« 会津産かすみ草の安全性 | トップページ | 我が家のかすみ草:メレンゲ初採花へ »

2014年6月25日 (水)

モノからハナへの転換:持続可能性 sastainability とは?

■2014年6月25日(水)


 昨夜は、首都・東京でのセミナーを受講し、18時に東京駅発の東北新幹線やまびこ号で郡山駅。西口駐車場から乗用車で会津に帰りました(22時)。20時より郡山から会津若松の磐越自動車道(有料道路)は工事のため全面通行止めで、国道49号線を走行しました。


 6月18日にオランダの花市場・フローラホランドの時計式セリ(クロック)の手数料裁判について判決が出ています。→ フローラホランド
 UK growers prepare for British Flower Week 2年目となるキャンペーン → イギリス国内で栽培された花の価値
 

■6月24日(火)午後、都内の法政大の26階で、JFMA国際セミナーが開催されました。ドイツの生花店チェーンを展開するブルーメ2000のCEO Alexander Zoern氏(8年ぶりの来日)と、環境担当役員Ina Reinders 女史が初来日、講演されました。今後の花の仕事への展望を考えるうえでたいへん貴重な時間でした。
 
 社会、顧客への責任。顧客が求めるものとは何かということを論理的に講演されました。特に環境担当女史はスライド写真(パワーポイント)のほかに、講演原稿をてもとに準備されているのがわかり、よく練られた内容でした。

 後段の日本人を含むパネルディスカッションの会場との質疑が終わり、最終的な段階で、Ina女史が、演壇ではなくフロア・会場から語られた一言は示唆に富みます。
 
 「サスティナブルは未来への道。カスタマー(顧客)が要求せずとも、自らイノベーション(変革)をおこすべきです。日本の花の文化の歴史にも学ぶことが多く、それは変革の歴史であったはずです」

 講演後の立ち話で、クリザールジャパンの佐々木氏の通訳で、Ina女史と名刺交換をしました。「強い意志を感じるスピーチですね」と私の感想を話しました。彼女は一言「アイ・ビリーブ」(私はサスティナブルな未来を信じている)。

 
 代表者の男性の講演の主旨は、価格訴求型(安い販売価格にこそ、唯一の価値がある)経営が、国内外資本のディスカウンターの前でたちいかなくなり、経営方針の大きな質的転換をはかって新しい取り組みをしていることがわかりました。その新しい方針の中心に据えたのが「サスティナビリティ(持続可能性、つまり環境配慮)」で、それは環境先進国のドイツ国民に支持されている、という内容です。花の価値よりも販売価格の安さに価値がある時代が続いていますが、それがはじめて「花そのものの価値」の物語を顧客である消費者(生活者)に伝える場合、生産された場所・その方法・化学農薬等の使用の有無などが問われていることに、小売業として気づく、、、、、商品として国産の花の価値を、国産であることの信頼性も農薬やエネルギー等の使用等も考慮しながら、価格だけではない新しい社会的な価値を、店頭に反映すること、顧客に伝えるための手法の開発をしている、ことがよく見えました。

 花の大国・オランダの「合理性のみ重視」にはない、ドイツらしさ、固い理念が感じられました。新しい可能性を切り開くと思います。スイスの生協ミグロスの花販売(フェアトレード重視)にも無い視点・取り組みを含んでいます。(昭和花き研究会 菅家博昭)
 


20140624dsc04295


  

1713年、正徳3年を振り返る
 
20140624dsc04318



 
20140624dsc04325



 
20140624dsc04255



 
20140624dsc04308



REGION 地域内生産された花こそ、サスティナブルな花。
それは夏秋に生産される多様な切り花(サマー・フラワー)。
 
20140624dsc04288



 
20140624dsc04351



同時通訳の受信機(レシーバー)
チャンネル1が日本語、他は英語。
女性2名の通訳氏が担当。
 
20140624dsc04350



« 会津産かすみ草の安全性 | トップページ | 我が家のかすみ草:メレンゲ初採花へ »

かすみ草2014年」カテゴリの記事

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ