« おあたごさままつりと熊 | トップページ | かすみ草の取り組みをつなぐ(クリザールSC)におい抑制 »

2015年6月25日 (木)

アメリカ、NPO運営のスーパーマーケット「デイリーテーブル」内覧会

■2015年6月25日(木)


 今朝未明に配信された有料のメールマガジン「アメリカ流通 eニュースVol.19,No.25(鈴木敏仁さん)」で、社会の課題を解決するための新しい事業が注目を集めています。一部紹介します。

 -----

 

 非営利組織(NPO)運営によるスーパーマーケットがまもなくオープンする。利益獲得を企業活動の目的としないSMは全米初だという。店舗名はデイリーテーブル、場所はマサチューセッツ州、創業したのはトレーダージョーズの元プレジデントであるダグ・ラウチである。
 ライセンスの取得が予定通りに進まずオープンが延び延びになっているのだが、目処がついたため開店前にメディア内覧会を開いて店内を公開した。ラウチはは運がが良ければ損益分岐点を超えることができる、と控えめな抱負を語っているのだが、初の試みでモデルが存在しないだけに確かなことが言えないのだろう。今後は不透明だが、フードデザート(日本で言う買い物難民)問題を解決する一つのありかたとして注目されている。

 
 
■ 6月25日午後1時30分、下中津川の昭和村公民館では、かすみ草の機能性を高めるための取り組み「ニオイ抑制トリートメント(クリザールSC処理)」についての学習会が開催されます。村内外から参加・聴講が可能です(無料)。昭和村花き振興協議会主催。
 
 いま、かすみ草社会に求められている産地の取り組み、卸・小売店へのプロモーションの参考となる事例が、今日、奥会津の昭和村で報告されます。

 
 責任産地とは、いつも社会の変化にたいして、新しい動きや提案を、自らが主体となって取り組むことを求められ、それが社会的な責任です。かすみ草やかすみ草産地がはたす社会的役割とは何か?をいつも考えながら仕事をしていると、それは見えるようになり、仲間が増えて、できるようになります。産地とは一人ではなく、複数の生産者がいること、それの意味がわかってきます。
 


  お花の基本的価値である「花持ち・日持ち」は基礎的な、ベーシックなことで見えない取り組みです。しかし、「染めカスミソウ」「ニオイの抑制された新しいかすみ草」という取り組みは、わかりやすい、見える取り組みです。 
 その両方を同時に取り組むことが大切です。かすみ草の「品種」の価値を超えた取り組みが、実は「かすみ草」そのものを社会の中で生かすための道につながっています。「品種」「品目」からの脱却、、、、産地の取り組み自体を表現する時代になっています。
 


 
20150619mi25
 
 
20150624dsc08591
6月24日は、おあたごさま・まつりで赤飯(ふかし)。
 
 
■ 6月24日は、カネコ徳弘さんがかすみ草スターマインの生育調査で来村。その後スミカの柿沼さん・中山幹康さんも来村されかすみ草エクセレンスの生育調査。そしてフクカエンの松永亮さんもマグネット・ファンタイム・銀河ウェイ・プチパール等(エスメラルダ社、セレクタ社育成のかすみ草品種)の生育を見て、山形県に向かわれました。
 夜7時より、会津若松市内にてかすみ草生産者とミヨシの5名との懇談会も開催されました。詳細は25日の午後の昭和村での講演会で明らかとなります。
 
 来村される皆さんは全国の産地や消費地を歩かれています。小さな変化、大きな変化を感じておられ、それをうかがい、共有するために、定期的な集まり、開かれた場が必要です。なお卸・小売りの皆さんも同じように全国を歩かれています。山奥で花を生産する、ということは、つねに開かれた場を持つ、ということが産地の維持には必要です。訪問しやすい環境をいかに整えるか?仕事が忙しい、作業に追われる日々で、分担しながら社会変化を読むことは、人のつながりの維持からしか生まれません。
 
 
■ 6月26日(金)は終日、三島町集落誌のための聞き取り調査で不在となります。27日(土)は10時より夜まで、三島町名入の山びこで開催される木の大学(大谷・浅岐等での新しい林業のかたち)の学習会があり参加します。二日目のフィールドワーク(見学会)は参加できません。
 
 
 28日(日)は朝5時よりかすみ草栽培ワークショップの受入。午後1時30分より小野川センターで博士峠の歴史講演会。29日(月)は通院日です。

 7月1日は兵庫県のかすみ草生産者堂本さんが来県されます。梅田生花に出荷をされています。7月3日~5日は沖縄県花卉訪問・ライカムのマカロンでのかすみ草フェア(4日の11時から12時)。

 
 
■かすみ草の出荷数が少ないまま経過しています。5月の高温で無加温促成の会津盆地圃場分が前進開花。それに次ぐ越冬株利用の昭和村域での作型は大雪で圃場の雪消え遅れ、6月の雨天続きで生育が遅れています。7月中旬からの開花となり、現在から7月上旬が端境期となっています。
 現在、会津盆地と昭和村の移行帯の三島町・柳津町域でのかすみ草の開花となっています。昭和村では7月中旬以降の開花待ちの状態が続いています。
 
 昨夜、会津地域のかすみ草生産者が9名集まり情報交換をしました。


 
 

 

 
 
 


■私の昭和村大岐の圃場の極早生かすみ草:エクセレンス(スミカ扱い、ダンジガー社育成・国際展開品種)は五本が開花。その一本はスミカの柿沼さんが会津田島に行かれる際に持って行かれました。
 
 
■ 6月24日午後1時から4時、三島町宮下の奥会津書房にて遠藤由美子編集長とともに、山形県米沢市芳泉町(ほうせん・まち)から来られた生垣・町並み保存会の山岸先生・佐藤昭雄さんとお会いしました。10月4日(日)頃の予定で、訪問し、「地域の調べ方」の講演をします。日程は今後決まりますが、10月の日曜(11日、25日)で検討されます。ウコギの生け垣が美しく保全されている町内会の行事です。近くなればまた日時はお伝えいたします。→(11月15日午後1時、米沢市松川コミュニティセンターで開催の予定です。6月27日追記)

 
 山岸圓治郎先生が『会津学』1号から6号を精読され、また福島県立博物館(会津若松市)の赤坂憲雄さんと遠野市の旅でご一緒されたことが縁で、今回の来訪となりました。



 
 
 
  → 

 
20150624dsc08601
奥会津書房にて

 
20150624dsc08607
菅家・佐藤さん・遠藤さん・山岸先生
 
 
2015

« おあたごさままつりと熊 | トップページ | かすみ草の取り組みをつなぐ(クリザールSC)におい抑制 »

かすみ草2015年」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ