« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

中向 ヤマイチ 笹屋(からむし仲買)清五郎(明治時代・大正時代)

■2015年6月29日(月) 


 6月23日より、昭和村野尻中向の笹屋清五郎について調査を続けています。
 
20150623dsc00583
 
20150623dsc08442
明治32年 小供苧(こどもそ、からむし)買入扣帳   (ひかえちょう)
 
 
20150629dsc08964
  中向 
 
 
20150629dsc08983
 
20150629dsc08987
 
20150629dsc09016
 
20150629dsc08994_2
 
20150629dsc08984
昭和40年代初頭に中向で島田謹介氏により撮影されたものと思われます。

 
 → 島田謹介氏   長野市おいらい館より引用:島田謹介氏は、明治33年(1900)松代町に生まれ、大正9年(1920)に朝日新聞社社会部写真係に入社し、関東大震災、5・15事件、2・26事件など大正昭和期の歴史的瞬間の多くを撮影取材しました。
 昭和30年(1955)に退社し、フリーの写真家として、日本の原風景をカメラにおさめています。平成6年、94歳で逝去されました。
 
 
 
■ この詳細は『広報しょうわ』8月号に、新史料紹介で書く予定です。

かすみ草の季節へ 7代目束原善六

■2015年6月30日(火)

 
 本日は、午前4時より採花(エクセレンス)。
 
 その後、かすみ草の補植(空き地)・定植等をして、眼科へ通院。


 
 
 7月3日(金)~5日(日) 沖縄県花卉卸市場を訪問します。なお6日(土)午前11時から12時まで、イオンモール沖縄ライカムの二階の太陽の花フラワーショップ:マカロンにて「JA会津みどりのかすみ草フェア」店頭販促。
 かすみ草専門部会の立川幸一部会長、JA五ノ井豊課長に随行します。

 立川部会長はその後、7月9日・10日と福岡花市場を昭和村馬場村長・JA会津みどり長谷川組合長とともに訪問されます。

 7月4日(土)は、イオン埼玉県内店舗にてかすみ草フェアがあり、部会より店頭販促のため出張します。

 
■7月2日が村内であぜ道講習会
 
 
■7月7日午後3時30分、野尻中向の集荷所(雪室)にて「目揃え会」。
 

 
 
■ 中央花卉の中谷隆敏さんのブログ → 大田市場仲卸:中央花卉 夏かすみ

 
 
■ 6月29日(月) 夕方、岩下圃場で脇芽欠き(昨年の試作)。大きな落石。→ 森のかすみ草
 
 
---------
 
■ 昭和村下中津川 もと昭和郵便局前(昭和村公民館前)の束原善六顕彰碑(1990年)。1887年4月18日生、1957年12月13日没。70歳。宝光院積善道功清居士。野尻、渡部鉄三郎・ツタの次男として生まれ。1915年、小中津川束原タマと結婚。小中津川の7代目束原善六を襲名。
 
 
20150629dsc09048
特定郵便局:昭和郵便局跡地。火災後、数百メートル北側に移転。
 
20150629dsc09036
 
顕彰碑
 
 
20150629dsc09049
日の出電気前
 
20150629dsc09038
 
20150629dsc09039
 
20150629dsc09073
小中津川
 
 
20150629dsc09029
大芦の小矢ノ原(小屋の原)
 
 
20150629dsc09097
大芦 皆川吉三さんの からむし畑
 
20150629p63123
かすみ草は取引先28社中、23卸市場に出荷中。アルタイル、ベールスター中心。
柳津町、会津美里町圃場等からの開花分。
昭和村は7月10日頃から。
 
日本国内の卸売市場、仙花から沖縄県花卉・福岡花市場までほぼ全社向け輸送が行われています。

2015年6月29日 (月)

小野川の博士峠の山の神様

■2015年6月29日(月)

 
 今朝より採花。かすみ草エクセレンス。
 
 新植の定植圃場にフラワーネットを張る。

 
■ 6月28日、昭和村花き振興協議会のかすみ草栽培体験ワークショップの朝・午前の部を担当しました。朝5時30分から4名と事務局の金子まきえさん。午前8時45分から3名の織姫体験生が加わり、7名でかすみ草のピンチポット育成苗の定植作業を中心に岩下(下)1・2棟で。晩生種の新品種ホワイトビクトリア(ダンジガーの世界販売品種、スミカ扱い)を1棟、フォレスト(スミカ扱い)を1棟(ベールスターも空きスペースにプラグ直接定植の体験用植え)。大田(下)東2棟のかすみ草新品種のマグネット(エクアドルのエスメラルダ、フクカエン扱い)の植え穴の手取り除草(スベリヒユ、ハグサ等)し、自家製籾殻クンタンのマルチ。越冬株フォレスト全刈の6本仕立て、脇芽欠き。開花ハウスの見学、前処理、染色、鮮度管理。昼食は喰丸食堂へ。

 
 
 
■ 6月28日(日)午後1時30分~3時、野外~4時。
 
 小雨の寒い日でした(17℃)。昭和村小野川センターにて「博士峠の歴史講演会」(博士峠のトンネルを実現する会 渡部忠雄会長)が開催され、「博士峠 今昔物語」として講演しました。その後、参加者のうち半数ほどの12名で、標高1000mの博士峠ブナ清水付近の旧道を歩き巨石の上にある山の神様跡・一里塚などを見ました。気温14℃。

 
20150628dsc08928
昭和村大字小野川字大岐、岩下圃場

 
20150628dsc08933
 
 
20150628dsc08935
     小野川 おあたごさまのある ゴロウジやま
 
 
20150628dsc08934
 
 
20150628dsc08937
 
 
20150628dsc08938
 
 
20150628dsc08942
   博士峠 山の神様跡
 
20150628dsc08941
ブナに刻まれたナタメ(鉈目)

耶麻郡北塩原村
 
 
20150628dsc08949
 
 
20150628dsc08954
三番山下の夜の営業が始まっていました(木曜休み)21時まで。
 

 

 
 

2015年6月28日 (日)

東北の森、ブナとトチと時間 太田威さん

■2015年6月28日(日)

 
 本日は、早朝より、かすみ草栽培体験。午後は小野川センター。
 
■6月27日(土)午前10時30分から午後4時30分ころまで、大沼郡’奥会津’三島町名入の「山びこ」で開催された「木の大学」を聴講参加。会津坂下町の菅敬浩さんも参加されていて、坂本分校の学校林の雷神から、研究の本を紹介される。青柳智之『雷の民俗』(大河書房、2007年)。近畿大、野本寛一先生のところの人。会津の事例も多い。
 
 
 山形県鶴岡市の太田威さん(1943年生)の報告のなかで、ブナの樹皮に刻まれた鉈目(なため)、ヤマドリをキジ(キヂ)と呼ぶ地域があること、ゼンマイ小屋、マイタケ採り、ウドなどの山菜を採りながらそれを置いていく「ヤスメ」、アカイヌの毛皮、ドウゴイ(オオイタドリ)の塩漬け、ゼンマイは10分の1に、遠洋漁業と冷蔵庫とゼンマイ。

 ゼンマイ小屋の暮らし取材への会場からの質問に応えるなかで、1ヶ月間、泊まり込むゼンマイ小屋では、その人たちは酒は飲まなかった、という。

 
 文藝春秋社の雑誌『くりま』の取材でブナの特集がありカメラマンとして太田威さんが参加したとき、ヘリコプターで空撮したときにブナ林の大面積伐採を見た。東北のブナ林を「撮り残す」活動をはじめ、動植物だけでなく、人間のいとなみも撮ってきた。(旧)林野庁のブナ林の大面積皆伐(かいばつ)が原因で現在の奥地からの野生動物の里への進出(クマ、シカ、サルなど)がはじまっている。 
 

 
 主催者の阿部蔵之さんから、ブナは近代になり紡績業界の道具に加工され大量に使用された(紡績木管、糸車、大正ボビン1937)という指摘。三島町浅岐の入山沢流域を「トチの王国」と2007年に名付けたのが阿部さん。大谷の五十嵐林業の馨(かおる)さんの仕事も紹介された。
 
20150627dsc08767
交流センター「山びこ」
 
20150627dsc08782
阿部蔵之さんの所蔵木材
 
20150627dsc08783
木製ギプス(第2次大戦) 

 
20150627dsc08780
 
20150627dsc08776
大田威さんの著作類
 
20150627dsc08777
 
20150627dsc08778
 
20150627dsc08779
 
20150627dsc08830
 
太田威さん。会場からの質問に応え「カメラは6×7、4×5。シートフィルムを使用。宿泊のための道具などを含むと機材は60kgになり、それを背負いブナ林を歩く」。

 左のポケットに入れている青い野帳(フィールドノート)を、初日の終了後に見せていただいた。
 コクヨ製のB6判(182×128mm  )40枚、ノ-211B。野帳の表紙に黒いマジックペンで「野帳137。2015.6.8~」と書かれており、通番で、ずっと、野帳にはこのノートを使用しているという。

 
20150627dsc08834
 
20150627dsc08815
ブナの樹皮の鉈目
 
20150627dsc08901
28日は志津倉山のブナ、トチ、サワグルミの巨木を視察する。間方地区が国有林から借りてトレッキングコース(40分)を作っている。案内者は間方の案内人の菅家壽一(ひさいち)さんが予定されている。

 

 

2015年6月27日 (土)

屋根ビニル

■6月27日(土)小雨のち曇り

 
 朝4時から、岩下(下)の西1号、2号ハウスに屋根ビニル(ポリ)を掛けた。明日の朝のかすみ草の定植体験のため、雨天が予想されるため、雨よけとして。雨合羽を着ての作業はたいへん。
 明日の体験作業は、かすみ草の定植(フォレスト等)、ハウス内での除草等を予定しています。採花はありません。
 


 6時30分、定植予定2棟のビニルマルチにマルチカッターで穴を開ける。

 あとは明日の作業。

 今朝5時からかすみ草エクセレンスの採花。10分で終わる。染める。
 
 
■ 三島町で太田たけしさんの講演、木の大学。■■1昨日夕方、岩下・新田付近にツキノワグマが出たため、わな(檻)が仕掛けられた。
 
 
 
20150627dsc08743_2



 

屋根ビニルを被覆。明日は朝4時より岩下圃場で作業をしています。体験は5時30分開始。
 

美女帰りの里、間方 magata

■2015年6月27日(土)雨


 昨日より雨。東北南部、梅雨入りとの報道。
 
 本日は、午前より、終日、三島町名入の「山びこ」で木の大学。

 → 木の大学    12期・2015 →ブナとトチの時間    →森のしごと舎

 
 明日(28日)は午前5時30分より かすみ草栽培体験ワークショップの受け入れ。7名(県内外)。午後1時30分より小野川センターで博士峠トンネルの会で講演、雨天時は現地見学会が出来ないかもしれません。

 
 先日に来県された米沢市芳泉町の山岸先生より電話があり、11月15日の午後1時からと日程が決まりました。

 「精神の北へ」のプロジェクト、丸山さんからは11月8日に喜多方市。10月下旬に調査でフィンランドから来られたアーティストと昭和村に来村の予定。→ 精神の北へ
 
 
■6月26日(金)三島町間方地区の集落誌の調査。2名の方に教えていただく。調査終了後、編纂委事務局の川合さんと打ち合わせ。7月は編纂委と、大谷地区での調査開始の日程調整。
 

 
20150617img_5687
美女帰の里まがた「棚田お田助オーナー」
 
20150617img_5686
 
20150617img_5689
 
後方はマコモを植えた水田(3年前)
 
20150617img_5688
宮の前、と呼ぶ水田地域。
 
なぜ宮の前なのか、夕方の聞き取り調査で明らかになる。
 
20150617img_5677
 
20150617img_5678
 
20150617img_5684
 
20150626img_5795
 
20150626img_5803
 
20150626img_5805
桐 
 
20150626img_5810
間方
 
 
20150626dsc08712
かつて使用した山中にある道の位置を、わかるぶんだけ、教えていただき、その集落の皆さんによる、かつての管理と今の管理をうかがいました。それは何に利用したのですか?山のものの採取、炭焼き、カノ(焼畑)、、、、


20150626img_5793
浅岐  河畔林のクルミ。採取規制(やまのくち)が平成16年まで行われていた。
 
20150626img_5784
浅岐
 
 
20150626exdsc08742
滝谷 駒鳴瀬 防鳥

 
20150626dsc08677
ルミノメーター調査 5
 
20150626exdsc08671
ようやく開花したカスミソウ:エクセレンス(スミカ、danziger) 大岐4/14→6/26

20150626exdsc08700
パレス化学の染色剤ファンタジーの新色「ルビー」の染め試験
 
20150626exdsc08697
ルビー
 
20150626exdsc08696
ルビー、ピンク、メロン、ブルー、グリーン、ラベンダー
かすみ草エクセレンスを1本ずつ染めた
 
採花午前5時。染めは午前6時、20℃、曇り、湿度、風有り、で1時間で染め上がる。着色すれば、染料より上げ、すぐSTS前処理剤(クリザールSC)30倍液に。
 
 
2015062637416
 

2015年6月26日 (金)

かすみ草の取り組みをつなぐ(クリザールSC)におい抑制

■2015年6月26日(金)


 今朝は、夜が明け、明るくなれば、エクセレンス数本を採花予定。
 
 昨日(25日)は下中津川の昭和村公民館での学習会中、午後、強い雷雨でしたが、大岐は雨がほとんど降りませんでした。
 
 28日(日)午後1時30分から小野川センターで開催される「博士峠」の件について夕方に主催者と打ち合わせました。

 なお、7月下旬から8月上旬に、三島町大谷地区の集落誌調査の開始のための会合も開催される予定で、編さん事務局の川合さんからメールがありました。大谷川流域の調査は昨年11月より浅岐、今年3月より間方とはじまっていますので、これで3集落の調査が本格化します。
 今日(26日)は間方・入間方地区の聞き取り(インタビュー)調査のため、私は不在です。
 
 
■ 6月25日(木)午後1時30分から、昭和村公民館の2階研修室で、昭和村花き振興協議会主催の学習会が開催されました。
 金山普及所の大河内さんから、気象推移や留意すべき栽培の点などが説明され、7月2日のあぜ道講習会(村内3カ所)の告知も行われました。

 ミヨシの谷さん、松本さん、前田さんから「カスミソウのにおい抑制トリートメントの取り組みと展望」のお話がありました。2014年の7回、この5月の1回の卸売り市場でのプロモーションの結果も報告されました。

 
  → 立川部会長
 
20150625dsc08629  
 
20150625dsc08630
 
20150625dsc08628
 
20150625dsc08640
 
20150625dsc08650
 
20150625dsc08656
 
20150625dsc08627
6月27日(土)午後2時より、昭和村公民館の昭和学講座。野尻の小林盛雄さん。同日、三島町名入の山びこで「ブナとトチ」の学習会があるため私は参加できません。
 
20150625dsc08611
新鶴付近 只見線
 
20150625dsc08661
渡し舟 プレオープン 喰丸 6/30-7/1
 
20150609hakase28
6月28日(日)午後1時30分、小野川センター。

2015年6月25日 (木)

アメリカ、NPO運営のスーパーマーケット「デイリーテーブル」内覧会

■2015年6月25日(木)


 今朝未明に配信された有料のメールマガジン「アメリカ流通 eニュースVol.19,No.25(鈴木敏仁さん)」で、社会の課題を解決するための新しい事業が注目を集めています。一部紹介します。

 -----

 

 非営利組織(NPO)運営によるスーパーマーケットがまもなくオープンする。利益獲得を企業活動の目的としないSMは全米初だという。店舗名はデイリーテーブル、場所はマサチューセッツ州、創業したのはトレーダージョーズの元プレジデントであるダグ・ラウチである。
 ライセンスの取得が予定通りに進まずオープンが延び延びになっているのだが、目処がついたため開店前にメディア内覧会を開いて店内を公開した。ラウチはは運がが良ければ損益分岐点を超えることができる、と控えめな抱負を語っているのだが、初の試みでモデルが存在しないだけに確かなことが言えないのだろう。今後は不透明だが、フードデザート(日本で言う買い物難民)問題を解決する一つのありかたとして注目されている。

 
 
■ 6月25日午後1時30分、下中津川の昭和村公民館では、かすみ草の機能性を高めるための取り組み「ニオイ抑制トリートメント(クリザールSC処理)」についての学習会が開催されます。村内外から参加・聴講が可能です(無料)。昭和村花き振興協議会主催。
 
 いま、かすみ草社会に求められている産地の取り組み、卸・小売店へのプロモーションの参考となる事例が、今日、奥会津の昭和村で報告されます。

 
 責任産地とは、いつも社会の変化にたいして、新しい動きや提案を、自らが主体となって取り組むことを求められ、それが社会的な責任です。かすみ草やかすみ草産地がはたす社会的役割とは何か?をいつも考えながら仕事をしていると、それは見えるようになり、仲間が増えて、できるようになります。産地とは一人ではなく、複数の生産者がいること、それの意味がわかってきます。
 


  お花の基本的価値である「花持ち・日持ち」は基礎的な、ベーシックなことで見えない取り組みです。しかし、「染めカスミソウ」「ニオイの抑制された新しいかすみ草」という取り組みは、わかりやすい、見える取り組みです。 
 その両方を同時に取り組むことが大切です。かすみ草の「品種」の価値を超えた取り組みが、実は「かすみ草」そのものを社会の中で生かすための道につながっています。「品種」「品目」からの脱却、、、、産地の取り組み自体を表現する時代になっています。
 


 
20150619mi25
 
 
20150624dsc08591
6月24日は、おあたごさま・まつりで赤飯(ふかし)。
 
 
■ 6月24日は、カネコ徳弘さんがかすみ草スターマインの生育調査で来村。その後スミカの柿沼さん・中山幹康さんも来村されかすみ草エクセレンスの生育調査。そしてフクカエンの松永亮さんもマグネット・ファンタイム・銀河ウェイ・プチパール等(エスメラルダ社、セレクタ社育成のかすみ草品種)の生育を見て、山形県に向かわれました。
 夜7時より、会津若松市内にてかすみ草生産者とミヨシの5名との懇談会も開催されました。詳細は25日の午後の昭和村での講演会で明らかとなります。
 
 来村される皆さんは全国の産地や消費地を歩かれています。小さな変化、大きな変化を感じておられ、それをうかがい、共有するために、定期的な集まり、開かれた場が必要です。なお卸・小売りの皆さんも同じように全国を歩かれています。山奥で花を生産する、ということは、つねに開かれた場を持つ、ということが産地の維持には必要です。訪問しやすい環境をいかに整えるか?仕事が忙しい、作業に追われる日々で、分担しながら社会変化を読むことは、人のつながりの維持からしか生まれません。
 
 
■ 6月26日(金)は終日、三島町集落誌のための聞き取り調査で不在となります。27日(土)は10時より夜まで、三島町名入の山びこで開催される木の大学(大谷・浅岐等での新しい林業のかたち)の学習会があり参加します。二日目のフィールドワーク(見学会)は参加できません。
 
 
 28日(日)は朝5時よりかすみ草栽培ワークショップの受入。午後1時30分より小野川センターで博士峠の歴史講演会。29日(月)は通院日です。

 7月1日は兵庫県のかすみ草生産者堂本さんが来県されます。梅田生花に出荷をされています。7月3日~5日は沖縄県花卉訪問・ライカムのマカロンでのかすみ草フェア(4日の11時から12時)。

 
 
■かすみ草の出荷数が少ないまま経過しています。5月の高温で無加温促成の会津盆地圃場分が前進開花。それに次ぐ越冬株利用の昭和村域での作型は大雪で圃場の雪消え遅れ、6月の雨天続きで生育が遅れています。7月中旬からの開花となり、現在から7月上旬が端境期となっています。
 現在、会津盆地と昭和村の移行帯の三島町・柳津町域でのかすみ草の開花となっています。昭和村では7月中旬以降の開花待ちの状態が続いています。
 
 昨夜、会津地域のかすみ草生産者が9名集まり情報交換をしました。


 
 

 

 
 
 


■私の昭和村大岐の圃場の極早生かすみ草:エクセレンス(スミカ扱い、ダンジガー社育成・国際展開品種)は五本が開花。その一本はスミカの柿沼さんが会津田島に行かれる際に持って行かれました。
 
 
■ 6月24日午後1時から4時、三島町宮下の奥会津書房にて遠藤由美子編集長とともに、山形県米沢市芳泉町(ほうせん・まち)から来られた生垣・町並み保存会の山岸先生・佐藤昭雄さんとお会いしました。10月4日(日)頃の予定で、訪問し、「地域の調べ方」の講演をします。日程は今後決まりますが、10月の日曜(11日、25日)で検討されます。ウコギの生け垣が美しく保全されている町内会の行事です。近くなればまた日時はお伝えいたします。→(11月15日午後1時、米沢市松川コミュニティセンターで開催の予定です。6月27日追記)

 
 山岸圓治郎先生が『会津学』1号から6号を精読され、また福島県立博物館(会津若松市)の赤坂憲雄さんと遠野市の旅でご一緒されたことが縁で、今回の来訪となりました。



 
 
 
  → 

 
20150624dsc08601
奥会津書房にて

 
20150624dsc08607
菅家・佐藤さん・遠藤さん・山岸先生
 
 
2015

2015年6月24日 (水)

おあたごさままつりと熊

■2015年6月24日(水)晴れ


 午前5時より、大岐のおあたごさまの参道の草刈り、除伐が行われました。その後、7時に参道を登りお参りしましたが、その途中にツキノワグマが1頭いて、先方が隠れ里方向(東)に逃げていきました。
 

 
■昨日は、会津若松市大町四つ角のピザ店で14名で、会合を持ちました。1年間、このピザ焼き職人として後進の指導にもあたっている盛(さかり)健二さんが25日で退社されるので、1年間の努力をねぎらいました。→FB フェリーチェのさかりさん


  今夜(24日)は18時30分に中央通りの会場に行き、19時より開始。今夜も14名です。

 
■6月28日(日)の朝5時から昼までの、昭和村花き振興協議会(事務局昭和村産業係 金子さん)のかすみ草栽培体験ワークショップは参加者が4名となり催行されます。
 同日午後1時30分より、小野川センターにて博士峠の講演会(トンネルの会主催)。

 
■6月25日(木)午後1時30分、昭和村公民館で、かすみ草講演会「におい抑制トリートメント」。
 
 7月2日(木)かすみ草あぜ道講習会、金山普及所大河内先生。9時30分から中向(上ノ山)、11時より矢ノ原給水所前、13時30分より小野川T字路権現様前。
 


 
■ 4月14日に雪中のハウスに定植した極早生品種のかすみ草・エクセレンス。ようやく開花、5本程度。ただ、出荷箱に、まとまるまではあと一週間。

 
20150624dsc08553
   エクセレンス
 
 
20150624img_5734
 
20150624img_5742
 
20150624img_5757
 
20150624img_5761
35mmカメラで撮影

昨日入庫したセレクタ社のプチパール(小輪かすみ草)。
 
苗品質はとても良い。
 
20150624dsc08575
通常の小さなデジタルカメラで撮影
 
20150624dsc08579
 
20150624dsc08581
ポットに植えました(仮植)。
 

 
20150624img_5775
大岐のおあたごさま

 
20150624img_5771

 
20150624img_5764
 
 
20150624img_5780

2015年6月23日 (火)

土蔵の文書(1853年、1882-1921)

■2015年6月23日(火)小雨のち晴れ

 
 午前5時、圃場巡回後、

 早朝より午前中かけて、村内の土蔵に保管されてあった青苧(からむし)等取引帳簿類100冊を1冊ずつごみを掃除し調査しました。

 昨日に、からむし工芸博物館の吉田さんが借り受けした資料群。たいへん貴重なものです。

 表題のみの年号の調査をしてみると、
 嘉永6年(1853年)、安政4年、6年(1859)まで、

 そして主体は、1882年(明治15年)から1921年(大正10年)頃までの約39年間のものの青苧仕入れ・売買、木羽板、その他取引の一括資料であることがわかりました。今後、精査していきます。まずはエクセルの表で年次順に並べて目録を作成します。
 
 そして概要を『広報しょうわ』8月号(8月1日発刊)で紹介しようと思います。すでに出稿しましたが7月号には野尻の小林盛雄さん宅の小供苧(こどもそ)等について紹介しました。それに続いて、今回の中向笹屋の資料で「小供苧」(こどもそ)「わたくし(私苧)」について8月号でもふれたいとおもいます。

 新史料の紹介として『村広報』で毎月連載をしていますが、昨年は大芦1件、下中津川上平1件の土蔵資料が整理・解体等で寄託されました。ことしは、この野尻中向で、やはり土蔵解体の予定者の資料です。年内続けて紹介したいと思います。
 

 村内では土蔵も、母屋も雪の害等への懸念・被害から解体されるものが多くなっています。すでに明治150年ですので、多くの近代資料が出てくると思います。
 今回の資料群にも現在の三島町の間方・浅岐・大谷・宮下からの木羽板や、荷物運搬、様々な人々の交流がうかがえる資料が混じっています。
 

 
 
 
20150623dsc07824
大袋3個分の文書冊子。
 
20150623dsc07867
 
20150623dsc00583
 
20150623dsc08442
 小供苧(わたくし) 明治32年

 
20150623dsc00560
明治28年の小供苧△

20150623dsc00562
 


20150623dsc08428
明治37年 ワタクシ苧(私苧) 8貫目
 
20150623dsc07941m44
明治44年 私苧
 
 
20150623dsc08095
明治12年
 
兵庫県西宮市のえびす様(西ノ宮大神宮)

春日大明神は中向の鎮守
 
福寿大黒天
 


 
20150623dsc08180m40
明治40年、浅岐 大谷 等





20150623dsc07837
今日のカラムシ(苧麻) 昭和村 大岐
 
20150623dsc07841
 
20150623dsc07830
かすみ草

かすみ草 ダイナミックラブ

■2015年6月23日(火) 小雨、曇りのち晴れ

 
 ---------

 昨日は午後7時30分に帰宅。
 
 JFMA事務所で閲覧したフローラカルチャー誌の2015年1月号の表紙がかすみ草ダイナミックラブでした。日本国内ではフォレストで流通しています。
 
20150622dynamiclove201501
2015-01表紙

以下は2014-12より
20150623dl_201412a
 
20150623dl_201412b
 
20150623dl02
 
20150623dl01
 
20150623ex201506
かすみ草 エクセレンス
 
 
20150623fa
2015-06号より
 

2015年6月22日 (月)

村議会選挙終える

■2015年6月22日(月)小雨、曇り

 
 朝5時より、川流圃場にかすみ草フォレストを定植。
 
 本日はJFMA(MPS)事務所、日帰り。花の日持ちに関する件。

 
■23日(火)は、中央花卉の中谷さんが来村され、農協訪問。立川部会長等を訪問されると聞いています。
 夜6時30分、大町四つ角でスミカ柿沼氏や中谷氏、立川部会長等と試作カスミ検討。
 その後7時開始で懇親会(フクカエン4名、湯田さん等、計14名)。
 
 
■24日(水)は午後7時より、中央通りの忍家でかすみ草関係者14名で懇談会(開場は6時30分より)。ミヨシ5名、立川部会長、大河内氏、充親子、菊地氏等。
 
■24日(水)午前9時、カネコ種苗の徳弘氏が来岐。

 
■24日(水)午前5時、大岐愛宕様参道草刈り。午前、大岐センターでまつり。
 
 
■24日(水)午後1時、三島町宮下の奥会津書房で打ち合わせ(米沢より来県)。
 
 
■昨日、投票が行われました。3名が引退。2011年選挙と比較すると現職は票を大きく減らしています。
20150622



2015年6月21日確定
 
下は前回の2011年6月、地震・原発事故のため4月予定が延期となり6月実施。
2015062011



2015年6月21日 (日)

福島の花 7/5まで

 
 
20150621img_5701
 
20150621img_5702
 
20150621img_5705
 
20150621img_5707
 
20150621img_5711
 
20150621img_5712
以上35mmで撮影
 
20150621dsc07708
 
20150621dsc07700
 
20150621dsc07696
 
20150621dsc07699
苧麻 ラミー
 
20150621dsc07698
 
20150621dsc07723
 
20150621dsc07724
 
20150621dsc07744
からむし
 
20150621dsc07746


 →    この大木

 

野沢の雑穀食堂(日曜のみ営業)

■2015年6月21日(日)午後雷雨。


 朝6時30分、三島町川井でかすみ草の目揃え会。アルタイル、ベールスター、マリーベール。

 
 午前、大田下圃場のフォレスト越冬株季咲の脇芽欠き終了。

 午後は雷雨、雨。

 西会津町野沢原町乙2161-5の雑穀食堂(ごっつお蔵)へ。大芦家で冬にお会いした阪下さん、山都一ノ木の浅野さん等で経営されています。4月5日開店。 会津信金西会津支店となり。野沢駅前という信号の交差点。 → FBフェイスブック

 
20150621dsc07750
 
20150621dsc07751
 
20150621dsc07748
 
 
20150621dsc07765
 
20150621dsc07766
 
20150621dsc07767
 
20150621dsc07768

島町目揃え会(21朝)、19日ディスパッドマム会議

■2015年6月21日(日)


 本日は午前6時30分、三島町川井地区で、目揃え会。2名の出荷がはじまっています。
 
 そのため、昨日の午後、昭和村野尻中向の集荷所にて農協の花担当の本名寛之氏と出荷品の現況等について話をうかがいました。
 
 昨日は、日本農業新聞の川畑記者が来村され、雪室集荷所を案内しました。昭和村村議選の候補者の選挙カーが最終日で、行き交っていました。また警察車両も多く出ていました。

 夕方より雷雨。
 
■ 明治時代のからむし栽培  →次郎長
 
 
■ 6月19日に都内大田市場花き部で、大きな菊であるディスパッドマム会議が開催されています。新しい動きです。

 
 「ディスパッドマムユニオンの主旨とマム普及に向けた戦略提案」「11月6日、いいマムの日 普及提案」(大田花き 宍戸純氏)
 
 「種苗会社からの提案」(有)精興園・ジャパンアグリバイオ(株)・(株)で利府ロールジャパン
 
 「ディスパッドマムの消費拡大に向けたストーリーとイメージ戦略提案」((社)花の国日本協議会 小川典子氏)
 
 「花店からみたディスパッドマムの魅力と今後の可能性について」(フローリストババ代表 馬場博久氏)※下の写真は馬場氏のFBより
 
11430129_881630888579779_8986696363
 


 
20150620dsc07615

 雲は夏空になってきています。大岐の南方と北方(下)
 
20150620dsc07613
 
 
20150620dsc07619
 
 
20150620dsc07622
メレンゲの染め 
 
20150620dsc07627
 
20150620dsc07625
 
 

2015年6月20日 (土)

かすみ草(越冬株・7月下旬・季咲)フォレストの管理、脇芽欠き

■2015年6月20日(土) 晴れ

 
 今日の朝仕事(地元ではメシメエ仕事、と表現)は、大田圃場の越年株フォレストの脇芽欠きの継続。6本仕立ての各茎を地上部より30cmくらいまで脇芽を除去する。
 
 6月になり、雨が多くなり、朝晩はアカショウビンが良く鳴く、ホトトギス、ウグイス。河床のカジカガエルは24時間鳴いている。午前2時ころ、すべての生物は鳴かなくなるが、カジカガエルは少し鳴いている。
 
 
 春にかすみ草ハウス脇(4月14日定植したエクセレンス)の大根が収穫された。

 
 JA会津みどり昭和総合支店、花き集集荷所からの情報では、22日(月)販売分より名港FB、京都生花、広島花満への出荷がはじまるようです。
 現在アルタイル・ベールスター・メレンゲ・ホワイトロード、計116箱。
 出荷先は第一、FAJ、板橋、横浜、東京FP、世田谷、南関、オークネット、多摩、フロリード、仙花。22日(月)は少し増えるようです。
 
 
 
■ 会津若松支局から、、、、、→ 現在は佐渡で仕事をされている石原記者
 
20150620f6111dsc07551
フォレスト 1ヶ月後の、7月下旬開花。

 
20150620ex6111dsc07545
今日のエクセレンス(極早生品種で到花日数が短い、夏季は高温障害となるので夏秋期ははずして考える品種)。

 
 
 
20150620dsc07561
 
201506206111dsc07555
 
20150620f6111dsc07544
ハウスすそは、1mmの防虫ネット被覆
 
201506206111dsc07557
 
青色ネットは防風ネット。
 
201506206111dsc07560
大岐集落、後方はバラヤマ(場良山)。
 

 
 

8/1土、十日町市千手中央コミセン 姫田忠義ドキュメンタリー作品上映(からむしと麻、茂庭のしなだ織り)

■2015年6月20日(土)

 
 昨日は、雨。大田(下)杉の屋根ビニル被覆パイプハウス内で、かすみ草越冬株:フォレストの脇芽欠き作業。6本仕立て。草丈50cm。ハウス内の携帯ラジオで、NHKラジオ午後はDJ赤坂泰彦氏が、リスナーに、あまり伝わらない雰囲気に流された語りが多く、最近良くない。

 
  → 晩生種のフォレストは7月下旬の開花 2013年7月26日

 
 今日は、継続しての作業。午前に日本農業新聞の記者が来岐される(昨年の花の輸送課題の取材)。
 
 6月20日の午後、只見町ブナセンターでは地質の話があります。産業技術総合研究所 活断層・火山研究部門 総括研究主幹 山元 孝広 氏 只見町ブナセンター 
 
 
■市政10年を記念し新潟県十日町市では、7月28日から8月9日まで十日町シネパラダイスにて、→ 十日町映画祭 が開催されます。小林茂「風の波紋」、J・M・アルベローラ「小屋丸」2部作、佐藤真「阿賀に生きる」、姫田忠義ほか民映研「越後奥三面」2部作、手塚眞「白痴」、岡元雄作「短編集」、青原さとし「雪国木羽屋根物語」、谷光章「華 いのち 中川幸夫」など。
 
 
■また、民族文化映像研究所作品を連続上映されている市民活動ネットワークひとサポでも、8月1日(土)14時より、十日町市千手中央コミュニティセンターで、「からむしと麻(福島県昭和村大芦・大岐)」「茂庭のしなだ織り(福島市)」が上映されます。
 

 上のFBの写真より転載いたします(下)。
 
11295916_477591362407022_1371674600



 
 
■ かすみ草試作苗の摘芯をしました(6月19日午前、曇り雨)。
 
201506196111dsc07517



 


 
■会津盆地のかすみ草はピークとなっているようです。一方で、終了近くの生産者も出ています。昭和村地域での早生メレンゲの出荷も終盤で、これから数量が読めない時期が7月上旬まで続きます。 

 → 立川さん
 
 
 
 → 佐藤充さん(会津坂下)FB  フェイスブックは読めない場合あります
 
 


 
 
 
 
 

 
 限定性があり他では出会うことのできない体験。それが観光にはますます強く求められます。かつて『フローリスト』連載をされていました。 → 谷口正和氏 

 
 
 
■ 今井友樹監督の『鳥の道を越えて』 6/20岐阜羽島 → 上映情報

2015年6月19日 (金)

おとなの仕事、こどもの心

→ 早野龍五先生、おとなの仕事と、こどもの心

 

 

 

2015062022_2

jyb275

6/25 かすみ草のにおい抑制トリートメントの取組と展望

■2015年6月25日(木)13時30分~15時、福島県昭和村下中津川字住吉415 昭和村公民館2階研修室。主催:昭和村花き振興協議会(事務局・昭和村役場産業-係0241-57-2117担当金子さん)。村内外、どなたでも参加できます。


 
 「かすみ草のにおい抑制トリートメントの取組と展望」ミヨシ 谷一道氏ほか

 昨年よりクリザールかすみSC剤による前処理で、かすみ草のにおいが少なくなり、新たな需要が広がっています。こうした処理のメカニズムや、今後の販路拡大等について学びます。
 
20150619mi25

 
 
 
■昭和村花き振興協議会では、6月12日に昭和中学校で花育の授業を行いました。 講師は会津坂下町の佐藤充さん。→ 金山普及所の活動報告(大河内さん)


草刈りの朝、かすみ草:極早生大輪、エクセレンスつぼみふくらむ

■2015年6月19日(金)曇り

 
 今朝は、岩下圃場周囲の草刈り。ガソリン(混合油)エンジンの草刈り機を使用。
 今日は6月4日に来たプラグ苗、仮植しポットにありますが、このかすみ草の試作品種(34品種)を摘芯します。
 
 昨日は、岩下(上)の5月8日に定植したスターマインの一部芽整理と、欠株に補植した越冬株の6本に芽整理。生育差があるが、越冬株の植え替え(5月中旬)は可能であることがわかった。
 また8月12日にプラグ苗を直接定植したファンタイムと合わせ、倒伏防止のフラワーネットを張る(2棟)。

 午後は、角畑(下2)のスターマイン越冬株、そのままの季咲き(7月中旬開花)の脇芽欠きを終了しました。草丈50cm。
 今後、越冬株のフォレスト季咲を芽欠きして、5月13日・18日に全刈したフォレストの芽数を6本に整理します。
 
 4月14日に定植したエクセレンスは伸展は止まり、つぼみがふくらみはじめました。数日で開花しますが、本数がまとまるのは1週間後でしょう。
 
 
20150619dsc07487
4月14日雪中定植、無加温促成。エクセレンス。
 
20150619dsc07495
草丈は130cm。
 
20150618dsc07433
 
カッツア(中耕鍬) 30年ぶりに使用。長い柄(木質部分)180cm~
 

20150620dsc07623
 
 
20150618dsc07411
岩下(上) 5月8日定植のスターマイン、短いのは補植株。
 
20150619dsc07485
岩下の残雪(雪崩)
 
 
20150618dsc07442
 
20150619dsc07480
シシウドの白い大きな花群が、目立つ季節。
白い葉となるマタタビ(つる植物)も目立つ。
 
 
 

2015年6月18日 (木)

奥会津大学 初回無事終える(6/17三島町会場)

■2015年6月18日(木)


 15日より日中は、雷雨の毎日となっています。会津田島では愛宕社に落雷し炎上しました。
 
 今日明日は、かすみ草にフラワーネットを張る、越冬株の芽整理・脇芽欠き、畝間・株間の手取り除草を予定しています。
 
 4月14日に定植したかすみ草エクセレンス(極早生)は、ほぼ開花待ちです。ただポット苗購入(1株4本仕立て苗)ですので、開花後はすぐに無くなってしまうと思います。1棟のみの今回の新たな無加温促成の作型開発をしていて、使えそうです。
 
 土曜日(20日)は、日本農業新聞の東京本社より当地へ取材があります。昨年の輸送等の課題について、私宛への取材です。
 
 16日にかすみ草フォレストのプラグ苗が到着しました。我が家では来週の苗着2回で今季の苗購入は終了です。今後は定植作業になります。 
 
 23日は午後7時よりピザ店(フクカエン等14名)、24日は午後6時30分より中央通りの忍庵で14~15名(ミヨシ5名)の予定で、宴会は7時開始です。会場は予約しました。
 
■6月17日(水)曇り、三島町大谷川流域の現地視察、午後に名入の山びこでの講座(6期 奥会津大学)も30名の受講生で無事終了しました。

 

 久しぶりに下中津川上平より大辺(おーべ)峠を間方に越えました。現在は不動沢林道と呼んでいます。狭い道路で緊張しますが、新緑がきれいでした。雨天時は落石等の危険と車両の交差が難しいところもあるので、通常は通行できません。

 
 
20150617dsc07341
かすみ草エクセレンス(昭和村大岐 4月14日定植、無加温)
 
20150617dsc07338
雷雨がはじまり朝晩は霧、湿度が高く
 
20150617dsc07315
博士山西麓。大岐の高畠より
 
20150617dsc07309
大岐の滝谷川
 
 
20150617dsc07325
天狗蝶
 
20150617dsc07345
16日(火)に村議選(定数10)が告示されました。
 
 
20150617dsc07353
昭和村 上平  シャクヤクの花
 
20150617dsc07362
不動沢林道(三島町入間方側)
 
20150617dsc07365
入間方の志津倉山登山道入り口(沢)
 
 
20150617img_5677
大辺峠頂上より前坪山、中央に磐座、
 
 
20150617img_5684
大辺峠頂上より北方、大谷川流域遠望
 
 
20150617dsc07378
杉、ケヤキ、権現様石祠(浅岐)
 
20150617dsc07379
三島町浅岐 伊豆神社と前の沢
 
 
20150617dsc07383
浅岐と間方の境界、割沢(わんざあ)
 
 
20150617dsc07386
 
20150617dsc07395
名入 山びこの研修室(ホール)

 
6月28日(日)午後1時30分、昭和村小野川 生活改善センター2階で、博士峠トンネルの会の学習会で、博士峠に関するお話をします。その後、乗り合わせ出峠のブナ清水付近の散策。山ノ神社跡地等を見ます。

 
7月6日(月)午後2時30分、昭和村公民館にて開催される両沼地区社会教育委員連絡協議会研修会でお話します。「伝統文化からむしの人間のつながりや教育力について」。
 
 

 
 
20150617img_5685
三島町入間方の水田
棚田オーナーという看板あり
 


2015年6月16日 (火)

JFMA国際セミナー(6月16日都内)

■ 本日、6月16日、都内法政大にて日本フローラルマーケティング協会:JFMA国際セミナー。

■JFMA国際セミナー お花屋さん活性化セミナー

  「日本の育種を世界へもっと発信しよう」
 日時 6月16日(火)13:30~17:15
  場所 法政大学ボアソナードタワー 26F スカイホール
 主催   一般社団法人 日本フローラルマーケティング協会 
  共催  法政大学イノベーション・マネージメント研究センター
  後援  法政大学イノベーション・マネージメント総合研究所  
  参加費用 無料 (情報交換会参加者:5,000円)
 
 【プログラム】
 13:30~13:35 開会挨拶 
           法政大学経営大学院教授 小川孔輔 氏
   13:35~13:45 来賓挨拶 
           農水省花き産業・施設園芸振興室 室長 綱澤幹夫 氏
   13:45~14:45 講演Ⅰ「イノベーティブブリーデング」
           FlorSAIKA co.ltd チーフブリーダー 育種家 西川公一朗 氏
   14:45~15:00 休憩          
   15:00~16:00 講演Ⅱ「グローバル時代の顧客満足経営」
           法政大学経営大学院教授 小川孔輔 氏
   16:00~17:10 パネルディスカッション「花き産業のグローバリゼーション」
         コーディネーター 小川孔輔 氏
         パネラー     西川公一朗 氏
                (株)ゲブラナガトヨ代表取締役社長 荒井芳夫 氏
                (株)ワイエムエス営業部部長 佐伯 肇 氏
   17:10~17:15 閉会挨拶  
         (株)ゼントクコーポレーション 代表取締役副社長 伊藤 瞳 氏
   17:30~19:00 情報交換会 @ボアソナードタワー25F スタッフクラブ
-------------
 会津盆地のかすみ草 アルタイル、開花へ
 
20150615img_5672
 
 JA会津みどり洋花部会 →  会津美里町新鶴地区 高尾嶺農園
 
20150615img_5635
 
 
20150615img_5669
 
 
 
20150615img_5659

2015年6月15日 (月)

かすみ草エクセレンス→(7月上旬無し)→7月中旬スターマイン→フォレスト

■2015年6月15日(月)

 

 昨14日朝は雨。アカショウビン鳴く。5時より、高畑・角畑の東(下)2棟目に屋根ビニルを掛ける。越冬株のかすみ草スターマインの芽整理(1株6本に)・わき芽欠き。草丈20cm。かなり生育は遅れていて、6月下旬に無加温促成の春植エクセレンスが開花し終われば、我が家では、7月上旬は出荷するかすみ草は途切れる。7月15日ころよりこのスターマイン、25日頃よりフォレスト、、、そして新植分のかすみ草の開花となる見込。

 
 

 



 
 201506ex14dsc07110
4月14日 ポットピンチ苗を定植(1株4本枝)のかすみ草エクセレンス(極早生、スミカ扱い、ダンジガー育成の世界発売品種。冬季間、特に熊本県天草地域より出荷している) 草丈130cm。
 
201506ex14dsc07135
屋根ビニル被覆して雨天の作業(芽整理、芽欠き 越冬株スターマイン季咲)
 
 
2015067sdsc06518
6月7日 スターマイン。右は5月中旬全刈り比較
201506ex14dsc07095  
すでに関東地方とおなじく6月8日からは、梅雨入りしている。
 
201506ex14dsc07104
 

 
 
 
 
■ かすみ草圃場の見学 → 北海道当別町 井野農園
 
 
 亜熱帯の葉物。太陽の花、葉物と熱帯花き販促会議・現地視察会 6月4日 → 沖縄県花卉宮城さん
 
 

2015年6月14日 (日)

奥会津、三島町宮下地区の てわっさ まつり

■2015年6月13日・14日。

 
20150614img_5507
 
20150614img_5514
 
20150614img_5460
 
20150614dsc07208
 
20150614dsc07210
 
20150614dsc07211
 
20150614dsc07187
 
20150614img_5498
 
20150614img_5534
 
20150614dsc07193
大谷の馬場政幸さんは、桐材を利用した曲げわっぱ作りに挑戦されています。

 
20150614img_5471
 
20150614img_5500
 
20150614img_5490
雄国山麓のまがりたけ、地竹

 
20150614img_5489
 
20150614img_5485
 
20150614dsc07167
 
20150614img_5510
 
20150614img_5519
 
20150614img_5524
 
20150614img_5531
 
20150614img_5513
 
20150614img_5538
立派なトウゴンバ(トウゴボウ)
 
20150614img_5537
 
20150614img_5551
 
20150614dsc07166
アサの蚊帳地
 
20150614img_5482
 
20150614img_5480
ささまき
 
20150614img_5481
かしゃねこ
 
20150614img_5499
 
20150614dsc07186
 
20150614img_5516
6月20日より山びこでは佐藤朋義展。→ 三島町交流センター山びこ
 

6/16 JFMA国際セミナーは育種がテーマ

■ 今年のJFMAの国際セミナーは育種がテーマです。 → 6月16日(火)に都内で開催

 
 エクアドルの西川公一郎さんが講演されます。
 -----
 JFMAでは2008年秋にエクアドル・コロンビアの花き産業調査をして訪問しています。
 → 菅家の報告   → 記録一覧

山と暮らしの記録映画(6/14金山町本名)、7/26は三島町

■2015年6月14日(日)

 
 本日午後1~5時は、福島県立博物館。30th福島県中世史研究会(鷹、伊北山内氏)。9名。7月26日(日)13:30は高橋明先生講演会があります(以下)。
 中世史研究会の次回は9月6日会津坂下町中央公民館、12月6日県博での予定。

 -----
 
 
日 時 平成27年7月26日(日) 13:30~15:30
会 場 福島県北塩原村生涯学習センター
講 師 高橋 明 先生
対 象 歴史に興味のある方
参加料 無料
内 容 会津を狙う米沢の伊達政宗と、対抗する会津の蘆名氏。
     北塩原も舞台となった戦国時代の出来事を、文献研究の成果をもとに、
     やさしく、くわしく知る120分。
20150726kitashiobara
 -----------

 記憶のためのポイント(モノと記録)。

 未明より17日の午後の部の奥会津大学のPPT(スライド)を50枚作成。
 午前は9時30分集合で大谷川流域を自動車で移動し道路から自然観察。
 午後1時30分頃から、三島町名入の山びこにて学習会(講義)。午後の部のみの参加も可能です。 → 奥会津大学6/17
 
 
 
 6月16日(火)は昭和村村議会選挙の告示日→21日投票
 
 
■ 金山町で撮影された3時間の長編記録映画『春よこい』が金山町本名船渡913の御神楽館(みかぐらかん)で本日(14日)上映されます。午後3時より。 →  金山町役場
 
 
   半沢政人さんのFBによると上映会当日は300人予定(会場)に500人集まったそうです。7月26日(日)13時30分より三島町交流センター山びこでも上映会が奥会津書房主催で開催されます。(6月14日追記)。
 
11411953_684605541686293_3208477658

 
■ 6月17日(水)の奥会津大学のための準備をしています。
 
 三島町西方地区の共有地については、1997年に『福島大学 行政社会論集』第10巻第2号に法社会学の塩谷弘泰さんが「地域活性化と財産区 三島町西方地区調査から」として報告をされています。同年、福島大学地域政策研究会と福島県森林組合連合会が三島町居住の組合員465名にアンケートを実施、回収率50.3%(西方地区は38名)。

 
 
 
■ 熊本県あまくさの、染めかすみ草 → 中央花卉 中谷隆敏さんの報告
 
 

2015年6月13日 (土)

かすみ草の定植も後半へ

 ■2015年6月13日(土)


 未明より17日の奥会津大学のための勉強。新潟大学の佐藤康行教授の「割地制度とコモンズ」(『村落社会研究』第17巻第1号、2010年)を、詳しく読む。

 三島町大谷、かつての大谷村は麻畑と水田が「慣(ならし)」「分(わけ)」という3~5年おきに地分け(割地)していた。1675年からの20年間に4回行われている。この1軒あたり1町7反の内訳は麻畑1反、田1反、上畑7畝、畑1町4反で、畑の面積が多い。また麻作の畑は作物名が明記されていることが特徴。

 割地慣行について大谷の事例を考えながら、『福島県史』の近世資料編に小中津川の割地についても資料が掲載されている(記憶では林地)。
 
 
■ 早朝より大田(下)にかすみ草プラグ苗の定植作業1棟、その後、川流(中)にポット仮植している苗フォレストの定植。これらは8月下旬からの開花分。

 試作は2棟をハウスを空けており、あと5棟(12日に来たホワイトビクトリア、今後来るプチパール等)を定植する。9月開花分。

 11日に来たスターマインは、プラグ苗で摘芯し、ポット仮植した。
 
 
■ 越冬株の仕立て(6本に)、新植カスミのフラワーネット張り等が今後の作業。

 すでに梅雨入りの様相で、寒い朝晩、陽が出ると暑い。

 
 
 

  磯村社長コラム休載中 そのため、、、、→ 大田花き 取締役のコラム(果実は9割が市場経由)
 
 
 
 
■ 6月25日午後1時30分、昭和村公民館で昭和村花き振興協議会主催の講演会が予定されています。かすみ草のにおい抑制トリートメント(クリザールかすみSC前処理)のマーケティング等についてミヨシより5名の社員の方が来られ語ります。聴講は自由。
 なお、前夜、24日、会津若松市内でミヨシ5名の皆さんと農協部会の立川部会長、私(菅家)等で懇親会の予定です。近傍のかすみ草生産者に声かけする予定です。
 -----
 
■ 6月23日の夜6時30分は、フクカエンの松永課長らオランダ人(カラー球根種苗会社等)、中央花卉中谷さん、スミカの柿沼さんらと懇談予定です(大町四つ角のフェリーチェ、会費4000円)。14名確定。
20150612dsc06893
 
20150612dsc06897
昨年(2014年)にはじめて被害が出たマイマイガ幼虫による広葉樹の葉の食害。今年も発生しており、葉が無くなる木も出てきている。
 
20150612dsc06995
大芦 雪害民家解体跡地
 
20130510dsc06766
明治28年青苧仕入帳 小供苧(子供苧) 野尻 
 
 
6月12日(金)125箱
 
アルタイル秀2L214円・優2L220円、染め秀2L280円、2S(枝)51円
 
ベールスター秀2L225円、秀L182円、優L150円
 
メレンゲ秀2L180円、秀L121円、秀M50円
 
凜・アルタイル 秀L150円

2015年6月12日 (金)

16日告示、20日投票 村議選

■地震で4月から6月に延期となった4年前。改選。16日告示。10名の定員に11名が立候補を予定している。

 
20150612dsc07026
村内には、ポスター掲示板が設置されました。16日告示。
 
20150612dsc07066
 
20150612dsc07067
 
 
20150612dsc07048
 
20150612dsc07001
大芦中組 石段 明治14年
 
20150612dsc07008
大光院心梁円信居士  下中津川
 
20150612dsc07006
 
 
20150612dsc06931
 
20150612dsc06914
 
20150612dsc06905
昭和村公民館では長谷川君の母の個展中です。

文化財めぐり

■2015年6月12日(金) 小雨

 
 午前の、村内文化財巡りは無事に終了しました。
 
 
 
20150612dsc06968
 
20150612dsc06974
 
20150612dsc06942
 
20150612dsc07039
 
20150612dsc06946
 
20150612dsc07013
 
20150612dsc07002
 
20150612dsc06990

2015年6月11日 (木)

ハナノキのチヂミ

■ ハナノキのチヂミ(縮)、、、杢(もく)

 かつてワンナザアで炭焼き(アカメ、、、白炭)を焼いていたときのもの。
20150612dsc06896
カミ(上)ワンナザアとシモ(下)ワンナザア、、、高畑の南。岩下の北。滝谷川左岸。   
 
20130511dsc06855
 
20130511dsc06853
 
20130511dsc06859
 
20130511dsc06892
 

今日でかすみ草栽培のパイプハウス建て終了へ

■2015年6月11日(木) うすぐもり

 
 朝5時より、大田(下)の川より2棟目のパイプハウスを建てました。あと1棟で終了となります(午前中)。越冬株フォレストの全刈抑制8月出荷分です。

 生育中のかすみ草の圃場巡回すると、1cmほどのアオムシ(幼虫)が発生。手取りしました。

 昨日にハウス1棟の施肥・マルチで、今期の畑作りは終了しています。
 
20130510dsc06846
我が家ではいちばん最初に開花するのはエクセレンス(無加温促成、4月14日定植)。
 
 
20130510dsc06843
定植したハウスのスソには1mmのネットで展開し囲います。
 

20130511fdsc06869
このハウスを建てて終了へ。フォレスト越冬株・5月中旬全刈。
 
20130511dsc06881
マイマイガの幼虫もかすみ草の株にいるが、、、、、
 
 
20130511dsc06882

ねつきてになんねように団子さしの団子を、、、、

■ 2015年6月11日(木)


 本日はかすみ草ハウス建て(まだ終わっていません)。『広報しょうわ7月号』のための取材での村内の訪問1軒予定しています(子供苧、わたくし)。
 
 10日は、奥会津大学事務局の下中津川の役場前の生活改善センター内の苧麻倶楽部を訪問し、17日の講座の資料集(A3判で37枚)を届けました。
 また、村内2軒を訪問しからむし生産・流通等の話をうかがいました。昭和村佐倉のからむし工芸博物館の吉田有子さんの調査に同行しました。子供苧(こどもそ)の記録が確認できました(文書では小供苧と記載、1895年・明治28年の青苧仕入帳と、1922年・大正11年分にありました)。地方物産扱い。

 1926年(大正15年)1月生まれの本名オマキさん、からむし等の仕事の詳細な記憶を聞きました。「をからむしは、生活のために、たのまれてやった仕事」と。「あさを売ってコメを買う」「蚊帳は田島のひとに売りました」
 
 「ねつきて」になんねように、(小正月の)団子さしの団子をホウロクで煎って、(イネの)苗取りする前に家族全員で、手の甲から腕に塗ってから、作業をはじめた、、、、、ダンゴノキ(団子さしの赤いミズノキの枝)はオバカリ2本とともに畑にさしたが、ヒトセ(1a)に3トコ(箇所)ほどさした。
 
■ 6月12日の午前は、昭和村文化財巡り(文化財保護審議会)。かすみ草新種のホワイトビクトリア(ダンジガー育成、スミカ扱い)が来ます。

 -----

 また、午前中、下中津川の昭和中学校では、村のかすみ草農業の花育授業の本年分の1回目があり、会津坂下町の佐藤充さんが講師です。4月に就農されました。

 12日、FAJでかすみ草の商談会があり、JA担当の寛之さんと、かすみ草専門部会役員の栗城義徳さんが出席します。


 -----

 11日より野尻中向の雪室(集荷所)は午前7時より午後3時(4時)まで。井戸修繕作業。

 10日のかすみ草販売は生産者3名、54箱。6社(FAJ、世田谷、南関東、オークネット、福島、仙花)。12日より3社増(板橋、第一、FP)
 
 
 13日からの土日は三島町の生活工芸館前での「工人まつり」。 


 私は14日(日)、福島県立博物館での福島県中世史研究会(会員対象・非公開)に出席します。会津坂下の柳井壽彦先生の「伊北(只見・金山)の山内氏」について等2題の報告があります。
 
 
■ 新染色剤 ルビー   →  新鶴の高尾嶺農園の菊地さん

20130510dsc06710
小中津川
 
 
20130510dsc06718
スキンノウに売った布の端切れ
 
20130510dsc06709
ぞうそ  zou-so
 
20130510exdsc06703
シャクヤク 
 
20130510exdsc06817
 
20130510dsc06803
 
20130510dsc06796
大芦 オハチ 神様に供える漆器
 
20130510dsc06809
野尻のシャクヤク
 

2015年6月10日 (水)

7月10日は視察会(まちむら交流きこう)

■2015年6月10日(水)晴れ


 昨日は雨でした。花の調整・水揚げをする作業小屋の掃除をしました。雨があがり、川流(右)にかすみ草フォレストを定植しました。前日に植え穴を開けて置いたので、充分に水分が雨で補給されました。

 かすみ草の苗・フォレストが来ました。

 昨夕、都内のまちむら交流きこうから2名の方が来村され、昨年9月に実施した視察会の下見をしました。ことしは7月10日に催行されます。村内の、かすみ草圃場とからむしの圃場を案内する予定です。


 
 
■今日は、昭和村小中津川と野尻のからむしの聞き取り調査をしています。
 
2013059dsc06693

2013059dsc06694
 

6月28日(日)午後1時30分、小野川生活改善センター「博士峠 今昔物語」

来る6月28日(日)午後1時30分から 昭和村小野川の生活改善センター(小野川分校近く)で、講演:菅家博昭「博士峠 今昔物語」が行われます。主催は博士峠のトンネルを実現する会です。

 近くチラシが配布されます。

 
20150609hakase28

2015年6月 9日 (火)

ハウスのネット被覆

■ 6月7日(日)朝から午前、高畑の角畑の2棟にかすみ草を定植しました。フォレストとFG465。

 
 昼に三島町川井の集荷所で生産者による出荷所準備がありました。その際に資材等の件について、8日の夕方に野尻中向の雪室で打ち合わせをしました。
 
 4日(金)よりはじまったかすみ草出荷は、8日(月)76箱。5社出荷。アルタイル、ベールスター、メレンゲ。5月高温で急いで咲いています。
 ただし生育が遅れている越冬株(季咲き)、7月上旬は端境期になりそうです。

 未明より採花 → 立川幸一部会長は最盛期です。

 
 
 
 
■ ニホンジカによるかすみ草圃場の食害 → 金山普及所日記 大河内さん

20150608dsc06663
 
雪室事務所で、寛之さんと打ち合わせ。事務所は新しくきれいになっていました。

 
夕方、しらかば荘に。日帰り温泉は休止でした。
 
20150608dsc06660

 大岐地区の生産者は、かすみ草を定植後、防虫(白)・防風(青)のネットでハウスまわりを被覆しています。
 
20150608dsc06651
 
20150608dsc06654
5本に1本、編むと風に飛ばされません。獣害防止にもなります。
 
20150608dsc06659

 

下中津川新田の五社頭山ノ神(ごしゃとう やまのかみ)様

■2015年6月9日(火)雨

 
 今日は午前、自宅の花の保冷庫の定期点検が来ます。
 かすみ草のプラグ苗(フォレスト)が来ます。仮植します。
 夕方には、まちむら機構が7月10日の打ち合わせ・事前視察で来ます。
 
 10日の午前、小中津川のからむし栽培聞き取り調査。

 
  5ページに掲載されています 「新史料紹介 野尻組の麻からむし 連載第18回」→ 広報しょうわ6月号(PDF)
 
20150601showa18
 
■ 6月12日が昭和村下中津川の新田地区の玉川沿いにある山ノ神の祭礼日。その注連縄(標縄、しめなわ)作りが7日の日曜午前に行われました。五社頭(ごしゃとう)山ノ神神社、といいます。かつての南会津郡界と下中津川を結ぶ鳥居峠の街道沿いにあります。明治時代に新道が大芦に抜け新・鳥居峠となっていますが、旧道の時代です。

 「シメブチ」という作業で、朝8時から11時くらいまで、新田地区の男性10名が稲わら、麻糸等を使って注連縄を作り、鳥居に掛けて奉納しました。
 佐藤平喜さん、酒井盛男さんが作り方を伝えていました。
 本来は雪のあるうちに、一晩「ヤド」でシメブチを行い、雪のあるうちに鳥居に結んだそうです。雪の高さで、鳥居には容易に装着できたので、脚立などは不要だったようです。
 
 5月27日の昭和村文化財保護審議会で、委員の栗城萬吉さん(新田)が、このシメブチの話をされていて、6月7日(日)に、うかがうことにしました。

 
※追記)6月9日午後、小中津川の村診療所待合室で、下中津川の新田在住のS古老、下中津川のF氏に「ゴシャトウ山の神」について聞きました。
 F氏は即座に「ゴシャトウさま、のことか?」といい、良くわからない。S古老も、「うーん」というのみでした。
 
■2013年5月9日に、社殿内の木札等を個人で調査しました。
 
木造の社殿で、定期的に作り替えをしていて、そのたびに木の棟札のようなものを納めています。加えて周辺資料から年号を紹介してみます。読解には誤りがあるかもしれません。新田地区は近世(江戸時代)に野尻川右岸の下中津川村の荒屋敷(新屋敷)から新田開発で拓いた野尻川左岸・玉川合流部地区です。この

1.1724年 享保十巳(巳の字は後日の記載かもしれない)
  奉立建山神宮 中光海山氏子安息 元保坊

2.1733年 享保十八癸丑 奉建立 山神

3.1764年 宝暦十四甲申年 卯月吉日 施主(名、総名有り)
  左右の石灯籠    

4.1809年 文化6年 会津藩編 『新編会津風土記』(歴春本4巻、123ページ)  山神社 境内東西十二間、南北十六間 免除地
  新田の西 一町三十間余ニアリ、勧請ノ年代詳ナラス、村民ノ持ナリ
  (同、下中津川村の新田は家数は12軒と記載)

5.1828年 文政十一子年十一月大吉日 天官大山祇神社
  社堂別当 大光院    天長地久国家安全  ○○○時五穀豊穣
  当村氏子世話人(6名)長兵衛、與右衛門、勝蔵、民右衛門、勝治、惣右衛門、
  大工 丈助  別当祐元房代  との記載あり

6.1856年 安政三丙辰 十月二十九日 元保坊 大工冨治
 
7.裏面記載不明  大山祇神社、、、(割れ半面)
  ※薄くて読み切れないが「五社當、、、、」とみえる「當」は当の旧字体
  もうひとつの割れ半面。旧とあるので明治期と思われる。
  奉建宮 大山祇神社 氏子安泰守護所
  旧七月吉日   元保

8.1889年 明治二十二年丑 七月吉日 建立 氏子

9.1975年 昭和五十年六月十二日 奉遷宮 坪内安全 身体健康 五穀豊穣  
 
20150607img_5389  
新田地区 猿舘山と志津倉山(大辺山)
 
20150607dsc06565
栗城萬吉さん「ここはかつで柳津参りの街道であったから、山の神様は多くの人々が拝んだ」「道が分かれる辻、峠の頂上に山の神は祀られ、それらがここに合祀(ごうし)されたのではないか?」
 
20150607img_5341
 
20150607img_5342
 
 
20150607img_5370
 
20150607img_5359
 
20150607img_5351
 
20150607img_5394
 
20150607dsc06582
佐藤平喜さんの道具(刃物)
 
20150607dsc06568
 
 
20150607img_5396
 
20150607img_5399
 
20150607img_5423
 
20150607img_5415
平喜さん、盛男さん
 
20150607img_5430
 
20150607img_5436
 
新田の皆さん
 
 
20150607img_5391
 
20150607img_5392
境内には、山桜が3本、杉の木が多数植えてある
 
20150607dsc06558
境内の石灯籠は宝暦十四年
 
20130509dsc00268
 
2013-5-9調査時撮影
 
20130509dsc00276
 
20130509dsc00272
 
20130509dsc00270
 
5月27日に下中津川気多渕の酒井寅一さん宅の調査に訪問した際、
当家祖先の修験・大光院について話をうかがいました。
その大光院による納札です。
1828年 文政十一子年十一月大吉日

 

2015年6月 7日 (日)

村の境界と、、、、

■2015年6月7日(日) 寒い日が続いています

 
 朝4時過ぎより、高畑の角畑にかすみ草の定植作業をします。
 
 本日より、奥会津大学が開講します。三島町名入の「山びこ」です。本日は無料講座です。
 

 私の担当するのは17日です。申し込みは10名程度のようです。数台の乗用車で乗り合わせ、大谷川の流域を移動しながら、道路から村の境界を観察します(午前)。その後、会場(山びこ)に戻って講座となります。雨天時は長靴・雨傘。気温は寒い(15℃程度)です。


 


 
■ 本日の、午後は、三島町大谷川流域の調査。夕方、浅岐でお話をうかがいます。明日は通院日で不在です。
 
 
■  9日(火)の夕方、東京のまちむら交流機構より7月10日の視察について打ち合わせ(下見)に来られます。
 
 10日(水)午前、小中津川でからむし作業の聞き取りをします。

 
 12日(金)午前、村内文化財巡りです。
 
 

20150606dsc06466

2015年6月 6日 (土)

手取り除草(くさむしり)   積算温度

■2015年6月6日(土) 雨、12℃

 
 昨日より寒い日が続き、雨も本降りでした。

 雨天時はビニルハウス内の作業。かすみ草エクセレンス(極早生)の圃場の草むしりをしました。
 
 雪室の後片付け、不要物の搬出を4回行いました。ほぼ終わりました。
 
 
 
20150606dsc06454
 
20150606dsc06451
 
スベリヒユが多い
 
20150606dsc06455
 
手取り除草後
 
20150606dsc06457
エクセレンス(4月14日、PP苗定植) 無加温
 
20150606dsc06459
4月14日よりデータロガー(デジタル温度記録計)でハウス内温度を計測

開花までの積算温度をみます
 
6月3日までで840℃(平均気温16.8℃、-0.1℃ ~ 38.5℃)
 

201504160603
 
20150606dsc06448
 
 
20150606dsc06445
ハクウンボクの白い花
 

かすみ草の生育状況(昭和村大岐地域)

■2015年6月6日(土) 小雨


 昨日より気温が低下しています。

 本日は、雨の有無により仕事を変える予定です。

 昨日、川合さんと打ち合わせして、7日(日)が、聞き取り調査の都合により、浅岐集落誌の調査をすることになりました。川合さんは今日、下中津川名主家の近世文書撮影されるようです。
 
 
■ 駒止湿原保護協議会の総会は昭和村と南会津町(田島町)の境界にあるため交互に総会場所を交替して行っています。今年は昭和村公民館で6月5日に開催されました。
 
20150605dsc06396
 
20150605dsc06417
たにうつぎ
 

20150605exdsc06370
4月14日定植、無加温ハウスのかすみ草エクセレンス(極早生)
 
6月植え、8月出荷期は団子花(高温障害)で1昨年夏には失敗したので、
4月植えの促成としました。5月植えも来年は試します。
早生種のみやび、ホワイトロードやメレンゲに変わる位置での栽培が可能とみています。
 
 
20150605mgdsc06388
かすみ草マグネットの定植(かん水後、パオパオべたがけ) 大岐大田1


 
20150605ppdsc06381
無加温密閉促成の越冬株利用のプチパール。7月中旬開花か?
 
20150605smdsc06379
スターマインの越冬株の春掘り上げ定植(5月中旬)。補植。奥は新苗。


 

2015年6月 5日 (金)

かすみ草:スターマイン 定植(角畑上1)

■2015年6月5日(金) 寒い 朝8℃、曇り

 
 今朝は、大岐南方の高畑の角畑の上より1棟目に、かすみ草 スターマイン(群馬県のカネコ種苗の育成品種で今年全国で作付けが行われている)を定植しました(5月9日苗、摘芯済み)。
 前日にビニルマルチに穿孔して、灌水(水やり)して定植穴土壌を湿潤にしておきました。

 大田(下)東1棟の屋根ビニル被覆ハウス内に、6月4日に到着したプラグ苗を摘芯後に定植します(プラグ苗の直定)。かすみ草:マグネット(フクカエン扱い、エクアドルのエスメラルダ社育成)。灌水後、パオパオ青被覆。
 
 試作かすみ草の仮植作業を行います。

 午後は、昭和村公民館にて駒止湿原保護協議会の総会に出席。
 
 
■   会津盆地の圃場   → かすみ草の出荷はじまる

20150605smdsc06357
 
 
20150605smdsc06361
スターマイン5月9日苗、摘芯、6月5日定植(角畑1号)
 
20150605smdsc06359_2

 
20150605smdsc06337
マグネット苗(かすみ草)
 
20150605smdsc06338_2

2015年6月 4日 (木)

あまくさのかすみそう(なかやさんのほうこく)

■ 5月末に熊本県天草地方を訪問されたそうです。 → 中央花卉(中谷隆敏さん)


 田んぼを知る   → 田島田部 湯田さん
 
 

会津のからむし(からむし工芸博物館原稿)

■2015年6月4日(木)  曇り


 昨日の夕方より少し雨になりましたが、晴れていくようです。
 
 未明より本年開催中の昭和村佐倉のからむし工芸博物館の企画展報告書用の原稿の仕上げをしました。数字を縦書き報告書のために漢数字等に替える作業です。一部、校正を含んでいます。

 先ほど、担当の吉田さん宛てにメール添付で送付しました。

 A4で55ページ分ほど(57,000字ほど、400字原稿用紙で140枚)あります。
 
 一仕事終えました。

 鞍田崇さんに調査してもらう漆器二点も昨日に借用しました。

 
■ 今日はかすみ草のプラグ苗が2箱分来ますが、これから福島空港に行きます。仮植は明日に行います。

 明日、5日の午後、昭和村公民館で駒止湿原保護協議会の総会に出席します。午前中に大田(下)のパイプハウスを建てる予定です。6日まで、かすみ草の定植も予定しています。

 
■ 7月9日に東京有楽町の無印良品のアトリエムジで赤坂憲雄さんと竹島善一さんの対談が行われ、それに連動して竹島さんの写真展が行われます。


■ 大芦畑小屋の祈り → ファーマーズカフェ大芦家


20150604dsc06274
 
20150604dsc06276
 
20150604dsc06283
 
20150604dsc06287
 

2015年6月 3日 (水)

かすみ草の出荷へ(JA会津みどり かすみ草専門部会)

■2015年6月3日(水) 小雨・曇り

 
 午前8~9時30分、雪室にて出荷容器整理終了。事務所の不要物回収。11時30分に終了。
 
 本日より、かすみ草専門部会の会津盆地圃場の立川部会長ら2名の方の出荷がはじまりました。5日(金)販売から。集荷所で見ましたが、よい品質でした。
 
 私の出荷は、6月下旬になりますが、今日、集荷所で見て、早く出荷したい気持ちになりました。
 
■ →立川さん


 → 本名敬さん
 


20150603dsc06248
アルタイルMD
 
20150603dsc06246

 
20150603dsc06253
ベールスターとアルタイルの秀2L(80cm)
 
20150603dsc06250
立川さんは、2S(65cm)も出荷 しっかりした品質でした

 
20150603dsc06243
 

南会津郡下郷町大内 蕎麦こめや 吉村さん

■2015年6月3日(水)

 
 午前8時より9時、野尻中向 花の集荷所にて 出荷容器等処分作業。


  JA会津みどり かすみ草専門部会は6月5日(金)より二名会員で本年の出荷がはじまります。 → 立川幸一部会長のブログ
 
 

 
 
 
 6月16日は国際セミナーです。→ JFMA(日本フローラルマーケティング協会)


 
 6月17日は菅家担当。1回のみ単回参加可能です。まだまだ募集中です。 → 奥会津大学(三島町会場) 生業と共有地(コモンズ)

 
 

 
■ 6月2日(火)南会津郡下郷町大内の宿場街路、重要伝統的建造物群保存地区
 
20150602dsc06169
集落北端より


20150602dsc06149
 
20150602dsc06237

 茅葺き(ススキ)屋根。南側1棟がトタンを剥がして茅屋根に葺き替え中(10棟目)。
 
20150602dsc06175
 
20150602dsc06206
 
20150602dsc06225
栃の水晒し 三澤屋前
 
20150602dsc06229
 
20150602dsc06233
 
20150602dsc06191
 
20150602dsc06203
会津の茅葺き 技と風景 2014年 日本茅葺き文化協会

表紙裏は、昭和村野尻集落(菜の花)。

三名の会津茅手の聞き書きは秀逸です。
只見町:佐藤恒雄さん(昭和10年生)ガギはケヤキ製
下郷町:小山忠男さん(昭和16年生) ガギは杉製
旧伊南村:馬場竹一さん(昭和7年生)ガギボウはケヤキ製




 
20150602dsc06202
 
 
20150602dsc06198
蕎麦こめや の 吉村さん夫妻
 


20150602dsc06178
美濃屋 名主阿部家



20150602dsc06177
マメコバチとヨシ(葦)

 
20150602dsc06238
籠太のミズナ

 

2015年6月 2日 (火)

かすみ草エクセレンス(スミカ極早生種) 発雷(4/14雪中PP定植)

■2015年6月2日(火)晴れ

 
 朝、岩下(下)3棟のビニルマルチ(畑作り)終了し、畝間均し、端止め。今朝、岩山の六部岩(ロクブユワ)の上から落石があった、と父は言う。尾根を熊が歩いたのではないか?とも。昨日よりホトトギスの鳴き声が強い。時にジュウイチ(ツツドリとともに、カッコウの仲間)も鳴く。
 
 大田(下)の杉1棟のフォレスト越冬株(25cm草丈)のパイプハウス建て。1棟。
 
 朝、愛子姉と照子姉が上橋のところに来て、明日3日のエルフ残のことについて照会される。村老人クラブの総会がある日、だとのこと。

■ 大岐地区は、かすみ草定植後、あるいは越冬株でも同じですが、すぐにパイプハウスのすそに白い防虫ネットをまわすか、青い防風ネットをまわします。これは虫の飛び込みを防ぐほか、かすみ草が風でもまれ草丈が短くなることを防ぎます。そして、動物の侵入を防ぎます。

 
20150518dsc05373
 
 
■ 4月14日に雪のなかのビニルハウスに定植したかすみ草エクセレンスは極早生種だけあって、生育速度が速い。
 6月1日に発雷した。すでに草丈80cm。
 
Dsc02711
4月14日、2週間ほど除雪を行い、ハウスを建てて、ビニル被覆し、エクセレンスのポットピンチ苗を定植。畝は前年秋に立てて(作って)ある。
 
 
20150414dsc02830
水田のような練られた土、、、時に雪の上を歩くためのカンジキを使用することもある。
 
20150414dsc02825
 
20150602dsc06133
6月2日 屋根の遮光スクリーンをはずす。
 

 
20150601ex
1株6本以内に仕立て、第1回目の脇芽欠きは終えている。
(ポットピンチ苗は4本芽で納品されるので、ほぼ6本)

白マルチ対照区は生育・充実度とも7割の出来。

----
開花成績をみないとわからないが、4月1日苗納品で14日定植(雪のため)。
5月1日定植くらいまでの春2回無加温促成が昭和村大岐地区でも可能と思われます。これまでメレンゲ(カネコ)が対応していた作型を極早生のエクセレンスでの対応が可能になります。アルタイル主流のなか、メレンゲが受け入れられる市場は限られています。エクセレンスで、暖地との競合もみながら、
開花時期は6月中旬から7月上旬。そこから越冬株にリレー。



 
Dsc06135



 
 

明日、6月3日(水)午前8時より雪室倉庫バケツ処分

■2015年6月2日(火)

 
 野尻中向の集荷所が昨日より稼働。3日(水)午前8時~9時、2回目となるバケツ等の在庫整理をします。また事務所内も整理を行います。

 本日は朝5時~8時、大田(下)圃場のかすみ草越冬株生育中のパイプハウス建て(残3棟有)。
 
 4日(木)、福島空港。種苗到着日(仮植)。
 
 5日(金)、昭和村公民館・駒止湿原保護協議会総会
 
 6日(土)、古文書講習会(福島市)
 

 
■とても暑い5月でした。また雨は2回ほどしか降りませんでした。6月はかすみ草の出荷がはじまる月です。それに向けて生育した越冬株の株仕立て、芽整理。仮植管理中の苗の定植。新しい苗の着後、仮植と、かすみ草が暮らしの中心になります。7月からは採花作業が中心となります。加えて地域行事も多く開催されます。
 
 
 
 
 
-----
■ ユリの花 千葉のもえぎさんのFB
 セーラ
仲卸のお任せで久しぶりのセーラでした。
なんだろう?おさえとしては仕入れてもいいけど、積極的には仕入れたくないかなぁ?
色合いは優しい感じなのに、花姿が硬いんですよね。
スーツ着てバシッと決めてるお姉さんみたいで、近づき難い感じ。
(※あくまでも個人的な感想ですから)
 
 
マイウエディング
高いけど買ってみた(笑)
これ、某仲卸のお財布に優しいタイムセールで買ったんだけど、それでもこのユリひと束買うよりセリで買うバラ1ケースの方がはるかにお安いって…
こんなに小売が利かない時期、仲卸に押し付けるしか無いような高価な品種なら、思い切って2本でスリーブいれるとかするってどうですか?
  -----
■ (重要★)北林寿信さんの農業情報研究所ウェブサイトより 5月31日 農産物の地理的表示や、品質 → 抄訳:フランスの農業と山地―高付加価値との関連 その1

20150601dsc06119
県立田島病院前の西方山塊(金井沢)
 
20150601dsc05955
福島空港
 
20150601dsc05954
 
20150601dsc05961
 
20150601dsc05960
 
20150601dsc05974
 
20150601dsc05962
 
20150601dsc05969

2015年6月 1日 (月)

喜多方市 志(し)ぐれ亭 武井柯亭(かてい)

■2015年6月1日(月) 


 昨日は小雨で農作物には慈雨とはなりませんでした。強風の一日でした。午後には曇り、晴れ。
 
 
 
---------
武井柯亭は、大芦戦争の攻撃時の進撃隊隊長。
 
 → 武井柯亭 略歴  好古斎より転載
 文政6年1月6日生(新暦 1823年2月16日)生~明治28年(1895)5月23日歿
 名は泰。字は通。通称は万太郎・満之助・完平・官平、柯亭・五峰と号した。
 陸奥会津藩(現 福島県)藩士。嘉永6年(1853)房州警備、安政4年(1857)から江戸勤番、文久2年(1862)会津に帰る。この年、藩主松平容保が京都守護職となるや、主君に従い京都に赴き、桂小五郎らの長州藩士や諸藩の尊攘派と交わる。藩に種々進言したが内通を疑われ帰郷。戊辰戦争では進撃隊頭として新政府軍と戦い、のち主家再興につとめた。維新後は新政府の旧知からの招きがあったが、応じなかった。
 琴を愛し柯亭琴士という。星研堂に書を学び、詩にも長じた。子の庸が明治7年(1874)伊佐須美神社宮司となり高田村に移る。
 「柯亭」の下に、白文の「泰印」と、朱文の「柯亭」の落款が押されている。
 
 
 
 
 
 
 
(1823~1895.5.23) 会津藩士。若松に生まれ、通称万太郎のち官平、また五峰とも号す。1853年(嘉永6年)房州警備、1857年(安政4年)から江戸勤番、1862年(文久2年)会津に帰る。この年、藩主松平容保が京都守護職となるや、主君に従い京都に赴き、長州藩士や諸藩の名士と交わる。戊辰戦争で各地に戦い功あり。琴を愛し柯亭琴士という。書にも長じた。子の庸が1874年(明治7年)伊佐須美神社宮司となり高田村に移る。墓は福島県大沼郡会津高田村伊佐須美神社神葬墓地。(『幕末維新人名事典』新人物往来社)
【文献資料】
 『会津会会報 第6、第7号』会津会 古川未東「武井柯亭翁の一斑」
 『北陽史談 第6年第5号』喜多方史談会 「武井柯亭伝」
 『若松市史 下巻』若松市役所 P557-558
 『会津高田町史』会津高田町 P1013-1014 「武井柯亭」
 
20150601dsc05999
 
20150601dsc05993
 

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ