« 強風、、、、、北海道では雪 | トップページ | 幸一郎さんの無加温促成かすみ草:メレンゲ »

2014年5月17日 (土)

公開試作の意味、、、、、

■2014年5月17日(土)雨  気温5度。日中は10度予想


  昨日の午後の強風は雨まじりで続き、いくつかハウス被害も発生しています。夜は村内大芦のファーマーズカフェ大芦家で5月31日夜のなかよしバンド(1980年結成)公演のための自作曲の練習会でした。暗譜(楽譜を見ないで演奏、歌を歌うこと)はほぼ終わりました。今回はベースを3曲担当します。いくつかアレンジを変えると佐藤孝雄氏が言うので、多少の緊張感が当日まで残ると思います。

 ただ、ハウス建て作業をしていると握力はつくのですが、あまり指が動かなくなります。ギターを弾くのはなかなかたいへんです。4名(アコースティックギター2、エレキベース1、キーボード1)。入場には、まだ数名余裕があるようです(→→→ オオアシヤの佐藤孝雄氏へ)。
 
 次回の練習日は5月24日の夜。なお31日は農協総代会が会津坂下で行われます。

 
  今日は午前10時頃に仙花の取締役執行役員の上原正利さんが来村され、村内圃場を歩きながらお互いの仕事の状況を交換し、本年の取り組みの優先順位を決めます。
 
  明日は、柳津町主催の博士山山開き。8時より北側の大成沢の登山道。
 

 
  会津盆地(新鶴)のかすみ草が開花、出荷をはじめました。JA会津みどり洋花部会かすみ草の菊地さん。かすみ草専門部会は25日頃? 昭和花き研究会は1ヶ月後の6月中旬からの出荷予定(かすみ草メレンゲから)。 → 高尾嶺農園の、かすみ草みやび(大阪の住化育成・早生種)
 

  愛知県渥美半島のかすみ草生産地の荒木さんが和歌山県のJAみなべいなみや、和歌山県の橋ヶ谷の岩崎幸生さんの視察に行っています。かすみ草のにおい抑制トリートメント。 → かすみ草は主役ですの荒木さん

 

 
■午後、金山普及所の岩沢正浩さんが来岐されました。6月4日か5日に昭和村花き振興協議会主催のかすみ草あぜ道講習会について、村内3カ所(中向上ノ山、矢ノ原、小野川)で開催することになりそうです。
 
 協議会の試作かすみ草品種についても予定をうかがいました。

 
 昭和花き研究会での公開試作する新種かすみ草は7品種の予定です。品種選定のための試作と、営業試作(当地にあう作型開発)があります。試作は現在の、品質価値ではなく、将来の課題(栽培、販売、使用、装飾、日持ち)を考えるため、産地のあり方を考えることです。そのため、試作を行わない産地は、産地の将来と社会の関係を考える場をみずから放棄することになります。様々な農作物の生産地をみていて、試作という研究開発の位置づけは、一般企業と同じです。その花に合う販路を考えることが試作の意味です。そうした試作種を見ることのできる取引先をいくつ抱えるのか?も大切なことで、同じビジョンを共有できるのか?にかかっています。つまり関係性は一夜にしては構築できず、互いに理解することも、同じ試作種を見てどのように考えるか、その違いに気づくことが重要になります。公開試作には「夢の共有」という、重要な意味を持っています。なりたい自分を見つける作業にもにています。

 
 社会性のある仕事(作業ではない)とは、生産地・消費地のそれぞれが住まう地域社会の課題解決のために、ささやかな方向性を見つけることからはじまります。社会的品質に留意した仕事を生み出す仕組みは、先人の歩みのなかに気づきがあります。化石燃料にできるだけ頼らない年1作のかすみ草の生産、、、、降り積もる雪とうまく折り合いをつけるための広葉樹林のような秋のハウス解体と春の再建の繰り返し、、、、雪を貯留した冷気で農作物予冷し品質保持を進めるための倉庫(雪室)、、、、、手をかけた作物をていねいに収穫出荷するための栽培・収穫技術。
 


 

 
■昭和花き研究会の取引先市場から電話が続いていますが、23日(金)朝は大田花き・中央花卉へ。5月27日頃姫路生花の山本さん、28日午前に柏の石橋さんが来村されるようです。28日の午後は、大岐センターでYB取引会議(あさかのフレッシュ、開成生花)。30日の午前は宇都宮花き訪問し山野井さんと打ち合わせする予定で、その午後は茨城県石岡市へ(講演)。
 

 
 
■昨日、農協の下中津川のガソリンスタンドに行った際、新しいリーフレットがありました(農協事務所受付)。
 
220140516dsc01501
JA会津みどり かすみ草専門部会の「昭和かすみ草」

かすみちゃん、からむん 
 
220140516dsc01500
 
220140516dsc01494
昭和村野尻の稲荷神社前の黄色の菜の花が見頃です。
後背斜面はコナラ類広葉樹が葉を展開しています。
 
220140516dsc01495
 
220140516dsc01505
4月中旬定植、除雪無加温促成栽培かすみ草(カネコ種苗の早生種メレンゲ)の花芽分化がはじまっています(昭和村大岐)。晴天が多いため虫害が多くなっていますが殺虫剤は使用していません。フラワーネットを張らねば、、、、

下はフクカエン種苗のマグネット(エクアドルのエスメラルダ社育成新種かすみ草)

 

 
220140516dsc01502
 
220140516dsc01492
 

 
 
220140516dsc01480
六世 もくきん和尚
 
220140516dsc01481

 
■TPPの裏側、不正労働 → 農業情報研究所

« 強風、、、、、北海道では雪 | トップページ | 幸一郎さんの無加温促成かすみ草:メレンゲ »

かすみ草2014年」カテゴリの記事

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ