« 最後の晴れ日 | トップページ | 明日(11月12日)午前、大芦家冬季講座はじまる、天草の染めラメ »

2013年11月10日 (日)

11月9日、今季のハウス解体の終了、、、、

 ■2013年11月10日(日)

 晴れの一日。
 ブナの樹は落葉しました。いつ雪が降ってきても大丈夫です。集落まわりのコナラの里山は、黄金色の葉を付けたままです。それが陽光で輝いています。



 朝は零下3度、結氷で、太陽光が出るまで、かすみ草栽培用のパイプハウスの22ミリの鉄管には氷りが張り付いていました。接合部も氷って、なかなか抜けません。
 今朝の会津盆地は気温4℃、柳津町西山地区の道路案内電光の温度計は0℃、大成沢から琵琶首の獅子落トンネル前で、-1℃、昭和村大岐は-3℃でした。
 午後1時から3時、佐倉のカラムシ織の里集合で、県外2名、村内4名の方を「野尻組の会津戊辰戦争展の現地視察会」に案内しました。今回は大芦を除いた地区で、野尻(徳林寺境内)、小中津川上田墓地(義綱墓)、両原(伝承館脇不動様前)の3ヶ所で由来の場所等の説明をしました。前日の寒い雨の視察と異なり、今日は晴天でした。
 役場のワゴン車に乗っての村内移動でしたが、今日の晴天が降雪前の最後であるため、各所で被覆していたビニルをハウスから外し(午前中に妻、裾、肩を明け換気しビニル内部の結露水分を蒸発させた後にビニルをはずす)が多く見られました。
 
 11月末まで、採花ができるかすみ草を残して、ハウスを解体、というのが今年は、7月下旬の低温期を含む、生育遅れが出荷数量減等として大きな影響を与えました。過去3年間、高温の夏のため10月分が9月はじめに開花する、という情況が一変しました。
 会津盆地南西域の様子 → 新鶴の菊地敏雄さん
--------------------
■札幌でご活躍の薄木さんのためいき  → ねたみ
 
■宇田明先生 → キク、バラ生産への処方箋 
■岐阜大・福井博一先生 → モノを売ることからの脱却
 
■カインズホーム、花の日持ち保証販売がはじまっている。 → MPS松島義幸さん
 
■環境負荷低減プログラムによる花づくり。オランダ大使館。→ 11月26日、都内でMPSセミナー 
 
■南会津町田部、土っ子田島ファーム 湯田浩仁さんのトルコギキョウ、カラー、、、 → 私のMPS 
 
■8日の夜、只見町布沢のかすみ草栽培農家の菅家和義兄さんから久しぶりに電話をいただいた。来年はかすみ草の新品種マグネット(エクアドルのエスメラルダ社育成)に切り替える、という話でした。今年夏、私の試作したフクカエンの品種で、茎の弱さについて話すと、「摘芯を変え、多本数・短茎の仕立てに、変えればそれは克服できる」と具体論を話されました。田島町の善蔵さん(亮平君)の秋咲きの試作もみて、花の美しさに惹かれて、それを活かすための栽培技法を考え続けていたようでした。
 生産地の持つ現状の規格の枠内にその品種(かすみ草という花)を押し込めることなく、その花の求める価値を実現できるサイズ(長さ)で提供する、という考え方をすれば、活かせる品種はあり、それは卸市場でのサイズ(長さ)による価格決定価値ではなく、「花の美しさ」を消費者(生活者・花の利用者)に届けることになります。
 セレクタ社のプチ・パールも同列に位置する極小輪の花です。
 マグネット、プチ・パールとも日本のかすみ草が持っていない美しさを持ち、実はそれが本来日本古来の「和風なかすみ草」であることに気づきます。長さ(サイズ)に価値を置く時代は20世紀のものだったと思いますが、しかし価格構成は長さ基準の現行卸価値は、宇田明先生のキク(菊)の事例(長さが価値)を見ても、わかります。切り花の価格についても草丈中心主義からの見直しの時代になっています。そうしないと短い花らしい花(草花)の価値が無くなり、生産されなくなってしまいます。
 短く作るというのはエネルギー・セーブ栽培(MPS上位)です。モノからコトの時代、といわれても、それを具体的価値にして表現する、訴求する技法が求められています。花に付与する数値的情報(MPS)のほかに、文化的付加価値を表現する時代に入っています。(菅家博昭)
 

« 最後の晴れ日 | トップページ | 明日(11月12日)午前、大芦家冬季講座はじまる、天草の染めラメ »

かすみ草2013年」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ