« 苧麻(ラミー)栽培法(昭和7年、栃木県農事試験場) | トップページ | 雨のいちにち。地図製作。図書館。 »

2015年3月 4日 (水)

美女峠(野尻中向・間方)

■2015年3月4日(水)

 
 強風雨(雪)の夜でした。

 3月13日(金)の午前が、昭和村公民館で、昭和村花き振興協議会(部会)の花の学習会。MPSジャパンの松島義幸さんの講演(品質管理認証等)。
 
 同日の午後1時、昭和村文化財保護審議会(公民館で)。


■湯田さんの報告 → 名古屋・愛知県の花
 
 
■ 3月3日(火)はファーマーズカフェ大芦家の冬期講座の最終回でした。中向のペンション美女峠のオーナーの小林政一さんに野尻中向から間方に抜ける美女峠について話をうかがいました。地名等は野尻の佐藤庄市さん(大正12年生)が詳しいだろう、ということで、午後に一人で訪問し、夕方まで、土地・沢の呼び名等の話をうかがいました。むかし、間方の村の人々がゼンマイ採りで来た場所(行動圏)を教えてもらいました(和久入沢)。
 
 庄市さんは3月下旬になると92歳、奥様の信子さんは昭和2年生まれで87歳。

 
 冬道、美女峠を歩いて、宮下に菓子作りの粉を買いに行き、帰り道で、雪(行き倒れ)となった野尻の人の名前の付いた「しょうきち桜」という話をはじめて聞きました。

 また、峠ではない場所の尾根に山の神石祠がいくつもあることを教えていただきました。たぶん山仕事(山菜、きのこ、焼畑)で歩いた時代の峠に祀(まつ)ったものでしょう。カノカリ(焼畑)時代は、山中での夏の落雷がいちばん恐ろしく(こわく)、熊については全く意識をしなかったようです。
 
 焼畑のための出小屋を作り、そこで寝起きしたそうです。野尻の人たちは「庄市小屋」と呼んだそうですが、寝起きしていたその山小屋は、ある夏の落雷で、小屋が吹っ飛んだ(破壊された)そうです。偶然、小屋からは出ていたそうで命拾いしたそうです。
 
 カノ(焼畑)は何町歩もあり、年に小豆は10俵、粟(アワ)は20俵ほど採ったそうです。それを背負い急な斜面を越えて村まで持ち帰ったそうです。


■2007年5月22日に、故・小林三作さん(大正14年 野尻生)に話をうかがっていて(このときの一部は『会津学 3号』に「地域の調べ方」250ページ、2007年)、今回のハタ沢の地域のことも記載がありました。かつて、木地挽きがいたので「はた」と言われるようになったと思われます。


美女峠でトウサブロウが亡くなった。
 
ハタ、ウスクボ、キネ沢、モチガ沢
 
大芦のコウシがハタ沢でワントリ(木地挽き)をやっていた。
 
野尻にハタというところがあった。
 
ハタ沢からトチの実をひろった。
 
ハタの方に行くと、ケラツツキ、トチコロガシといってキツツキ(鳥)がいた。
 
和久入沢や、ハタのほうで、バンドリ撃ちをやった。
 
和久入沢には「古(ふる)山の神様」と、「山の神様」があった。玉梨分に越すところに石宮がある。
 
イワナも多くいた。
 
中向のカヤ刈り場は、デトユウ、ナカノユウ、オクノユウというところがあった。




 

 
■ 3月6日(金)午前9時30分、三島町西方の山垣光英さん宅を訪問予定。午後1時30分は大谷鳥海の五十嵐富一(よしいち)さん宅訪問予定です。

 3月7日(土)午前10時、昭和村松山の江戸時代の絵師・佐々木松夕(しょうせき)の調査で、小林政一さんの松山地内調査に随行します。


---
■ 花の品質の日持ち → MPSジャパン


20150303dsc09087
野尻の佐藤庄市さんの奥さん信子(のぶこ)さんは、昭和2年、小中津川の生まれ(現在の昭和館)。信子さんが作った「ようかん」(3月3日午後)。

 
20150303dsc09086
ファーマーズカフェ大芦家講座のとき、外をタヌキ(野生)が歩く 


 
20150302dsc08901
奥会津書房のネコ。
『会津学第7号(最終号)』のゲラ(3月)。

« 苧麻(ラミー)栽培法(昭和7年、栃木県農事試験場) | トップページ | 雨のいちにち。地図製作。図書館。 »

奥会津・昭和村基本文献(地域の調べ方)」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ