« 山口県徳山、、、、広島県の呉 | トップページ | 「煙突のある街」瀬戸内から 夕方には東京へ移動 »

2016年1月 4日 (月)

山口県長門市通  くじら資料館(カラムシを使用した鯨捕獲網)

■2016年1月4日(月) 曇り


 
 山口県周南市(徳山市)のJR徳山駅でレンタカーを借りて9時出発。瀬戸内より120km走行し日本海側へ。長門市のかよい地区へ。くじら資料館。

 中世の大内氏家来の早川氏(鯨の網採り法の開発)が近世、当地の網頭となり、鯨組を組織したが、カラムシを素材とした網、、、、苧網(おあみ)が使われることが強度の点で画期となった。このことは福島県昭和村『広報しょうわ』2月号に記事を書く予定です。

 くじら資料館の館長・早川義勝さんに資料館内を案内いただいた。早川家の現当主で、自宅は国指定重要文化財に指定されている。

 長門市くじら資料館は、通(かよい)浦地区の近世の心を移す、鯨の墓(元禄期)もあり、職漁のなかでの生き物への供養(回向)を現在まで続けている点など、たいへん立派な精神文化の拠点となっている。すぐれた資料館である。

 網、綱の素材はイナワラや麻類。特にカラムシ(苧麻)を近世中期の延宝期から使用したところに青海島の通地区の創発(画期)がある。萩の上流の川上苧が使われたといわれている。
 私は、カラムシのクジラ採り網・綱が普及すると、近世最大のカラムシ原料産地である安価な最上苧(繊維を短くしない長苧、山形県産)が舟運にて若狭付近に来て、それが長州(山口県)の北浦一帯に普及したのではないか?と考えている。
 その後には、アサが使用されているようだ。

 網の浮きには『桐 キリ』材が使用されている。

 細かく裂く衣料用繊維としてのカラムシは米沢苧のなかの撰苧(えりそ)と、奥会津地域の影苧(かげそ)。漁業用には、繊維の根元から裏(頂部)までを利用した長苧とよぶ最上苧、、、ではないかと思われる。商品規格の長い意味を考えるとそこに行きつく。
 課題は山口県内で繊維植物として近世江戸時代に産出されたカラムシ(青苧)の記録、商品規格(長さ、サイズ等)が調査されているのかどうか?



 
 
■ 徳山に夕方に戻り、著名な古書店であるマキノ書店で類書を探した。古式捕鯨の、山口県内の昭和32年、43年発行の2冊の古書を5000円で購入。

 
 
■ あす1月5日は朝のフェリーで徳山港から大津島をめざす。人間魚雷・回天資料館を見て引き返し、昼に新幹線で東京駅まで行く予定。 会津には6日に帰る。
 
21601_3

美祢 みね が分岐点。


20160104dsc04745
宇部
 
石灰岩山地を切り崩してセメントを製造


20160104dsc04746
分岐点の みね 美祢
 
 
20160104dsc04976
通浦の くじら資料館。裏手に鯨墓がある。
 
20160104dsc04793
 
20160104dsc04775
からむしの網
 
20160104dsc04803
 
20160104dsc04768
早川家の当主、早川くじら資料館長。
 
20160104dsc04871
 
20160104dsc04863
 
20160104dsc04850
 
20160104dsc04800
 
20160104dsc04925
 
20160104dsc04937
 
20160104dsc05000
 
20160104dsc05002
 
20160104dsc05009
 
20160104dsc05029
 
20160104dsc05024
 
20160104dsc05093

その土地を歩き、資料館・博物館等を見る。
そしてその土地の古書店を見る。地域史誌など、関連資料を見る。
時間があれば図書館、公民館等も見る。
 
20160104dsc05103
 
20160104dsc05109
 
 
20160104dsc05073
明日は7時台の舟で大津島へ

乗り場を確認
20160104dsc05089
 
20160104dsc05082
 
20160104kurata


« 山口県徳山、、、、広島県の呉 | トップページ | 「煙突のある街」瀬戸内から 夕方には東京へ移動 »

会津学」カテゴリの記事

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ