« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

新植 第2弾群の開花へ

■2015年7月31日(金) 晴れ うすぐもり


 今朝より5月8日定植のスターマイン、ファンタイム等の採花を開始。

 明日の8月1日、2日は新潟県十日町市の記録映画上映会への参加のため不在となります。

 
 
■ 朝日新聞出版『一冊の本』8月号(233号、100円)に、8月7日に発刊される『会津物語』が紹介されています。
 赤坂憲雄『遠野物語』から105年、いま会津に沸き立つ不思議な世界

 69ページに広告 

 → 一冊の本

 
■かすみ草の切り戻し摘芯(ピンチ) →  立川幸一さん(矢ノ原高原)

20150731bdsc02118
 
20150731b20150731aizu
 
20150731bdsc02123

 
20150731wvdsc02104
ホワイトビクトリア 越冬株開花(7月28日)
 
20150731bdsc02109
ビューティブライド越冬株開花(7月30日)

20150731bdsc02085

2015年7月30日 (木)

秋の風に 作柄調査

■2015年7月30日(木)曇り晴れ


 この1週間ほど、アブ(吸血昆虫)が飛翔して人体に近づいて停まり、吸血しようとする。朝晩の採花中や、作業中の室内など。

 おととい、7月28日の朝、大岐集落の南方500mほどの岩下圃場で採花しているところ、虫の音(昆虫)がはじまり、空気感も代わった。大気が入れ替わり秋の空気になっている。日陰で吹く風は冷たい。
 
 今朝は4時30分より圃場巡回。かすみ草の生育状況を調査した。
 8月になり採花をはじめる場所の確認。

 岩下(上)東1棟の5月8日プラグ直定のファンタイム(フクカエン扱い、エクアドルのエスメラルダ)は開花し、本日より1こも採花した。

 大田(下)東3棟の越冬株フォレスト(スミカ扱い、イスラエルのダンジガー社)全刈作型も開花がはじまり、草丈は短く70~90cm、10本ほど採花した。同じ作型の角畑上より2号のフォレスト全刈は草丈60~80cmと短いが、5本ほど開花した。
 
 次いで、角畑西1(上より1)棟の5月9日苗仮植、6月5日定植のスターマインは草丈90cm、10本ほど開花し、7月31日より採花をはじめる。
 
 6月8日定植の角畑東1(上より4棟)の6月8日定植のスミカ試作FG465(ベールスター系)は80~90cm伸び、2本が開花した。
 
 同日植えのフォレスト(東2)は120cm開花は間近(8月3日頃?)。

 以上が我が家の8月上旬の開花予定のかすみ草。
 
■当地のかすみ草は越冬株がほぼ終了し、出荷量は減少。2250箱→1043箱(昨日・水)→金曜予定は955箱。
 
 

 

2015年7月29日 (水)

かすみ草、最盛期終える

■2015年7月29日(水) 曇り


 昨夜は20時に就寝して今朝1時より作業(40箱近く染めました)。出荷数確定が3時。我が家の最盛期の終了。今日から平常作業。夜は会津若松市内でスミカから来県される3名の皆さんと会合があります。


 昭和村のかすみ草は7月27日(月)が今季最大量の2250箱で、販売を終了しています。29日(水)は半減し約1017箱。越冬株はほぼ終了しました。今後は春植えの新植苗の開花ですので、安定一定数量の出荷となります。

 

 8月から盆の花束加工の需要期がはじまり、その後、第2週まで需要期です。受注もかなりあるようです。
 
 農協からのファクス情報では、7月27日から31日まで東京都中央卸売市場大田市場花き部のFAJ(フラワー・オークション・ジャパン)の社員3名が昭和村のかすみ草生産農家(野尻中向、下中津川)で栽培体験研修をされています。

■ 松島義幸さん → 東京オリンピック、花の低温輸送    

 


201507291017
 
20150729hikaku
昨年のピークは7月17日の1752箱、7月24日の1673箱ですので、今年はかなり遅れました。3日程度の遅れ(雨天多く、寒かった)。品種構成もアルタイル主体となっています。
 
 
■ 7月28日(火)午後1時30分から3時まで、三島町大谷地区での集落誌調査のための会合(初回)は、盛会でした。約20名の地区の皆さんが参加されました。私は地名調査グループで、拡大地域図を囲んで、男性の皆さんからお話をうかがいました。
 その他、女性を2グループとして年中行事や冠婚葬祭等の聞き取りを行いました。

 終了後、宮下の教委にて、調査専門委員の打ち合わせを5時まで行いました。



■ 7月30日(木)は午後2時より、三島町宮下の町民センターにて、平成27年度 第1回 三島町史編さん委員会が開催されるため、出席します。


20150728img_6696
大谷地区 センター
 
20150728img_6701
大谷 中際
 
20150728img_6692
大谷 本村・南の方向
 

 
20150728dsc02055

 
20150728dsc02030

2015年7月28日 (火)

朝の採花、午後の調査(三島町大谷地区)

■2015年7月28日(火)小雨のち曇り


 朝、出庫輸送(保冷庫から出す)。朝、採花。岩下上の春植え(5月8日に自家ポット仮植・摘芯仕立て苗の定植)スターマイン最盛。ファンタイム開花はじめる(5月8日プラグ直接定植)。
 
 フォレストの越冬株季咲きの終盤採花。我が家としては明日は最大量。
 

■今日の午後1時30分から3時、大谷地区の調査開始の会合に出席。昨年の秋から浅岐地区、この3月より間方地区、そして今日から大谷地区の集落誌の調査となります。かつて三谷村と呼ばれた大谷川流域の3集落です。


 三島町大谷地区 活性化センターにて開催

 「大谷の暮らしと文化を語り合う会」(三島町教育委員会、歴史文化基本構想推進委員会)。

 大谷地区の皆さん、三島町史編さん専門委員兼三島町民俗調査研究員。

2015年7月27日 (月)

越冬株最盛 終了、野尻中向調査(神社)

■2015年7月27日(月)晴れ 暑い日

 
 早朝より梱包・集荷場所へ運ぶ。フォレスト採花。健診。その後、カスミ調整。

 午後は昭和村教育委員会の五十嵐賢仁さんと野尻・中向の神社調査。4時に帰り、葉採り・調整作業を21時まで。

20150727dsc01867


20150727dsc01783
野尻 岸の稲荷神社
 
20150727dsc01786

20150727dsc01863
案内いただいた小林ひさしさん
 
20150727dsc01856
 
20150727dsc01819
 
20150727dsc01824

 
20150727dsc01869
中向 春日神社
 
20150727dsc01889
 
20150727dsc01874
石段は慶応2年
 
20150727dsc02010

20150727dsc02009
 
20150727dsc02015
中向の春日神社、五ノ井忠世さん、猪岐一朗さん、区長の小林政一さん、教委の五十嵐賢仁さん。


 
■ 写真は、7月26日(日)日本農業新聞東北版の記事
 
20150726ja
 

2015年7月26日 (日)

残業有り、   大塩にて講演会聴講(高橋明先生)

■2015年7月26日(日)晴れ 暑い日

 
 早朝より採花。高畑角畑のスターマイン越冬株残花、終了。栽培体験受け入れは午前で終了。大田下フォレスト最盛期。岩下上の新植スターマインも最盛期。昼に出て北塩原より夕方に帰宅、それから19時30分まで採花し、調整・染色・梱包作業が終了したのは23時。

 明日(27日)の朝採花後、午前は折橋すみれ荘にて健診。午後は野尻中向の文化財調査。
 


 宮西さん →  花卉懇談会に参加して

 

■26日午後1時30分から4時近くまで、北塩原村大塩での中世の講演会を受講しました。80名近い人々が県内各地より集まりました。会場から地元の人々からの質問も多く出ました。政宗の「伊達」は、「いだて」と同時代は呼ばれていたそうです。江戸時代に「だて」と表音するようになったそうです。

 講演会終了後、田島の渡部康人さん、坂下の柳内先生、高橋明先生、布尾さんや主催者の皆さんと懇談しました。
 
 
■ 8月29日(土)午後1時30分、喜多方市塩川町 塩川町ふるさと会館で講演会が開催されます(塩川公民館の裏側の建物)。
 梶原圭介氏「向羽黒山城跡の魅力」。

 8月はじめ、会津本郷の「せといち」が開かれる街路の東に接する独立丘陵が中世の山城遺構(向羽黒山)で、その調査結果についての報告が行われます。講演者は会津美里町教委職員の担当者です。
 
 
20150726dsc01778
 
20150726dsc01721
昨年から発掘調査をはじめている柏木城(大塩)

 
20150726dsc01729
 
20150726dsc01753
高橋明先生(73)。北塩原村北山(漆)の出身、現在は郡山市在住。
『福島県史』の資料等の調査分析、中世の史料の読みの正確さなど、
県内随一の研究者です。

聴講者席に近づいての熱のある講演会でした。

 
20150726dsc01754
 
20150726dsc01703

ヒグラシの鳴く

■2015年7月26日(日) 


 25日は雨が降らずに終わりました。曇りのち晴れ。

 台風12号は沖縄奄美地方を進行中です。→ 沖縄県花卉の北海道の苫小牧厚真町スプレーカーネーションのフェア8月3日より 
 
 母に頼まれ、父が裏山から笹の葉を採取してきました。
 
 午前愛子さん、午後照子さん、昨日は栄子さんが作業小屋に来ました。
 
 
 今日も朝は出荷作業、採花、栽培体験の応接です。今日は葉採り・調整作業・染色・水揚げです。昨日の午後は摘芯、採花、残茎の整理(1芽残す)、植え穴の手取り除草・籾殻くんたん植え穴マルチ施用。

  明日27日(月)は午前・村の健診で小中津川折橋のすみれ荘。午後は野尻地区の文化財調査(2件)。28日(火)午後は三島町大谷地区の集落誌調査開始日。
 
 
■ 26日午後、三島町山びこで奥会津書房主催の上映会『春よこい』。

私は26日午後1時30分、高橋明先生(中世研究会)の講演聴講で北塩原村行きです。

7月26日(日)午後1時30分 北塩原村 歴史講演会
  『戦国時代の終焉 伊達政宗の会津侵攻』
 
日 時 平成27年7月26日(日) 13:30~15:30
会 場 北塩原村 生涯学習センター
講 師 高橋 明 先生
対 象 歴史に興味のある方
参加料 無料
内 容 会津を狙う米沢の伊達政宗と、対抗する会津の蘆名氏。
     北塩原も舞台となった戦国時代の出来事を、文献研究の成果をもとに、
     やさしく、くわしく知る120分。
 
 
-----
20150725dsc01636
早朝
 
20150725dsc01637
 
20150725dsc01638
ワンナザア
 
20150725dsc01640
 
20150725dsc01648
 
20150725exdsc01644
エクセレンス”もこもこ”
 
20150725fdsc01643
フォレスト採花 大田下1
 
20150725stdsc01622
スターマイン開花(5月8日定植)岩下上1,3
 
20150725dsc01663
昭和村大岐地区 ohmata
 

2015年7月25日 (土)

かすみ草:フォレストの生育

■2015年7月25日(土) 曇り


 
 午前4時30分より採花。岩下(上)1,3号棟の5月8日定植した新品種スターマインの採花。大田(下)1,2号棟の越冬株季咲き作型のフォレスト(ダイナミックラブ)の採花。
 
 午後は、昭和村花き振興協議会のかすみ草栽培体験受け入れ(明日午前まで)。
 
■ 会津坂下町 白旗八幡神社 → 雷神様、なりかみ様 

 
■開花したカスミソウフォレスト(晩生種、スミカ)
 
20150724dsc01606
博士山西麓、大岐集落
 
20150724dsc01613
かすみ草晩生品種フォレストの開花(大田圃場) 草丈150cm
 
20150724dsc01610
右列は5月18日に全刈りした抑制作型。その後に抽台して伸びてきたもの。
 
20150724dsc01619
3トン車(下中津川 農協事務所前)
 
20150724dsc01620
8月1日、2日の新潟県十日町は大地の芸術祭。
 

2015年7月24日 (金)

フォレスト採花へ

■2015年7月24日(金)雨


 雨が本降りのまま、継続しています。川の水も増水しています。濁ってはいません。
 
 朝、スターマイン採花後、大田圃場のフォレストを採花。まとまってきました。
 
 昼前、柳沢峠を通り、下中津川の農協のガソリンスタンドにガソリン給油に行きました。ちょうど、花の集荷トラックの新車が納車されたところで、安全祈願を行っていました。
 
■ 明日からはかすみ草栽培体験受け入れです。

 
 

  ■ → 花の花瓶への活け方


日本農業新聞の4回連載,トラック農産物輸送

■7月20日 日本農業新聞コンパス

育てた花 誰が買う 実需目線で動向把握

内藤育子さん


写真はクリックすると大きくなります(jpg)

2015072020150720naito

 

7月24日 日本農業新聞(4)

2015072404ng



2015072303nog
 
20150722kizi2

 
2015072101ngyo

 

8月2日 会津学研究会、『会津物語』8月7日刊行へ

■2015年7月24日(金)雨

 朝晩、アカショウビンが良く鳴く。午後のヒグラシの鳴き声(蝉)も。


 朝、カスミソウ採花。大田(下)西1号、2号の晩生種フォレスト。終盤の高畑の角畑東2号棟の新品種スターマイン。岩下(上)上1号棟、3号棟の5月8日定植のスターマインは明日の採花。
 
 25日(土)・26日(日)は昭和村花き振興協議会主催のかすみ草栽培体験ワークショップの受け入れ。そのための準備も午後より行います。


 7月20日、日本農業新聞に掲載された内藤育子さんのコラムの紹介。「育てた花 誰が買う?」。内藤さんは25日に東京農業大学世田谷キャンパスで開催される花卉懇談会セミナーでも「消費トレンドが求めるこれからの商品開発」のなかで、かすみ草の日本の現況についても報告が行われる予定です。当方も事前取材を受けています。→ 7月25日花卉懇談会セミナー


 20日の記事掲載 → 松島義幸さんのブログ
 

■ 7月18日から、南会津町糸沢 奥会津博物館で、『企画展・奥会津の縄文時代 ~ ブナ林に育まれた文化』が開催されています。
 
■ 当方は8月1日、2日と新潟県十日町市へ。1日の午後の民族文化映像研究所制作の映画会(3本上映)に参加しますが、当日以下の行事も行われます。
 
 
■ 8月1日(土)午後2時、三島町宮下 奥会津書房にて会津学研究会の会合が行われます。

 8月7日に赤坂憲雄監修『会津物語』(朝日新聞出版、1728円)が発刊され、その件について。

 事務局の遠藤由美子さんが進行します。朝日新聞福島県版の木曜日に3年ほど108回連載したものです。
 
・『会津物語』出版報告
・『会津物語』出版記念会について
・『本の森』プロジェクトについて
 
 7月26日の「春よこい」(奥会津書房文化事業2)上映会も三島町名入 山びこで開催されます。
 
20150724aizumonogatari
 
■赤坂憲雄さん 東京都小平市にて講演会
 
  遠野物語から会津物語へ
 
  9月13日(日) 午後1時30分~3時30分 (開場 午後1時)
  東京都小平市中央図書館 3階 視聴覚室   (定員 80名)
  入場無料
  申込不要 (但し満席の際は入場をお断りすることがあります)
  主催 小平図書館友の会
  後援 小平市教育委員会
 
 朝日新聞福島版に連載された聞き書き『会津物語』を中心に
 東北とのかかわり、東北への想いを語っていただきます。
 『会津物語』とは、会津のいまに生きる人々が体験した、
 あるいは家族から聞かされて育った事実譚を集めたものです。
 キツネに化かされたり、地蔵が子どもを助けてくれたり、といった
 不思議なお話の群れ。どこか遠野物語の世界のように、妖しく、
 懐かしい物語ばかりです。
 『遠野物語』から『会津物語』へと、見えない繋がりを求めて重ねてきた
 協同作業の結晶です。
 (赤坂憲雄+会津学研究会著として朝日新聞出版から出版の予定)

2015年7月23日 (木)

会津田島祇園祭

■2015年7月23日(木) 雨

 
 20150724img_6602
 
20150724img_6605
 
20150724dsc01556
 
20150724dsc01545
 
 
20150724img_6620
 
20150724img_6623
麻裃
 
20150724dsc01566
 
20150724dsc01571
 
20150724dsc01578
 
20150724dsc01584「オーンサンヤレカケロ」
 
20150724dsc01586
 
20150724dsc01593
 
20150724dsc01562
 
20150724dsc01579
 
20150724dsc01544

フォレスト開花(越冬株・季咲き) 、スターマイン開花(5/8植え)

■2015年7月23日(木) 雨


 昨日、今日と高畑・角畑の越冬株季咲きのスターマインの最盛期。今朝の採花20こも、明日の採花で、ほぼ終了。草丈130cm。65cm枝は採らないようにして根本から切って畑の花を無くする。今後の65cmは主にフォレストから採る。

 22日、岩下上の5月8日定植のスターマインが開花3こも。草丈140cm

 また今朝、大田下のフォレスト季咲きを採花2こも。
 これからの主体はフォレストになります。草丈160cm。
 
 今朝は3時より昨夜染色(深夜点灯した蛍光灯下50cm)したカスミソウを梱包し保冷。午前4時より採花へ。午前7時に採花終了し、以後、葉採り・調整作業。

 
■  花の輸送を考える → 松島義幸さん

---------
■ ①カスミソウ新種・エクセレンス(極早生、スミカ)4月3日ポット摘心苗、14日定植→6月25日開花 7月15日まで採花。

■ ②越冬株 季咲き スターマイン。7月17日採花→7月23日最盛期→25日終了予定

■ ③カスミソウ新種・スターマイン(カネコ種苗)
 4月14日苗仮植→ポット摘芯→5月8日定植→7月22日採花開始。

■ ④越冬株 季咲き フォレスト(晩生種)
 5月13日 6本に芽整理→ 7月23日より採花はじめ → 8月5日ころまで採花見込み

 5月17日 全刈り フォレスト →  生育中(8月上旬開花予定)
 
20150722dsc01518
カスミソウ フォレスト(ダンジガー、スミカ)。7/22開花(越冬株・季咲き、標高730m)
 
20150722dsc01524
7/22午後の雷雲

310261wid
■ カスミソウ出荷数は7月20日(月)が1597箱でした。22日(水)1136箱。今日から雨天なので、27日(月)から月末にかけてが今季の最大出荷数となる見込みです。今後は5月植えの新植苗の開花が主体となります。


201507221136

2015年7月22日 (水)

越冬株かすみ草季咲き、最盛期へ 雷雨2日目

■2015年7月22日(水) 晴れ


 早朝、かすみ草のスターマイン採花。最盛期。16こも。葉採り、調整、結束後、染色作業。今日は受注分は5箱。
 
 午前10時30分過ぎ、熊本県のJAあまくさカスミソウ部会の4名の方が、金山普及所大河内さんの案内で来村。ミヨシの稲垣さんも同道。カスミソウのニオイ抑制処理と染色について意見交換をしました。パレス化学の「るん」が染めにたいへんに役立っていること、ハサミの除菌剤オークリンも良いものであることなど、お話しました。農水の日持ち事業の資料もお渡ししました。


 JAの指導販売部の竹川慶剛さん、岩本俊治部会長には2月にたいへんお世話になり、今回初来県。部会役員の男性の方と、監事の端田睦子さん。いずれも、カスミソウ農家の井上耕作さんらの知人でした。


 皆さんは、午後の会津若松JR駅のため、昼前には、昭和村を出ました。


 

■ 午後1時40分からは雷雨に。降雨。3時にはやみました。

201507221445
博士山・志津倉山雷雲 2日目連続



■ 連載2 日本農業新聞 物流危機 迷走する産地(2)

ニーズの裏側で、長距離輸送、手作業の積み降ろし、運転手の労力に依存

20150722kizi2
 
 
 
 



 

 

2015年7月21日 (火)

晴れ、6時 ハウス内は 暑い

■2015年7月21日(火) 晴れ


 朝4時台から6時までで大岐の高畑・角畑圃場のカスミソウ新品種スターマインの花採り終了。9こも。すでに暑い。
 博士山の稜線から朝日が出てくる前に花を採る。午前5時40分くらいには陽光がハウスに当たる、とたんに暑くなる。

  1340降雨、1345雷鳴、
 博士山の雷雲 北へ移動  1400大落雷 → 気象レーダー
 
201507221355
 

 
201507_21dsc01503
 
201507_21dsc01494
今朝の高畑はトンボが群舞(アキアカネ?) 朝日に羽が光る
 
201507_21dsc01497
高畑から岩山を
 
201507_2120150721kasumi
2015年7月21日、日本農業新聞 経済流通面
物流危機(1)運べない荷物
ドライバー不足 深刻
ふくらむ輸送費 農家圧迫

昭和花き研究会、JAあきた北、JA全農いわて

取材は6月に行われました。
----------
 

■ まもなく 大地の芸術祭 →  越後妻有(十日町市) からむしの部屋プロジェクト
 


 「大地をつつむ皮膚」 十日町文様 カラムシ唐草‘13  → からむし唐草   


2015年7月20日 (月)

午後より晴れる、カスミソウ:スターマインの採花・染色作業

■2015年7月20日(月) 雨、のち晴れ

 未明からかなりの大雨でした。午前は小雨のなか、スターマイン(カスミソウ)を採花しました。5本束80cmで染めを行いました(約10箱分)。うち3箱は農協事務方より昨日にファクスにて染め指示があった分です。
 
 午後、クイナ山の日陰に圃場(角畑)がなった夕方より再度、採花し、葉採り調整作業をします。今後1週間はこの圃場のスターマインを採花し染色します。当初は80cmですが、後半は65cm2Sが出てきます。現在の草丈は130cmほど。下枝を脇芽欠きしてあるので採花はラクです。また15cm3目のフラワーネットは越冬株作型には伸展していません。通路含むサイドテープ(黒マイカ線)のみです。
 
 こうしたうちに5月植えのスターマイン(新植、岩下圃場)が開花近くなっています。

 染色作業終了は20時でした。その後、梱包作業をしました(追記)。
 
 明日は朝4時30分より高畑・角畑のスターマインの採花です。最盛期に入ります。台風12号が復活し北上中、ちょうど週末の栽培体験日と重なりそうです。
 

 
■ 7月下旬の予定
 
7月25日(土)・26日(日)昭和村花き振興協議会のかすみ草栽培体験ワークショップの受け入れ。
 
7月26日(日)午後1時30分 北塩原村 歴史講演会
  『戦国時代の終焉 伊達政宗の会津侵攻』
 
日 時 平成27年7月26日(日) 13:30~15:30
会 場 北塩原村 生涯学習センター
講 師 高橋 明 先生
対 象 歴史に興味のある方
参加料 無料
内 容 会津を狙う米沢の伊達政宗と、対抗する会津の蘆名氏。
     北塩原も舞台となった戦国時代の出来事を、文献研究の成果をもとに、
     やさしく、くわしく知る120分。
 
 
 西会津町奥川の出戸地域、岩屋虚空蔵尊をまつる人々である三瓶氏一族は、北塩原村の柏木城を守備した会津芦名氏の三瓶(三平)氏とされる伝承を持つ。米沢から伊達氏が会津侵攻の拠点として桧原・大塩の地域を攻め、そうした中世末の様子が詳しく、同時代資料(根本資料)に基づき講演されます。
 



----- 
 

27日(月)村集団検診日、午後1時30分野尻、3時中向 文化財調査。
 
28日(火)午後1時30分 三島町大谷地区 集落誌調査日(地区センター)
 
29日(水)午後3時 スミカ3名来村。夜7時、夜かすみ懇談会(会津若松市 神明通り・ハジャイを予定)
 
30日(木)午後2時、宮下町民センター(会議) 三島町町史編さん委員会(2015年度第1回)
 
8月1日(土)新潟県十日町市 14:00~@千手中央コミュニティセンター 映画会(「からむしとあさ」「茂庭のしなだぬの」)、17:30~十日町シネマパラダイス 十日町映画祭「越後奥三面、山に生かされた日々」。
 

 
 
 
■ 7月15日付けで村内回覧(役場)で、昭和村からむし生産技術保存協会(星為夫会長)は、からむしひきて(苧引き)担い手募集をしていました。20日が申し込み締切で5名程度。7月21日から8月2日までの午前8時~午後5時まで、野尻体育館で研修があります。オヒキの技術取得をしたい村内の人の短期体験です。

 
 
20150720dsc01490
高畑地内の角畑。4棟目がスターマイン季咲棟。午後4時で日陰に。
 
 
201507_19img_6433_2
からむしひき 大芦
 
201507_19img_6432
ソヒカワを乾燥防止として剥いだカラムシの上に載せる技法
 
201507_19img_6451_2
ときに、ソヒカワのかたまりを持ち、水に浸けてから剥いだカラムシの上をとんとんと水気を含ませています。
 

からむし織りの里フェア、終了(第30回) 左手と右手の所作

■2015年7月20日(月)


 19日は、かすみ草作業の合間に、村内3カ所で開催されていた催事を取材・撮影しました。
 からむし織りの里フェアは第30回、つまり30年継続した新しい催事です。
 
 写真はクリックすると拡大します。372枚撮影、76枚掲載(縮専処理)。


 午後の帰宅後は家向1棟のかすみ草圃場にフラワーネットを張りました(倒伏防止)。蒸し暑い日でした。梅雨明けです。
 
 
 
201507_19img_6428
ジンナイさんの製作による木製の「オヒキバン(苧挽盤)」
側面の孔に工夫がある新型。

 
201507_19dsc01452
 
201507_19img_6549
 
201507_19img_6545
 
201507_19img_6433
 
201507_19img_6451
 
201507_19dsc01458
 
201507_19img_6543
ひだりて
 
201507_19img_6532
 
201507_19img_6540
 
201507_19dsc01487
ゆび
 
201507_19img_6496
ひだりて
 
201507_19dsc01440
 
201507_19img_6406
昭和村大芦 山崎地区 からむし畑(皆川吉三さん)
 
201507_19img_6404
愛宕山(中世の山城遺構)の北東裾野

春よこい(記録映画)

■2015年7月19日、喰丸小学校にて上映


  → 春よこい サイト    → あびこ監督FB


  →  7月26日(土)14時、三島町名入 交流センター山びこにて上映(奥会津書房主催)


 → 10月 昭和村大芦 ファーマーズカフェ大芦家にて自主上映

 
201507_19dsc01413
 
201507_19dsc01415
 
201507_19dsc01408
 
201507_19dsc01418
 
201507_19dsc01404
 
201507_19dsc01405
 
201507_19dsc01403
 
201507_19dsc01393
 
201507_19dsc01400
 
201507_19dsc01375
 
201507_19dsc01374
 
201507_19img_6578
かすみ草栽培ハウス(昭和村両原 赤坂峠)
 
201507_19img_6583
両原
 
 
201507_19img_6580
 
201507_19img_6335
かすみ草(佐倉)
 
201507_19img_6337
 
201507_19img_6332


冬眠中のクマを巣穴で殺す、という行為が、本来の狩猟者が行うべき倫理観に基づいていない行為だと私は感じています。
里に被害をもたらすクマと、冬眠したクマは同じクマでしょうか?
 

2015年7月19日 (日)

手取り除草の3日目(カスミソウ栽培)

■2015年7月19日(日) 小雨のち曇り


 台風12号が熱帯低気圧に「格下げ」されて移動中。
 
 今朝は、昨日に続いてのカスミソウを植え付けたマルチの穴の草を引き抜く、通路の手取り除草。カスミソウの葉を食べていた、2cmほどのアオムシ類を5匹ほどハサミで切りました。

 スベリヒユは、手で抜けますが、ハグサが15cmに伸びると根が土をつかむので抜けなくなり、地際部をハサミで切ります。
 
 大田(下)のマグネット2棟。
 家の向かいの2棟。

 今朝は岩下(下)の3棟の除草をしました。晩生の新品種(昨年より試作)ホワイトビクトリア、フォレスト、スターマインの圃場です。前者2棟は6月28日の栽培体験会で植えたものです。草丈15cmほどに生育しています。

■ 今年の我が家の営業栽培品目は晩生種のフォレスト(スミカ、ダンジガーはダイナミックラブ)、中生種のスターマイン(カネコ種苗)で出荷終了期まで途切れなく作型を組んでいます。そのほか、極早生品種のエクセレンス(ダンジガー、スミカ)、中生のマグネット(エスメラルダ、フクカエン)、ファンタイム(エスメラルダ、フクカエン)、プチパール(セレクタ、フクカエン)、晩生種のホワイトビクトリア(ダンジガー、スミカ)の7品種が中核品種です。
 全量、パレス化学のハイフローラかすみ染色剤(STS)1倍液で染色したあと(80cm10本あたりビールプラカップで3cm深さの量)、クリザールかすみSC(におい抑制剤入STS)30倍液で処理・出荷です。
 基本色はピンク・ブルー・ラベンダー。加えてグリーン・レッド・メロン。特別色がロイヤルブルー・オレンジ・イエロー。ハンターグリーンと今年の新色ルビーはファンタジー染色剤を1倍液で使用しクリザールかすみSC液処理です。

 色により吸わせすぎで、カスミソウ先端部の未開花つぼみ花梗部が詰まり、しおれが発生します。特別色は、色素の関係で、色が花に見えたらすぐ染料から引き上げます。
 

20150719fdsc01331
6/28定植 ホワイトビクトリア カスミソウ新品種 晩生高生種 硬質
 
20150719wdsc01308
昨年定植したホワイトビクトリアの越冬株、130cm草丈。
晩生種のため開花はまだ。
晩生種は無加温促成はできない(丈伸びて、咲は早まらない)。
フォレストも晩生種
 
20150719bdsc01310
ビューティブライド新品種カスミソウ 越冬株
 
20150719fdsc01329
フォレスト、ホワイトビクトリア いずれも晩生種
 
20150719fdsc01339
スターマイン6/30定植
20150719fdsc01356
開花待ちのフォレスト越冬株季咲き(大田下川側)
 
20150719fdsc01357
フォレスト主茎は6本仕立て、切り下の65cmの枝をていねいに取るための品種。
 
20150719fdsc01358
 
20150719fdsc01359
 
 

2015年7月18日 (土)

続く雨、、、、18日(土)

■2015年7月18日(土)午後は雨続く


 高畑の角畑3のスターマイン採花し調整後、染め作業。雨なので難しい。湿度が影響して染料が上がりにくい。
 
 午後は、家向のハウス2棟の植え穴、通路の手取り除草を夕方まで。

 午後4時には仕事を終えて、佐倉のからむし織りの里会場へ。5時よりステージ準備して6時より演奏。30分で終えてすぐ帰る。
 
■ 今年から「道の駅」指定となったことから、これまでのように、駐車場を占有できなくなり、芝生の場所での催事。

 
 → 佐藤孝雄氏
 
 

 


 理が通らない政策が数の論理によって押し切られてしまったことで、日本が「法秩序」を失ったことの影響は大きい。 → あれは安倍政権によるクーデターだった/石川健治氏(東京大学法学部教授)ビデオニュース・ドットコム 7月18日(土)23時10分配信
20150718dsc01286
 
 
20150718dsc01285
 
20150718dsc01284
雨が17時ころに、ようやく上がる
 
20150718dsc01287
ものまねタレントの後の出演
 
20150718dsc01288
私たちの後に出演される方のピアノの準備

20150718dsc01292
 



20150718dsc01121


かすみ草の手取り除草(大田 マグネット2棟)

■2015年7月18日(土) 小雨 曇り


 本日と明日、昭和村佐倉の道の駅「からむし織りの里」で、おまつり(フェア)が開催されます。本日18時から30分間、なかよしバンドで公演します。
 
 
■ 今朝は、大田(下)圃場の2棟のかすみ草定植穴の手取り除草、通路の手取り除草をしました。大田圃場は幕末から明治初年に当家の菅家菊重(kikuzyu)
が開墾した水田ですが、昭和44年の水害以降の耕地整理後、転作畑として使用しています。当初葉タバコ、現在かすみ草です。

 大田には2枚の水田があり、上流方をうえ、下流側をしたと呼んでいますが、昨年でうえの栽培は止めたので、実質大田下の1枚のみです。
 約20間(36m)のパイプハウスが6棟あります。間口は2間半(4.5m)。

 手取り除草をしながら、観察をするのですが、今回はほとんどがスベリヒユです。アオムシ(蛾や蝶類の幼虫の総称)が発生していたのは、2棟目の入り口に近い1列の10株から15株目だけでした。それ以外は発生していません。ここのみスポットで防除します。
 
 6月5日に到着したプラグ苗を摘芯しすぐ植えたものが、30cmに伸びています(8月上旬開花)。2棟目は同じ方法で6月13日に植えたもので15cmです(8月盆明け開花)。
 この新品種はマグネット。3年前に試作しました。中南米に広く農園を展開しているエクアドルのエスメラルダ社(ファンタイム等)の育成品種です。名古屋のフクカエン種苗が日本国内では販売しています。

 7月12日に、プラグ苗を摘心しすぐ定植する方法で4棟目には、プチパールを定植しています(スペイン・ドイツのセレクタ社育成、フクカエン扱い)。

 それ以外は、越冬株のフォレスト(ダンジガー社ダイナミックラブ、住化農業資材扱い)の2作型です。フォレストは晩生種ですから、その特性を活かし、無加温促成とはしません。株あたり6本仕立て、ビニル被覆せず、そのままの状態で管理し、屋根被覆後、7月23日頃から8月上旬の採花(65cm側枝の収穫が目的)。そして芽吹いたものを5月中下旬に全刈りしての抑制(現在50cm草丈)作型は8月上旬の開花となります。盆需要の65cm確保の重要な品種となります。
 
■我が家の場合、6月下旬から新植エクセレンス(7月15日まで)1棟、7月10日~20日プチパールの越冬株4棟、昨日(7月17日)から越冬株のスターマイン1棟の採花をはじめています。
 
 7月23日前後よりフォレスト越冬株1棟、8月より全刈り抑制のフォレスト1棟で越冬株は終了します。

 5月上旬植えのスターマインが7月23日頃から採花予定です。スターマインが盆前の継続で、盆明けよりフォレストが開花する見込みです。

 途切れなく出荷をする品種はスターマインとフォレストです。その間、作型開発のための新品種マグネット、晩生種のホワイトビクトリアを入れています。エクセレンスは終了しましたが、切り戻し秋作の作型開発を予定しています(すでに会津盆地・新鶴地域では実施)。

 
20150718dsc01126
6/5マグネット(プラグ苗、ピンチし直定)
 
20150718dsc01124
 
20150718dsc01125
6/13定植のマグネット(比較の6/28植えフォレスト)


2015年7月17日 (金)

18日の18時、からむし織りの里、なかよしバンド公演(30分)

■2015年7月18日(土)台風11号


 本日は、岩下(上)のかすみ草プチパールの採花(終盤)。
 かすみ草の植え穴の手取り除草の予定。

 
 

 
 
 
 
■ 苗の異常と、かすみ草が咲きはだった(先はだつ、咲き出す) → 桑原さん
 
 
 
 
 
 
 
 
■ 欧州花産業視察 →  JELFA定期研修ツアー2015
 
日程:2015年11月4日(水)~ 11月12日(水)
訪問目的:オランダの花き産業の基礎的研修及び最近の激変する流通システムについての研修
訪問国:オランダ、ベルギー、ルクセンブルク
訪問先:アールスメア花市場、ナールドバイク花市場、トレードショー2件、ブーケメーカー、生産、種苗、スーパーマーケットなど
参加募集人数:約15名
費用:35万円
申込締切:2015年9月11日(金)
 
B36e60d82ed74bc47d7c1b4afc23108c137
 
20150715dsc00914
喜多方市山都町 7月15日撮影
 
20150715dsc00913
 
 
20150717stdsc01006
高畑(大畑)のカラムシ
 
20150717stdsc01012
7月16日の雨(台風)
 
201507161500dsc00982
滝谷川上流
 
201507161500dsc00983
 
20150717dsc01072
 
201507161500dsc00989
 
20150717dsc01003
7/17
 
20150717dsc01040

かすみ草新品種:スターマイン(カネコ種苗)の開花

■2015年7月17日(金) 


 夕方、雷雨。その雨も小康状態となり風も止み、高畑の角畑の下より2棟目の越冬株のかすみ草スターマインの採花をしました。80cm40本。

 少し早めに除雪をして雪消ししましたが、ビニル被覆はしませんでした。越冬株の季咲(季節咲き)です。

 我が家は全量、クリザールかすみSC(ニオイ抑制トリートメント、スメル・コントロール)で前処理をしていますが、このスターマインは種としてもあまり花の開花時のいやなニオイはありません。
 
 開花した花の老化も遅く、日持ちも良くなっています。

 20150717stdsc01023
かすみ草 スターマイン 草丈は130cm(出荷サイズは80cm)
 
 
20150717stdsc01109
新品種のかすみ草:スターマイン(カネコ種苗扱い)
 
 
20150717stdsc01112
 

JA熊本うき 花倶楽部 来村

■2015年7月17日(金) 台風11号 小雨


 午前11時30分ころ、福島市の福島花き(卸)の橋本栄市社長の自動車に、熊本県宇城市のJA熊本うき花倶楽部の3名の皆さんが同乗され午後3時まで滞在、福島市に帰られました。

 来村されたのは、畑農耕次副部会長、守瀬雄大監事、JAの長尾勇一郎さん。
 
 大岐から柳沢峠を越えて野尻中向の雪室では齋藤孝人係長の案内。その後、矢ノ原のかすみ草圃場群。13時30分、大芦に抜けてファーマーズカフェ大芦家で遅い昼食。そこで解散となりました。

 本日は、都内2市場に当地部会長やJA担当者が出張不在。この2月に私が熊本県を訪問した際に、とてもお世話になった縁から、私が村内案内をしました。

 この2月、長尾さんの案内で守瀬さんの圃場を視察しました。 → 2月12日の熊本訪問時の報告(菅家)
 
 
 来週22日にはミヨシと、 JAあまくさ(熊本県内)の皆さんが来村されると、JAうきの皆さんが言っていました。
 
■ FAJのマルシェでは、よい評価を得たようです。お疲れ様でした。 → 部会長 立川幸一さんのブログ 

 いつも、いつもお世話になっている → 中央花卉 中谷さんのマルシェ報告
 
20150717stdsc01089
雪室
 
20150717dsc01094
矢ノ原かすみ草圃場視察後の代官清水
 
20150717stdsc01010
昭和村小野川字大岐の高畠圃場より南方の水田転作圃場ハウス群。
 

台風11号、強風、、、小雨

■2015年7月17日(金) 台風11号の小雨、強風


  今朝は曇り、時折小雨。風は強く、かすみ草のビニルハウスは被害が出そうです。今朝は採花終了の岩下(上)ハウス1棟の屋根ビニルを除去し、多雨のため被覆していた、6月下旬の体験定植した岩下(下)ビニル屋根2棟分も除去しました。
 
 今後、様子を見て、もう1棟、屋根ビニルを外す予定です。

 午後1時くらいに、熊本県のJAうき管内の方が福島花きの橋本栄市社長の自動車にて来村され、村内を案内する予定です。
 

 
 

■ 昭和村花き振興協議会のかすみ草栽培体験ワークショップは、本年の2回目は7月25日(土)・26日(日)です。 本日が申し込み締切です。産業係の金子さんからの連絡では、現状で福島県内より3名、県外より1名の参加申し込みがあるようです。 今回は、ハウス内の後片付け、栽培管理、採花・葉採り調整等の作業を予定しています。定植作業はすべて終了しています。→ 昭和村役場産業係


 
20150717dsc01095
福島民報7月17日号   → 佐藤孝雄氏の異見
 
20150717dsc01097
カラムシ
 
20150717stdsc01104
父・菅家清一が制作したかすみ草輸送バケツ(プロコナ)の壊れた側板から作り出した「プラスティック製の挽き板」
 
20150717stdsc01105
表面はヤスリで傷を付けてざらつきを出している
 
20150716stdsc00992
 
20150716stdsc00968
スミカより到着した新品種ピートブロック苗(オースター)
 
20150716stdsc00972
15本
 
20150716stdsc00985
刈り払い機で切り倒したかすみ草(プチパール)台風対策

屋根ビニルもはずす
20150718dsc01116
 
20150717dsc01076
岩下(下)1,2号棟も屋根ビニルをはずす(台風対策)
 
20150717dsc01078

 
20150717dsc01079
全部ビニルをはずす
 
20150717stdsc01081

2015年7月16日 (木)

10頭目のヤマトンボ(標準和名 オニヤンマ) 羽化

■2015年7月16日(木) 雨 台風11号由来

 
 雨続く。滝谷川も濁り増水。
 
 朝、岩下(上)の下より2号、3号棟のかすみ草プチパールの採花(越冬株・季咲)。その後、調整。

 午前9時15分よりNHKテレビ・あさイチの中継を見る。500m先の奈良布地区で放映されている。
 
 
■ 自宅脇の作業小屋の入り口の戸にヤマトンボが1頭。昨日と思われる抜け殻もある。雨のためこうしたところで羽化している。午前11時前には雨の中、飛び立っていった。
 
20150716ppdsc00949
昨日の抜け殻(ヤゴ)
 
20150716ppdsc00947
 
20150716ppdsc00948
朝5時ころ
 
20150716ppdsc00961
朝8時頃
 
20150716ppdsc00963
10時頃
 
20150716ppdsc00965
カラムシ
 
20150716ppdsc00958
今朝の奈良布。テレビ中継前。
 
20150716ppdsc00955
かすみ草 プチパールの開花(一重咲き)
 

 

極早生大輪かすみ草:エクセレンス(無加温促成4月14日植え)作型開発

■2015年7月16日(木) 雨


 昨日午後雷雨。その後、雨上がり曇りとなったが、今日の未明より雨。
 
 本日は台風11号対策。史上2番目の勢力という大型台風が北上し今夜より影響が出る。来週はその11号台風の道を追うように12号が北上してくる。すでに梅雨はあけている。
 
 採花はかすみ草極小輪のプチパール2棟(岩下上)。最盛期。

 
 昨日よりスタッフは来村、準備しています。装花は会津坂下の佐藤さん一家。また佐藤孝雄さんは南沙織の大ファン、そのご子息が来店 → ファーマーズカフェ大芦家


■ 新種かすみ草エクセレンスの無加温促成栽培(400株1棟)の結果をまとめてみました。4月はじめにポットピンチ苗を購入(400本、1本に4芽)。14日に雪中定植。無加温管理。6月下旬に開花。7月15日で終了。6465本の採花。1株あたり80cm主茎を4本、下枝脇芽欠きをして1茎あたり3本の枝(65cm2S 株あたり10本)を採花の計画はほぼ実現しました。

 80cm1本にたいし枝65cmは2.5倍。採花本数では80cm26%、65cm67%となります。販売額は80cmの額の30%ほどが65cmの額となりますが、65cmを染色すると80cm販売額と、65cm染の販売額は同額となります。

 作付面積を少し減らして、65cmを含む採花本数を上げること、そして採花率を上げることで、現在求められている65cm規格の納品をしながら、80cmの品質維持も可能となります。そのためには品種選定が重要となります。側枝の伸びとその品質という点では、エクセレンスは合格です。ただ花芽分化時期の高温、生育活性等により高温障害の奇形花(団子花)が出やすい品種なので導入時期は慎重に選ぶ必要があります。

 かすみ草の経営では、採花率がたいへん重要です。3割程度は採花せずに捨てている(採花率7割)のが現状ではないでしょうか?それを9割に上げるだけで、産地としての面積拡大によらない増反(出荷本数増加)が可能です。

 
 80cm秀2L  1685本(株あたり4.2本)
 65cm枝2S:4360本(株あたり11本、1茎あたり2.7本)

 80cm曲がり(優2L)140本
 70cm秀L 280本

 
 ※今回のエクセレンスは出荷本数の全数6465本を染めました(ピンク、ブルー、ラベンダー、メロン、グリーン、ロイヤルブルー、新色ルビー)。
 

20150414dsc02825
4月14日にポットピンチ苗を定植
 
20150414dsc02830
 
20150706dsc02711
2015年4月14日 定植時の残雪は1m


20150510exdsc04823
定植後より、5月10日まで、不織布パオパオでべたがけ被覆。
ハウスの屋根には遮光スクリーン(銀)で被覆。

20150510exdsc04826
 
20150601ex
6月1日、発蕾。

 
20150624exdsc08551
6月24日 エクセレンス開花(定植後70日、無加温) 草丈130cm

20150702dsc09441ex
かすみ草 エクセレンス(ダンジガー育成、住化農業資材)。日本で生産されているなかでは最大の花経。
 
20150702dsc09434p
かすみ草:プチパール(セレクタ社、フクカエン)。最小の一重花。

2015年7月15日 (水)

雷雨 豪雨、、、7/17朝 FAJマルシェ

■2015年7月15日(水)


 午後1時30分ころより雷雨、結構降りました。落雷も周辺に相当落ちました。

 村内は大雨洪水警報が出ました。

 午後3時頃には小康状態。

 村内のからむし圃場は倒伏したものが多く見られます。いまいちばん大事な時です。採取前の茎が硬化する前で、風に弱い時期です。

 18時から20時まで、ファーマーズカフェ大芦家にて18日18時からの演奏の練習をしました。「小さな村」「ふるさと5月」 「いつか」「丘の上の校舎」「冬来たりなば春遠からじ」。

 また9月28日の大芦家での演奏会のための練習日も9月の木曜日と決まりました。



■ 16日、明日の朝、NHKテレビ。8時15分からのあさイチで、9時15分頃、昭和村奈良布から中継、かすみ草専門部会の渡部政衛副部会長が出演します。
 
■ JA会津みどり かすみ草専門部会、昭和総合支店は、7月17日(金)に都内2市場にてかすみ草プロモーションに参加します。
 
 (1)東京フラワーポート 「第9回会津みどり花フェア」。役員の五ノ井太一郎氏、本名智昭和支店長。

 (2)「FAJマルシェイン大田市場仲卸通り」の中央花卉前付近で、立川幸一部会長、金山普及所大河内氏、JA担当の本名寛之氏。午前5時より
 

 16日午後に上京 → 立川幸一さんブログ

 台風11号の雨が心配ですね。

11214037_900538530017957_3381955678
 
 
■ 種苗会社の顧客は生産者ではなく、生花店。マーケティングを変化させた会社がある。ミヨシはかすみ草アルタイルの開発後、10月のIFEX等で積極的な生花店向けプロモーションを3カ年継続して「かすみ草はアルタイル」という不動の位置となった。
 
 
201507151064
7月15日(水)1094箱。28社向け送荷(平均40)。
今後台風来で採花中途のハウス整理(屋根ビニル除去)が進む。
アルタイル465箱,ベールスター322箱、で、基幹2種で70%出荷は継続。
他種はスターマイン、銀河(ウェイ)、フォレスト、マリーベール、プチパール等。
80cmの秀2L中心。
側枝65cmは2S表記だが少ない。

 
 



川入 飯豊トンネル

■2015年7月15日(水) 曇り晴れ

 
 
喜多方市山都町川入、飯豊トンネル。昭和村大岐から70km。
 
20150715dsc00844
 
20150715dsc00779
登山者駐車場には自動車6台、関東地域から。
 
 
20150715dsc00778
 
 
20150715dsc00848
川入集落

 
20150715dsc00890
 
20150715dsc00855

20150715dsc00858
飯豊トンネル
 
20150715dsc00881
1998年12月 878m
 
20150715dsc00867
山形県側
 
20150715dsc00885
 
 
20150715dsc00902
福島県側
 
20150715dsc00905
 
20150715dsc00908
 
20150715dsc00907
新稲荷峠は通行止め(藤巻・弥平四郎)
 
20150715dsc00909
山都町一ノ木(いちのき)の制札場
 
20150715dsc00910
 
20150715dsc00912

西暦紀元前3400年前 沼沢火山噴火(5415年前頃)

■2015年7月15日(水)

 今朝は早くよりかすみ草プチパール(極小輪種、現在の季咲開花時期から考えると中生種)。→ 朝の採花


 当地大岐より県道を北上、北流する滝谷川沿いに流下し、柳津町大成沢の博士沢付近の県道改修工事現場。この春より工事がはじまり架橋することになっていて琵琶首・大成沢間の狭隘部は無くなる。
 道路の拡幅工事で斜面掘削がはじまり、上部の土層中に黒色土層(古土壌)が挟まっているものが見え始めており、14日の早朝に撮影した。


 
 斜面掘削で、西暦 紀元前3400年前(現在からだと5415年前頃)に噴火した沼沢火山の噴出物が、当時(縄文時代前期末)の地表面である黒色土層の上に堆積しているのがわかります。



 

 
20150714img_6325
県道改良工事現場(柳津町大成沢)


 
20150714img_6330_2
 縄文時代前期末の古土壌(黒色土層)の上に、沼沢火山の噴出物が堆積して、その後、現在の地表面(黒色土層)が形成されている。
 噴出物は昭和村の下中津川より北部でみられ、柳津町の琵琶首より北部で見られる。このため奥会津でも沼沢火山噴出物の上に縄文時代中期の遺跡がいとなまれる地域と、その被害を受けずに継続した地表面で遺跡がある地域に分かれる。
 
 縄文時代早期の遺跡が下中津川新田・矢ノ原、大芦、小野川(小峠)から旧田島町で多くみられるのは、沼沢火山の噴出物の影響を受けていない地域での農業開発(畑)で比較的浅い土層から遺物が確認される。
Fig8_re510
 

2015年7月14日 (火)

梅雨明け、蒸し暑い日続く

■2015年7月14日(火)晴れ、曇り


 午後から雲が出たが雨にはまだなっていません。

 午後2時、県の関係の取材があり、金山普及所の大河内さんが案内して見えられました。取材は「新生!福島の恵み発信事業」広報企画・制作(福島スタッフ、イダテン)の三瓶英征さん。

 午後5時28分ころより福島テレビの「昭和村のかすみ草」を見ました。下中津川の本名正さん、フジ子さん夫妻のかすみ草定植、自宅での休憩(凍み餅等)が出ました。7日に撮影は行われたようです。5時台に村内の防災無線放送で放映があることを告知されましたから見た人も多いでしょう。
 
 午前10時、大岐センターで「まつり」。大岐の鎮守・山の神様の祭礼日。ただし地区世話役(区長)は小野川本村の三島神社祭礼日に行っています。
 
 
■ プチパールの促成は終わったのですが、季咲きがこの暑さで一気に開花してきました。エクセレンスはほぼ終了です。
 
 
■ スミカ小山営の柿沼さんから連絡がありました。7月29日の午後3時に試作種生育調査、その後、会津若松市内で懇談会となる予定で、また、会津地区のかすみ草生産者を集めてみたいと思っています。永島さんも来られる、ということです。
 
■ 明日は父を乗せて飯豊山系に行く予定です。夜は大芦家で18日の18時からの公演のためのNB練習となっています。


201507144    
 
 
201507143

20150713dsc00633
昨日(13日の午前5時頃の採花後の状態、エクセレンス)
 
下は、今朝(14日の午前5時頃の開花の様子、エクセレンス)暑いので咲きあしが早い。
20150714dsc00733
 
20150714dsc00736
ほぼ採花終了
 
20150714dsc00734
かすみ草:エクセレンスという品種

20150714dsc00742
7月16日午前9時15分頃、NHKテレビ中継が行われる奈良布地区。
後方は博士山。

『新編会津風土記』では楢布原と記述され、戦後の開拓により命名を変えて、奈良布として登録した。しかし現在でも会津若松市の研究者はこの楢布原の秣場(集落は近世には存在しない)を、奈良からからむしの伝わった場所だ、という根拠のない推論を展開されています。『柳津町誌』にも同様の誤った記録が掲載されています。
 
20150714dsc00722
 
20150714dsc00723
夏になるとこうした本が出てきます。
 
20150714dsc00737
花のハサミのバクテリアを除去する洗浄液に、浸けます。
 
20150714dsc00728
 



2015年7月13日 (月)

小柳津

■2015年7月13日(月)午後4時30分 柳津町
 
近世の『新編会津風土記』によれば
小柳津村
大同年中柳津村虚空蔵堂を造営せし時、此地に小屋を構えて工匠の居所とす、
其小屋を家居とし闢し村なれば、柳津村に対して小柳津村と名けしとそ。家数5軒。
繋川、鬼渡神社鳥居あり、蔵王神 地主神なり、
201507_13dsc00662
 
201507_13img_6311
 
201507_13img_6309
湯殿山
 
201507_13img_6298
 
201507_13img_6296
 
201507_13img_6259
 
201507_13img_6255
 
201507_13img_6240
 
201507_13dsc00681
 
201507_13dsc00683
 
201507_13dsc00700
 
201507_13img_6291
 
201507_13img_6286
 
201507_13dsc00685
 
201507_13dsc00684
 
20150713koyanaidu
 
 
20150713ko
 

プロモーション



 アイ・バルブ・ジャパン → ユリの花のプロモーション
 
 
201507_13dsc00715
 
201507_13dsc00657
昭和28年 6月 奉納 大山祇神社

促成分の終了へ 次は10日後

■2015年7月13日(月) 晴れ うすぐもり


 かなり蒸し暑い日。

 早朝のエクセレンスの採花をしてみて、あと2日採花すれば終了。台風前に、屋根ビニルをはがします。プチパールも1棟、昨日に屋根ビニルをはがしました。4月に定植した極早生品種の栽培データは6月末開花で、だいたい取れました。残花には高温障害が見られるので、栽培管理には留意することが必要。
 

 次の我が家のまとまった開花は、高畑・角畑の越冬株のスターマイン(季咲き)。7月20日以降の見込みです。それまで少量のプチパールは継続して出荷します。

 東京の幸五おじさんが来岐しフラワーネット張りを、ずっと手伝ってくれていました。たいへん助かりました。今日帰ります。

 
 
■ 今日は午後1時より村の鎮守の参道(階段)の草刈り、旗あげ。明日は祭礼日。村休み日です。午後2時に金山普及所の大河内さんらが取材で、来岐されます。また午後5時25分、福島テレビで矢ノ原かすみ草が放映される見込みです(本名正さんら出演)。

■ あつみの荒木さんは天候不順で、まだ、かすみ草の採花が続いて、7月中の来村は無理ということでした。

 
■ 8月9日の正午頃、レイ(レイ・メイキング)を作るウマハナの大谷幸生さん(東京)が来村される予定です(中央花卉の中谷さんから情報)。この十年間、かすみ草でもよくレイを作っておられます。 → ウマハナ
 
 
■ 昼休みに『広報しょうわ』8月1日号の原稿「連載 新史料紹介 野尻組の麻 からむし 連載20回」を書きました。野尻中向の笹屋の資料を取り上げました。「小供苧(2)」です。8月1日に配布され、ウェブサイトにも同日掲載されると思います。→ 広報昭和PDF

20150713dsc00633
かすみ草エクセレンス(採花2週間)
 
20150713dsc00648
スターマイン(季咲) 角畑 上より4
 
20150713dsc00647
5月中旬に全刈りしたスターマイン5株の生育
 
 
20150713dsc00641
からむし(栽培)
 
20150713dsc00638
7月8,9日の大雨で倒れたカラムシを収穫(10日より現在)。
 
20150713dsc00654
 
20150713dsc00632
朝のハウス内気温は10度と寒く、カナヘビ(変温動物)は動けない
 
20150713dsc00653
カラムシの茎、外皮をはいだ後。
 

いずがはら(伊豆原、出ヶ原)、西会津町

■2015年7月13日(月) 晴れ、薄曇り

 午前4時30分ころよりかすみ草採花。朝、オミヤ(山ノ神)の参道の草刈り、旗あげ(明日が祭礼日)。

 明日は午後2時に金山普及所大河内さんが来岐される(取材者同行)。

 
 昨日は、30℃と、今年いちばんの暑さでした。でも、朝の外気温は10℃と寒く、かすみ草採花は寒いなかで実施しました。夜は18℃。
 
 現在、採花中のかすみ草プチパールは、越冬株利用作型なので摘芯(ピンチ)はしていません。株から伸びた茎をそのまま咲かせています。プチパールは和歌山県橋ヶ谷の岩崎さんらが冬春は生産していました(昨年)。

■ 7月14日、午後5時25分、福島テレビ FTV 矢ノ原のかすみ草放映。
 


 
ピカピカ☆日本
山間の村で育む満点の星 カスミソウ
中継場所:福島県昭和村
カスミソウ収穫の最盛期を迎えている昭和村。夏から秋にかけて生産量の日本一を誇ります。暑さに弱く、花が長持ちしないため、以前は暑い時期に市場に出回ることが少なったカスミソウ。昭和村の花を長持ちさせる徹底した管理が、年間を通じてカスミソウを楽しむことを可能にしました。収穫の絶妙なタイミングや管理温度に対するこだわりや工夫は、村一丸となって栽培を続けてきた成果です。中には豪雪地帯ならでは、自然の恵みを生かした設備もつくりました。標高700メートルの冷涼な山間から、野に瞬く小さな星のようなカスミソウをたっぷりと紹介します。
 
 
■7月12日、午後6時、西会津町出ヶ原(伊豆原)観音堂。かつて近世会津地域の紙漉き(和紙生産)の拠点を歩く。

 奥会津の山内氏の沼沢氏との関連、伊豆神社(浅岐・間方・川井)、西方街道の関連、伊豆原山神の立つ地域は城柵跡と見えました。
 
20150712img_6216
カモシカ
 
20150712dsc00598
防護柵
 
20150712dsc00595
 
20150712dsc00597

 
20150712img_6214
なぜ赤か?
 
20150712dsc00607
 
20150712dsc00609
 
20150712dsc00582
 
20150712dsc00580
 
20150712dsc00583
 
20150712dsc00584
 
20150712dsc00601
 
20150712img_6212
 
20150712img_6172
 
20150712img_6193
 
20150712dsc00575
 
20150712img_6180
 
20150712img_6184
 
20150712img_6192
 
20150712img_6194
 
20150712img_6200
 
20150712img_6203
 
20150712img_6204
 
20150712img_6207
 
20150712img_6215
 
20150712dsc00566
 
20150712dsc00594

 
20150712
 
20150712izugahara
 
 
20150712dsc00631
20150712dsc00625

2015年7月12日 (日)

カスミソウ:最終定植終える(プチパール)

■2015年7月12日(日)晴れ いちばん暑い日


 今朝早く採花。その後、大田(下)3にカスミソウ・プチパールを定植しました。9時までに終わりました。日中は暑くなるので、朝ご飯を食べないで植えてしまいました。
 
 これで今年のカスミソウの定植は終了です。定植晩限は当地では7月20日ころですが、2回摘芯等新しい技術による定植は、生育期間を延ばしてしまうため、7月10~15日頃が最終となります。

 
■  → フーチャンプルー

20150712dsc00490
今朝。
 
20150712dsc00491
 
20150712dsc00493
 
20150712dsc00495
マルチカッターで穴を開ける。35cm株間
 
20150712dsc00496
 
20150712dsc00497
配布
 
20150712dsc00498
定植後、多木有機液肥500倍を灌水。

20150712dsc00510
プチパールとエクセレンス
 

 
20150712dsc00500
からむし
 
20150712dsc00503
茎(幹)
 
20150712dsc00505
 
20150712dsc00530
青苧布(からむし繊維)と紅花の精製
山形大学 紅花の歴史文化館(2005,2013年)

 
20150712dsc00534
紅花の紅を吸収した青苧繊維 
 (からむし工芸博物館)
 


来週のカスミソウのテレビ

■2015年7月12日(日) 晴れて外気温10度、日中30度

 午前4時30分よりかすみ草エクセレンスの残った花の採花。咲き出したかすみ草プチパールの採花(4棟)。台風11号の北上ルートとの時間との関係で、これらの採花中のハウスは、台風対策として屋根ビニルを除去し採花放棄になる可能性もある。そうすると、その後の出荷までの時間が空く。次はかすみ草:スターマインの越冬株の季咲きの開花で7月18日前後からの採花を見込んでいます。

 台風が来るのでハウス廻りの補修と、フラワーネット張りも急がなければなりません。

 台風大雨、梅雨明け豪雨が7月は多いので、災害も留意。

 -----

 また本日は、かすみ草:プチパール(晩生種、極小輪、一重咲き、セレクタ社育成、フクカエン扱い)の定植作業。これで本年の最終定植。

 (追記)午前6時より9時まで大田(下)圃場3に、定植を終了しました。



 -----

 昨日の一箕町店でのフェアは福島民友、民報の店頭取材がありました(星哲哉さん応対)。

 


 
 
 
■ 2008年7月11日、当地昭和村大岐よりNHKテレビの全国放送の生中継が行われたことがあります。 前日に集落、カスミソウ圃場を見下ろす高畑に鉄パイプの足場でヤグラが組まれ、太いケーブルが敷設された大がかりなものでした。→ その日のブログ
 2009年7月7日にはFCT福島中央テレビの生中継が大岐から行われています。 → その日のブログ

 ----今年は----
 
 2015年7月16日、同じNHKテレビの「あさイチ」で9時15分ころから昭和村奈良布集落より、全国向け生中継が行われる予定になっています。当地のカスミソウの生産を紹介するものです。JA会津みどり かすみ草専門部会の渡部政衛副部会長が出る予定です。
 
 
 -----
 2015年7月14日の午後5時25分ころから、福島県内向け放送のテレビ番組でも、昭和村とカスミソウ(矢ノ原の本名正さん圃場、7日に取材済み)が放送されます。FTV福島テレビです。
 
 

20150711dsc00471
7月11日、会津若松市内でのかすみ草フェア
 
20150711dsc00461
花はていねいに扱います。
 
20150711dsc00466
JA会津みどり かすみ草専門部会 星哲哉さん
 
20150711dsc00448
 
20150711dsc00467
 

2015年7月11日 (土)

第7回 かすみ草フェア(一箕町店)はじまる

■2015年7月11日(土)晴れ


 午前9時開店で、はじまりました。

201507_13dsc00720

   → 立川幸一さん

 
 
 
 
 
 
プチパール、この時期は無摘芯栽培(株から出た芽をそのまま仕立てる)です。なお冬期間は和歌山県の個人生産者岩崎さんらが栽培しています。
 
 
201507_11dsc00437
ルビー(パレス化学のファンタジー染色剤の新色)、
右側のロイヤルブルー、グリーンとメロンの4色がカスミソウ:エクセレンス(住化農業資材)です。エクセレンスは現在日本国内で販売されているカスミソウのなかではいちばんの大輪種で極早生種です。

エクセレンスはボリュームがあるため、1桶に5本入りで陳列しています。

それ以外はベールスター、スターマイン、アルタイルの染色で、
1桶に10本分入っています。

 
20150710dsc00439_2
店頭では、来場者数、カスミソウの購入者数を見ていますが、
その中間に、花の陳列場所(店頭)で立ち止まっていただき、
興味をもっていただくことが必要になります。
1週間前から店内告知を行って、催事をしっている人は、会期に
来店されますが、週に数回、きまって来店されているお客様でも、
花に興味のない人には、告知は見えません。

「立ち寄り率」を上げるための仕組み、、、、

そして購買後の満足感(つぼみが白く開花していく変化と日持ち、それを可能とする花瓶水の管理(品質保持剤)、最終的に自宅でもドライフラワー化)が
再来店につながります。花とかかわる自分が主体的になることで可能となることを発見していただくことも目的です。
 
 10年ほど前、2006年11月、フランスのリール市の量販店(カルフール)をJELFA(エルフバケツ)の欧州視察会で訪問したことがあります。そこではフラワーフード(花瓶水に入れる品質保持剤)に加えて、花瓶の洗浄用の塩素タブレットを添付するプロモーションとそのアンケート調査が行われていました。
 花瓶水を生活者が管理することで、活けた花を管理する水質管理技術を普及することが目的でした。日本の場合は、生産者そのものがまだ前処理をしていない、水揚げ水の清潔度に興味が無い、、、、一方で流通・小売店も、、、、という品質管理のリレーがうまくいっていません。
 
 暑い夏は、すぐに水が腐ってしまうために、ルミノメータ数値で1000RLUでも、どうなのか?という指摘が先日の品質管理の会議でありました。300RLUの水に活けても花は咲かない、、、というものでした。
 
 現在、先の当カスミソウ産地の目揃え会で、出荷品のバケツ水のバクテリアチェックをフミノメータで計測することが告知され、計測が実行されています。

 -----

 首都圏の花良品での2002年から本格化したカスミソウフェアからはじまり、県内ではリオンドールで1年を通して販売を行っていました。しかしその後、県内での販売は無く、首都圏のホームセンター等での販促活動が多くなっていました。 2008年10月より郡山市の開成生花の林隆社長の仲立ち・提案によりヨークベニマルでの販売がはじまっています。→ 2009年7月5日から、会津若松市内での再度のカスミソウフェアが開催されています。その際にも、気づきを書いています。7年前のことです。
 

 竹島善一展(有楽町)

■2015年7月11日(土)朝方気温11℃


 本日は、午前4時30分より、かすみ草エクセレンスの残花収穫。明日定植予定のかすみ草プチパールの仮植苗の摘芯。
 
 大岐を午前7時ころ出て、会津若松市内へ。

 午前10時頃よりヨークベニマル一箕町店でかすみ草フェア(店頭滞在は午後4時ころまで)。
 
 フェア店頭の間、自動車の定期点検にディーラーに車を預ける。

 
 
■ 7月11日(土)午後2時より、昭和村公民館で昭和学講座。今回は滝沢洋之先生(会津若松市)。からむしについて。私は若松販促で聴講参加できません。
 
 
■ 7月9日の夕方、都内有楽町の無印良品2階のアトリエ・ムジにて竹島善一(よしかず)さんの奥会津の写真展、赤坂憲雄さんとの対談が行われました。
 
20150709img_5988

 

竹島善一さん
 
20150709img_5985

 

 
20150709dsc00175

 

 
20150709dsc00202

 

 
20150709dsc00203

 

葉タバコの地干し(昭和40年代)
 
20150709dsc00206

 

 

 
20150709dsc00245

 


耕耘機を綱で引く
20150709dsc00246

 

 
20150709dsc00253

 

赤坂憲雄さん、竹島善一さん
 
20150709dsc00129

 

7月9日朝
 

2015年7月10日 (金)

花育 大田市場花き部 FAJ、中央花卉店頭

■2015年7月10日(金) 曇り 午後は晴れ


 昨日は都内雨でした。
 


 朝5時に大田市場花き部へ行き、かすみ草等の入荷調査をしました。6時に昭和中学校生徒が来場、6時50分にFAJでセリ前あいさつ、その後、2班交替で中央花卉店頭でかすみ草の販促活動(プロモーション)を体験しました。


 午後は埼玉県内の量販店 ホームセンター ビバホーム埼玉大井店で消費者への販促活動体験を午後3時30分まで行いました。準備したかすみ草の8割が売れました。

 私は7時30分に大田市場で辞去し、東京駅より新幹線に乗り、正午に昭和村大岐に帰りました。
 
 午後、花の仕事をして3時30分に道の駅(昭和村・からむし織りの里)に行きます。まちむら交流きこうの案内(奈良布のかすみ草銀河圃場案内)。
 

■ 午後4時、からむし織りの里にて、まちむら交流きこう、の来村者16名を村内案内いたしました。からむし畑、かすみ草銀河のハウス、からむし挽き風景(大岐)。
 
■ 7月16日の午前9時15分ころよりNHKテレビ(全国放送)「あさイチ」で昭和村奈良布の渡部政衛さんが生中継で昭和村のかすみ草を紹介する予定です。事前取材が行われています。
 
 
■  7月11日(土)午前10~16時、ヨークベニマル一箕町店(会津若松市内)でかすみ草フェアを開催します。JA会津みどり かすみ草専門部会の役員・星哲哉さんと、私(菅家博昭)で店頭に立ちます。
 
 
■ 7月17日(金) 熊本県JAうきのかすみ草関係者が来村予定です。2月に講演で招聘されお世話になりました。それで当地を訪問されます。

 
20150710dsc00399
FAJ セリ前あいさつ(昭和中学校3年生)7月10日午前6時50分
 
20150709img_6117
中央花卉 店頭
 
20150709img_6089
 
20150710dsc00406
 
20150710dsc00420
7月10日午後、昭和村奈良布 かすみ草銀河のハウス近く まちむら交流きこうのバス。
 
20150709img_6170
からむし(苧麻、青苧)
 
20150710dsc00415
大雨で倒れたカラムシを収穫し剥ぐ、挽く
 
 
 
 

2015年7月 9日 (木)

かすみ草:銀河ウェイ(セレクタ社、フクカエン扱い)

■2015年7月9日(木) 


 朝5時よりかすみ草採花。調整。

 午前10時には昭和村を発ち、上京します。JFMAのある麹町へ。

 午後、大芦にて、からむし保存協会主催の学習会が開催されるようです。

■ 7月10日(金) かすみ草産地の花育事業で、昭和中学校の3年生11名と関係者は大田市場花き部の荷受け会社フラワー・オークション・ジャパン(FAJ、エフエイジェイ)にて午前6時50分ころよりセリ前のあいさつをする予定です。その後、7時10分ころから仲卸通りの中央花卉店頭へ。8時30分、北棟2階のクリザール・ジャパンにて花の日持ち試験を見学し、かすみ草などの品質管理技術のレクチャーを受けます。帰路の午後は埼玉県内の量販店でかすみ草の販売体験。毎年開催しています。

 中央花卉では10年間以上、7月上中旬にかすみ草フェアを店頭で開催していただき、日本のかすみ草文化の支援をいただいています。2012年からは花育(産地)も併催し協力をお願いしています。
 




  → 2014年7月開催 中央花卉 (花育の 3回目)


  -----中央花卉ブログによる記録-----  
 
 






■ 7月11日(土)は、私はヨークベニマル一箕町店のかすみ草フェアで店頭におります(9時~16時)。 同日の午後、昭和村公民館では昭和学講座が開催されますが欠席です(からむしについて、滝沢洋之会津民俗研究会長、夫人は小野川出身)。
 

 
■ 8日の朝の採花時に、小野川字奈良布の「県道脇の岩下圃場(故・勝四郎さんの水田転作畑、入り口に岩下木地の庚申塔がある)、に菅家博之君を訪ねる。セレクタ社の銀河ウェイの越冬株が開花していて採花中。

 明日(10日の午後4時20~30分頃に)、首都圏より16名の来村者(まちむら交流きこう、昨年9月に初訪。夕食は大芦大向のとまり木)があり、かすみ草開花圃場を案内することになっていて、我が家のエクセレンスはほぼ終了してるので、博之君のハウスの銀河ウェイを。本人の了解を得る。
 
20150708dsc00066
かすみ草:銀河ウェイ。越冬株の生育は抜群です。出荷もはじまりました。銀河と銀河ウェイは下枝の伸びが異なります。後者が優れているので昭和村では銀河ウェイを導入しています。出荷時の商品名は「銀河」で出ます。

日本での育成(海外育種品種の日本での選抜も含む)は、花の美しさ重視で、生産の実態・栽培・越冬等への考慮はなされません。しかし海外で育成・海外で選抜される品種は主根の伸びが優先されます。またネズミ忌避等のかすみ草晩生種のフォレストや、この中生種の銀河ウェイのような生育揃い、スターマインの根張り(根の長さ、量が多い分、低温感受性が高い、低温期は抽台しない)などがあります。日本には導入されていませんが、世界中のバラ農園・カーネーション農園等が自社花束製品のためのかすみ草としてアメリカのボール社育成のミラベラはハモグリハエが産卵しにくい葉の硬さ(マイナーリーフへの対応)や、ジベレリン処理をせずとも花芽分化する機能性などが評価され栽培面積が増えています。市場出荷されることは少ないのでオランダ花市場の統計にも載りません。(菅家博昭)


 
 
20150708dsc00069
優れたコピーライティング    らいふ・かれー

2015年7月 7日 (火)

7月9日夜、有楽町アトリエムジ

■2015年7月8日(水) 小雨のち曇り


 今朝はエクセレンスの残花採花。プチパールの採花(短い)。


 家向の2棟の屋根ビニル被覆(父)。

 


 中央花卉の染めが出来なくなるため、分担変更で、菅家清さん、照子さんが来週担当。そのため農協の寛之さんと打ち合わせ(朝、電話)。

 -----

 昨日の目揃え会 → 金山普及所の報告
 
 9日(木)の午後2時より都内麹町(MPS)にて日持ち性向上対策実証事業の販売実証チーム臨時検討会が開催されることとなり、出席することとなりました。
 

 終了後、午後6時30分(開会は7時)、有楽町のアトリエ・ムジにて開催される竹島善一さんと赤坂憲雄さんの対談も聴講することとし、ネットより申し込みました。
 
 雑誌『会津学』の表紙は竹島さんによる写真です。なお会場には写真展も併催されています。


期間 : 2015年7月8日(水)-7月13日(月)
時間 : 10:00-21:00
会場 : 東京都内 無印良品有楽町2F ATELIER MUJI
入場料 : 無料
 


東京都千代田区丸の内
2015年7月11日(土)11:00~17:00 ※売り切れ次第、終了

 大田さんのFBより転載します
 売り子で店頭に立つのは、

『ひぐらし農園』 浅見 彰宏さん
『笑空』(esora) 勝沼 祐馬さん
『茶房千』元スタッフ 木野 文子さん
『太田ドーム』 太田の4人です。

この日の売り場は、農薬・化学肥料を使わずに育てた、
ズッキーニ・ミニトマト・キュウリなど初夏のお野菜に、
昔から会津で受け継がれている伝統野菜、
「会津丸ナス」「庄右衛門インゲン」、
トゥルシー茶(ホーリバジル)・ドライトマト、
カレールゥ、パスタ用トマトソースといった、
農産物加工品を取り揃える予定です。

また、10~21時、無印良品有楽町2F『ATELIER MUJI』にて、
「竹島善一 奥会津の記録 ―なつかしい未来へ―」展を開催。

http://www.muji.net/lab/ateliermuji/exhibition/150708.html
期間:7/8(水) ~ 7/13(月) 入場料:無料

40年間に800回以上東京から通い続け、
福島県奥会津の風土と人々の営みを、
モノクロームで撮り続けている写真家の竹島善一さん。

20,000枚にも及ぶ写真の中から324枚を厳選して展示。
季節や時代とともにうつろう懐かしい農村の姿、
日本の原風景から、目指す未来を示唆し、
語りかける。

「私たちは何を捨てて、何を得たのか。
  それをもう一度、問い直し考えていかなければ」

写真家・竹島善一氏インタビュー(動画8分)
https://www.youtube.com/watch?v=4NPhtj5ab_Q

東京にお住まいの方、ちょうど東京を来訪する方、
ぜひ遊びにおいでください。
有楽町でお会いしましょう!

 -----



 
■ 7月10日(金)夕方4時、まちむら交流機構の催事にて16名の方が来村されます。昨年は9月でしたが、今年も依頼があり、村内の一部を案内いたします(かすみ草、からむし)。


 ※7月10日(金)朝、都内 FAJのセリ前あいさつで昭和中学校生徒があいさつ予定(花育で市場視察)。

 
■ 7月5日に只見町で開催された奥会津大学 FB→ 林業と森林管理の違い
 

■ 南会津町総合歴史民俗文化財保存施設 奥会津博物館のイベント情報
「奥会津の縄文時代」7月18日から9月27日まで。昭和村の遺跡からの出土品も展示されます。小野川地区の小峠遺跡(縄文早期)からの出土した押形文土器も展示されます。

■ 7月26日(日)北塩原村で高橋明先生の講演会があります。 

平成27年度北塩原村歴史講演会のお知らせ 
 
 
 『戦国時代の終焉 伊達政宗の会津侵攻』
 
日 時 平成27年7月26日(日) 13:30~15:30
会 場 北塩原村生涯学習センター
講 師 高橋 明 先生
対 象 歴史に興味のある方
参加料 無料
内 容 会津を狙う米沢の伊達政宗と、対抗する会津の蘆名氏。
     北塩原も舞台となった戦国時代の出来事を、文献研究の成果をもとに、
     やさしく、くわしく知る120分。





■ 8月1日(土)、14:00~。新潟県十日町市@千手中央コミュニティセンター。からむしとあさ、福島市で撮影された「茂庭のしなだ織」、会場を変えてシネマパラダイスの十日町映画祭で「越後奥三面」等の上映会があります。私も参加します。 → 姫田忠義作品十日町上映会 FB


■ 6月27日、28日に開催された大沼郡三島町での木の大学講座 → 工房通信悠悠   →その2志津倉山のブナ   →その3

------------------
■同姓検索というもので菅家kankeは、全国で749人(世帯)。福島県内で339人。新潟県101人。
 
 金山町79、只見町71、会津若松市49、南会津町46、新潟県三条市33、新潟県加茂市23、昭和村★29、三島町15。

 
 中世の会津横田(現・金山町)山内氏の家臣団の分布に添う菅家氏。
 
20150708kanke2
 
20150708kanke



20150707fdsc00056
 
20150707fdsc00037
マイマイガの幼虫
 

20150707fdsc00040
オニヤンマのヤゴ(羽化後の抜け殻) 大岐
 
20150707fdsc00050

かすみ草の「目揃え会」 me soroe kai 終わる

■2015年7月7日(火)曇り


 午後3時30分より、昭和村大字野尻の農産物集出荷所(雪室)にて、会津みどり農協かすみ草専門部会の「目揃え会」が行われました。切り前、ボリューム、下葉調整等、現物を見て、統一しました。
 販売担当の五ノ井課長、本名寛之さん、金山普及所の大河内さん、立川幸一部会長で進められました。
 生産農家である会員は65~70名が参集しました。

 7月2日のあぜ道講習会(大河内さん)や、目揃え会など、こうした会合は今年の作柄や病害虫の現況など、生産者相互の情報交換の場にもなっていますので、参加することだけでなく、会話することが重要です。

 これで準備は終わり、いよいよ出荷量が増加していく時期になります。
 
■今日、村内矢ノ原でかすみ草生産風景の取材撮影がありました。下中津川の本名正さん圃場等で撮影が行われたそうです。放映予定は、7月14日の午後5時25分頃、福島テレビ(FTV)の番組内で放映予定です。
 
 また、NHKテレビでは7月18日の午前9時台の「あさいち」で昭和村のかすみ草が取り上げられる予定です。詳細は今後決まります。

 
 
■ 法政大 JFMA会長の小川孔輔先生の秀逸な書評です。


 その2 → デザイン補論


 
■ 山の村のたいせつさ → 山地防衛という考え方

 

 
 
A20150707fimg_5863
野尻中向、野尻川左岸にある集出荷所。しらかば荘の対岸。
35mm一眼レフカメラで菅家博昭撮影。縮専で350kbに。

 
20150707img_5817
開花具合(切り前)見本

わかりやすく展示されていました。

 
A20150707fimg_5826
立川部会長の沖縄出張報告(かすみ草の品質維持)も行われました。
 
この週末にかけて立川部会長は、昭和村馬場村長、会津みどり農協長谷川組合長らと、福岡花市場、花満等に訪問する予定です。
 
20150707img_5840
金山普及所 大河内さん
 
A20150707fimg_5855
切り前、ボリューム(量感)、かすみ草SC処理等
 
 
20150707img_5875
 

たなばた 七夕 沖縄の子の願い

■2015年7月7日(火)

 
 午前4時30分より採花予定。大輪のエクセレンスは終盤。極小輪のプチパールは少量。スターマインの越冬株(季咲き)が咲くまで、我が家の出荷は一時途切れる予定。
 
 午前6時、大岐地区の出荷者がほぼ出そろい(清さんアルタイル無加温促成、照子さんファンタイム、博之君メレンゲ・ベールスター・銀河等各種)目揃え会。出荷伝票の出し方、ラベルの書き方、エルフのスリーブへのラベル(規格)入れ方など。小野川の忠雄さんも出荷がはじまりました。

 −−−−−
 
 今日の午後3時30分から、野尻中向の集荷所(雪室)にてJA会津みどり かすみ草専門部会の目揃え会。部会員70名が集まる。15分前に会場集合とファクス配信しました。
 
 
■昨夜は7月18日18時、からむし織りの里での演奏会のための練習をファーマーズカフェ大芦家にて。15日夜も練習。→大芦家
 
■ 7月4日(土)報告 → 埼玉県内 与野店でのかすみ草フェア
 
 今週末、7月11日(土)は会津若松市内のヨークベニマル一箕町店で、かすみ草フェア(12日まで)の予定です。エクセレンスで分担分の数色染めます。
 
■ 7月9日は都内無印良品有楽町店にて竹島善一さんの奥会津の写真展と赤坂憲雄さんの対談が行われます。対談「足元を深く掘ること。そこから未来の萌芽を見出すこと。」 → アトリエ ムジ
 
 7月10日(金)朝は、昭和中学校生徒がFAJ、中央花卉?店頭でしょうか?
 
20150703dsc09810

 

沖縄滞在中、7月4日は独立記念日でした。平常より大きな星条旗がフェンス内に、掲揚されています。
 
20150704dsc09623

 


 
20150704dsc09938

 

 
20150704dsc09565

 

若い農家が増えている「太陽の花」の生産者農家の平均年齢は2歳若返っています。青年部は福島県内の産地視察(しんふくしま)に来られました。

 
20150704dsc09566

 

 
20150704dsc09567

 

3℃での海上コンテナ輸送
 
20150704dsc09570

 

 
20150704dsc09664

 

 
20150704dsc09690

 

 
20150703dsc09716

 

 
20150704dsc09733

 

 
20150703dsc09713

 

 
20150703dsc09726

 

 
20150703dsc09788

 

沖縄本島内での七夕かすみ草フェアにて撮影。

2015年7月 6日 (月)

ヤマトンボが むえた日(7月6日)

■2015年7月6日(月) 曇り、夜6時より大雨。9時には止む。

 
 今朝、池から流れる堀脇で、ヤマトンボ(標準和名:オニヤンマ)が むえた(羽化)、という。父のデジタルカメラから写真。昨年と同じ日、と、母。これから毎日羽化するのだろう。

 追記:7日の朝は前夜からの雨で羽化しませんでした。
 
20150706dsc01557
 

羽化するヤマトンボ(菅家清一撮影)

 
20150706tmb
 
20150706dsc00019
高畑のカラムシは2mになろうとしている。
 
20150706dsc00020
カラムシ
 
20150706dsc09999
  昭和村大岐
 
20150706dsc00012
14時30分から1時間、講演しました。

本場(その産物の中心地、ブランド)とは、同様の産物を生産する産地のなかで、先んじて社会に潜在化している商品規格を顕在化して提案する産地のことを言います。
 
その商品規格は買い手を取り巻く社会環境を反映します。カラムシを事例として、
1800年頃、なぜ会津大芦で影苧(かげそ)が生まれたのか?
親苧(おやそ)と小供苧(こどもそ)。
最上苧と米沢苧と、どのように会津大芦苧は異なるのか?
 
小供苧という商品規格が、挽き手を養成し、
その販売権を唯一挽き手に委譲した仕組みから、
販売代金の使用権を「ワタクシ(私)」と呼び、
明治時代より産地では「ワタクシ」呼称が先行します。
商品を購買仕入れする地帯(越後・新潟県内)では「小供苧」と呼びます。

 
率先して商品規格の社会化、標準化をはかることは、
ベーシックアイテムとして残ることを通して、
社会的責任を果たす責任産地として歴史的に残る仕事ができます。

 
20150629dsc08984
座敷で干す、日陰で干す、影苧(陰苧、かげそ)
 
20150706dsc00002  
 
20150706_97727


埼玉園芸(輸送手段無し)を除き、7月より全27社出荷中。
1社平均36箱 977箱(6日)。9品種。
 

午後、昭和村公民館

■2015年7月6日(月) 曇り


 昨日は18時30分に帰郷。21時まで、収穫したかすみ草の調整作業。今朝はその梱包作業を行い、出荷。今朝の集荷はエルフバケット梱包数で19箱です。

 沖縄フェアの様子は後日に報告します。立川部会長・五ノ井課長、暑い中での売り場訪問、たいへんにお疲れ様でした。沖縄県花卉卸、仲卸各社、太陽の花の皆さんにも感謝を申し上げます。

 
 午前は通院日。午後は2時より昭和村公民館へ。両沼(大沼郡・河沼郡)地区の社会教育の協議会総会の講演。「ワタクシ(小供苧)」について話す。
 
■夜は、大芦家でNB練習日(18日夜、からむし織りの里フェア催事で公演)。

 
-----
■ 7月7日(火)15時30分より、野尻中向の雪室にて、「かすみ草の目揃え会」。

 
-----
■ JA会津みどり かすみ草専門部会となって、中央花卉へのはじめての納品で、中谷さんからメール添付で本日の店頭写真が送付されてきました。

 店頭の染めは かすみ草新種のエクセレンスを染めたものです。


 ※ 7月16日(金)朝のFAJマルシェは、中央花卉前にJA会津みどり かすみ草専門部会の立川部会長が出展予定です。
 
20150706
 
20150706_2
 

2015年7月 5日 (日)

帰郷へ

■2015年7月5日(日) 那覇市より


 昨日、イオンモール沖縄ライカムのマカロン、その後、島内の3カ所でフェアが行われている小売店を訪問しました。皆さん、お世話になりました。

 今日は昼に那覇空港から伊丹経由で帰郷します。

 早朝からの蝉の鳴き声。気温33度。
 
 


 
 
 
■ → サンサナー
 
20150703dsc09856
 
20150704dsc09604
 
20150704dsc09613
 
20150704dsc09635
 
20150704dsc09628
 
20150704dsc09808

2015年7月 4日 (土)

かすみ草の沖縄

■2015年7月4日(土) 那覇市滞在 晴れ

 
 本日は、イオンモール沖縄ライカム内、フラワーショップ・マカロンでのかすみ草フェア。11時より正午過ぎまで店頭滞在。

 このアンテナショップを運営している太陽の花(沖縄県花卉園芸農協)の事務所は昨夕に訪問しました。上原次長よりお話をうかがい、沖縄県花卉集配センターを視察しました。真空予冷庫、冷蔵庫等を見ました。3℃で海上コンテナでの輸送をしています。

 昨日は、航空機が混み、預けた手荷物がなかなか出てこない等、混雑していました。浦添市伊奈武瀬の沖縄県花卉卸を訪問、その後、場内仲卸各社を訪問しました。会津みどり農協かすみ草専門部会の立川幸一部会長、五ノ井豊課長に随行しました。


 かすみ草フェアを仲卸店頭2社(第一花卉、花のふたばや)、沖縄県花卉卸のフェア、産地紹介パネル等、よく準備された内容でした。
 


20150703dsc09557
 
20150703dsc09499
沖縄県 花き部
 
20150703dsc09730
 
20150704dsc09502
沖縄県花卉卸(浦添市伊奈武瀬)
 
20150704dsc09541
 
20150704dsc09536
 
20150704dsc09506
 
20150704dsc09472
沖縄第一花卉(仲卸)
 
20150704dsc09486
花の二葉屋(仲卸)
 
 
20150703dsc09747
マカロン
 
20150704dsc09759
 
20150704dsc09765
 
20150704dsc09820
 
20150704dsc09821
 
20150704dsc09880
 
20150704dsc09876

2015年7月 3日 (金)

訪沖 台風9号

■2015年7月3日(金)曇り

 
 未明に起きて、昨夜に染め作業してあるかすみ草エクセレンスの梱包作業。染料から出して、茎元を水道水でゆすぎ、規格入り数にスリービング、あるいは立箱に詰める。大岐の集荷所(一時)に軽トラックで運搬する。追加で9箱(プチパール、エクセレンス2S染め等)、ファクスを雪室に。
 
 かすみ草の採花後、午前5時に大岐を出発し、かつての取引先にあいさつをしてから、空港へ。伊丹で乗り換え、今日の正午には那覇空港着予定。夕方に沖縄県花卉卸(浦添市、沖縄県中央卸売市場内)。
 
 明日のかすみ草フェアがイオンモール沖縄ライカム2階のマカロン(11時~正午すぎ店頭)。

 
 
20150630dsc09116
昭和花き研究会時代の古箱を使用してしまいます。

 
20150704dsc09459
 
20150704dsc09600
 
20150704dsc09601
 
20150704dsc09594
 
20150704dsc09559
 
20150704dsc09703
 
20150704dsc09571

2015年7月 2日 (木)

かすみ草の枝 

■2015年7月2日(木)晴れ


 午後曇りとなりエクセレンス採花。枝65cmがかなり咲いており、採花。調整作業は20時までかかる。かすみ草の作業場付近で、ホタルが今年はじめて出現飛来しました。父は川前まで歩いて見に行ったところ5頭ほど飛来していたようです。ことしは早いようです。
 今日も、かすみ草は、すべて染めました(中央花卉向け5本束2L80cm150本)。まだ染まらない分を夜に梱包。

 明日は未明より採花して、沖縄へ出張。

 
  花は67億円 → オークネット30年

20150702dsc09423
プチパール(セレクタ社育成・フクカエン扱い、かすみ草新種 一重咲き小輪)
 
20150702dsc09424
プチパール、、、まだ数量は、まとまらない
 
20150702dsc09432p
プチパール
 
 
20150702dsc09434p
 
 
 
20150702dsc09441ex
かすみ草新種 エクセレンス(極早生、極大輪、ただし夏経過栽培では花芽分化期の高温障害あり。5月までの定植)
 
20150702dsc09445
 

かすみ草フェア(埼玉、沖縄)

■2015年7月2日(木) 晴れ


 週末は2カ所でかすみ草フェアが開催されます。
 JA会津みどりかすみ草専門部会の皆さん、農協担当等が店頭販促活動をいたします。こうした活動は15年目です。

 
 7月4日(土)午前10時から午後4時まで。さいたま市中央区本町西5丁目2番9号 イオン与野店。生産者 星哲哉さん、立川洋子さん、菅家洋子さん、金山普及所大河内栄さん、JA齋藤孝人係長の5名


 -----
 
 
 7月4日(土)午前11時~正午まで(取材応対可能時間)。イオンモール沖縄ライカム 2階 太陽の花アンテナショップ:マカロン。生産者・立川幸一部会長、菅家博昭、JA五ノ井豊課長。沖縄県花卉卸担当者。
 
  → マカロン

  → 沖縄県花卉卸
 
 3日早朝に昭和村を出て、航空機で沖縄へ。午後4時前に沖縄県花卉着予定。午後4時30分太陽の花事務所訪問予定。4日は販促前後に取引先小売店等への訪問を予定しています。
 

 
20150626exdsc08696  
 

本日は村内3カ所でかすみ草あぜ道指導会(昭和村花き振興協議会)

■2015年7月2日(木) 晴れ


 本日は村内3カ所で、かすみ草のあぜ道指導会。福島県金山普及所・大河内さん。

 明日は早朝出発で沖縄那覇へ。
 
 
■ 朝、エクセレンス採花・染色。80cm2L、4箱分、一般販売分の枝2S染めミックス5箱。

 
■ プチパールが開花しはじめましたが、箱にまとまるまでは時間がかかりそうです。

20150630dsc09136
かすみ草プチパール(セレクタ社、フクカエン扱い)
 
 
20150630dsc09132
滝谷駒鳴瀬 6/30

 
20150701dsc09372
くいまる わたしふね
 
20150701dsc09384
 
20150701dsc09391
 
20150701dsc09379
 
20150701dsc09382
 
20150701dsc09400
 
20150701dsc09403
 
20150701dsc09402

2015年7月 1日 (水)

堂本さん、来村(7月1日)

■ 7月1日、雨でしたが、兵庫県丹波市の堂本さん夫妻が来村されました。遠路お疲れ様でした。

 → ファーマーズカフェ大芦家

 → 堂本さんFB

20150701dsc09367

 

20150701dsc09369

 → 福島県大沼郡昭和村大字小野川字大岐(おおまた)

 グーグルマップ かすみ草栽培ビニルハウスが見えます  → 大岐管理センター
-------
磐越自動車道 会津坂下(あいづ・ばんげ)インターから、国道252号線。
県道32号線 柳津町砂子原・琵琶首(びわくび)経由で昭和村へ 
20150630
 
20150630ohmata

二番苧(niban-so にばんそ)

■2015年7月1日(水) 雨


 
 未明より降雨。晴天なら午前4時に明るくなるが、今朝は暗い。
 
  午前4時30分よりかすみ草エクセレンスを採花。7時ころまで下葉取り調整作業も終了。
 
 兵庫県から来客があるので、10時頃、大芦家に。

 6月30日は曇りの一日。岩下(下)上より2棟目にかすみ草スターマインを定植。残苗を川流(左)に定植、フォレスト残苗も。
 あと1棟(プチパール)を大田圃場に7月10日前後、今年の定植は終了。
 
 越冬株の無加温促成のプチパール(セレクタ社、フクカエン扱い)が数株開花。数量がまとまるのは、まだまだ先(10日前後)。
 
 
 
■ 1859年、安政六未年の記録(中向笹屋)は、安政四年の萬○○帳の後段の空きスペースに書かれている。

 「安政六未年 青苧買帳」、という見出し。青苧のなかに、9月26日に「二番苧」が初出。 

 
 「未 麻買入受帳」という見出し。

 
 
■ 明治26年の青苧買い入れ帳には、「青苧」「かけ(影苧)」「私」。「引○」と見えるが、「おやそ」が出てこない。「私」が頻繁に出てくる。

 商品規格(買入・販売)を昨年より調査している。
 
 小供苧(わたくし)は明治期に初出。「私(わたくし)」と併用されるが、明治32年に「小供苧買入扣帳」が独立して出てくる。
 
20150630dsc09249
 
 
■ 『広報しょうわ』

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ