« おおいた(大分)から、和歌山へ  かすみ草をめぐる | トップページ | 帰郷 »

2015年12月19日 (土)

脇役としての、かすみ草を

■2015年12月19日(土) 和歌山県内より

 
 
 本日は、この旅も終盤へ。
 
 7時22分のJR御坊駅発列車に乗車し、新大阪乗り換え・東海道新幹線にて上京。計5時間ほど乗車し、昼頃に東京駅に、到着予定。
  その後、未確定ですが、東北新幹線に乗り換え郡山駅下車、自動車で夕方まで会津へ帰郷予定。
 
 
 
 12月18日(金)は大分県大分市を、7時13分大分駅発列車ソニック10号博多行きにて小倉駅乗り換え、山陽新幹線で新大阪駅へ11時3分頃着。そこより12時発の特急くろしお号にて和歌山県御坊駅に13時47分着。
 JR御坊駅前で、レンタカー(アクア)を借りて、印南町へ。

 本来の旅程では山陰のからむし(青苧)調査の予定でしたが、降雪となったため、予定を大きく変更して無霜、無雪地帯の和歌山県の海岸部に来ました。今日の連絡で明日うかがう、ということ、年末の出荷業務の詰まったなかでの訪問でご迷惑もおかけしました。   → 奥会津 昭和村は雪   → 雪の日常へ


 JA紀州のいなみ営農指導センターの大野さんを訪ね、はなセンターへ。
 12月11日(金)に強風があり津井地区等のスターチスシニュアタ(チース)の栽培ハウスがつぶされたりして、被害が出ている。現場を案内してくれた。
 
 大野さんの案内で、印南地区の花栽培圃場を夕暮れまで視察。
 島田地区のカスミ部長の村上さん圃場(かすみ草プチパール、リゲルの試作、営利栽培のスターマイン、ジョニー等と切り戻し圃場)。北川さん圃場の新しい摘芯技法(アルタイル)、中尾さん圃場(FG482ベールスター)。
 フクカエン(ロイヤルバンザンテン社、バルブレブラン社等)のチース試作ハウスの80種。
 スイートピーの栽培ハウス。印南原の尾曽さんのカーネーション、キンギョソウ等。
 
  年末出荷のいそがしいところ、カスミ部の村上さん、中川さん(マリーベール栽培)、農協の平野さん、大野さんと懇談もしました。

 昨夜に駅で帰路の電車の切符を窓口で購入(現在のネット購入はJR東日本のため)

 
■印南地区での印象に残ったのは、チース(スターチス・シュニアタ)など発色を必要とする切り花は、海岸沿いの圃場に集中し、かすみ草はそこよりいくらか内陸部に集約されていました。またかすみ草の電照も行われていました。

 かすみ草の品種構成の今後についても、いろいろな意見をうかがいました。

 そして、脇役としてのかすみ草に求められるサイズはスマートな60cmクラスではないか?ということになり、実需者から求められている内容と、生産されているボリューム重視のサイズに齟齬(そご、乖離かいり)が有り、さらなる価格低迷を引き起こしているのでは無いか?ということでした。

 栽培技法の見直し、前処理、日持ち性の向上対策、開花室、染色による受注対応、、、、予冷、、、、取り組みは適正であっても、販売する商品の適正規格の見直しも必要になっている、、、、それを可能にする栽培技法の開発、、、などです。
 
 

■ 私は夏秋産かすみ草産地では、気候変動に強い晩生品種の導入が必要と考えており、我が家の主力品種は住化のフォレスト(晩生種、欧米ではダイナミックラブという名称でのダンジガーからの販売)を基本として、昨年より試作を重ねている晩生種ホワイトビクトリアでの栽培面積の拡大を来年は行う予定です。 ホワイトビクトリアは、先の仙台への訪問時にも仙花の上原氏は、花が少し小さいので育種上(品種の選抜)の取り組みを要望されていました。もうひとまわり花の大きなホワイトビクトリアなら市場性はある、ということでした。これも育種会社への意見として伝え、対応策が来年は取られる予定です。

■におい抑制処理(SC処理)については来年も取り組みを維持し、ただ処理液のにおいの低減措置(素材置き換え等)が必要になっているので、それは関係会社にお伝えして改善策を考えていただきます。求められる機能として、SCはかすみ草に必要な機能です。
 
 
■苗の品質についても各社にお伝えします。
 
 

 
 
20151218dsc03159
大分駅、日豊本線へ。
 
20151218dsc03160
 
20151218dsc03165
杵築駅 車窓より 農業遺産地域
 
20151218dsc03168
新大阪駅構内 新店
 
20151218dsc03170
新大阪駅11番線 熊野・新宮行き
 
20151218dsc03191
和歌山県印南いなみ地域

 
20151218dsc03232
 
20151218dsc03203sm
かすみ草スターマイン(カネコ種苗)
 
 
20151218dsc03205pp
かすみ草 プチパール(セレクタ社育成、フクカエン扱い)
 
20151218dsc03259
ベールスター FG482 (住化)

 
20151218dsc03266al
アルタイル(ミヨシ)
 
20151218dsc03225
 スイートピー
 
20151218dsc03228
 
20151218dsc03230
 
20151218dsc03276
カーネーションの新しいスタイル
 
20151218dsc03280
 
20151218dsc03274
 
20151218dsc03282
剪定と、奥はミカン摘果用のハサミ

 
20151218dsc03295
尾曽さんのミカン
 
20151218dsc03286
印南原地区  手前のミカンは5年生
 
20151218dsc03190
 
20151218dsc03189
染料はオランダより輸入し、集箇所で受注生産(染色)

 
20151218dsc03188
 
 
 
 
 
20151218dsc03289

« おおいた(大分)から、和歌山へ  かすみ草をめぐる | トップページ | 帰郷 »

かすみ草2015年」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ