2013年11月30日 (土)

花を作る意味、仕事を通じて社会とつながること

 ■2013年11月30日(土)雪

 本日夕方、都内の学士会館では、姫田忠義さんを偲ぶ会が開催されます。民族文化映像研究所のもと所長で、『奥会津の木地師』や『からむしと麻』(昭和村大芦・大岐)を制作されました。現在、『ほんとうの自分を求めて』の復刊作業が行われています。→ クリエブックス

 12月1日は福島県中世史研究会第24回例会(福島県立博物館)。今回の報告は、小豆畑毅さん「相馬盛胤の湯治と白川義綱」、本会事務局の柳内壽彦さん「会津の鎌倉時代 佐原義連と会津」。すでに報告資料は届いており読みました。前回9月8日(佐藤義正さん「太閤検地と松川騒動」、遠藤啓之さん「戦国期における留守氏の動向」)は、花仕事で参加できなかった。


 

 12月3日午前に大芦家で開催される学習会「カラムシとアサ」の資料を作成しています。今年は1月は行わない(雪)ため多くの資料を準備しました。そのため、9時より11時まで講義とし、休憩をはさんで、その後VTR学習とする予定です(通常の逆)。養蚕(マユ、桑)と漆についても自家用なのか販売(商品)なのかを含め、カラムシとアサの商品化(販売)野尻組(昭和村)の全戸栽培という近世・近代(明治期)の様相を見ます。それは越後での奈良晒(後染め、中世的手工業)・能登等との動きとの競合のなかでの販売手法・商品政策MDの違いを見るため、越後側資料(十日町・小千谷)の越後上布から越後縮の発明(先染め多色、近世的な発展)を考えます。奥会津のアサ類(特に伊北麻)が奈良晒用、越後縮用(カラムシ)と顧客が二分化し、加工地域が異なりながらも併存した意味に産地永続の工夫が見られます。こうした近世(江戸時代中期)から近代(明治から戦前)の伝統的手工業産地の変遷は、現在の嗜好品生産(花き)のMDを考えるうえでも有効です。

 ステークスホルダーとの関係性が重要です(あるいは関与先)。それは単なるモノや情報の結びつきではなく、それ以上の関係性(コミュニケーション)です。近世・近代の隔絶したと思いがちな遠隔地地域での意思疎通、あるいは社会変化をどのように見極めるか?こうした庶民の情報の網は、現在のインターネット以上の意味を持っています。

 


 
■昨日夕方、大田市場仲卸の中央花きの中谷隆敏さんから電話がありました。カスミソウの染色剤等について意見交換をしました。またニコライ・バーグマン氏がテレビ取材を受けており、中谷さんも取材されたようです。ANAの機内放送でニコライ氏とオランダ花市場等がこの秋に放映されています。また現在のカスミソウの産地別入荷品質等も話をうかがいました。11月はカスミソウの入荷量が多く、洋花類(トルコギキョウ等)も価格低下のなかで、白い花は染色する割合が多くなっていて、染めは面倒でやりたくない、という産地でも染めて出している、ということのようです。
 
 過日訪問した愛知県内でも、ディッピング染めの開発が行われており、また従来の吸水方式での染めはカスミソウなどは加工業者(小売店のバックヤード)が自ら必要な色を染め、あるいはラメ加工を始めて、自らの店舗で販売してます。それが妥当なことだと思います。
 昨日の会合に東日本板橋花きの大坂さんも来られており、今年の販売経過と来年について懇談しました。量販店(スーパーマーケット)といっても80cmを求めるところと、60cmを求めるところがあり、要望は異なっている、ことを確認しました。また染色のサイズについても、高冷地は80cmを主体として染めているところと、60cmを染めているところ、現在の暖地産では70cmの染めが主体ですが、専門店の仕入れは80cmのボリュームを求めているため齟齬がうまれています(中谷さん)。大坂さんに伝えたのは、昭和花き研究会は来年(2014年)は、70cm5本束で30本入りエルフ出荷の染めを販売の基本とする、ということ、それは6色から4色での出荷(今年の10月に試行した内容)で行く計画であることを伝えました。80cm、60cmは受注染め(相対)。
 
 

■昨日(11月29日)に、会津若松市内で会津地方トルコギキョウ栽培セミナーが開催され、聴講しました。夜の交流会(事前申込制)にも参加しました。トルコギキョウは、かつて80cmの長さ規格が、現在70cmが主流になっていることを知りました。カスミソウはかつて90cmであったものが湿式立箱輸送(水入りバケツ)が切り戻し分の結束部(根本)となったことから80cmが主流です。しかし実際に求められるのは60cmです。
 講師の福島啓吾さんとも夜の会で研究の現況等をうかがいました。発表スライドのトルコギキョウの生育の図(絵)の出来が素晴らしいので、聞いたところ手書き着色で製図されたそうです。時間がかかったようです。
 
 
■夜の会で同じテーブルとなった南会津農林事務所(南郷普及所)の花担当の渡邉仁司さん、JA会津みどり洋花専門部会長 椎野幸雄さん(会津坂下町高寺窪倉)、JA会津みどり営農課坂内忠義係長と名刺交換をしました。
 
 
このような栽培セミナーは継続して来年も開催していただきたい。
  → カンケの報告
 
 
 
トルコギキョウは台湾産が冬に入荷し、この10年で入荷量は145倍に増えました。そのため全国の入荷県と比較しても第4番目(長野、熊本、福岡、台湾、北海道、福島の順)の産地になり、そのため冬場の販売単価が安くなり、燃料代が出なくなり、冬作産地は夏出荷に変更しています。
 それで夏の品質競争がはじまっています。台湾産は入荷品質の安定から高級花(高単価の花)から、トルコギキョウの汎用化をおしすすめました。湯田浩仁さんの記録のなかで、小南さんの報告でもみられるような変化がおきています。
 福島さんの語られた「出荷時期、産地の全体評価ではなく、切り花そのものの品質が問われている」は、カスミソウ社会でも今年の秋に起きました。10月から暖地産に切り替わり、卸市場での販売の優先順位が変わるのですが、今年は、「品質」で買われる人が多く、11月末まで高冷地産を指名買いされる小売店がたいへん多く存在しました。これまで無いことです。
 「広島の福島さん」は、夏にしっかりとした品質で作る栽培技法のほか、以下のことを強調されました。
 1:超高品質はいらない
 2:出荷ピークを作らない
 3:高温期でも低コスト化
 これはカスミソウ栽培にもあてはまると思いました。昭和花き研究会会員向けファクスニュースでも以上の点を配信しました。
 
■11月26日のMPSセミナー報告、その後 → 湯田さん
 
 
 
 
■サカタのトルコギキョウ →   920品種
20131129

2013年11月20日 (水)

打合せ

 ■2013年11月20日(水)雨


 喜多方市での税務セミナーが終了。

 明日、21日は午前9時30分頃、金山町川口の県農業改良所に長谷川浩氏を訪ね、12月10日例会の打合せ。

■11月18日、福島民友投書欄、大芦家。
20131118dsc00481
 
20131123dsc00463
  
20131123dsc00450
   
20131123dsc00457
  
20131123dsc00466


2013年11月13日 (水)

花の品質基準

 ■2013年10月13日(水)


 本日、通院日。

■花別の品質基準チェックリスト → 日本花普及センター

2013年11月10日 (日)

11月9日、今季のハウス解体の終了、、、、

 ■2013年11月10日(日)

 晴れの一日。
 ブナの樹は落葉しました。いつ雪が降ってきても大丈夫です。集落まわりのコナラの里山は、黄金色の葉を付けたままです。それが陽光で輝いています。



 朝は零下3度、結氷で、太陽光が出るまで、かすみ草栽培用のパイプハウスの22ミリの鉄管には氷りが張り付いていました。接合部も氷って、なかなか抜けません。
 今朝の会津盆地は気温4℃、柳津町西山地区の道路案内電光の温度計は0℃、大成沢から琵琶首の獅子落トンネル前で、-1℃、昭和村大岐は-3℃でした。
 午後1時から3時、佐倉のカラムシ織の里集合で、県外2名、村内4名の方を「野尻組の会津戊辰戦争展の現地視察会」に案内しました。今回は大芦を除いた地区で、野尻(徳林寺境内)、小中津川上田墓地(義綱墓)、両原(伝承館脇不動様前)の3ヶ所で由来の場所等の説明をしました。前日の寒い雨の視察と異なり、今日は晴天でした。
 役場のワゴン車に乗っての村内移動でしたが、今日の晴天が降雪前の最後であるため、各所で被覆していたビニルをハウスから外し(午前中に妻、裾、肩を明け換気しビニル内部の結露水分を蒸発させた後にビニルをはずす)が多く見られました。
 
 11月末まで、採花ができるかすみ草を残して、ハウスを解体、というのが今年は、7月下旬の低温期を含む、生育遅れが出荷数量減等として大きな影響を与えました。過去3年間、高温の夏のため10月分が9月はじめに開花する、という情況が一変しました。
 会津盆地南西域の様子 → 新鶴の菊地敏雄さん
--------------------
■札幌でご活躍の薄木さんのためいき  → ねたみ
 
■宇田明先生 → キク、バラ生産への処方箋 
■岐阜大・福井博一先生 → モノを売ることからの脱却
 
■カインズホーム、花の日持ち保証販売がはじまっている。 → MPS松島義幸さん
 
■環境負荷低減プログラムによる花づくり。オランダ大使館。→ 11月26日、都内でMPSセミナー 
 
■南会津町田部、土っ子田島ファーム 湯田浩仁さんのトルコギキョウ、カラー、、、 → 私のMPS 
 
■8日の夜、只見町布沢のかすみ草栽培農家の菅家和義兄さんから久しぶりに電話をいただいた。来年はかすみ草の新品種マグネット(エクアドルのエスメラルダ社育成)に切り替える、という話でした。今年夏、私の試作したフクカエンの品種で、茎の弱さについて話すと、「摘芯を変え、多本数・短茎の仕立てに、変えればそれは克服できる」と具体論を話されました。田島町の善蔵さん(亮平君)の秋咲きの試作もみて、花の美しさに惹かれて、それを活かすための栽培技法を考え続けていたようでした。
 生産地の持つ現状の規格の枠内にその品種(かすみ草という花)を押し込めることなく、その花の求める価値を実現できるサイズ(長さ)で提供する、という考え方をすれば、活かせる品種はあり、それは卸市場でのサイズ(長さ)による価格決定価値ではなく、「花の美しさ」を消費者(生活者・花の利用者)に届けることになります。
 セレクタ社のプチ・パールも同列に位置する極小輪の花です。
 マグネット、プチ・パールとも日本のかすみ草が持っていない美しさを持ち、実はそれが本来日本古来の「和風なかすみ草」であることに気づきます。長さ(サイズ)に価値を置く時代は20世紀のものだったと思いますが、しかし価格構成は長さ基準の現行卸価値は、宇田明先生のキク(菊)の事例(長さが価値)を見ても、わかります。切り花の価格についても草丈中心主義からの見直しの時代になっています。そうしないと短い花らしい花(草花)の価値が無くなり、生産されなくなってしまいます。
 短く作るというのはエネルギー・セーブ栽培(MPS上位)です。モノからコトの時代、といわれても、それを具体的価値にして表現する、訴求する技法が求められています。花に付与する数値的情報(MPS)のほかに、文化的付加価値を表現する時代に入っています。(菅家博昭)
 

2013年11月 8日 (金)

雪予報に

 ■2013年11月8日(金) 雨


 天気予報では本日北海道平地で雪の予報。会津地方では週末から来週が雪予報です。


 昨日の午後より強い雨になり、木枯らし。多くの樹木の葉を舞落としていました。
 ハウスの後片付けを続けています。あと2日ほどで終わりますが、降雨の合間の作業です。

 11月11日(月)、15日(金)で仙花・福島へかすみ草を出荷し最終となります。

■福島花き主催の学習会が14日午後2時30分、に福島市内飯坂温泉(聚楽)で行われ、菅家1名、日帰り参加します。夜の懇親会は出席します。

■今日(8日)は午前9時より、佐倉のからむし工芸博物館主催の「野尻組の戊辰戦争展」村内視察会(全村)です。明日(9日の午後 大芦を除く地域の視察)も開催されます。本日は4名、明日は8名です。

■11月12日の午前は大芦家主催の冬季学習会(第3期)で、昭和村の麻とカラムシについて学習を進めます(4回)。13名の申込があります。
20131108dsc07974
   
20131108dsc07996
  
20131108dsc08031
  
20131108dsc08033
  
20131108dsc08035



2013年11月 7日 (木)

11月8日(金)かすみ草出荷、関東最終日 163箱

 ■2013年11月7日(木)


 8日(金)のかすみ草販売分は163箱。関東地域の最終出荷です。優(B)が多くなりました。第①54、②13、③40、④56。生産者は①3、②3、③2、④2と10名。ほとんどの生産者が11日で終了。

 関東地方、東日本板橋花き20,世田谷花き25、宇都宮花き14、埼玉園芸11。
 東北は、仙花66、福島花き27

 仙花・福島は、11日(月)、15日(金)が最終予定です。

 

■つくばで開催された政府の花き研究所の花の品質保持のシンポジウム。
 
 
■大田花き 花の生活研究所、中国のバラ生産 → 海外の花を日本で流通する過程(ウンチク探検隊)

2013年11月 1日 (金)

11月4日(月)188箱

 ■11月4日(月)のかすみ草出荷数 188箱


 仙花70箱、福島14箱、板橋46箱、世田谷24箱、宇都宮22箱、埼玉22箱。

 次回は11月8日(金)。

■10月末実績 出荷本数69%、販売額89%

   7月下旬・8月上旬の低温・低日照・雨が生育遅延を引き起こし、10月中下旬の大量出荷となる。
 7月29日に823箱を最高数とし、8月・9月は400箱平均が、10月11日が765箱。11月1日現在、10名が出荷終了(残り10名)。


20131031hon
20131101dsc07710
11月1日 午前 福島県奥会津・昭和村大岐 後背山地はクイナ(喰名)山、ブナ。
20131101dsc07717
場良山(ばらやま)、紅葉はブナ。右山麓の緑はコナラ(里山、薪炭林)
20131101dsc07713
岩山(岩下山)。中央対岸に岩下木地(5軒)があった。
20131101dsc07711
滝谷川
20131101dsc07722
  
20131101dsc07721

2013年10月30日 (水)

父親のかすみ草をめざす

■いま上天草市となった大矢野町は、かすみ草栽培農家がいるが、第2世代になっている。

20131029dsc07486

 

20131029dsc07470

 

20131029dsc07465

土手はカラムシ

20131029dsc07477

 

20131029dsc07458

 

20131029dsc07448

 

20131030dsc07681

次郎長のカラムシ栽培(静岡)

20131030dsc07689

11月1日(金)かすみ草 エルフ 219箱

 ■2013年10月30日(水) 熊本県内滞在中

 10月29日(火)晴れ。熊本県内のかすみ草栽培関連先を訪問移動中。住化熊本農場(かすみ草試作、田井実農場長)、菊池(牧野さん)、上天草市(大矢野)野川賢一さん(銀河ウェイ)・満田栄二さん(染め)。
 
 前回は2010年1月に訪問しました。 → 2010年1月26日天草
   → 小石をマルチに  砂と呼ぶ破砕石
 10月30日(水)はレンタカー(アクア)で、国道218号で山越えで宮崎県五ヶ瀬、高千穂、日之影、延岡(モスカンパニー)、宮崎市に移動。31日は鹿児島県内に移動。
■ガラス温室の被害 → オランダ(ホーランド)の強風被害
 オランダでの花の展示会 → IFTF   →IFTFは出展者2倍
 
 フローラホランド(オランダの花市場)は200名を解雇へ→ニュース
■11月1日(金)販売分かすみ草 219箱
仙花76箱、福島16箱、宇都宮19箱、埼玉23箱、板橋59箱、世田谷26箱。全量白かすみ草(ベールスター、アルタイル等)
20131101hako219
 
20131029dsc07392
 
20131029dsc07372
 
20131029dsc07373_2
 
20131029dsc07409
 
20131029dsc07434
 
20131029dsc07442
 
20131029dsc07422
   上天草市(大矢野)式
20131029dsc07419

2013年10月28日 (月)

熊本県へ

■2013年10月28日(月)


 午前6時より、大田市場仲卸・中央花卉店頭、斧田社長・中谷氏。本日で今期かすみ草最終出荷。ご挨拶。大田花きの高塚氏、大西氏、野老氏、浅沼氏、松永氏、磯村社長。花研(はなけん)の桐生氏、内藤氏。

 29日は、熊本県内のかすみ草産地を歩く。

■28日、かすみ草の入荷量は多く、産地による花の風合いが同じ品種でもかなり異なる。また切り前(開花具合)も咲かない、咲きすぎというものも多く見られる。高冷地が退場し暖地がはじまっていく時期なので、産地や品種を見定めている買参人が多い。

■2階の中央通路では、静岡県のバラの展示。かなりの生産者側の人が来ている。FAJの競り前あいさつでは、大井川があいさつされた。染めのバラ、1本多色染めのバラも出ている。

■スターバックスがおりがみ(R)というコーヒードリップセットを販売しているのが目立つ。

20131029dsc07328

 
20131027dsc07262
 
20131029dsc07312
 

20131029dsc07308
中谷さん制作(中央)

20131027dsc07266
 
20131029dsc07287
オランダに習い、産地のオープンデー、が増えている。

20131027dsc07225
 
20131029dsc07245

  → 松島さん


 
20131029dsc07337

より以前の記事一覧

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

KANKE/リンク

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2015 からむしフェア

  • 201507_19img_6580
    2015-07-18,19福島県’奥会津’昭和村で開催された第30回からむし織りの里フェアより。昭和村佐倉(からむしフェア)、喰丸小学校(新作記録映画 春よこい)大芦(からむし畑見学・からむし剥ぎ、からむし挽き。保存協会)地内。菅家博昭撮影。76枚掲載(372枚撮影)。キャノンEOS、ソニーTX。
無料ブログはココログ