« かすみ草減少(雨) | トップページ | 9月11日(木)午後2時、雪室で花協議会・事務局会議。 »

2014年9月 3日 (水)

毎年異なる、栽培植物の生育

■2014年9月3日(水)


 秋の風になってきています。夜温も10℃台で推移。水田のイネの色が黄化。
 
 8月28日(木)の朝6時30分に昭和村野尻中向の集荷所で、9月2日(火)朝7時に三島町川井の集荷所で、カスミソウの目揃(めぞろえ)会・定例会を行いました。今回は、各生産者の現在の課題を一人一人聞きました。微細昆虫によるカスミソウの花への被害(出荷できない)、葉の被害等が8月下旬の課題で、9月に入り、奇形花(団子花)の被害も目立ってきました。それぞれの課題を、金山普及所の岩沢さん、各種苗会社に伝えました。
 
 『農耕と園芸』10月号に書いた原稿「産地通信日々のいとなみ」のゲラが誠文堂新光社からPDFで返送されてきたので筆者校正をして送りました。文中のカスミソウが、「サスミソウ」と誤植されていましたのを発見し、校正しました。4月より3名の花の生産者が書いています。
 
 
■昨年暮れに亡くなった岩手県出身の大瀧詠一の出演したラジオ番組(対談)と、坂崎のk's,,,を作業小屋のノートパソコンでインターネット経由でユーチューブで今年の夏は聞いています。昨年は吉田拓郎と坂崎の番組ANGのバックナンバーを聞きました。どのようにして楽曲が作られるのか?50年代から80年代のサウンドとは何か?、、、そうした議論をしています。聞いていて飽きません。
 
 
■ 早すぎる秋、保温対策へ  → くいまるの立川農園

 8月末の販売結果  → にいつるの菊地さん(高尾嶺農園)
 
 
 
 
20140902smdsc08472
9月2日朝、三島町川井のカスミソウ 団子花のつぼみ
 
 
20140901dsc08566
9月1日、大岐大田下奈3棟のカスミソウ:フォレスト。
6月12日苗仮植、ポット摘芯後、7月6日定植。9月1日開花・草丈110cm。
晩生種のフォレストでは7月6日定植で9月1日開花はかなり早い。
今年は早く咲き、草丈がとれない品種が多い。またロゼット幹も品種により発生。

20140901dsc08569
7月6日定植のベールスター。草丈は100cm。開花9月1日。


 
■栽培し、開花し出荷したかすみ草の評価は、生産者の評価と、卸の評価、小売店の評価は品種により異なります。

 また品種により課題も多くあり、栽培時期をうまく考慮して組み合わせが必要になっています。
 
 最近の品種は浅根の品種が多く、当地を含む寒地では越冬できずに凍害で翌年の使用ができない品種(アルタイル等)、越冬が容易でネズミもほとんど食べない晩生種の品種(フォレスト、染色も容易)。越冬し、翌春の揃いが良くボリュームが出る品種(銀河ウェイ)。新植は適正品質だが、越冬後のボリュームが半減する品種(スターマイン)。
 
 20140827dsc08135
 カスミソウ:フォレスト(晩生種)。低温でロゼット。7月下旬から9月20日頃まで切り終わる作型に適しています。草丈は十分確保でき、残茎の下枝も確保できます。昭和花き研究会では80cmの主茎(エルフで30本)、65cmの枝(100本)の生産に向いています。
 1作で2サイズの花を採花する、ということは手間がかかるため、栽培面積を抑えて、きれいに採花するようにするためには一回の定植本数を300~400株とし定植間隔は10日以上あける必要があります。採花率を上げることで小面積栽培で対応します。小売店からの需要は65cmしかないため、それに対応しつつ、80cmの出荷も行う現代作型に適しています。
 
 同じような2サイズ採花にはセレクタ社の銀河ウェイが向いています。枝が採れる品種というのはかつて「BF(ブリストルフェアリー)」、1990年代後半からは「雪ん子360」でしたが、現在は栽培されていません。
 
20140901dsc08574
 
■ 天候がかなり極端に変化していますから、植物の栽培は野外(露地)での栽培のものは、天候の影響を反映します。
 2011年、12年、13年は極端な高温の夏。14年の今年は曇天・雨天、強雨の年です。
 百年確率等で設計された災害防御施設は、静謐な気温経過のものを基準として設計され、この数年の気象推移でみれば、設計基準とならないほど降雨量は多くなっています。
 
 
■ 9月4日(木)午後3時30分、下中津川・昭和村公民館「昭和学講座」佐藤庄市さん(野尻)の太平洋戦争従軍の記憶。庄市さんは南方戦線から生きて帰り、その経験を書いた書籍を三島町の奥会津書房から自費出版されています。
 
 
■ 9月5日(金)上京。政府の平成26年度 花き日持ち性向上対策実証事業 第2回検討会(MPSジャパン受託事業)。都内、法政大学新一口坂校舎3階303教室。今回は、日持ち性向上対策品質管理認定システムについて議論されます。
 
 
 
■私も出演します。 9月7日(日)午後2時、喜多方市内。東町蔵屋敷「会陽館」多目的スペース(喜多方市字東町4088-1)。「精神の北へ」トークセッション。 → 精神の<北>へ
 
 
 
■私も参加します。 9月9日(火)午後1時30分から、JFMAセミナー、つくば市 花き研究所 → JFMAセミナー
 
所長 市村一雄さん 「花き研究所の概要と主な研究成果」
久松 完さん 「生販連携で切り花の生産・流通にイノベーションを」
 
望月寛子さん 「花が人に与える効果」
 
■9月12日(金)午後2時30分、三島町宮下。三島町町史編さん委員会事務局会議。
 
 
■9月11日午前10時、昭和小学校・昭和学講座。奈良布の猪股良雄さん講義。
 
 
 
 
 

« かすみ草減少(雨) | トップページ | 9月11日(木)午後2時、雪室で花協議会・事務局会議。 »

かすみ草2014年」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ