« 新かすみ草:プチパール越冬株の植え替え(セレクタ社育成) | トップページ | 山口弥一郎博士が採録した言葉のちから »

2014年5月10日 (土)

畑に聴く、カラムシに聴く 五十嵐英盛さん(昭和3年生)

■2014年5月9日(金)小雨。午後3時から80分ほど、篤農家翁に教示をいただきました。

 
 昭和村大芦の五十嵐英盛(えいせい)さん(昭和3年生まれ)。昨年、先祖の初代大芦村長 五十嵐伊之重(いのじゅう)のことを、いろいろとうかがいました。今年は、カラムシ(青苧)栽培のことなどを聞いています。

   →英盛さん
 
 佐倉のからむし工芸博物館の吉田有子さんに、畑仕事に忙しい英盛さんとの話をうかがう日時調整をお願いして、吉田さんとともに英盛さんの自宅でお話をうかがいました。
 
 今年は、雨が降らない、、、、という話からはじまって、5月下旬の「カラムシ焼き」の後の、圃場(畑)への水やりが大切であろう、という話になりました。それは、このような雨水が降らないなかでカラムシの根は水が欲しくて困っている。焼いたその日に、どれだけ畑に水をやれるか?にかかっている。しかし日陰地であれば水をやりすぎれば根腐れする。
 これまでも、このような「春はしゃぎ(乾燥)」の年に、あと1回水を運んでかければよいが、と思っても、疲れてその1回をおろぬいて、うまく発芽が揃わなかったことがある。
 春の雪消えから、天候を見て、畑を見て、今後のことを考えている。
 
 「その畑に聴(き)いて、ものごと(仕事、作業)をやる」
 
 「ヒト(他人)に仕事を合わせていたのではだめだ」
 
 夏になって、隣の人が、カラムシ挽(ひ)き始めたからって、我が家もやっぺとすっからだめ。「ヒト(他人)定規(じょうぎ)」にすっから、うまくいかない。
 
 「カラムシに、よく聴いて、挽かねえでは だめだ」
 
 「昔は、村中(むらじゅう、大芦地区)、畑は、ヲとカラムシだけだった
 
■1973年に発刊された『昭和村の歴史』(福島県昭和村)、98ページには、「漆木(うるしぎ)のない組」という室井康弘先生(田島町史編さん室長)による昭和村の近世文書の紹介があります。
 
 文政元年(1818)寅九月(あるいは文化3年、1806)に書かれたと思われる文書に、去る未(ひつじ)年のこととして、文化8年(1811)に、「尾岐の漆役人川島与五右衛門が出張され喰丸村にお泊まりになったとき、各村々の三役人が呼ばれて、(漆の)苗木を植え付けぬとは不届き千万とおしかりを受けた(略)。
 このたびもまた催促を受けたが、野尻組(現在の昭和村)は畑の不足なところで、その畑は麻(を)や青苧(からむし)がいっぱいで、これをもって年貢を納めているところがらだから、なにとぞ、漆(うるし)の植え付けによる小前の労費をご容赦願いたい、、、、

 200年前に書かれた文書にある昭和村の畑の様子は、最近まで(昭和30年代まで)、村人の意識にある景観となっています。
 

20140509dsc01224
 
20140509dsc01207
英盛さんが昨年秋に挽いた繊維
 
20140509dsc01206
 
20140509dsc01212
自ら畑で育てた繊維を綯(な)い、作った「ほそびき」
 
20140509dsc01221
シタナミ(皮付きで乾燥したもの)を2本交互に編み、端を葦で止めた「すだれ」
 
20140509dsc01222
チューリプの絵も描かれた。
 
20140509dsc01223
雪を筋に掘って、ビニル被覆して促成栽培した茎立菜(くきたち・な)
 

« 新かすみ草:プチパール越冬株の植え替え(セレクタ社育成) | トップページ | 山口弥一郎博士が採録した言葉のちから »

会津学」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ