« ノート(青山FMの井上社長) 融雪ハウス建て | トップページ | 5月13日(水)午後1時より、全体会議・出荷会議 »

2015年4月21日 (火)

水本邦彦 『村 百姓たちの近世』(岩波新書・シリーズ日本近世史2、2015年2月刊)、井上重陽『最新工芸作物教科書(苧麻)』(昭和9年)

■2015年4月21日(火)  

 
 本日午前は通院。

 夕方に昭和村へ(定植かすみ草ハウスの生育調査)。夜は大芦家で5月30日の演奏会の練習があります。

 明日の昼に、スミカの柿沼さんが来県され、会津若松市内で、今年のかすみ草の試験(新種系統選抜)の打ち合わせ。スミカの系統(ダンジガー育成品)を1999年11月に自費でイスラエルのダンジガー本社訪問後から、同社のかすみ草新種を、継続して見ています。

 -----
 
 昨日(20日)は、雨でした。午前、三島町宮下の奥会津書房に佐々木長生先生が来所され、先生に、この数ヶ月の奥会津での聞き書き調査での採話しての初出の語彙(ごい)について、助言をいただきました。近世の書物『会津農書』の研究者であり畑作等の語彙についても詳細な知識を持っておられます。
 

 -----

 5月23日、24日の土日に郡山市にある放送大学福島学習センターで8単位の面接授業(所長特別企画授業)があり、その2単位「基層文化とは何か、暮らしを支える仕組み」「奥会津人物ヒストリーに学ぶ 次代を拓く農」を私が担当します。講師は「福島の暮らし・文化をつなぐ」遠藤由美子さん、境野米子さん、「高等教育と学びの変化」渡部芳栄さん。午前10時より午後5時まで。
 遠藤さんは「会津物語(朝日新聞福島版連載)」が生まれた背景、精神文化の掘り起こし」「基層文化を伝える仕組み、子どもの聞き書きと方法」。この授業の打ち合わせと資料作成について遠藤さんと打ち合わせをしました。この授業については、昨年の9月11日から森田道雄所長と打ち合わせをしてきました。
 
 私は資料については21日の朝に送付しました(PDF 9ページ2種)。

 5月10日(日)に三島町内で「会津学研究会例会」を開催することで、事務局の遠藤由美子さんと、日程を決めました。場所は三島町内ですが、未定(西方の西隆寺か、宮下の奥会津書房)。会員には後日に電子メールにて事務局より連絡します。
 

 -----
 
  その後、金山町川口の県立川口高校を訪問し教頭先生と4月30日(木)午前10時35分から12時25分に開催される総合学習「奥会津風土体感プログラム」の2時限の講座について打ち合わせを行いました。この講座は2006年よりはじまり、私は2007年からお話をしています。後日に資料は送付します。

 -----
 
 昭和村佐倉のからむし工芸博物館に吉田有子さんを訪ね、開催がはじまっている企画展の報告書の原稿等について打ち合わせ。近年に明らかとなった会津地域のからむし(青苧、苧麻)に関する資料の解説を書くことになっています。締切は4月末。
 

 
 
■ 近世(江戸時代)の農村社会の理解のために水本邦彦氏の著作はよい本です。このたびシリーズ日本近世史2 『村 百姓たちの近世』(岩波新書、2015年2月刊、780円)が発刊されました。良書です。
日本史リブレット52『草山の語る近世』(山川出版社、2003年、800円)は、「草を肥料とする農業」を明確にされましたし、全集・日本の歴史10『徳川の国家デザイン』(小学館、2008年、2400円)の227ページから「農と自然の風景」でも、新しい切り口で農村の解明をされています。
 
 岩波新書のシリーズ日本近世史はこの1月から刊行がはじまり、3巻まで発刊されています。第1巻は藤本譲治『戦国乱世から太平の世へ』で、冒頭から「天下」の意味するところが、当時と今では異なっていたことを明らかにしています。
 
 
20150420dsc03193
三島町滝原(只見川左岸)より南西方向、金山町沼沢の有倉沢を。
中央後方の残雪のある双耳峰は大高森山・小高森山と思われる。
左方が三島町浅岐・間方と接する。
 
20150420dsc03209
4月18日ころより国道401号、博士峠が再開通。
5月4日に水芭蕉祭の開催される昭和村小野川の板宿地域。

 
20150420dsc03210
水芭蕉の群生地、白い苞が出始まっています。
 
20150420dsc03212
正面奥がブナ清水。
 
標高1000m。
 
 
20150420dsc03213
博士峠頂上。
 
20150420dsc03216
井上重陽農学博士著『最新工芸作物教科書』(冨山房、昭和9年刊)。

いのうえ・ちょうよう(1893-1981)
昭和6年11月7日、日本作物学会で講演当時は、宮崎高等農林学校。
1931年の日本作物学会vol3no4

 
20150420dsc03243
苧麻(からむし)の根株。1が吸枝で新芽が出る、これを切り繁殖の根とする。2は栄養を吸収するためのゴボウ根。
 
20150420dsc03241
 
20150420dsc03250
苧麻の剥皮機。鹿沼のアサでもこれを現在も使用している。
 
 
20150420dsc03237
アサを挽く道具類 アサ挽き台と挽子(ヒキゴ)。
 

20150420dsc03235
苧麻(からむし)
 
20150420dsc03242
 
20150420dsc03245
 
20150420dsc03246
 
20150420dsc03248

 
 
 
■ 4月19日(日) 昭和村喰丸にとあるカフェが開店。 → 斎藤環さん


 

 
 

« ノート(青山FMの井上社長) 融雪ハウス建て | トップページ | 5月13日(水)午後1時より、全体会議・出荷会議 »

会津学」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ