« 姫田忠義さん | トップページ | 沼沢火山で起きた約5万年前の火砕流噴出(水沼噴火)による堰止湖の形成を示す »

2014年6月30日 (月)

7月1日(火)朝6時30分、目揃え会です。29日、RHSJ小池さん来村。

■2014年6月30日(月)曇り

 
 本日は、午前5時より、かすみ草メレンゲ(カネコ種苗)の採花。大岐の対岸(右岸)のハウスです。
 
 なお、午前、小田急フローリストの宮西陽郎さん、渡辺さんが来村されます。
 
 午後は、倒伏防止のためのフラワーネット張り・支柱建て。
 
■7月1日(火)朝6時30分、野尻中向の花の集出荷所(ゆきむろ)で、目揃え会を行います。出荷間近な会員を含め昭和村の生産者は参加下さい。
 
■6月29日(日)雨、曇り、雨。東京より小池愛さんが来村され、村内のかすみ草栽培関係等を取材されました。午前9時40分の会津田島駅着、16時発で帰京されました。
 
■7月2日(水)販売分、中央花卉店頭用の染めを行いました。におい低減処理をしました。かすみ草のにおい抑制の研究は現在の京都大学農学部の土井元章先生が大阪府立大(信州大)のころに研究された成果を、ミヨシとクリザール・ジャパンが昨年秋に商品化されました。
 
 30日(月)予冷→7月1日(火)朝・雪室出庫(気仙沼緑花サービス仙台営業所)→郡山市内中継→大田市場→2日朝販売。

220140629dsc04643
 
220140629dsc04645
 
220140629dsc04642
中央花卉店頭販売向けは80cm5本束です。
メレンゲで1箱、ベールスターで4箱分染めました。
 
220140629dsc04636
におい抑制の黄色いシールを貼ります。
 
220140629dsc04646
これは水曜納品の東日本板橋花き中継での埼玉園芸土屋さん行きのトステムビバ加須店(4日の午後1時、昭和中生の販促活動体験・花育のためのもの)で、7月1日(火)午前・日通での出庫分です。現在、埼玉園芸にエルフバケツで送る輸送ルートがありません。

 
220140629dsc04721
 
かすみ草の開花室(オープニング・ルーム)として利用する場合の点灯。
 
220140629dsc04722
雪の貯蔵室。
 
220140629dsc04723

 
220140629dsc04653
 
220140629dsc04652
 
220140629dsc04663
昭和村大岐地区の高畠・ハノキダチ圃場(菅家清さん)。この土地には、むかし、ハンノキが自生していたという。
 
220140629dsc04671
 大岐・家向圃場のかすみ草:マグネット(試作、作型開発。フクカエン)とメレンゲ(群馬県カネコ種苗育成種)の圃場。
 
220140629dsc04659
大岐・高畠の赤木洋子さんのからむし(青苧・苧麻)の圃場。大岐栽培種と小野川栽培種の2系統が植えられています。草丈は100cm。
 
 
220140629dsc04661
 
 
220140629dsc04681
昭和村大芦の山崎。五十嵐英盛さんのからむし畑。本場のカラムシです。カヤ(ススキ)の囲いの部分。手前右はひまわり。
 
栽培地柱にはコガヤ(カリヤス)が結わえてある。
 

 220140629dsc04691
昭和村で「ほん・からむし」(本からむし)と呼ぶ繊維最適種は、写真のように、葉の裏が緑色です。「の・がらむし」(野からむし)は葉の裏が白い。収穫時等に、葉の裏が白いからむしの株元には棒を建てるなどして後にその根を除去し圃場外に持ち出し、「本からむし」だけにしてきた長い経緯があります。
 
220140629dsc04688
「からむしむし」(カラムシ虫)は、頭を振るのですが、これはマイマイガだと思います。
 
220140629dsc04695
 
220140629dsc04696
昭和村佐倉のからむし工芸博物館のロビーでのからむし績み(糸作り)の実演。
昭和村下中津川字新田の酒井モトコさん(昭和19年生)。
一反の布を織るために、こうした糸作りには3ヶ月ほどかかります。
左の丸い木の桶(おぼけ)で6個分ほど績まなければなりません。
 
220140629dsc04699
 
220140629dsc04704
これは最近、工芸博物館に寄贈された昭和村産の「アサ」。昭和村は近世・江戸時代よりアサの栽培・繊維の販売が基本としての生業で、それに「からむし(青苧)」という宿根草の栽培が農家により、付加されています。2種の異なる草から繊維を取るというのが暮らしの基本でした。
 
写真のアサは経年していますが上質で、「うみそ(績み麻)」です。糸にして布にできる上質の繊維を「うみそ」といい選別・分離しています。そしてそれ以外は「雑麻(ぞうそ)」といい、荷縄(ロープ)や、神社の鐘打ちの綱などになります。
 
「うみそ」は、ほどけるような結び目として端を処理しています。
見た目で商品規格がわかるように製してあります。
 
220140629dsc04709
 
220140629dsc04710
 
20140630dsc04707
 
20140630dsc04708
 
20140630dsc04736
 
20140630dsc04655
 

« 姫田忠義さん | トップページ | 沼沢火山で起きた約5万年前の火砕流噴出(水沼噴火)による堰止湖の形成を示す »

かすみ草2014年」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ