2015年12月11日 (金)

2016-1-11JFMAセミナー(都内)

■昨夜、配布を忘れたチラシです。1月11日に都内で開催されます。



 
2016111jfma



 
 
 
20151211



 


■ 日本国内の花の生産者は6万、認証は2千。  %→ 今年の事業。花の日持ち向上・品質管理認証
 
 
−−−−−

2015年11月13日 (金)

11月15日の午後、米沢市内で講演します(菅家)

■2015年11月13日(金)


 11月12日の17時30分、依頼していた軽ワゴン車の車検が終了し受取のため会津若松市内の自動車販売会社へ。8万円支払う。

 我が家の自動車はすべて降雪対応のため、冬用タイヤ(スタットレス)に入れ替えました。10月31日から村の博士山に2回降雪があり、この週末には集落やかすみ草圃場への降雪もあるでしょう。これから数回の降雪ののち、根雪(ねゆき、春まで残る雪)となります。峠道は原則として通行止めとなります。ただ会津田島との船鼻峠だけは11月中は除雪が行われます。
 
 これからは河川沿いの道路が生活道路として除雪され利用の時期になります。県道柳津昭和線(西山温泉・昭和村小野川)、会津川口から昭和村の間の国道400号線。南北の道路です。東西の路線・峠道は通行止めとなります。カーナビでは冬季通行止めは除外されないので注意が必要です。また9月の豪雨で土砂崩れになり通行止めのままの峠道も多くあります。

 
■ 11月15日(日)午後1時から3時、 山形県米沢市通町6丁目 松川コミニュティセンター(米沢女子短大となり)で、同市芳泉町(街並み保存会)主催のまちづくり講演会で、講演します。

 保存会の山岸先生が現在、勢力的に告知をされております。

 是非、お近くの皆さん、参加下さい。

 当日に紹介する写真・スライドを現在作成しています。かすみ草・からむし栽培・コガヤ(カリヤス)、ススキなど、伝統的な基層文化の意味を考えたいと思います。雑誌『会津学』『会津物語』、会津学研究会の活動についても紹介いたします。なお奥会津書房に先日行き、当日に頒布する書籍等を準備しました。
 

 当日、昭和村からは4名で参ります。また宮城県から知人1名も参加いたします。



20151109
 
20151111_2


-----------------------

■ 埼玉県内で切り花のユリのサミット(集会)が開催された。参加された新潟県のユリ農家の鈴木健市さんがFBで感想を書かれています。



2015年11月10日 (火)

11日、12日のオランダ使節団

■2015年11月10日(火)

 
 
 Revitalisation of the Flower Sector
The "Seminar on Revitalisation of the Flower Sector", on November 12, will feature the following presentations:
・Mr Rubert Konijn, Coordinator International, Top Sector Horticulture and Starting Materials
・Mr Wataru Amano, Director, Agriculture and Forestry Planning Division, Fukushima Prefectural Government
・Mr Jeroen van der Hulst, Managing Director, FlowerWatch
・Mr Yoshiyuki Matsushima, Senior Managing Director of Japan Floral Marketing Association and CEO of MPS Japan
 
 

■11月4日から6日に開催された、261枚のブース写真、オランダ展示会 IFTFのカスミソウ → Kimman Roses.  →その2  →その3
 
 → Monterosas
 
 
 → マッチフラワーズ  ミリオンスターカスミソウ
 
 
 → ダンジガー
 
 → エチオピア
 
 → Kolster
 
 → 日本からの輸出の花 米田さん、青山さん
 
 
 
 → Grupo Florisol.
 
 

■同時期開催の154枚の写真 → Flora Holland Trade Fair 2015
 
 オランダの花の展示会が分離開催となり、アムステルダムのRAI展示会場のホルティフェアそのものが無くなりました。種苗会社中心のIFTF。花の卸のフローラホランドの生産者による展示会FHTF。
 
20151110dsc00497
10/31総代会を経て、会津4農協の合併広告。来年に会津よつば農協として発足する。
 
 
20151110dsc00499
金山町の炭酸泉は水位が下がっています。隣地で企業による地下水くみ上げボトリングが行われています。
 
 
 
-----
■ 11月21日(土)の会津坂下での農業賞祝賀会では、JR郡山駅より送迎バスが出るようです。
 
 
■ 12月10日(木)午後1時より、昭和村野尻中向のしらかば会館で、カスミソウ種苗学習会が予定されています(9日のファクスより)。
 
 
■ 9日(月)は150箱、13日(金)も同数の予定。立川部会長を中心とした出荷が継続しています。月・金の販売。東北・首都圏中心の13社出荷です。
 
 16日・17日は視察研修日で部会で埼玉園芸を訪問します(私は病院のため欠席)。
 
■ 11月20日(金)午前、山形県の新庄より20名ほどの昭和村カスミソウ視察があり応接します。
 -----
 
 お疲れ様でした → 11月9日夜の柳津公演 
 
20151108dsc00474
11/8喜多方市、フィンランドの皆さんと通訳の賢女氏
 
 
20151108dsc00495
一品種一列の出品に制限
 
20151108dsc00492
会津坂下産のかすみ草(染め) 会津若松市内駅前の直売所
 
20151108dsc00496
イチョウの葉をピンセットで1枚ずつ拾う人(会津若松市内)
 
 

2015年11月 7日 (土)

精神の北へ、喜多方市 明日(8日午後2時)

■2015年11月7日(土)曇り


 午後、喜多方市内の展示会を訪問。8日の午後2時よりトークセッション。金忠さんを含む土蔵で開催中。
 フィンランドより2名、日本2名。

  → 催事詳細
20151107

 
20151107dsc00444
 
20151107dsc00392
 
20151107dsc00399
左が作家アンティさん。三島町の桐の木を彫刻。右はカイサさん。
 
20151107dsc00394
フクロウ
 
20151107dsc00421
ヘレナさん

 
20151107dsc00423
 
20151107dsc00418
 
20151107dsc00424
 
20151107dsc00432
千葉さん
 
20151107dsc00443
 
20151107dsc00387
丸山さん
 
20151107dsc00448
 
20151107dsc00455
 
20151107dsc00468
カシャ猫(kasya-neko)



■道路をへだて、5カ所の土蔵で作家ごとの展示となっています。馬車の駅の駐車場が便利です。あるいは生協。

 

2015年11月 6日 (金)

捨てない社会の創造      札幌市

■ 2015年11月6日(金)札幌市内 曇り

 
  本日は、しん・ちとせ空港から羽田空港へ航空機にて移動。明日は、自宅(大岐)で父・せいいちらと越冬用のダイコンの収穫(だいこんつみ)。
 
■ 5日(木)羽田から新千歳空港。JRで札幌駅。地下鉄乗り換え大通りより東西線で展示会会場近くの大谷地駅。シャトルバスでアクセスさっぽろ。
 その後、おおあさ駅近くの大学へ。内田司先生の研究室へ。おおあさ駅前のおおあさ銀座商店街のカフェ麺こいや。コミュニティ・ハブ江別港 橋本正彦代表。その取り組みをうかがう。リネン(あま)の栽培、繊維化も知る。昭和村でも亜麻の栽培をしていて(現在は無い)、興味を持った。内田先生の案内で札幌市内に。24日からの昭和村でのフィールドワーク(社会学)の打ち合わせをしました。
 
 
■ 展示会では、捨てていたタネを商品化する取り組みが、今回の展示会のなかでは着想が豊かでした。土地のものをどのように他者に届けるのか?そうした道内の皆さんの工夫を学びました。
 
 
■首都・東京での 11月4日のjfmaビジネスセミナーの様子。

 → 松島義幸さん   → 野口さん      → 宮西さん
 
 
 
■ 10月の幕張メッセでのifexに出展されていた山形県新庄市役所の柴崎さんからメールにて連絡があり、11月20日午前10時、昭和村佐倉のからむし織りの里集合で、視察案内。20名。新庄地域の花の生産者、種苗会社、役所等。昭和村花き振興協議会として受け入れ、私が案内します。

 翌日21日は、会津坂下で立川幸一さんの農業賞受賞祝賀会があるのですが、各社(卸、種苗本社)より社長と営業担当の2名での参加が多いようです。その準備のため村産業係、農協等は20日は不在になる予定。各社の来村もあるようです。
 
 
■ 11月8日の午後2時、喜多方市内で「精神の北へ」アートプロジェクトの対談トークセッションがあり、過日昭和村を訪問されたフィンランドからの3名の方々と再会します。詳しくは、このサイトを。


 → 精神の北へ 
 
12196132_10153262531521134_85513279
 
 
 
20151105dsc00045
羽田空港 第2ターミナルの朝
 
20151105dsc00052
 
隣国の皆さんの団体が同乗
 
 
20151105dsc00047
 
20151105dsc00053
新千歳空港(北海道)
 

20151105dsc00055
JR札幌駅。東口へ。

20151105dsc00058
 
20151105dsc00057
開店準備の青山FM 生花店
 
20151105dsc00059
JR札幌駅 
 
 
20151105dsc00062
雪の季節は地下街が通路の主になると、内田先生。
 
20151105dsc00063
 
20151105dsc00064
 
20151105dsc00066
バスターミナルの店。「道産」という表示。


20151105dsc00068
アクセス札幌 展示会場
 
20151105dsc00185
 
20151105dsc00072
 
20151105dsc00153

たね、、、、
 
20151105dsc00205
 
20151105dsc00211
この夏秋のスター。

五郎丸とは近世江戸時代に越中(富山県内)で生産された麻織物(布)。アサとカラムシの混紡(交織)。→ 五郎丸村の五郎丸布、八講布、、、、
 
20151105dsc00215
大学    おおあさ駅近く
 
20151105dsc00190
 
地区12万人のうち学生が1万人

 
20151105dsc00223
 
20151105dsc00221
大学構内の掲示板、フラワーバレンタイン
 
20151105dsc00219
10月に花卸ブランディアの鈴木さんが講演されている
 
20151105dsc00268

 
20151105dsc00229

おおあさ銀座商店街
 
20151105dsc00227





 
20151105dsc00233

麺こいや


 
20151105dsc00251
亜麻 リネン 道内産
 
 
20151105dsc00245
 
20151105dsc00257
畠作世界
 
20151105dsc00242
 
20151105dsc00265
おおあさ銀座商店街(札幌市)


2015年11月 5日 (木)

札幌着

■2015-11-05


 午前9時、札幌に到着しました。これから展示会会場へ。

ーーーーーーー

新資料紹介 野尻組(昭和村)の を と からむし → 掲載 広報しょうわ(福島県昭和村)のPDF 11月号
 
20151105dsc00141
 
20151105dsc00142
 
20151105dsc00145
 
20151105dsc00146
 
20151105dsc00149
 
20151105dsc00179

2015年10月20日 (火)

今後の予定(講座、降雪前のフィールドワーク調査が多くなります)

■2015年10月20日(火)

 
 昨日、電子メールにて奥会津大学の事務局をしている下中津川生活改善センター1階に事務所がある苧麻俱楽部の和泉朋子さんから、11月25日の昭和村公民館での奥会津大学講座「共有地(コモンズ)の資源管理を解読する、、特に大芦地区とからむし生産・山焼き・コガヤ(カリヤス)の生産」の前夜に、札幌学院大学の内田司先生(社会学)のゼミ(先生含め5名)との懇談を行うこととなりそうです。可能と返信メールを出しました。
 
 また昨日午後、大芦家でのフィンランドの皆さんとの懇談会に参加された大芦滞在で地域調査中の須田雅子さんにはじめてお会いしましたが、9月下旬から大芦のからむし生産者のインタビュー調査をされています。今後、大芦家で調査進行と課題等について意見交換をすることとしました。
 
■昨日(10月19日)朝、宮下の糸屋旅館前で、フィンランドの皆さんを迎える際に、主催の丸山芳子さんと、喜多方在住の通訳の黒田綾子さんと「通訳」「伝え方」について打合せをしました(立ち話ですが)。
 
1.日本の思考法で、そのままの語りを案内者の菅家はしないこと(私の提案)。その語句の順序で通訳されると意図が誤って伝わることがある。英語の伝え方に沿って日本語で表現する。わかりやすい日本語で説明してほしい(通訳の意見)。
 
2.地域の呼称・呼び名はそのまま伝える。その通訳はせず、標準和名での伝え方と、意味としての一般の認識を通訳する(私の提案)。
 たとえば「バッケマツbakke-matsu」と呼ぶ。この松に地域の人々は名前を付けている。
3.参加者の見立てを聞いて、日本語に通訳してもらう。
 この木は何か?「パイン(松)」。日本では「matsu、松(パイン)」と呼ぶ。
 
4.車中・食事中等に大切な話が出てくるので、それは随時通訳をお願いする。通常、こうした時は通訳しないことになっているため。
 
 
■ 10月27日(火)三島町大谷調査 おたっしゃくらぶ等
 
11月2日(月)父の通院検査付き添い
 
4日(水)東京 JFMAフラワービジネス講座「生産地からみる花業界」「対談(青山FM江原氏、宍戸氏)★有料で参加可能(1330から1715)講師
 
8日(日)14時 喜多方市内 精神の北トークセッション(フィンランドの3名の皆さん、丸山さんと)★参加可能
 会場:金忠座敷蔵(福島県喜多方市南町2854)

 「精神が宿る域:フィンランド人と会津人の自然観」
 11月8日(日)14:00-16:00:
 講演者: カイサ・ケラター、ヘレナ・ユンティラ、アンッティ・ユロネン、菅家博昭(ゲスト)
 
9日(月)午前・通院日、午後上京
10日(火)東京 JFMA理事会、セミナー(日持ち・宮西氏)
 
12日(木)福島市 花会議
 
14日(土)14時 昭和村下中津川・昭和村公民館公開講座昭和学担当「ふるさとを支えた人々  小中津川折橋の栗城義綱(幕末の記録者)、大芦の初代村長五十嵐伊之重のからむし振興策等)★聴講無料・参加自由
 
 
15日(日)午後1時 山形県米沢市 松川コミセンにて芳泉町主催の講演会「かすみ草とからむし」終了後、蕎麦会。★聴講無料参加可能。
 
16日(月)父の入院手術日
 
20日(金)昭和村花き振興協議会を山形の新庄もがみから視察予定応対。
21日(土)会津坂下町 農協本所付近にて祝賀会予定日(立川氏県農業賞)
 
24日(火)午前9時~ ファーマーズカフェ大芦家講座(1)「からむし生産の聞き取り調査をした新潟県十日町市の多田滋さんの調査記録・言葉の表現の保存・について 1980年代の大芦地区の故老の語りから からむし生産・製繊の語句について」。10月4日に多田さんを訪問し、そのことは11月1日発行の『広報しょうわ』にも概要は書きました。調査とは、地域の伝統文化の保存は「言葉・表現の精密な記録から」を考えます。有料ですが、★聴講可能です(大芦家に参加申込)。単回受講可能です。2回目は12月8日でこの回は終了です。
 
25日(水)午後、昭和村公民館にて奥会津大学公開講座「共有地(コモンズ)の資源管理を解読する、、特に大芦地区とからむし生産・山焼き・コガヤ(カリヤス)の生産」★参加可能です。 田島駅(市川正道さん、川上友之さん)送迎。
 
 
28日(土)~29日(日)山形県高畠町、南陽市にて うきたむ学講座PDF。福井県の鳥浜貝塚の発掘調査結果の報告等があります(アサ、カラムシの種子、繊維出土)。低湿地の縄文遺跡の検討会。
 
30日(月)父の2回目の手術日。
 
12月6日(日)第32回 福島県中世史研究会・例会(会津若松市内 県博予定)
 
■現在抱えている課題は、喜多方市関柴の大楚々木の「石とアサガラ屋根」の調査。西会津町奥川の出戸等の調査。只見町塩ノ岐。柳津町大野・小柳津・猪野鼻の調査。
 
 
■佐々木長生先生が主導した『柳津の本』(歴史春秋出版、秋に出版予定)の執筆にかかわったその後の調査。
 
 

2015年9月21日 (月)

この秋の講演会等 小中津川蓬莱亭安則(束原)

■2015年9月21日(月)


 晴れ予報で降水確率0%でしたが、昨日・20日(日)は雲が厚く、朝から霧雨、小雨の一日で、時折、雲の切れ間から太陽がのぞく程度の雨の日となりました。収穫物の乾燥(天日干し)が16日からできないまま、室内の2階に干したままになっています。雨に当てなければ大丈夫というもの、今日こそは天日干しする予定です。
 
 20日(日)は朝から岩下圃場の新品種のかすみ草・ホワイトビクトリアの採花で80cm秀2L5本束20本入エルフで10箱分ありました。白で出荷します。70cm秀Lは染めて30本、65cmの枝2Sは70本だったので多色に染めました。
 
 今日の朝は、一日おきに採花しているフォレスト(最終近い)と、ベールスターを採花し、昨夜に染めの要請があったので80cmか70cmで3色(10本)、2箱分と定期分の80cmの40本3箱を染めます。我が家の染めはほぼ今週で終了予定です。今日の採花で、先が見えます。定期分の染めが28日(月)分まで可能かどうか、、、、ほぼ終盤です。
 
 
■採花後、9月20日(日)午前10時より、三島町名入の三島町交流センター山びこで2回目となる海老名俊雄先生(三島町桧原在住、会津史学会顧問・古文書)の学習会に参加しました。前回の3倍、20名近い参加者でした。幕末の文久元年の参宮道中記の解読です。新たに川合さんが作成した資料「旅費一覧」が配布されました。毎日の宿泊費、食事代、橋の通行料、渡し船の運賃、観光地の案内料等の一覧で、18472文、現在の金額相当では461795円(一人)となっていました(1文25円で計算)。
 いそいで家に戻り、採花した花の調整作業を続けました。
 
 偶然にも沼沢の五ノ井良人さんが参加され、私の後の席に座られました。講師の海老名先生に持参された古文書(一紙、冊子)を見てもらっていました。三島町史集落編で、三島町浅岐と金山町沼沢の境界論争(山論)がかつてあり、その資料も持参され、実物を拝見しました。
 良人さんのところを、後日に訪問する約束をして、沼沢の山論該当地域の土地の呼称(地名)を教えていただくこととしました。
 
 
■ 帰宅して、かすみ草の調整・出荷梱包作業を終え、夕方に「秋彼岸のほとけまいり」のため小中津川の親戚宅を訪問しました。2万円相当とみえた、おおきな白い胡蝶蘭を入れた敬老の日のアレンジメントが玄関においてあり、「ただいま届いたばかりで会津若松市の花店が持ってきた」と行っていました。首都圏の親族が贈ったもののようで毎年、贈られてくる、といいます。
 
 時間があったので小中津川の束原家グループ(マケ)の墓地を見ました。以前に五十嵐甚三郎さんが蓬莱亭安則の墓碑を確認した(2014年8月20日の記事)というので実地に確認に行きました。なかなかわからず、江戸時代の墓碑をすべてみて、2巡目くらいにようやく確認しました。新しい墓石の脇に、古い墓石はすきまなく集められているなかにありました。
 
 11月14日(土)の午後、昭和村公民館で開催される「昭和学講座」を担当しており、昭和村の偉人を紹介することとなっており、数名の生家・事跡・墓碑・顕彰碑等を確認しています。


201509_20img_0936
海老名俊雄先生
 
201509_20img_0883
伊勢御師 堤太夫
熊野御師 橋本太夫
これらのところを訪問し案内される
 
201509_20img_0901
齋藤茂樹さんの写真展より 間方の雪降ろし そりで
 
201509_20img_0922
 
201509_20img_0938
小中津川
 
201509_20img_0973
蓬莱亭安則墓
 
201509_20img_0981
嘉永4年正月28日没
 
201509_20img_0972
 
201509_20img_0983

 
20140729dsc07409

 河原田宗興さんから麻商人のネットワークと狂歌師・俳諧師・絵師がつながっていると示唆されました。
 
20140729dsc07410

 
20150921044457
9月27日まで
 
 
20150921044458
 
20150921044500
9月26日のフィールドワーク有り(トチの木)
 
20150921044529
9月26日 喜多方でウルシのシンポジウム(赤坂憲雄さん)
 
 
20150921044508
10月4日
 
 
20150921044522
9月27日まで 会津坂下町の陣ヶ峰
 
 
20150921044523
 
20150921044525
奥会津の縄文時代・奥会津博物館 9月27日まで
 
 
20150921044517
10月10日、新潟県三条市下田 漢学の里にて80里越え講演会
 
20150921044531
10月18日、喜多方プラザにて
 
20150921044511
11月21日 山岳信仰 磐梯山慧日寺資料館
 

2015年9月 3日 (木)

9月5日(土)昼、馬喰町のアムコ

■ 2015年9月3日(木)

 
 明日から東京。出張不在なので、昨日・今日とかすみ草の採花等の前倒し作業。2日、雑誌『農耕と園芸』の記事(ゲラ)校正し送付しました。
 9月2日の午前10時から11時30分まで、柳津町で開催された奥会津大学の一部を聴講しました。会場で牧沢の天野昭一さん、賢介さんに久しぶりに再開しました。かすみ草仕事のため中座して戻りました。
 
 
 あす4日は午前に上京し、都内の一口坂の、法政大・新(しん)一口坂大校舎。平成27年度日持ち性向上対策実証事業第2回検討会に出席。午後1時30分から4時まで。9日には生産流通実証チームの検討会が開催され、私も参加しなければならないが、会津坂下警察署での自動車免許更新講習日のため欠席。10日は販売実証チームの検討会。
 6日(日)午後は福島県中世史研究会例会日。高橋明先生、伊豆畑先生。いつもは福島県立博物館会議室で開催されるが、会津坂下町中央公民館で開催。
 この日の午前10時より三島町名入の山びこでは海老名先生の古文書講座(参宮日誌)がありますが、かすみ草採花等で参加できそうにありません。2回目は9月20日で、参加予定です。
 7日(月)午前11時、米沢市芳泉町の山岸圓治郎先生ら来岐。11月15日芳泉町主催の米沢市内松川コミセンでの講演会の打ち合わせ。
 10日、クリザールジャパンのひがしさん来岐予定(前処理剤調査)。
 
 -----
 5日の昼は馬喰町のアムコで、川上友之さんの催事「くうと座」で『会津学』『会津物語』を販売します(12時より13時まで滞在)。川上さんは6月の奥会津大学の三島町でのフィールドワークに参加され、8月に昭和村に来村されました。
 
2015090220150905pdf
 
 

2015年8月19日 (水)

20日夜7時、駅前(南)ねねや(もと北海道)です

■ 20日夜7時、若松駅前、ピボットの「ねねや 寧々や」(もと北海道)です。会費は4100円(税込み)。14名で行います。


  15時、開花調査。よいものが出ています。



 
 
20150815minpo_2

より以前の記事一覧

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ