« 現地踏査という手続き | トップページ | カンムリワシが守る島 »

2014年1月 7日 (火)

次の訪問先へ

■1月7日(火)那覇市、晴れ 12時45分記述(那覇空港B、36A搭乗待合室にて)


 沖映通りのジュンク堂書店1階で、国土地理院の地形図を購入しました。現在、書店で地形図を置いているところは多くなく、新店では、置いていないところが多くなっています。なお、会計で、レジ担当者が、地形図はどのように会計すればよいのかを、売り場上司に聞いていました。「バーコードを読めばよい」という返事でした。どのように包むのか?とも聞いていました。丸めて、このビニル袋に、、、という具合でした。
 全体がわかる20万分の1を1枚@320円、該当区域の5万分の1を5枚@290円,2万5千分の1を7枚@270円。これから訪問する島のものです。
 国際通りの宿屋の裏通りを歩くと発掘調査をしていました。墓地跡、ということで少し見ました。周囲にはカラムシ(苧麻)と、ススキが見られました。市内中心部です。

 ノートパソコンの入ったデイパックを背負い、肩掛けのバッグと、購入したかすみ草10本包み。ジュンク堂前に客待ちしているタクシー乗用車に乗りました。乗り場前は宝くじ売り場があり、20人くらい並んでいます。
 1昨年新しく開通した海沿いからトンネルで空港に行く経路で、1280円でした。沖縄のタクシーの初乗り運賃は500円です。

 那覇空港の3階のB側、ANAのチェックインカウンターのある近くで下車し、1階に行き、昨日預けたスーツケースを受け取り(350円)、また3階に戻り、手荷物預けのカウンターに並びました。機内持ち込み手荷物だけだと、すぐチェックインできるのですが、荷物預けには1時間ほど並びます。
 バーコードの印刷された航空券チケットを掲示し、X線透視の機械にスーツケースを入れ、セキュリティチェックのシールを開口部に貼られます。それを、チェックインカウンターで預けます。12kgです。20kgまでは無料です。

 手荷物預けカンターの奥にはベルトコンベアが右方向(B方向)に動いており、預けたスーツケースには持ち手のところにラベル荷札を付けられ、そこに置かれ流されていきます。動物、、、小さな手提げ檻にて、犬を預ける場所でもあり犬の鳴き声が盛んにしています。動物と旅する人も多くなっています。

 チェックイン後、2階に下がり、搭乗口の検査口から入ります。ここも、並びます。パソコンを出して、それ以外の荷物、かすみ草の束も透視装置を通過しました。ちなみに、空港内の手荷物預け所では、生花(今回はかすみ草を持っている)は預かりません。新聞包みでかすみ草を持ち歩いているので、「お客様、そのお花は預かれません」と言われました。

 那覇空港は2カ所の出発場所があり、日本航空は正面から見て左翼のA、全日空は右翼のBです。離島向け搭乗口は、今回は36Aという場所です。2時間前に入りました。羽田行き便は場内アナウンスを聞いていると、ほとんどが満席のようです。

 今朝は宿屋で朝食を8時に食べました。ビュッフェ形式で1500円です。席は120席ありますが、満席でした。なお2回転ほどしていますから、小さな宿屋だと思っていましたが、客は多く泊まっていたようです。
  チェックアウトは11時まで、ですが、30分前に4階の部屋を出て、梱包した荷物を1個、ロビー脇の佐川急便のカウンターで自宅宛返送しました。昨日購入した本やCD、衣類です。2000円でした。11時まで預ければ、明日届くそうです。ただスプレー類は同梱できないのですが、仮に同梱すると船便扱いとなり時間がかかるそうです。そのようなものを入れいてない、という署名をしました。

 昨夕は気温も下がり、Tシャツ1枚に長袖木綿のシャツでは少し寒かったです。市場で働く皆さんは、寒い寒いとズボン下(パッチ)を今日ははいている、と行っています。気温は日中は17度と暑く、夕方は少し気温が下がっています。東京まで着ていた防寒衣は着る必要がありませんが、那覇の人びとは防寒衣を着ています。
 晴れると紫外線が強く、目が少し痛みます。
 歩くと汗がにじみます。
 
 
■使用しているノートパソコンはマイクロソフト社のSurface Proです。ネット接続はHW-02A。バッテリー駆動です。
 
■  
 
20140106sdsc03015
 
20140106sdsc02783
 
20140106sdsc02786
 
20140106sdsc02793

« 現地踏査という手続き | トップページ | カンムリワシが守る島 »

地域の様子」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ