例会では、カスミガメが話題になりました。

 大田試作圃場で開花している、新かすみ草:マグネット(エスメラルダ・フクカエン)の圃場視察をしました。

 セレクタのCV試作種の生育過程も見ました。


■夜、下中津川の本名信一氏より電話があり、竹谷先生と村内戊辰戦争供養塔等石質調査を5日に行う予定を、今日の6日に実施したとの連絡がありました。ありがとうございました。


20130806dsc04511

開花した、新かすみ草:マグネット magnet →フクカエン種苗    →同社PDF

出荷量減少へ

■2013年8月6日(火)曇り


 小雨混じりの曇り。気温は高い。

 朝、大岐の高畠で採花していると、巣立った鷹のノスリ幼鳥(当歳鳥)が盛んに鳴いて飛翔している。数日前からのこと。クイナ(喰名)山の東麓に営巣していたと思われる。

 今朝はかすみ草銀河1棟(6コモ)、切り戻しフォレスト1棟(4コモ)を採花。

■午前10時、都内の生花店主ら来村・応接。午後1時30分資材会社来家応接。

■午後2時より3時、大岐センターにて昭和花き研究会・定例会。フクカエン、セレクタの種苗会社担当者来。

■昨夜電話があり、11日の13時30分、三島町西方の西隆寺にて会津学研究会・例会が開催される。

■かすみ草はさらに出荷量減少し、7日(水)販売分は540箱。80cm、70cm、60cmのほとんどが定期注文分に引き当てされ(欠品多い)、セリ販売分は無い。9日(金)も注文分は欠品多い。セリ販売分は無い。

12日(月)販売分より遅れている6月植え開花が進み、少し増加見込み。曇雨天が続き、晴天にならない。

20130809hako


2013年8月 5日 (月)

TUFの撮影無事に終了しました。

■8月5日、曇り。9時より矢ノ原でかすみ草生産者18名が集まってくれ、集合写真の撮影が無事に終了しました。皆さん、ご協力ありがとうございました。


 テレビユー福島TUFで8月19日の夜7時から8時までの間の番組で15分間ほど放映される予定です。
   → TUF

■曇りですが、カメラを搭載した6枚羽根のヘリコプター(蓄電池駆動)で上空からの撮影でした。
20130805dsc04492
 
  
20130805dsc04495
  
20130805dsc04487
  
20130805dsc04501
 
20130805dsc04474
  
20130805dsc04478
  
20130805dsc04481
  
20130805dsc04483

雨あがる、午前のテレビ取材・撮影(矢ノ原)

■2013年8月5日(月)曇り


 未明よりかすみ草:銀河ginga採花(岩下圃場)。気温18℃。夜からの小雨は午前5時すぎに上がり曇りへ。午前9時、矢ノ原にて撮影会は予定通り行われます。

■私は昭和村役場前で8時30分に、テレビクルーと待ち合わせ、9時まで矢ノ原に向かいます。皆さん、よろしくお願いします。

■大岐の集荷所(デポ)のかすみ草数量のチェック。今日は農協集荷便が朝に来て雪室に搬入する(月・水・金・土)。午前11時頃、福岡の三和陸運が集荷に来られる(月・水・土)。通常出荷は郡山運送会津若松営業所(火・木・日の朝)。

■朝5時頃、樋口博紀さんから電話着信があり、折り返してみると、明日(6日)午前10時から11時頃、南会津を訪問された生花店さんが、当方へも来られる。応接を依頼される。
20130805dsc04471

2013年8月 4日 (日)

明日の撮影(矢ノ原9時)

■2013年8月4日(日) 曇り、夕方小雨(数滴)


 夕方、磐越道会津坂下インター前711に18時待ち合わせで、不足数の染めかすみ草立箱3箱を引き渡す。ご迷惑をおかけしました。

 かすみ草の端境期のため各社への要請数の1割程度しか納品できなくなっています。

■8月5日(月)午前9時集合で30分間ほど、矢ノ原高原のかすみ草圃場にて、TUF(テレビユー福島)の番組制作のための生産者集合写真の撮影。矢ノ原地区の花生産者に声掛けしました。昭和村花き振興協議会長の立川幸一さんも参加してくれます。矢ノ原で作業をされている方を中心に昭和村でかすみ草栽培をしている生産者15名程度は集めたいと思っています。是非協力下さい(二人での参加歓迎)。

 すでに主要な取材は7月7日から4回ほど撮影が行われており、明日5日が最終撮影です。

■8月6日(火)午後2時から3時、大岐センターにて昭和花き研究会・例会です。愛知県よりフクカエン種苗の松永氏・藤井氏、栃木県よりセレクタ・ジャパンの深水氏が参加されます。それぞれにファンタイムやマグネット、銀河やCV試作種について講話されます。なお、終了後、試作圃場の大田地区(大岐)を見ます。マグネットは開花中です。

 希望者は会員外でも参加可能です。


梅雨明け

■2013年8月4日(日)晴れ


 朝、集落の草刈り作業が行われた。

 朝の採花は岩下(上2)4こも、高畠の角畑1で6こもと大畑の2コモで3棟で12こも(薦)。

 昼に会津本郷のせと市(陶器市)に行く予定。

 東北南部は昨日、梅雨明け宣言。平年より九日間遅い。

20130804dsc04428
 
 20130804dsc04429
 
20130804dsc04442
クモとコオロギの幼虫
 
20130804dsc04430
採花できなかったフォレスト越冬株のハウス(岩下)。屋根ビニルを剥いだ(除去)。我が家では3棟放置したまま、である。
20130804dsc04444

2013年8月 3日 (土)

山百合(ヤマユリ)咲く道

■8月3日、ヤマユリの白い花が咲いて、ハギの濃紫の花も咲き、ススキが出穂。

 7月31日、村内で、軽トラックを運転した。助手席にはシートベルトを締めたセインカミュさん。

 「ヤマユリがきれいですね、、、、」とセインさん。

20130803dsc04420

20130803dsc04416

20130803dsc04412

20130803dsc04406

20130803dsc04421

20130803dsc04088

20130803dsc04087

新かすみ草:マグネットの開花(エスメラルダ:フクカエン)

■2013年8月3日(土) 曇り

 大田(下)圃場に6月5日に定植したかすみ草新種:マグネットが開花した。5本。

 エクアドル国のエスメラルダ社育成で愛知県のフクカエン種苗の販売。日本国内でははじめての栽培。

 本数がまとまったら大田市場の中央花卉(店頭)と、名古屋花き、仙花等に送荷予定。各社にも見てもらいます。

 8月6日(火)午後2時より昭和花き研究会・定例会後、圃場視察会を行う。フクカエンの松永課長、藤井氏来村予定。またセレクタ・ジャパンの深水さんも来られる予定。

20130803dsc04387

花びらの枚数の多さ、ドーム型の花、純白。

20130803dsc04389

 

20130803dsc04403

20130803dsc04399

8月のかすみ草:8月2日(金)702箱→5日(月)552箱へ

■2013年8月3日(土)曇り


 朝、出荷業務(事務)。
 これから、6月上旬定植した、かすみ草:銀河の採花へ(岩下上1棟、大田、高畠2棟)。

 昨日夕方、郡山駅より乗用車で帰宅途中、自動車が故障(ブレーキ)し、会津若松市内のディーラーに修理依頼し、代車で帰宅。今日の午前、車引き取りに行く。

 郡山駅からヤツヤマダの開成生花に林社長をたずね、60cmの納品現況について意見交換。昨日は市場より着信が多くあったが、大田市場内で村長随行・電車移動のため、受話できず。

■8月5日(月)のかすみ草はさらに減少して552箱へ(2日・金は702箱。農協部会も少なく400箱程度、ということでした。端境期になっています)。→立川幸一さん

 越冬株の開花が7月末で終了するため、出荷量は減少する。6月植えのかすみ草は7月の低温・低日照(長雨)で遅延しているが、ここにきて矢ノ原等からの開花・出荷がはじまる。三島町・昭和村小野川地区はほぼ終了(盆休み)。

20130805hako
■8月2日の朝、大田市場は涼しく、長袖でした。昼に帰るころになると陽が出て、さすがに暑くなりました。市場に買い付けに来る人々に話を聞くと、7月の都内は雨が多く、涼しかったようです。しかし晴れれば35℃と、誰も花屋さんに来ない、街を歩く人が少なくなり、夕方のみ人が動く、ということでした。仲卸街では会津みなみ(田島)のマリーベールの染め(亮平君?)が阪神フラワーサポート?前で販売。会津みどり(昭和)の染めラメはハナマーケット東京店頭に、昭和花き研究会は中央花卉で販売されていました。白カスミソウはどこにも無くなっていました。少ない出荷量のためです。
■中央花卉の中谷さんと立ち話をしました。JALの国際線の機内ビデオで、日本滞在の外国人フラワーデザイナーの番組が流れるようです。仲卸通りで撮影が行われたそうです(フジ系制作会社)。

民族文化映像研究所 姫田忠義さん 永眠(7月29日、84歳)

■ →民映研
■ →NHK
 映像作家の姫田忠義さん死去
 8月1日 1時39分
 地域の消えゆく文化や人々の暮らしを映像で記録し、海外からも高い評価を受けたドキュメンタリー作家の姫田忠義さんが、先月29日、慢性閉そく性肺疾患のため、横浜市内の病院で亡くなりました。
 84歳でした。
 姫田忠義さんは神戸市出身で、昭和29年に上京した後、民俗学者の宮本常一氏に師事しました。
 テレビ番組の脚本や構成、演出を手がけながら、九州の対馬への旅行をきっかけに民俗文化を記録する映画の製作を思い立ちました。
 そして昭和36年から対馬の漁村の暮らしや、日向地方の山に伝わる狩猟生活などを記録したほか、昭和46年以降、アイヌの伝統的な結婚式や家造り、農耕の様子を記録したドキュメンタリー映画をたびたび公開し、話題となりました。
さらに姫田さんは、昭和51年に民俗文化映像研究所を設立し、所長としてドキュメンタリーの可能性の模索を続けました。
また、フランスの地方文化の研究にも携わり、こうした功績が認められ、平成元年にはフランスの芸術文化勲章を受けました。
 姫田さんはことし3月に体調を崩し、横浜市内の病院に入院していましたが、先月29日に亡くなりました。
 告別式は近親者のみで営まれたということです。
--------------
■2013年8月1日、東京の花市場を訪問するため上京したJR大森駅前の宿で、姫田忠義さんが7月末に亡くなったことを、佐藤孝雄氏のブログで 知りました。ご冥福をお祈り申し上げます。姫田さんには私たち20歳代の青年期に昭和村大芦と大岐でのからむしと麻の栽培・生産過程の記録について交流がありました。いま大芦家を経営する佐藤孝雄氏が大芦に拠点となる空き家を借用し「じねんと塾」を設け、そこに民族文化映像研究所の撮影スタッフの皆さんが泊まり、大芦と大岐の取材・撮影が行われました。
 姫田さんと昭和村の接点は、会津若松市の周東一也先生です。当時、私淑していた周東先生が、ダム建設により水没する新潟県奥三面の集落の映像記録を行うことが決まってから、私は奥三面にも行き来し、結果として東京から奥三面の旅程の途中で昭和村での撮影が行われることになりました。『からむしと麻』は、民映研の費用で行われた自主制作映画です。
 私たちは姫田さんに「地元の君たちがからむしの栽培をしながら、その記録をすべきだ」と、けしかけられ、しかたなくトヨタ財団の研究コンクールに応募し、五十嵐初喜さん・スイ子さん夫妻の指導で、輪の沢川流域右岸の初喜さんの畑にカラムシを植え付け、作業がはじまりました。3か年かけ生産から製繊までの過程を調査しました。
 姫田さんは「じねんと塾」で、「君たちは、からむしと麻が同時に村人により栽培されているということを、小さいころから見ていながら、なぜその相互関係に留意しないのか?」と繰り返し喚起されました。それが30年間、私の視座を保つ動機になっています。あるがままに見つめることが、いかに難しいのか?でもそれを心がけることで、いくつか見えてくるものがありました。
 姫田さんを訪ね、東京新宿の事務所に行くと、様々な人々が集まっていて、多くの知己を得ました。はる書房の古川弘典さんもそのなかのひとりです。私の本を出していただくことになります(『イヌワシ保護1000日の記録』)。
 炭焼きの紀州熊野の宇江敏勝さん、という存在を教えてくれたのも姫田さんです。中公新書の宇江さんの著作を読みました。現在上映活動が続いている『森聞き』の映画監督柴田さんも一時民映研におられました。
 偶然にも8月24日・25日やないづふれあい館(河沼郡柳津町役場隣)で奥会津大学実行委主催の第1回文化祭・公開講座で、『奥会津の木地師』(ダイジェスト版)の上映、そして金井晃さんとの対談が行われます。姫田さんの民映研初期の作品をここであらためて見ることで、姫田さんの果たした役割を考えてみたいと思います。柴田昌平監督の『森聞き』も上映されます。
 昭和村大岐 農業 菅家博昭
20130801dsc04099
 

昭和村のかすみ草

■2013年8月3日(土)


 8月5日(月)午前9時、矢ノ原高原の工さん、一朗さん、幸一郎さんの畑付近の道路交差点集合で、生産者(集合写真)の撮影が予定されています。このブログを読んだ、都合のつく村内生産者に集合いただく予定です(協議会員にはファクス連絡をする予定)。テレビ撮影です。強雨天時は中止になります。

■8月2日まで大田市場花き部の2階中央通路では、福島県花き品評会が行われていました。昭和村からはかすみ草が農協生産部会より出品され横倉君(大芦)が入賞されました。同行した立川昭和村花き振興協議会長によれば3年連続の入賞、ということです。おめでとうございます。

20130801dsc04236
 

20130801dsc04232
中央のかすみ草が横倉君の生産品

 

20130801dsc04116
通常台車で5台以上あるかすみ草、8月2日は1台車のみ(faj)
 

20130801dsc04103
大田花きのかすみ草(昭和花き研究会・JA会津みなみ田島、北海道、琵琶首の俊彦さん(染め)
20130801dsc04104
 

20130801dsc04149
国産百合のプロテクターがはじまる
 
20130801dsc04159
 

20130801dsc04169

 

20130801dsc04195
8月2日より使用開始の昭和花き研究会の新段ボール。意匠は昭和村花き振興協議会統一の絵柄使用。様式は農協部会の大箱と共通。中央花卉のバックヤードにて撮影。

20130801dsc04281
 

20130801dsc04285
 

20130801dsc04321
 

20130801dsc04301
 

20130801dsc04374
 

20130801dsc04377
東北新幹線機内誌。金藤公夫さん(かねとう・いさお、花の力プロジェクト)が紹介されていました。『トランヴェール8月号』(JR東日本)

20130801dsc04093
 
20130801dsc04094

2013年8月 2日 (金)

上京後、帰郷へ

■2013年8月2日(金) 曇り


 朝5時より都下・大田市場花き部入荷量調査。カスミソウは少ない。6時より仲卸店頭調査、カスミソウは少ない。
 時前、北棟のクリザールを訪問し日持ち試験結果について。10時、馬場昭和村長と立川部会長・本名寛之氏、長谷川先生、金子さんFAJへ。11時、大田花きへ村長訪問に同席、磯村信夫社長、担当の田中薫氏。

■村長と東京駅戻ると停電の影響で新幹線ダイヤ大幅に乱れている。帰郷します。

  21時、帰宅。

20130802kdsc04260
中央花卉店頭のかすみ草

20130802kdsc04273
 

20130802kdsc04181

 

20130802kdsc04299

 

2013年8月 1日 (木)

上京、大田市場花き部へ

■2013年8月1日(木)小雨、曇り


 朝、出荷業務。本日より、新段ボール立箱も使用開始。これまでのバケツ(プロコナー)より幅があるため、積み切れず、一部積み残し。

 午前、高畠の大畑・角畑1号のカスミソウ銀河を初彩花。岩下(上)下より2号の2回目の彩花・7こも。

■夕方上京。21時30分にJR大森駅着。2日朝6時ころ、中央花き店頭。9時45分ころ、昭和村馬場村長と合流。10時FAJ(農協部会立川会長ら随行)、11時頃・大田花き(金山普及所長谷川先生、産業係金子まきえさん)。

■本日、小田急フローリスト新宿本店でTUFの撮影が行われた。昭和村のカスミソウ。

130801_001tuf1

今日から8月、大雨で朝が明ける

■2013年8月1日(木)大雨


■昨日は朝に小雨でしたが、その後、晴れました。暑い日でした。昨夜より雨となり、今朝未明より断続的に大雨(豪雨)となっています。梅雨末期の症状です。

■TUF撮影日

 7月31日(水)は早朝・岩下の5月末定植のかすみ草・銀河の採花はじめ、2コモ収穫した。その後、大田(下)圃場の越冬株のフォレストの適正開花分のみ採花した。この圃場が今回の撮影場所となりました。8月19日、TUFで朝から19時からの番組宣伝映像が流れますが、それはここでの撮影です。

 大岐で午前9時30分ころから、昭和花き研究会・事務所、我が家の作業小屋(かすみ草染色)、大田圃場(開花圃場、フォレスト、銀河、試作圃場)、高畠(集落遠景)。
 午後2時から野尻中向の花の集出荷所(雪室)。
 午後3時30分から矢ノ原高原で長谷川洋君の圃場の撮影となりました。

 7月7日(かすみフェア)、8日、15日、26日、31日と取材・撮影が続き、昭和村での取材は8月5日(雨天時は6日)が最終です。放映日は8月19日19時TUF(テレビユー福島、福島県内向け放送)。福島県内の日本一の3カ所の取材先のひとつとして昭和村のかすみ草栽培(市町村栽培面積)が出ます。

■31日に来村されたセインカミュさん→ブログ


20130731dsc04078
 

20130731dsc04071
大岐の高畠
 

20130731dsc04086
長谷川洋君(矢ノ原給水所前)
 

20130731dsc04082
ホーナー社製のブルースハープ

20130731dsc04056

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ