« 雪ゆるむ | トップページ | ケヤキのこと »

2015年2月23日 (月)

わからないこと、書けないことを含めて全体像を理解してから

■2015年2月23日(月)

 → ゆきまつり

 今日も原稿を書く作業と、会津図書館。明日の大芦家講座の準備(資料読み、関連調査、構成)。3月3日分の資料も準備し明日配布予定。夜に首都圏より来県者あり、応接(会津若松市内)。

 MAFF農林水産省:東北農政局福島地域センター会津若松支所に2014年の花き生産出荷量調査票を送付。最後の調査。
 
 明日、24日(火)午前9時より大芦のファーマーズカフェ大芦家の冬期講座「奥会津のからむしとアサを考える」3回目(3月3日で最終)。田島(南会津町)町史資料編より細井善四郎資料を取り上げる。アサからむしの流通、販売について。映像は沖縄喜如嘉の芭蕉布16分、ほか。3日終了後午後歯科。
 
 25日(水)午前9時より間方・浅岐調査予定。午後2時より宮下町民センターで三島町史編さん委員会に出席(浅岐調査の集落誌見本の報告)。3月2日(月)午後1時30分 間方集会所で「間方の暮らしと文化を語り合う会」(集落誌調査について)が決まっており、その打ち合わせ。

 26日(木)柳津町柳津 かわち旅館。午前10時より(有)昭和花き研究会・総会(解散、34名)、午前11時30分 昼食会(32名)。
 
 27日(金)10時30分、歴史春秋社の打ち合わせ会(会津若松市内)。
 
 
 3月1日(日)午後1時30分、福島県立博物館、佐々木長生さん講演会
 
 3月12日(木)夜、会津若松市内。会津MPS連絡会開催予定(松島義幸さん来県)。

 3月14日(土)午後1時~ 歳時記の里 奥会津シンポジウム(昭和村公民館)。申込制・定員250名。映画「ジヌ(銭)よさらば かむろば村へ」上映。講演会込み。

 -----
 三島町史は近世資料編の掲載文書の翻刻作業が進んでおり、11月から行われたうちで149点ほどの目録がメール添付エクセルの表で届いた。
 その文書そのものの目的・内容があるのですが、それ以外の情報を引き出すために読んでいます。
 
 産業の実態等がうかがえる内容を文献から。
 
  周辺での大火→森林伐採、木材調達の特需、川を使った搬送
 
 寺社仏閣の建て替え→銘木の伐採
 
 伐採集団の把握
 
 山論(相論、出入)文書に地名と産物が書かれている。
 
 人名・村役人の変遷も文書奥の署名人を記録し、流れを把握
 
■岩波講座『日本の歴史』第9巻中世4が届く。毎月1冊の既刊15冊、次回は近世4を含め7冊。夏に読めなかった分をこの冬に読み、新刊発刊のペースで読めるようになった。
 
 本には「月報」(8頁)が封入されている。毎回2名の先生が書いている。
 
 今回の記事のひとつは、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科の早瀬晋三教授の「海の植民地化を考える」。
 文献を中心とした近代実証主義的歴史学で支配的だった「陸域の、温帯の、定着農耕民の、成人男性中心の、中央集権的社会」を研究対象としたもの、以外を「マイナー」な分野とし、つまり、近代の歴史学では、ほとんどの人びとや社会を対象としてこなかった、ということである、としている。
 わからないこと、書けないことを含めて全体像を理解し、個々のテーマを相対化してから研究する必要がある。
 キーワードは、
 
「世界性、総体性、持続性(現代性)」
「グローバル(世界)、リージョナル(広域圏)、ナショナル(国家)、ローカル(地方)」
 
 これまで語られなかった、語ることができないものに目を向けるならば、
「歴史を問い」、「混迷する時代のなか、進むべき道をきりひらくための手がかり」を示すことができるだろう。 
 
---------------------------
■福島民報の記事 社会面トップ
 
新潟・福島豪雨被害で提訴 国、電源開発などに7億円 只見町民166人と3事業所
 
 平成23年7月の新潟・福島豪雨で被害を受けた只見町民166人と町内の3事業所は22日までに国と県、町、町内にダムを設置する電源開発を相手取り、約7億1635万円の損害賠償を求める訴えを地裁会津若松支部に起こした。第1回口頭弁論は3月26日、同地裁で開かれる。豪雨災害をめぐっては、金山町の住民らも同様の訴訟を起こしており、今後の司法判断が注目される。
 原告の代表者が22日、訴訟に参加した町民の一部に対し、提訴内容を説明した。
 
 訴えによると、「新潟・福島豪雨災害で、国、県、町、電源開発がそれぞれの責務を十分に果たさなかったため、ダムの放流があった只見川の氾濫の被害が大きくなった」などと主張。「住民が適切な対応ができなかった」とし、浸水被害などを受けた建物や家財道具、車両などの賠償に加え、避難の遅れや災害後の避難生活を余儀なくされたことによる精神的苦痛への慰謝料を求めている。
 国と県は、ダムの上流部にたまった砂の除去に向けた電源開発への指導や、雨が多い時期の立ち入り検査などの監督を怠ったとしている。県には、地元漁協から只見川にたまった砂を取り除くよう要望があったが、行わなかった過失もあるとしている。
 
 町は、只見川にある只見、田子倉、奥只見の各ダムで豪雨時に放流があった際、電源開発から連絡を受けたにもかかわらず、住民への避難の周知などが不十分だったと指摘。電源開発は、豪雨前に雨量の増加を予測し、只見、田子倉、奥只見の各ダムの水位を事前に下げる対応、放流を知らせる適切な内容の放送、ダム周辺の砂の十分な除去などを怠ったとしている。
■金山町民は係争中
 豪雨災害をめぐっては、金山町の住民ら34人が昨年7月に電源開発と東北電力を相手取り、約3億3800万円の損害賠償と滝、本名、上田、宮下の4つのダムへの湛水(たんすい)の一時差し止めを求める訴えを地裁会津若松支部に起こしている。現在、係争中。
※新潟・福島豪雨 平成23年7月27日から30日にかけて新潟県と本県会津地方を襲った記録的大雨。24時間降水量の最大値は只見町の527.0ミリ。県内は南会津、柳津、三島の3町の計150世帯511人に避難指示、喜多方、只見、南会津、西会津、会津坂下、三島、金山の7市町の計2571世帯6486人に避難勧告が出された。只見川の氾濫により流域の家屋、道路、鉄道などに甚大な被害が出た。
( 2015/02/23 08:33 )
 
20060922bimg_7640
2006年9月22日
 
20060922c20051103ffk01ecu
ハナは子どもたちのために
 
 
20061017img_5778
2006年10月17日 越後魚沼
 
 
■誠文堂新光社の農耕と園芸編集部の黒田麻紀さんから、『農耕と園芸』日々のいとなみ(三ヶ月に一回連載)の原稿出稿の依頼があり、書いて送付しました。三月中旬刊行の四月号に掲載されます。さきの熊本のことを書きました。

20150223
ウェブより
 



« 雪ゆるむ | トップページ | ケヤキのこと »

奥会津・三島町の歴史」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ