« 零下10度 | トップページ | はなあーと(名古屋市) »

2014年3月 5日 (水)

植物繊維を裂き、糸を撚る、工程の意味を考える

■2014年3月5日(水)

 3月5日(午前10~19時)から都内御徒町の上野松坂屋 第2会場の南館7階ふるさとマーケットで、昭和村のからむし織り展示、糸績みの実演(東北物産展)。本館1、2階?でも展示。赤木洋子さんらは、7日昼ころまで糸作り実演されるそうです。
 
 → 上野松坂屋
 
■3月4日(火)午前9~13時、奥会津・ファーマーズカフェ大芦家の冬期講座の最終。「奥会津のからむしとアサを考える」。アサを雷からまもるための栃木県の雷電さまのことも参加者より話題提供がありました。
 
 佐瀬与次右衛門『会津農書』、永原慶二先生の苧麻、、、のほか、自ら工夫して繊維を糸にして布にして服を仕立てた意味、工程の意味、仕事の意味、生きる意味を考えました。
 
 横井庄一さんの『明日への道 全報告 グアム島孤独の28年』(文藝春秋、1974年)の156・157ページを取り上げました。12名。
 
 
 パゴ(ハイビスカス)の木を切って繊維を作るのに一ヶ月位、それを織り上げて布にするのに三、四ヶ月、そしてそれを縫(ぬ)って洋服の上下に仕立て上げるのに一ヶ月と、たいへんな苦労の連続でしたが、一面、物を作って仕上げるという充実した喜びが味わえました。
 
 糸づくりも初めの頃は、生木からはいだ薄皮ですぐに糸に撚(よ)りましたが、それだとアクがあるとみえて、着てから汗をかくと糊(のり)みたいになって、体にべたべた貼(は)りついてきます。
 
 そこで次に、はいだ一枚一枚の薄皮を二日間も水にさらしてアク抜きをしてみました。しかし、それでこしらえても、やはりまだアクが出て、雨にでも遭(あ)うと体がぬるぬるするし、それに、やはりアクのせいかすぐに目が粗くなって穴があきやすくて困りました。でも当時は、当座しのぎだと思って、始終つぎはぎして間に合わせていました。
 
 それから十年も経(た)ってからですが、糸をよるのに普通の糸のようにしっかりとよるとかえってまずいことに気づき、繊維を大まかに、撚(よ)りを加えるようにした糸で織っていくと、それまでの難点が解消するのを発見し、以後は枠をもう少しおおきなものにし、本格的な織物生産に入っていくことができました。
 
 
■3月4日は晴れ、気温は零下10度。雪(空気中の水蒸気)は1から2センチの薄い羽状の大きな結晶となっていました。
 3月3日より、昭和村野尻中向のかすみ草の集出荷施設に冷房源となる雪の投入がはじまりました。 → 雪室
 
  昭和村花き振興協議会(かすみ草)では、3月中に、新しいかすみ草の品質管理技術(前処理・輸送技術)についての講座を準備しています。日程・講師の調整を金山普及所の長谷川浩さんが行っています。
 
20140304dsc06733_2
 
20140304dsc06713_2
 
20140304dsc06775
 
20140304dsc06777
昭和村大字小野川字大岐、大岐集落
 
20140304dsc06763
岩山(岩下山)、手前平地がかすみ草圃場、パイプハウスを解体して越冬しているため、ハウスは見えない。
 
20140304dsc06771
ふっかけ(雪庇)
 
20140304dsc06774
博士山西麓と楢布原。集落名は奈良布。
 
20140304dsc06755
昭和村大芦、ファーマーズカフェ大芦家前の石祠(かみさま)
 
20140304dsc06757
お供え(奉納)の布、供物。
 
20140304dsc06787
 
■『農耕と園芸四月号』(誠文堂新光社)の原稿・ゲラが編集部よりメール添付PDFで届き校正しました。A4版の1ページ、「産地通信1 日々のいとなみ」。
 
 
■千葉県千葉市美浜区若葉2-11の放送大学千葉学習センターの平松さんから最終的な打ち合わせのメールがありました。3月8日(土)は午後1時からの更級日記の講義を受講し、その後、同場所にて私も話すことにしました。
 
■3月4日、母の弟・武清伯父から電話があり、小野川の商店を経営されていた船城久さんが亡くなりました。85歳で体調を崩し入院していました。父母は親戚筋にあたるため、遺体が帰宅したころ見舞いに行きました。6日に会津坂下の葬祭場で告別式です。
 
■3月4日、京都のポールさんから電話がありました。銀河ウェイや、新しいかすみ草のプチパールのプロモーションについて、でした。セレクタ・ジャパンの代表です。オープン・ハウスをしていた愛知県一色町(フジプランツ)でカーネーションが咲いている、ということでした。時間があれば愛知県出張時に、そこを訪問するよう言われました。
 
■予定:3月6日(木)は愛知県豊橋市、JR駅前でフクカエン種苗の松永さんと待ち合わせし、その後、10時30分にベルディ(育苗)を訪問したあと、名古屋まで移動しながら花の販売店を訪問します。6日は名古屋市内納屋橋泊。7日(金)の朝は松原町の名古屋花きに水野澄人さんを売り場に訪ねます。
 
■予定:3月11日の午後のJFMAセミナー(午後と夜)に参加する予定です。12日の朝に中央花き訪問の予定です。
 
 
■予定:3月24日(月)夜、この 3月で村を離れることになった人の送別会。
 
 
 
 

« 零下10度 | トップページ | はなあーと(名古屋市) »

会津学」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ