« 8月25日(日)『森聞き』柴田昌平監督来県 | トップページ | 作業停電(午前中12時30分まで)昭和村小野川地区 »

2013年8月20日 (火)

文献目録:野尻組(昭和村)の会津戊辰戦争

■2013年8月20日(火)雨

 午前2時ころ雨だったが、すぐ止み、6時ころ雷鳴とともに降雨。大田圃場のかすみ草スターマインとFG試作を採花。朝食後、角畑(高畠)の開花がはじまったハウスの採花をする。
 今日は、午後3時、野尻中向の雪室にて昭和村花き振興協議会の事務局会議。9月の行事予定等を相談する。
 明日は午前中いっぱい、作業停電のため注意。
 

■午前零時に起き5時まで『野尻組の会津戊辰戦争(企画展報告書)』の文献目録を作成した。7時にメール添付でからむし工芸博物館の吉田有子さんに送付した。休日の一昨日、昨日も精力的に聞き書き調査等をされている。


参考文献
会津学研究会編『会津学』(一~六号)奥会津書房(福島県三島町)、二〇〇五~二〇一〇
会津史学会編『歴史春秋二十六号 戊辰戦争百二十年記念特集号』歴史春秋社(会津若松市)、一九八七年
『会津の幕末維新』(会津若松市史七 歴史編七近世四)福島県会津若松市、二〇〇三年
『会津人群像 特集 続・戊辰戦争一四〇年』(季刊・一三号)歴史春秋出版、二〇〇九年
明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑Ⅲ』新人物往来社、一九八六年
浅井俊典『真説 浅井長政嫡子 越後・浅井帯刀秀政』宮帯出版社(京都市)、二〇一二年
飯田市歴史研究所編『飯田市歴史研究所年報 九号』長野県飯田市教育委員会、二〇一一年
飯田市歴史研究所編『飯田・上飯田の歴史 上巻』長野県飯田市教育委員会、二〇一二年
『石川県史』第二編、一九七四年
飯塚恒夫「只見地方の戊辰戦争」『歴史春秋』第四十八号、会津史学会編・歴史春秋社、一九九八年
『飯山市誌』歴史編(下)、長野県飯山市、一九九五年
五十嵐伊之重「福島縣岩代國大沼、南會津両郡 カラムシ(會津青苧)栽培製造の景況」『大日本農会報告』第四〇号、一八八四年
五十嵐文『わが昭和村』名古屋市東区東曽根町四〇番一五号、一九九五年
市岡昭智『北越軍旅日誌』飯田市図書館所蔵、一八六八年
稲川明雄『北越戊辰戦争史料集』新人物往来社、二〇〇一年
『伊南村史』第一巻、福島県南会津町(旧・伊南村)、二〇一一年
『伊南村史』第四巻、福島県南会津町(旧・伊南村)、二〇〇七年。特に二百三ページの「麻仲間定期会議写し」(明治十三年七月)、資料五十五「会津麻方より南京、インド麻輸入により本郡麻改良の広告」(明治十三年八月)
『伊南村史』第六巻、福島県南会津町(旧・伊南村)、二〇〇五年
今枝民部『戦争等巨細録』明治元年(一八六八)、加賀藩(加能越文庫)、石川県金沢市立玉川図書館近世資料館蔵
『岩波講座 日本通史』第十六巻近代一、岩波書店、一九九四年
海老名俊雄「会津戊辰戦争と一山村の動向」『歴史春秋』第四十五号、会津史学会編・歴史春秋社、一九九七年
海老名俊雄「会津戊辰戦争と一山村の動向(続)」『歴史春秋』第四十八号、会津史学会編・歴史春秋社、一九九八年
『大沼郡誌』大沼郡役所(福島県会津)、一九三七年
大山柏『戊辰役戦史(上下)』時事通信社、一九六八年
奥会津書房編『奥会津こども聞き書き百選 一枚の写真から じいちゃんありがとう』第二号、只見川電源流域振興協議会(福島県)、二〇一〇年
奥会津博物館『企画展 南山御蔵入領の戊辰戦争 会津戦争終結の地 解説シート』奥会津博物館(福島県南会津町)、二〇一三年
賀川隆行『崩れゆく鎖国』(日本の歴史一四)、集英社、一九九二年
金井晃・奥会津歴史民俗資料館編『木地語り 会津田島のとびの足跡 企画展報告書』福島県田島町教育委員会、二〇〇一年
菊地明・伊東成郎『戊辰戦争全史(上下)』新人物往来社、一九九八年
栗城訪霊『会津先賢者の墓石を訪ねて』別巻、一九九二年
栗城正義『忠誠日本一』歴史春秋社、二〇〇九年
栗城正義「忠誠日本一の系譜」『福島マスコミOB文集 PART三四』福島ペンクラブ五月会、二〇一三年五月
栗城義綱(浜三・一八)『公私摘要(写)』全六巻(奥会津博物館蔵)
黒須藤三郎誌『戊辰従軍記并人名』飯田市美術博物館堀家文書(長野県 飯田市歴史研究所)、明治二年(一八六九)
桑原伸介「近代政治史料収集の歩み(一)復古記を中心に明治初年の官撰修史事業」『参考書誌研究 第十七号』国立国会図書館、一九七九年
小松芳郎監修『幕末の信州 近代への序章』郷土出版社(長野県松本市)、二〇〇八年
近藤民之助編「松代藩勤王事略私記」『新編信濃史料叢書』第二十三巻、信濃史料刊行会(長野県)、一九七九年
早乙女貢『続 会津士魂(一)』集英社文庫、二〇〇二年
佐々木太市家文書(野尻組松山村の名主家)福島県立博物館蔵
『下郷町史』第一巻、福島県下郷町、二〇〇九年
司馬遼太郎『街道をゆく一二 十津川街道』朝日文庫、二〇〇八年
『昭和村の歴史』福島県昭和村役場、一九七三年
『昭和村のあゆみ 昭和から平成へ』(昭和村の歴史二)福島県昭和村、二〇一一年
庄司吉之助『世直し一揆の研究』校倉書房、一九七〇年
人文社編集部編『歴史ハンドブック 幕末・維新 全藩事典』人文社、二〇一一年
瑞山会編『維新土佐勤王史』富山房、一九一二年(国立国会図書館近代デジタルライブラリー版)
千田登文編『加賀藩北越戦史』北越戦没従軍者同志会、一九二一年(新潟県立図書館・新潟県立文書館 越後佐渡デジタルライブラリー版)
『大日本維新史料稿本(マイクロ版集成)』東京大学出版会
『高遠町誌』上巻 歴史二、長野県高遠町誌刊行会、一九八三年
『高崎史料集』藩記録(大河内二)、群馬県高崎市教育委員会、一九八九年
『新編高崎市史』資料編五 近世一、群馬県高崎市教育委員会、二〇〇二年
『新編高崎市史』通史編三 近世、群馬県高崎市教育委員会、二〇〇四年
『田島町史』第二巻、福島県田島町、一九八八年
『田島町史』第六巻、福島県田島町、一九八七年
『只見とっておきの話』福島県只見町、二〇一〇年
『只見町史』第一巻、福島県只見町、二〇〇四年
『只見町史』第四巻、福島県只見町、一九九九年
土屋浩『信州人のための幕末史』ほおずき書籍(長野市)、二〇一二年
『津南町史編集資料 第一集』津南町史編集室(新潟県)、一九八〇年
十日町市史編さん委員会(織物史部会執筆員 多田滋)『十日町市郷土資料双書八 越後縮の生産をめぐる生活誌』新潟県十日町市博物館、一九九八年
永井誠吉『松代藩戊辰戦争記』長野市安茂里一八一〇の二、一九九〇年
長瀬哲「戊辰戦争と飯山藩の動向」『高井』第百七十一号、高井地方史研究会(長野県)、二〇一〇年
『長野県史』通史編 第七巻 近代一、長野県、一九八八年
『長野県史』近代資料編 第一巻政治・行政 維新、長野県、一九八〇年
『長野県精髄上伊那郡史(復刻版)』千秋社、二〇〇一年
『長野市誌』第五巻歴史編近代一、一九九七年
中村彰彦『鬼官兵衛烈風録』歴史春秋出版(会津若松市)、二〇〇八年
中村哲『明治維新』(日本の歴史十六)集英社、一九九二年
中島欣也『戊辰任侠録 越後の侠客・観音寺久左衛門』恒文社、一九九三年
丹羽邦男『明治維新の土地改革』(近代土地制度史研究叢書第二巻)お茶の水書房、一九六二年
丹羽邦男『形成期の明治地主制』(塙選書四三)塙書房、一九六四年
丹羽邦男『土地問題の起源 村と自然と明治維新』(平凡社選書一三〇)平凡社、一九八九年
丹羽邦男『地租改正法の起源 開明官僚の形成』(神奈川大学経済貿易研究所研究叢書九)ミネルヴァ書房、一九九五年
野口信一『会津藩』(シリーズ藩物語)現代書館、二〇〇五年
箱石大編『戊辰戦争の史料学』勉誠出版、二〇一三年
馬場勇伍『昭和村の石造遺産 石鳥居 道祖神 庚申塔』福島県昭和村役場企画課、一九九二年
馬場勇伍『乱雲戊辰の晩秋 会津戊辰の役 大芦の戦い」福島県昭和村教育委員会、二〇〇一年
馬場勇伍『木地師の跡を尋ねて 山中の墓に手を合わせ乍ら』福島県昭和村教育委員会、二〇〇二年
馬場勇伍『歴史ロマン 夢と現の走馬燈』福島県昭和村役場総務課企画係、二〇〇七年
『福島県史』第七巻、福島県、一九六六年
『福島県史』第十巻(下)、福島県、一九六八年
古川古松軒・大藤時彦解説『東遊雑記 奥羽・松前巡見私記』(東洋文庫二七)平凡社、一九六四年
「復古外記 越後口戦記」『復古記』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー版)
『北越戦死者墳墓箇所絵図』石川県金沢市立玉川図書館近世資料館蔵
保谷徹『戊辰戦争』(戦争の日本史十八)吉川弘文館、二〇〇七年
星甚惠「栗城義綱「公私摘要初編」について」『歴史春秋』第五十七号、会津史学会編・歴史春秋社、二〇〇三年
星亮一『会津農兵隊始末記』廣済堂出版、一九九八年
星亮一『荒川勝茂 明治日誌』新人物往来社、一九九二年
星亮一『敗者の維新史』(中公新書九六七)中央公論社、一九九〇年
星亮一『平太の戊辰戦争 少年兵が見た会津藩の落日』(角川選書二九一)角川書店、一九九八年
星亮一『平太の戊辰戦争』(ベスト新書三〇二)KKベストセラーズ、二〇一〇年
本名信一家文書『下中津川村名主本名家文書』昭和村下中津川   
山川健次郎監修『会津戊辰戦史(復刻版)』(付録・会津弔霊義会「戊辰殉難名簿」『戊辰殉難追悼録』一九七八年)マツノ書店(山口県徳山市)、二〇〇三年
山本金太『飯山戦争 明治維新、北信濃の夜明け』ほおずき書籍(長野市)、一九九六年
三谷博「明治維新の史学史「社会科学」以前」『ヨーロッパ研究 九』東京大学、二〇一〇年
宮崎十三八編『会津戊辰戦争史料集』新人物往来社、一九九一年
宮崎十三八「渡辺多門成光「辰之日記草稿」」『歴史春秋』第三十三号、一九九一年
宮崎十三八「戊辰戦記『結草録』杉浦成忠著」『歴史春秋』第二十八号、一九八八年
明治維新史学会編『維新政権の創設』(講座明治維新第三巻)有志舎、二〇一一年
『歴史読本』編集部編『カメラが撮らえた会津戊辰戦争』新人物往来社、二〇一二年
渡邊良三『南山御蔵入金山谷 人物篇 (一)』福島県金山町中川、一九八七年
渡邊良三「金山の中世の城館」『歴史春秋』三〇号、歴史春秋社、一九八九年
渡邊良三『戊辰戦争と金山展』(こぶし館歴史民俗資料室 第二回企画展)金山町中央公民館、一九九三年

« 8月25日(日)『森聞き』柴田昌平監督来県 | トップページ | 作業停電(午前中12時30分まで)昭和村小野川地区 »

野尻組の会津戊辰戦争」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ