« パリのランジス花市場から、 ドイツ・デュッセルドルフ市着 エッセンのIPMへ | トップページ | 地下鉄工事 ドイツ・デュッセルドルフ市内 »

2014年1月29日 (水)

ドイツIPMからオランダ経由で、帰国へ

■2014年1月29日(水)ドイツ・デュッセルドルフ市内滞在 曇り

 
 現在、漆黒の午前4時。日本時間JST12時。

 28日にエッセン市での花の展示会IPMに行き、かすみ草種苗会社のダンジガー社のミハさん、担当のニムロッドさんと現況について懇談しました。全世界への供給率としては、大輪のエクセレンスが増加し・極小輪のミリオンスターは微減。しかしユーザーであるフローリストやバイヤーからの指示は圧倒的にミリオンスターである、と語っていました。今後の戦略(ビジョン)、、、かすみ草世界での品種構成等、聞きました。ダンジガーは創立60年の冊子、プロモーションで、ミハさんの父母の若い頃の白黒写真を多用していました。


  先方からあいさつされたのですが、日本の朝山和代さんが来場されていました。オランダのホルティフェア等で装花の実演をされた方です。
 
 
 会場内に8あるパビリオン、その中に林立するサインボード・幕、、、100年、50年、というものも結構見受けられました。それらは白黒写真を引き伸ばしてパネルとしています。歴史、を見せる時代になっています。
 
■今回のIPMでの各社のブースにはかすみ草は多く見受けられました。ピンク八重のかすみ草(ダンジガー社のマイピンク)を多用したブース(オアシス、フロラライフ)、白のミリオンスターが多く花材料としてアレンジされていました。
 
 静岡県から参加されている大場さんにも聞いてみたのですが、羽衣ジャスミン(ラインとして短くしても)が多く、またマトリカリアとか、草花の雰囲気、やわらかさ、、、、白い花、、、、そういう雰囲気を出そうとして、依頼者からの装飾提案に変化しているように見受けられました。テーマ展示の色のある世界、、、、それは地下展示場等にまとまっています。
 

 かすみ草は葬儀、それ以外にも多用されていました。
 

■昨夜の会食、最後の夕食でしたが、私の感想は、環境配慮への対応、社会的な課題への対応を打ち出すブースは、ドイツの輸入商社であるオムニフローラ(フェアトレード)ぐらいで、あとはなりをひそめています。MPSのブースは健在ですが、それ以外の会社は、パリ市でのメゾン・エ・オブジェでも見られなかったような環境配慮・社会的課題への対応という、経済原則に反するような提案はしない、、、というような印象を受けました。
 
 一方、現実社会では、ドイツが欧州連合EUの先陣をきって、ワインの栓をコルクからスクリューのふたに切り替え、LEDの照明、ハイブリッドや電気自動車のスタンドが増え、、、ています。
 
■8時45分にドイツ・デュッセルドルフ市の宿を出て(ここは、ホリディインで、イスラエル資本に買収されレオナルドとなったようです)、空路、オランダに向かい、成田行き航空機に乗り換えます。
 
 28日は748枚撮影。ビデオは市内を撮影。
 
■デュッセルドルフ市内の生花店2店、露天風の区域での花屋さん多数、を見ました。古いマーケットにはジャガイモの多数の品種を売る店や、肉、八百屋がありました。生花店も生きています。
 
■2月18日にJFMAは今回の欧州視察の報告会を公開で開催します。
 
 → 小川先生    →松島さん
 
Dsc03729
 
 
Dsc03405
 
Dsc03404

 
Dsc03335
 
葬儀鎮魂の白。骨壺の装飾。かすみ草とトルコギキョウの白。
 
Dsc03336
 
バレンタインデーは、かすみ草の白に赤のハート。
Dsc03391
 
Dsc03396
 
Dsc03398
 
Dsc03340
 
Dsc03343
 
Dsc03349
 
Dsc03351
 
Dsc03355
 
Dsc03360
 
Dsc03363

 
Dsc03368   
 
 
Dsc03674
日本のインパックの出展。
 
Dsc03651
日本ブース。ジェトロと農水省MAFF。
 
Dsc03637
埼玉県大宮の盆栽。冊子はモノクロ人物で秀逸。
 
Dsc03640
 
 日本企業はサントリーが大ブースで展開し、サカタも小規模で背中合わせで、出展。
 
Dsc03460
   圃場の航空写真。

 
Dsc03961
 
Dsc03664
 
Dsc03666


Dsc03433
 
Dsc03561
MPS
 
Dsc03546
ドイツのオム二フラワー(輸入会社)のフェアトレードのかすみ草


 Dsc03557
 
 
Dsc03551
 
Dsc03548
 
Dsc03316
オランダのクリザール社。フェアトレードの花の品質のサポートをされている。
 
 Dsc03527
 
Dsc03319
水揚げバケツ用のクリーナー。効果が持続する。
 
Dsc03582
ガーベラのキャリーバッグ。小売り用。
 
Dsc03589
オランダの生産者グループ デコラム
 
Dsc03594
 
Dsc03592
 
Dsc03591
 
Dsc03626
アルストロメリアの新品種。着花は5段。
Dsc03627
 
 
Dsc03531
 
Dsc03980
ECO FAIR PRODUCT

FAIR FLOWERS  FAIR  PLANTS

MPS

 
Dsc03509
 

デュッセルドルフ市内
Dsc03749
 
Dsc03910
 
Dsc03843
 
Dsc03818
 
市内の生花店
 

 Dsc03810
 
 
Dsc03861
 
ジャガイモは多様。茶色の絵入り紙袋に詰める。
 
Dsc03862
 
Dsc04048
1月28日の夕食。じゃがいも、塩味の魚類。
 
Dsc04043
 
Dsc04041
 
Dsc04032
小さなブリュワリー(ビール醸造・レストラン)
 
 
 
Dsc03846
 
Dsc03912
 
Dsc03775
デュッセルドルフ市内飲食店のショーウィンドウ。
 
ARIGATO FROM FUKUSHIMA ふくしまから、ありがとう 
会津の起き上がり小法師(伝統民芸品)。
 

 
 

« パリのランジス花市場から、 ドイツ・デュッセルドルフ市着 エッセンのIPMへ | トップページ | 地下鉄工事 ドイツ・デュッセルドルフ市内 »

2014年1月 JFMA欧州花視察」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ