« 会津青苧への道(その3) からむし(青苧)繊維の色と規格、性差の分担 | トップページ | 定植したかすみ草の行方 »

2014年5月 2日 (金)

かびがつかない対策

■2014年5月2日(金)曇り


 群馬県のカネコ種苗より、新かすみ草苗・スターマイン(今年全国発売の新種)が届き、ポット仮植作業が行われました。 
 

  風有り、ハウスへの屋根ビニル被覆には難がありました。が、岩下(上5)のハウスはビニル被覆をしました。カネコ種苗のメレンゲというかすみ草を植えています。
 
  4日には名古屋のフクカエン種苗の松永亮さんも見えられることから、同社が販売している種苗を植えている圃場の整理もしました。マグネットと、ファンタイムです。
 
  過日、出張不在時に、大阪の住化(すみか)農業資材の営業担当の方が見えられ、ベージュ地の、かすみ草ベールスターの新しいポスター、チラシを届けていただきました。今後、取引先に配布、掲示してもらいます。
 


 一昨日の山形調査時に雨天時土手を歩き転倒しかけ左手人差し指の第2関節上部を裂傷したため、左手不自由で昨日一日は作業を休みましたが、今日は作業をしました。
 
■昼前、JAの寛之君から新聞社からかすみ草電話取材という電話を受け、その後、全国紙Y新聞関西地域のS支局の方と話しました。脇役なのに、なぜ主役になっているのか?という内容でした。一通りお話をしてから、大田花き花の生活研究所の研究員内藤女史を紹介しました。彼女は最近、かすみ草の使われ方の変化(婚礼等)をよく見ていますので、適任だと思われました。5月中旬に記事になるようです。
 
■地域デザイン学会の「コンテンツから、コンテクスト・デザイン」という概念に少し惹かれていて、同会編集の四冊の単行本をいま読んでいます。知識や文化、地域の伝統、歴史をとらえたコンテクスト、提供方法の開発概念です。
 5月30日に茨城県石岡市(国民宿舎つくばね)で、同県の花の会合で「花農家の経営」の、お話をすることになっていて、そのための資料作成も現在していて、そのこととコンテクスト・デザインがつながっています。
 昨日に金山町の県立川口高校でも、自らの31年のかすみ草栽培について少し話をしました。過去と今が異なるのはやはり311後の社会環境です。重油高・電気高のなかでの農業経営は、自然と対話が可能な経営とすることと、その取り組みや関係性の価値をどのようにステークスホルダーに理解していただくか、伝えるのか?ということにかかっているように思われるからです。
 
 時代の転換期にその地域の産業(植物生産)を、近世(江戸時代)から明治期のことをアサやからむし(青苧)、木地、漆蝋などを通じて考えてきています。どのように社会環境(経済環境)に対応することが、より長くその植物生産を継続することが可能なのか?という視点で見ています。
 
■グアム島で長い時間、野外生活をして、自らの衣料を、そこに自生する植物から繊維、糸、織りをして自製した記録を読んでいて感じるのは、モノとなったときの堅牢性(丈夫さ)です。植物繊維の取り出し、一次加工では、ぬめりや腐食、カビなどへの対応として水にさらす(晒し)、天日(陽光)で干すなどの対応をすることになります。
 特に原料繊維の移出を伴う場合は梱包後の輸送環境と時間経過でのカビに留意が必要になります。
 
 植物繊維を、糸にする前の原料(原麻)として移出する場合には、商品価値としての最低の品質保全措置としての、水晒し・乾燥で、それらの価値を低くしない対応が求められます。カビとの関係を考えることが、流水加工、乾燥(干し)、あるいは熱湯処理にも、そのような意味を考えながら、加工の工程が創設された社会背景と意味を考える必要があります。
 
 
■ドライフラワーやプリザーブドフラワーに加工していく場合も、加工後のカビの発生は結構多くみられます。
 切り花としてフレッシュな提供の場合にも、花には、低温でもカビが発生(ボトリチス)して商品価値を無くする場合も、よく知られています。
 

20140501news
 
 
220140430dsc00374
山形県南陽市 宮内熊野神社境内 青麻神社
 
220140430dsc00417
熊野神社鳥居脇の書店。南陽市史編集資料、市史、等が全部ありました。
 
220140430dsc00419
 
220140430dsc00420
 
220140430dsc00422
 
220140430dsc00423
 
220140430dsc00421

市史4冊、資料集4冊を購入(2万円)。帰宅後、毎晩これを読みます。

市史編纂の資料集は現在も発刊しています。30号を超えています。
 
220140430dsc00452    
南陽市 吉野川沿いが米沢苧の中心域のひとつ北条郷。
 
220140430dsc00429
 
220140430dsc00434
 
220140430dsc00439
しもおぎ
 
220140430dsc00468
 
220140430dsc00469
 
220140430dsc00472
創業 明治24年(1891年)
 
220140430dsc00523
 
220140430dsc00507
 
220140430dsc00519
 
220140430dsc00498
 
220140430dsc00504
 
220140430dsc00506
 
220140430dsc00476
 
220140430dsc00477

----
Dsc00728
南陽市史編集資料 第6号
北条郷青苧栽培と青苧商人
 

吉野川流域(北条郷) 小滝村
1856年、安政三年 青苧畑の場所

 


« 会津青苧への道(その3) からむし(青苧)繊維の色と規格、性差の分担 | トップページ | 定植したかすみ草の行方 »

花と農業」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ