« 毎日通いたくなるスーパー福島屋(都内) | トップページ | かすみ草 ビューティ・ブライド(ケニア産)、エアリーフローラ »

2014年3月11日 (火)

続く事故(大岡昇平の遺稿)

■2014年3月11日(火) 雪

 今日は上京します。吹雪、悪路のため、午後のJFMAセミナーからの参加に間に合うように努力して参ります。JR大森駅の宿に泊まり、12日の朝は大田市場の花仲卸の中央花卉(かき)を訪問します。

 3月10日は、吹雪のため午後より磐越自動車道の会津若松・郡山間が通行止めとなり、事故も多発した。
 
  → 会津っ子日記
 
 
 
 
  → 3月28日 MPS参加者ネットワークセミナー(愛知県内豊明市場等)
 
  ※3月第5週は年度末の公務(文化財保護審議会等)、送別会等があり出張はせず、在村です。
 
 3月10日、午前8時前に通院・受付が5番で、8時30分から検査し、9時の予約は2番目で10時前に終了しました。東大医学部出の代謝担当の先生は3月末で異動され、4月から新しい先生に。薬局を開店できるほどの量の薬をいつもいただきます。院外処方の薬局窓口で、よく通院患者が薬剤師に語る言葉があります。「こんなに薬を飲んで、病気になりませんか?大丈夫ですか?」と、、、、「それは担当の先生(医師)に聞いてください」と応えます。
 
 午後、外部監査(通院日の午後に毎月の経理の監査を行うように最近しています)を済ませ、会津若松より高速道に。新潟側は通行可能で、郡山行きは吹雪通行止めでした。昭和村もすごい量の雪が、またふりました。
 
 午後4時、昭和村下中津川の小学校に。先の土曜日に放送大学千葉学習センターの宮野所長から預かった資料(楽譜)を、佐々木裕子先生に届けました。8月7日、8日頃に昭和村で計画されている催事があるようです。
 その後、閉店直前のファーマーズカフェ大芦家へ。土曜日の千葉講演の集客に努力(宣伝)してくれた店主佐藤孝雄氏に、当日の様子をお伝えしました。『じねんと』にその聴講者からの記事を掲載されるようです。特製のかぼちゃのスープをいただきました。
 
20140310dsc06152
 
3月の雪で、昭和村大岐の家の前の川は排雪で埋まりました。
例年にない大雪になっており、春の作業が遅れそうです。
 
 
20140310dsc06151
午後6時撮影。
 
20140310dsc06153
 
  昨年から通院していて、この病院の大きな変化は、長いすに座り待つ来客(患者)に、職員・看護師のほうから、歩み寄り説明・受付票等の確認、案内を行うこと。移動が不自由な来客を呼びつけることはない。氏名ではなく、番号制が多くなっていることには違和感を感じるが、それがプライバシー尊重なのだろうか?
20140310dsc06136
 
■青苧(からむし)の資料として購入した鈴木貞夫『今こそ上杉鷹山に学べ』(幻冬舎ルネッサンス、2011年刊2刷)のあとがきに、平成元年1月、朝日新聞に作家大岡昇平の遺稿として掲載された文章が紹介されています。
 
 「ソ連(ロシア)は1917年の建国以来70年で、チェルノブイリ(原発)事故で、技術的未熟、もしくはアメリカに追いつき追い越せの背伸びの弱点をさらし、世界中に災害をふりまいてしまった。アメリカも、スペースシャトルの失敗で、1945年の核実験成功以来はじめてつまずいた。
 次の原発事故は、日本かフランスだろうといわれている。ところが日本は電気も余っているが、銭も余っているので、世界で原発を増設しようとしている唯一の国だそうだ。出力調整なんて数やっていれば、確率的にリスクは大きいはずである。七九翁はふるえている」
 
 大岡氏の心配は23年後に現実のものとなった。
 
20140310dsc06159
写真はクリックすると大きくなります。
 
20140310dsc06157
上杉の米沢藩は青苧(からむし)
 
20140310dsc06155
 
 
20140310dsc06160
奥会津だより 79号
 
20140310dsc06163
 
711(セブンイレブン)の弁当類のデザインが白っぽく、スクエアなものに変わってきています。クリエイター(デザイナー)が、コーヒーのドリップメーカーのデザインを含め、デザインに関与しています。その母の日のカタログも、カーネーションをわかりやすく出しています。母の日は、という一般のイメージの喚起をしています。 
 
 しかし2ページ目からは「遺伝子組み換え植物」であるということを記載せずに、青いカーネーションが掲載されています。
 
 →ウィキペデイア   によれば、カルタヘナ法(遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律)における「第一種」に平成16年6月に認可され、遺伝子拡散防止措置を行った、切花のみの形態で流通
 
20140310dsc06161
RHSJ 英国王立園芸協会日本支部 から雑誌が届きました。
 
20140310dsc06162
 内山節『自由論』(岩波、2014)は、信濃毎日新聞に連載された記事を1997年に刊行したものの、新装刊です。
 
 この新装版へのあとがき(2013年11月)が重要な考え方(自由な関係とはなにか?)を示唆しています。次のようにはじまります。
 
 たとえ主張に矛盾があっても、私たちはつねにふたつの視点から発言しなければならない。それが現代という時代だと私は思っている。
 
  (略)
 
 一方では安定的な雇用の必要性を主張し、他方では労働のあり方自体を問う。現代において必要なのはこのふたつの視点である。前者の主張を忘れれば現実への責任を果たせず、後者の主張を忘却すれば今日の根源的な課題を問うことができなくなる。
 
20140310dsc06149
 
20140310dsc06154
日本農業新聞 3月8日 柳津町琵琶首境ノ沢の鈴木茂三郎さん。かすみ草栽培。

 
 
■3月14日(金)午前10時、昭和村佐倉 からむし織りの里 織り姫交流館、出展者会議。

 
 

« 毎日通いたくなるスーパー福島屋(都内) | トップページ | かすみ草 ビューティ・ブライド(ケニア産)、エアリーフローラ »

雑誌・新聞・図書・情報」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ