« 福島、伊丹、福岡、熊本 | トップページ | 熊本県花き協会 宿根かすみ草部会 研修会 終える(戸馳、波多) »

2015年2月11日 (水)

天草(大矢野) カスミソウ

■2015年2月11日(水) 曇り


 熊本市よりレンタカーで移動。三角を経て、上天草市。旧・大矢野町。最近、レンタカーはトヨタのハイブリッド車のアクアにしている。ガソリン代がほぼ不要。

 群馬県のカネコ種苗の徳広さんの案内で、スターマイン栽培の視察で、大規模生産者三件を訪問しました。成田さん、野川さん兄弟。天草四郎記念館の裏手にある大規模圃場群を主に視察しました。


 課題と長所を教えていただきました。

 
 17時30分に、島内の旅館に着きました。

 明日は、午前9時出発です。島内の井上さん再訪です。住化の西村さんと。
 
 午後は研修会(うき管内)。うき地域は染めカスミソウ出荷の先進地。

 
■上天草市の旧・大矢野の野川賢一さんのところは、パートさんを雇用しながらの個人経営では、たぶん日本では最大面積を経営されている。息子さん夫婦が3年ほど前から経営参加されていて、今回、作付け株数をうかがうと、新苗の購入が70,000株(たぶん経営面積は3町歩)。昭和村は全体で35町歩ほどなので、また天草では、切り戻しし2回採花もある。頭上灌水施設は世界中のカスミソウ栽培では標準化した装備なのですが、天草地域はそれがうまく機能していることを、話しを聞いていて感じました。定植後のハウス内の頭上灌水(ミスト)は、気化熱の効果もあり地温低下がいちばんです。

 
 弟の野川直人さんも、かなりの面積を植え付けられ、またスターチス、デルフィニウム、スナップ(キンギョソウ)など草花類も栽培されている。直人さん夫妻のほか、3人の子どもが全員農場で働いている。今回、直人さんの案内で、ほとんどのハウスを拝見したが、よく手入れされ生育具合も均一で感動しました。ハウス内のベッドの位置により灌水量を調整し、生育ステージにあった手灌水、頭上灌水(ミスト)、灌水チューブによる灌水をされています。台風来襲があるので、当初は露地栽培で、11月から12月に生育ステージに合わせて屋根ビニルを被覆し、スソ(腰、肩)換気、保温(3℃)加温しています。

 
 成田さんも後継者が自家の経営に参加され、カスミソウを休む夏はキク類とユリ類を栽培されている。

 省エネの観点から、最近の品種は電照せずとも花芽分化するといい、電照をせず、凍害抑制のための保温(3℃)が多くなっているように感じられました。
 また品種により、栽培ステージにより電照し、草姿フォーメーションを整えるための電照は行われています。
 
 
 天草地域、特に大矢野町は60歳代の経営者に、多くは20~30代の後継者が育っており、日本国内のカスミソウ産地では、次の世代が確実に育っている地域と思う。カスミソウの専業比率が高いと感じます。
 
 和歌山県もカスミソウ産地には後継者が多いが、スターチスや梅などとも複合で相場変動により経営品目の作付け数のバランスを変化させている。
 
 約10年ほど前、奥会津の昭和村で開催された第2回のカスミソウサミットに野川さん兄弟は参加されています。はたして昭和村はこの10年間で社会変化に対応、品種変化に対応できたのかと考えています。
 新品種の導入率もセレクタ社、フクカエン、住化等の試作導入率も天草(大矢野)地域は昭和村のような導入状況です。新品種が入っていかない地域は、次の流れを造るための機会を失うため、たいへん重要です。一般の製造業でいえば、研究開発にあたる部門で、利益の一部を定常に投入する分野が新品種の開発となります。新品種がでない品目は、品目間競争に負けます。
 
 


Dsc07948
  アクア
 
Dsc07958
 
 
 
Dsc07994
 
熊本市内の市電(軌道敷)
 
Dsc08001  
三角を経て、天草地域へ。

Dsc08009
架橋。山からの採石、砕石が定植後の植え穴のマルチ用置き石となる。
大矢野(天草)の独特の地域技術。

 
Dsc08062
採石。地元産。
 
Dsc08070
植穴マルチ。保温効果もあると思う。からむし栽培の聞き書きをしていると、
「いしまぐそ」というものが昭和村大芦地域にはある。石は肥料である、という認識がある。

昭和村では、植穴には籾殻くんたん、を施用。

 
Dsc08076
 
収穫後の切り戻し。蒸し込み、再萌芽中。 
このポリ資材には微孔が開いている。
 
Dsc08078

 
Dsc08063
 
 
 
Dsc08056
 
Dsc08035
 
 
Dsc08057
 

Dsc08060

防さびパイプ。


以下はスターマイン(カスミソウ新種、カネコ種苗)。
 
Dsc08039
成田さん。銀河(セレクタ社)から、スターマインに転換された。右は徳広さん。
 
 
Dsc08042
野川直人さん。

セレクタ社の銀河、プチパールも栽培(名古屋花きに出荷)。
フクカエン(エスメラルダ)のファンタイム、マグネットも試作。
課題と長所、よく見極めておられる。
いずれも私の試作している夏作とは傾向が異なることが
わかった。
 
また天草地域の試作は1000本1棟なので、その規模でないと
顧客への荷送り後の反響が読みにくいとも。
プラグ苗1トレー128本では評価ができない。

 
Dsc08046
 
Dsc08052
 
 
 Dsc08083
島が連なる天草地域のコンビニには、このような情報誌がたくさん売られている。
 
 
 
Dsc08089
 
 

 


« 福島、伊丹、福岡、熊本 | トップページ | 熊本県花き協会 宿根かすみ草部会 研修会 終える(戸馳、波多) »

かすみ草2015年」カテゴリの記事

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ