« 漆峠、芋小屋、冑中 | トップページ | 雪ゆるむ »

2015年2月21日 (土)

とりあえずの見本、

■2015年2月21日(土) 晴れ


 明日の22日(日)は昭和村へ。ゆきまつり。
 

 19日(木)午後、昭和村佐倉の、からむし工芸博物館の吉田有子さんと福島県立博物館。昭和村から寄託している松山佐々木太市家文書の調査。この夏秋の企画展用。主任学芸員(歴史分野)阿部綾子さんにお世話になる。
 
 

 20日(金)は会津図書館。『西会津町史』 『会津藩 家世実紀』 の調査。奥川の「アラマチ村(新町村)」の武藤政之丞(山師と思われる)が志津倉山・大清水山に一八四九年(嘉永二年)八月にマツを伐採している。当時、奥川は萱手(カヤフキ職人)が百名、大工十四人、木挽き十一人いる。志津倉山の支尾根にあるマツ(クロベ、アカマツ、キタゴヨウと思われる)を筏(いかだ)五、六房の分くらい伐ったようで、その供給先を調べている。山中で木挽きして大清水から東に出てタキノサワから下平に出したと思われる。浅岐と間方の相論(山論)が発生する。名乗りに名字(姓)がある武藤政之丞はモトヤマ(元山)か?

 今日の夕方、山びこの川合さんに11月からの調査の、とりあえずの原稿を送る。A4で20頁。25日午後の町史編さん委で集落誌見本として提出される。
 
----------
 『只見町史 第1巻』で金井晃氏は、
 
 1735(享保20)年4月、山都町川入より12軒が柳津町琵琶首に来て15年在住、その後、寛延2年に布沢村ひさ小屋へ5軒移住(908頁)。

 1803(享和3)年、琵琶首小屋は7軒あったが、2軒は布沢大田小屋へ、残り5軒は、1824(文政7)年に木賊平(とくさたいら・昭和村喰丸両原では原入りとも)へ移る。 


 只見町布沢の大田小屋の小椋広蔵は1860(万延元)年に琵琶首下平(したでえら)に移住。小椋千代蔵、小椋政右衛門(政五郎と改名)も下平へ移住。小椋与次郎は博士山の松倉に移住。
 
 1874(明治7)年の滋賀県蛭谷区有文書「名前印形記」に、
 琵琶首村下平木地、同国布沢山より引移り
  小椋千代蔵
  小椋駒蔵
  広蔵倅(せがれ)・同 万三郎
  政右衛門事、 同 政五郎
 
 観音村 松倉木地
  小椋与四郎
  同 重蔵

 
 柳沢木地
  小椋金五郎
  小椋重郎次

 
 明治3年の記録では、柳沢木地 重左衛門51歳(後に父の名を受け、器作と改名)・長男重郎次・二男政重・三男留重は、1850(嘉永3)年に下谷ヶ地村土倉木地より移る。
 
 明治6年、柳沢木地の長男重郎次は柳沢に残り、三男の留重は高田の滝川へ、その後に柳津の四ッ谷へ、そして只見布沢の綱木木地へ移る。器作は明治29年に綱木で死亡。その後留重は若松へ移り大正3年に死亡。留重の長男の重太郎は大正4年に田島の水無へ、その後大正7年に山都町藤巻、その後若松に移る。
--- 
 熱塩加納の黒岩小屋 → 1710(宝栄7)年・小野川見沢木地へ16軒で移住 → 1764(明和元)年・琵琶首 → 1803(享和3)年只見大田小屋 → 1860(万延元)年 琵琶首下平 → 1875(明治8)年 昭和村大芦の畑小屋へ(小椋富蔵)。 

 


 1850(嘉永3年)年8月2日、現在の昭和村小野川の大火、ほぼ全家が焼失。その後、岩下木地は移転、無住となった(919頁)。
 岩下木地の小椋吉兵衛・伝吉・善之助は、只見布沢の綱木小屋に移住。綱木小屋は1850(嘉永3年)から1856(安政3年)までの間に新しく開かれた木地小屋であろうとする。
 
 只見の布沢で挽き出された木地椀は、田沢川上流からなだらかな一ノ岐(いちのまた)峠を越し(現在は無い)、昭和村下中津川へ出若松へ。博士峠から谷ヶ地を経て高田へ出るルート。小中津川から柳沢木地の前から柳沢峠、琵琶首の下平木地を経て琵琶首、九々明、明神ヶ岳の裾を巻高田の仁王へ。昭和村の野尻から美女峠を越えて間方・浅岐・大谷から西山温泉へ、、、とのルート。

 -----

20150221
 
20150219dsc08509_2
3月1日午後1時30 佐々木長生さん講演(福島県立博物館)

 


« 漆峠、芋小屋、冑中 | トップページ | 雪ゆるむ »

奥会津・三島町の歴史」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ