« 昭和村のかすみ草 | トップページ | 8月のかすみ草:8月2日(金)702箱→5日(月)552箱へ »

2013年8月 3日 (土)

民族文化映像研究所 姫田忠義さん 永眠(7月29日、84歳)

■ →民映研
■ →NHK
 映像作家の姫田忠義さん死去
 8月1日 1時39分
 地域の消えゆく文化や人々の暮らしを映像で記録し、海外からも高い評価を受けたドキュメンタリー作家の姫田忠義さんが、先月29日、慢性閉そく性肺疾患のため、横浜市内の病院で亡くなりました。
 84歳でした。
 姫田忠義さんは神戸市出身で、昭和29年に上京した後、民俗学者の宮本常一氏に師事しました。
 テレビ番組の脚本や構成、演出を手がけながら、九州の対馬への旅行をきっかけに民俗文化を記録する映画の製作を思い立ちました。
 そして昭和36年から対馬の漁村の暮らしや、日向地方の山に伝わる狩猟生活などを記録したほか、昭和46年以降、アイヌの伝統的な結婚式や家造り、農耕の様子を記録したドキュメンタリー映画をたびたび公開し、話題となりました。
さらに姫田さんは、昭和51年に民俗文化映像研究所を設立し、所長としてドキュメンタリーの可能性の模索を続けました。
また、フランスの地方文化の研究にも携わり、こうした功績が認められ、平成元年にはフランスの芸術文化勲章を受けました。
 姫田さんはことし3月に体調を崩し、横浜市内の病院に入院していましたが、先月29日に亡くなりました。
 告別式は近親者のみで営まれたということです。
--------------
■2013年8月1日、東京の花市場を訪問するため上京したJR大森駅前の宿で、姫田忠義さんが7月末に亡くなったことを、佐藤孝雄氏のブログで 知りました。ご冥福をお祈り申し上げます。姫田さんには私たち20歳代の青年期に昭和村大芦と大岐でのからむしと麻の栽培・生産過程の記録について交流がありました。いま大芦家を経営する佐藤孝雄氏が大芦に拠点となる空き家を借用し「じねんと塾」を設け、そこに民族文化映像研究所の撮影スタッフの皆さんが泊まり、大芦と大岐の取材・撮影が行われました。
 姫田さんと昭和村の接点は、会津若松市の周東一也先生です。当時、私淑していた周東先生が、ダム建設により水没する新潟県奥三面の集落の映像記録を行うことが決まってから、私は奥三面にも行き来し、結果として東京から奥三面の旅程の途中で昭和村での撮影が行われることになりました。『からむしと麻』は、民映研の費用で行われた自主制作映画です。
 私たちは姫田さんに「地元の君たちがからむしの栽培をしながら、その記録をすべきだ」と、けしかけられ、しかたなくトヨタ財団の研究コンクールに応募し、五十嵐初喜さん・スイ子さん夫妻の指導で、輪の沢川流域右岸の初喜さんの畑にカラムシを植え付け、作業がはじまりました。3か年かけ生産から製繊までの過程を調査しました。
 姫田さんは「じねんと塾」で、「君たちは、からむしと麻が同時に村人により栽培されているということを、小さいころから見ていながら、なぜその相互関係に留意しないのか?」と繰り返し喚起されました。それが30年間、私の視座を保つ動機になっています。あるがままに見つめることが、いかに難しいのか?でもそれを心がけることで、いくつか見えてくるものがありました。
 姫田さんを訪ね、東京新宿の事務所に行くと、様々な人々が集まっていて、多くの知己を得ました。はる書房の古川弘典さんもそのなかのひとりです。私の本を出していただくことになります(『イヌワシ保護1000日の記録』)。
 炭焼きの紀州熊野の宇江敏勝さん、という存在を教えてくれたのも姫田さんです。中公新書の宇江さんの著作を読みました。現在上映活動が続いている『森聞き』の映画監督柴田さんも一時民映研におられました。
 偶然にも8月24日・25日やないづふれあい館(河沼郡柳津町役場隣)で奥会津大学実行委主催の第1回文化祭・公開講座で、『奥会津の木地師』(ダイジェスト版)の上映、そして金井晃さんとの対談が行われます。姫田さんの民映研初期の作品をここであらためて見ることで、姫田さんの果たした役割を考えてみたいと思います。柴田昌平監督の『森聞き』も上映されます。
 昭和村大岐 農業 菅家博昭
20130801dsc04099
 

« 昭和村のかすみ草 | トップページ | 8月のかすみ草:8月2日(金)702箱→5日(月)552箱へ »

会津学」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ