« 次のステージの花作りとは? | トップページ | 次のスタイル IFEX »

2013年10月10日 (木)

今日で最終日 IFEX

■2013年10月11日(金) IFEX最終日(幕張メッセ)


 暑い日が続いている。

 千葉市の幕張メッセのIFEX展示会の最終日。

 来年は10月15日より開催される。3日間。

 中日の昨日(10月10日)も多くの来場者があった。

 9日の台風24号では昭和村矢ノ原のかすみ草圃場のビニルがいくつか吹き飛ばされている。→ 写真

 10日にIFEX来場者の愛知県の荒木さん「5年後、10年後の産地のことを考えて行動しなければならない」と。→荒木さん
  10日はトルコギキョウのセミナー、生産者交流会があった。また開催を重ねているフラワー・トーク・ナイトも開催され、夕方から参加される皆さんが当ブースにも立ち寄られた。会津田島の湯田浩仁さん、花職人Aizuの手代木さん、千葉佐倉の生花店萌木さん、、、

■私たち昭和村花き振興協議会の隣は岐阜大学のブース。その福井博一先生が、産地の今後について懸念を言っている。→ 福井先生

■IFEXの生産者ブースの九州の八女(菊)では、東京オリンピックのヴィクトリー・ブーケの提案をされている。

20131010dsc06257
 


20131010dsc06285
和歌山県のJAみなべいなみのかすみ草生産者らと。

愛知県の荒木さん
昭和村花き振興協議会(JA、研究会、行政)
福島県金山普及所長谷川浩先生、昭和村産業係金子まきえさん、JA会津みどり昭和総合支店本名智さん・本名寛之さん、かすみ草専門部会長立川幸一さん。
20131010dsc06282
最右がかすみ草アルタイルを開発・育成したミヨシの谷一道さん。卸市場でのアルタイル・プロモーションも昨年から継続して生花店に提案をされている。最左が「かすみ草は主役でしょ」の愛知県のかすみ草農家の荒木さん。夏に昭和村に来られた。
 
20131010dsc06217
 
■昨夜、11月2日に奥会津昭和村で行われるシンポジウム(からむし織り姫事業20年記念)の主催者事務局の星博之事務局担当から電話があり、来週のパネラー訪問日程等が決まった。またパネルディスカッションの進め方についてもいくつか方向性が出てきた。伝統文化の地域での継承のあり方や、民俗文化財(民具)のもつ将来性など、いくつか議論をした。

■10月9日、10日とも生花店・量販店バイヤーの来場者が多かったIFEX。10日はかすみ草生産者も多く来場された。そうしたなかに、いくつか示唆に富んだ話をされる方もおられた。はじめてお会いする生産者、、、が、独り言のように言っている言葉をいくつか、、、、
「冬は考える時間だから、休んだ方がよい」

■中央花きの中谷さん、青山fmの伯野さん、前田さん、、、新しいかすみ草プチパールについて話をした。

■11月26日、都内法政大で、オランダ大使館と共催で、MPSのセミナーを開催することについて、松島義之さんと懇談した。適切な農業のあり方が問われている時代に、どのように購買者に環境負荷を低減するような取り組みについて提案していくべきか?特にバイヤー向けの話をすることで話がまとまった。
 インターネット取引の時代は、付加価値というのは、画面で表示できる情報のことで、MPSはたいへん有利取引(優先購買)に役立っている。今回の出展でも、そのような意識をもつバイヤーが多く立ち寄っている。出展してみて社会が求めていることがよく見える。
 私たちの向かい側にあるMPSブースを訪問する生産者、バイヤーも多く、特に若い生産者、あるいは親子(経営移譲)での意識が変化していることが見える。


■12月10日の東京法政大でのJFMAのイブニングセミナーは私が話すことになっており、そのテーマについても松島義之さんと打ち合わせた。地域調査(地域文化の掘り起こしと継承)と生業のあり方など、これまでの花の生産流通という枠を広げて、生き方の問題について話してほしいという要望である。

■私たちの先輩が鉄道網の充実と東京等都市圏の卸・市場の整備にともない、遠隔地から輸送される生花のブランディングについて、この10年ほど考えてきたことを含める。
 たとえば、なぜ地域の山名を冠した段ボール箱を制作して「×山の花」「○高原の花」とか、地域の名峰を付したのか?

 IFEXで隣接して出展しているMPS参加者の浜松・PCガーベラの若い生産者と、空き時間に立ち話をしている。その際、古代(奈良時代)から地域ブランドがなぜ生まれたのか?など話をしている。それを今後、どのように消費者(生活者)に伝えていくのか?

 土地から生まれた花を、どのように伝えるのか?その技法も問われている。

20131010dsc06196
 
20131009hdsc06201

■YBの花の担当3名の方も来場された。偶然、昼食会場で中川SVと一緒になり、9月後半の郡山市内でのフェアの結果等についてもお話を伺った。平年の6割しか出荷量がなかったことについても意見を交換した。

■埼玉県戸田市美女木のJA全農青果センター内にあるコープみらい・コープネット事業連合の生鮮調達管理部農産担当部長の植野敏弘さん、農産企画担当次長の木村芳夫さん、も昭和花き研究会ブースに立ち寄られた。木村さんにはヤオコー時代に花持ち(日持ち保証販売)でお世話になった。

■会津若松市内に本店があるリオン・ドールの執行役員の星敏行さんにも久しぶりにお会いした(佐藤俊之商品部リーダーバイヤーと)。

■かすみ草の店頭販売のこと、染め色かすみ草についてなど商品開発でお世話になった阿部憲資さんも来場された。フラワー総研、日本フラワー(小売店舗)を八王子市内で展開されている。

■卸では仙花の谷井社長、福島花きの橋本社長、宇都宮花きの山野井さん、埼玉園芸の唐沢さん、大田花きの宍戸さん・高村さん、京橋花きの皆さん、小田急フローリストの仕入れ担当、ヤオコーのトレーナーや店舗の皆さん、板橋のすずき商事社長、名古屋花き社長、三和陸運、日植運輸の柏村社長、福岡花市場の原組合長、フラワーフォレストの小林さん、、、、、

■昭和村のかすみ草 → 立川幸一部会長が、、、10月9日
 

 

« 次のステージの花作りとは? | トップページ | 次のスタイル IFEX »

かすみ草2013年」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ